ウディネーゼ、デウロフェウの完全移籍移行を発表! 今季ワトフォードからレンタル加入

2021.01.31 12:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼが元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(26)の完全移籍移行を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。バルセロナ下部組織育ちのデウロフェウは2013年7月に1stチーム昇格後、エバートン、セビージャ、ミランでのプレーを経験。2017年夏に買い戻しオプションが行使される形でバルセロナに復帰したが、インパクトを残せず、2018年1月からワトフォードに貸し出され、同年夏に完全移籍を果たした。


そのワトフォードで公式戦通算70試合17得点11アシストと活躍したが、チームは2019-20シーズンのプレミアリーグで19位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格。昨年10月からレンタルでウディネーゼに移り、今季はここまで公式戦12試合の出場で1得点1アシストを記録している。

そして、ウディネーゼは30日、デウロフェウの契約に付随する買い取りオプションの行使を決断。両クラブは買い取りオプションの行使額を公表していないが、1700万ユーロ(約21億5000万円)程度とみられる。
関連ニュース
thumb

デウロフェウがヒザの手術を受けることを自身のSNSで発表…

ウディネーゼに所属する元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウが、ヒザの手術を受けることを自身のSNS(@gerardeulofeu)で明かした。 11日の夜にツイッターを更新したデウロフェウは、今回のケガの経緯と今後について自身のSNSで語った。 「僕は2月17日のトレーニング中にヒザの内側半月板を断裂してしまった。僕たちは手術をせずにピッチに戻るために今日まであらゆることを試してきました。薬を使わずに安静にしたり、ここ数試合はプレーするために注射をしたり…きっとうまくいくと思っていましたが、そうはいかなかった」 「体調も良く、手術前の気持ちも素晴らしかっただけに、残念な気持ちだよ。だけど、残念ながら改善策はありませんので、もう一度前を向いて、できるだけ早く(今シーズン中に復帰する可能性も排除せずに)、これまで以上に強い気持ちで復帰し、前向きに新たな障害を乗り越えていきたいと思っているよ」 昨年10月にワトフォードからのレンタルでウディネーゼに加入したデウロフェウは、これまで公式戦15試合に出場し2ゴール2アシストを記録。クラブは1月に買い取りオプションを行使し、2024年までの契約を結んでいた。 2021.04.12 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが2トップ揃い踏みでウディネーゼに逃げ切り勝利、CL圏死守《セリエA》

アタランタは3日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、3-2で競り勝った。 前節ヴェローナに快勝してチャンピオンズリーグ出場圏内の4位を死守した4位アタランタ(勝ち点55)は、D・サパタとムリエルの2トップで臨み、中盤右にマリノフスキーが入った。 12位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、立ち上がりから押し込み続けたアタランタが19分に先制する。ボックス左に侵入したペッシーナのマイナスクロスをムリエルがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 その後も主導権を握り続けたアタランタは、前半終盤の43分にリードを広げる。マリノフスキーのスルーパスでボックス中央に侵入したムリエルが冷静にGKとの一対一を制した。 しかし45分、R・ペレイラにゴールを許し、アタランタは2-1で前半を終えた。 それでも迎えた後半、61分にアタランタが突き放す。マリノフスキーのパスを受けたサパタがボックス右からシュートを流し込んだ。 71分にストリガー・ラーセンのゴールを許して1点差に迫られたアタランタだったが、3-2のまま逃げ切り。CL圏を死守している。 2021.04.04 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

CL敗退ラツィオ、ウディネーゼにウノゼロ辛勝で2連勝《セリエA》

ラツィオは21日、セリエA第28節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節クロトーネに辛勝した7位ラツィオ(勝ち点46)は、チャンピオンズリーグでバイエルンの前に敗退した中、インモービレとムリキの2トップで臨んだ。 11位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、主導権争いを経て徐々にラツィオが押し込む展開とすると、11分にL・アルベルトのミドルシュートでGKを強襲。 しかしその後は膠着状態に陥り、ラツィオはなかなかシュートに持ち込めない状況が続く。それでも30分にCKの流れからミリンコビッチ=サビッチが際どいボレーシュートを浴びせると、37分に先制した。ボックス左でパスを受けたマルシッチがカットインからゴール右上へシュートを流し込んだ。 迎えた後半、ウディネーゼが前がかる中、開始4分にデ・パウルのミドルシュートが左ポストに直撃した。 助かったラツィオはその後、ウディネーゼの反撃を許さずに時間を進めていく。74分にインモービレとL・アルベルトをベンチに下げたラツィオは、終盤にかけてのウディネーゼの反撃を抑え込んでウノゼロで勝利。2連勝としている。 2021.03.22 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ欠いたミラン、ラストプレーのPK弾でウディネーゼに追いつくも痛恨ドロー《セリエA》

ミランは3日、セリエA第25節でウディネーゼをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ローマとの上位対決に競り勝って首位インテルとの4ポイント差を維持した2位ミラン(勝ち点52)は、イブラヒモビッチとチャルハノールが負傷し欠場となった。一方、ローマ戦で負傷交代したレビッチはスタメン起用となった。 12位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、レオンを最前線で起用したミランは2列目に右からカスティジェホ、ディアス、レビッチと並べた。 そのミランが押し込む展開で立ち上がっていくも、自陣に引き5バックを形成するウディネーゼの堅い守備網を攻略することができない。 39分にカスティジェホの個人技からようやくシュートシーンを迎えたが、ドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートはGKムッソのセーブに阻まれた。 迎えた後半、ミランは開始3分に大ピンチ。テオ・エルナンデスのバックパスミスをカットされた流れからネストロフスキーのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前に戻っていたロマニョーリが好クリアで凌いだ。 助かったミランは52分にメイテがミドルシュートで、直後のCKからケシエがヘディングシュートで立て続けにゴールに迫ったが、68分に失点する。デ・パウルの右CKからベカンのヘディングシュートが決まった。 失点したミランは終盤にかけてもウディネーゼの集中した守備を崩せずにいたが、ラストプレーでPKを獲得する。追加タイム6分、レビッチが左サイドからクロスを上げると、ラーセンが軽率にハンドを犯した。 このPKをケシエが決めて1-1とし、敗戦を免れたミランだが、明日試合を行う首位インテルがパルマに勝利すると、6ポイント差を付けられる状況になってしまった。 2021.03.04 06:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥムが去就不透明のリバプール、ウディネーゼ主将デ・パウルに関心か

リバプールが、ウディネーゼのアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(26)の獲得を検討しているようだ。イタリアの情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 デ・パウルは2016年夏にバレンシアから加入。セントラルMFを本職とする選手で、リバプールは今夏の退団の噂があるオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの後釜として注目しているようだ。 ウディネーゼの主将に関しては、以前から移籍の噂が取り沙汰されており、スポーツ・ディレクターを務めるパスクアーレ・マリーノ氏は以前、 「彼はヨーロッパの多くのトップクラブに欠けている特性を持っている。移籍することを望んではいないが、仮に彼と契約できたチームは1ランク上のレベルに引き上がるはずだ」と移籍を示唆。 また、本人も「ここでの最後の日がいつになるか分からない。でもその瞬間までウディネーゼのために全てを捧げるよ」とクラブの公式サイトでコメント。今冬の移籍の話もあったが、それについては「すぐに監督と会って、どこにも行きたくないと伝えた」と話している。 アルゼンチン代表で19試合に出場するデ・パウルはクラブと2024年夏までの契約を結んでおり、クラブは3000万ユーロ(約38億5000万円)の移籍金を要求する構えのようだ。 なお、同選手にはインテルやユベントスも関心を示していると報じられている。 2021.03.02 14:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly