アーセナルがレアルの“神童”MFウーデゴールをレンタルで獲得

2021.01.27 20:44 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは27日、レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)のレンタル移籍での加入を発表した。

契約期間はシーズン終了までとなる。なお、背番号は「11」を着用する。

ウーデゴールは、15歳でノルウェー代表としてデビューを果たし、“神童”として多くの注目を集めた中、2015年1月にレアル・マドリー・カスティージャへと加入した。

ジネディーヌ・ジダン監督の下で2017年1月に正式にファーストチームに昇格すると、その後はヘーレンフェーンやフィテッセ、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験する。


ソシエダでは、2019-20シーズンは公式戦36試合に出場し7ゴール9アシストと飛躍。その活躍もあり今シーズンはマドリーでのプレーとなったが、ここまでラ・リーガで7試合、チャンピオンズリーグで2試合の出場に終わっており、出場機会を求めてレンタル移籍を希望していた。

アーセナルは、長らくゲームメーカーとしてプレーした元ドイツ代表MFメスト・エジルが構想外となり、1月にフェネルバフチェへと移籍。攻撃の新たなカードとしてウーデゴールの獲得に動いていた。

関連ニュース
thumb

「みんな懐かしい」ベッカムがヴェンゲル氏との2ショットを披露!ユナイテッド時代の同僚ベロンとも

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がインスタグラムを更新。アーセン・ヴェンゲル氏とも2ショットを披露した。 ベッカム氏はカタールで行われたアスリート育成機関「アスパイア・アカデミー」のイベントに参加。3日にはベッカム氏だけでなく、ヴェンゲル氏や元アルゼンチン代表MFファン・セバスチャン・ベロン氏らの講演も行われた。 ベッカム氏は「旧友との再会、新たな出会い」としてヴェンゲル氏との2ショットを披露。ユナイテッド時代に一緒にプレーしたベロン氏との写真も披露しており、現役時代を懐かしんだようだ。 馴染みのメンバーたちが写った1枚にはファンも「みんな懐かしい」、「なんて素敵」、「キング」と反応しており、往年のプレミアリーグファンを楽しませた。 ※記事写真は2007年のもの <span class="paragraph-title">【写真】ベッカムとヴェンゲル氏の2ショット!ベロン氏の姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「本当に彼が好き」クロップ、今週末対戦のアーセナルの主将・ウーデゴールへの想いを語る「ドルトムントでプレーして欲しかった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(23)について語った。ノルウェー『TV2』が伝えた。 若くしてノルウェーでは大きな注目を集め、15歳でノルウェー代表デビュー。ヨーロッパ中で大きな注目を集めるようになると、16歳でレアル・マドリー・カスティージャに加入した。 2017年1月、18歳でファーストチームへと昇格するも、そこからは苦労の連続。へーフェンレーン、フィテッセ、レアル・ソシエダとレンタル移籍を繰り返すと、2021年1月にアーセナルへとレンタル移籍。そして同8月に完全移籍を果たした。 武者修行が続き、マドリーでは結局11試合しかプレーしなかったウーデゴール。しかし、アーセナルではそれまでの燻りがウソのような活躍を見せると、今シーズンはキャプテンにも就任。プレミアリーグですでに3ゴールを記録し、通算でも68試合で12ゴール7アシストを記録している。 すっかりアーセナルの顔になっているウーデゴールだが、昨シーズンのリバプール戦後には、クロップ監督がピッチ上で握手する姿が。そのリバプールはアーセナルと今週末に対戦するが、クロップ監督が『TV2』のインタビューでウーデゴールへの想いを語り、ドルトムント時代に獲得に動き、その後も動向を追いかけていたことを明かした。 「私は本当に彼が好きだ。レアル・マドリーにいたキャリアの最初の頃は、難しそうだった。その時は彼の思い通りにならないように思えた」 「彼がとても若かった頃、ドルトムントでプレーして欲しかった」 「彼がまだ少年だった時、我々は彼の父親と一緒に長い間話をした。最終的に彼はマドリーに決めた」 「それはそれで良かったが、これが私が彼を追いかけてきた理由だ」 「期待通りの選手になってくれて本当に嬉しい。実際には、期待より優れている。彼は信じられないほど強力で、アーセナルのチームで大きな役割を果たしている」 「彼はまだ若く、頭脳明晰で、とても影響力がある。正直なところ、彼について否定的なことは言えない。本当にトッププレーヤーだ」 15歳当時にすでに惚れ込んでいたというクロップ監督。ただ、ウーデゴールはマドリーを選んで移籍をしていた。 その決断は理解できたとしたクロップ監督だが、その後の苦戦ぶりは心配したとも。ただ、今素晴らしいキャリアを送っていることを喜び、苦しんだ期間も成長に繋がったはずだとした。 「とても印象的だった。この業界でかなり長い期間、どれだけの才能、大きな才能、クレイジーな才能を見てきたか、想像できない。当時、マルティンは15歳で、すでにノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部)でプレーしていた。全世界が狂乱していた」 「よくわからないし、彼に尋ねなければわからないが、その時は正直すぎたのかもしれない」 「私は彼に、まだ少年であり、まだ学校に通っているといった。彼が成長できる環境を作りたかった」 「ドルトムントとマドリーを比較すれば、おそらく同じ判断をするだろう。でも、あの時、彼がサインしてくれたら良かったと思う。ただ、それはうまくいった。今は重要ではない」 「15歳までは苦労したことはなかったと思う。その後、多くのことが彼に向かってきた。それが、今の人間にし、今の男にし、今の選手に成長させた」 そのクロップ監督は、9日にプレミアリーグ第10節でアウェイに乗り込みアーセナルと対戦。首位チーム相手にここ数シーズン見せていた強さを発揮できるのか、注目が集まる。 2022.10.05 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「日本人いるのやばすぎ」現在首位・アーセナルの今季の集合写真が公開! 冨安健洋はどこに?「トミキュート」「誇り」「マジで凄い」

この面々に日本人がいることはやはり驚きを与えている。 4日、アーセナルが2022-23シーズンのチーム集合写真を発表した。 どのクラブでもシーズン毎に撮影するチームフォト。監督を中心に、選手たちが整列して座って撮るものだ。 アーセナルは、今シーズン用のチームフォトを公開。今夏の移籍市場の立ち振る舞いが大きく現れた写真となった。 総勢24名の選手とミケル・アルテタ監督の25名が写っているが、パッと見た印象は他のクラブや過去のアーセナルの写真よりもコンパクトにまとまっている印象だ。 今夏はGKマット・ターナー、DFオレクサンドル・ジンチェンコ、MFファビオ・ヴィエイラ、FWガブリエウ・ジェズス、FWマルキーニョスの5名の獲得の他、マルセイユからDFウィリアム・サリバ、フェイエノールトからMFリース・ネルソンがレンタルバック。昨シーズンから7名が加わった。 一方で、退団選手は多数。GKベルント・レノやFWアレクサンドル・ラカゼットの他、DFヌーノ・タヴァレス、FWニコラ・ペペはレンタル移籍。DFエクトル・ベジェリン、DFパブロ・マリ、MFルーカス・トレイ、MFエインズリー・メイトランド=ナイルズらがレンタル移籍している。 そんな中、注目は日本代表DF冨安健洋。今シーズンはベンチスタートがここまで多い中、それでもアルテタ監督からの信頼は厚く、クローザーとして終盤に投入されることが多い。 昨シーズンは2列目の向かって左から3番目、DFロブ・ホールディングとMFアルベール・サンビ・ロコンガの間に立っていた。 そんな中、今シーズンもなんと昨シーズンと同じ2列目の向かって左から3番目。ただ、隣はDFガブリエウ・マガリャンイスとFWガブリエウ・マルティネッリに変わっていた。 これにはファンも「この中に日本人居るのマジで凄い」、「トミキュート」、「やっぱかっこいい」、「日本人いるのやばすぎ」、「誇りだなと感じる」、「冨安髪セットして」と各国の代表選手の中に冨安がいることは、2年目でも凄いと感じるようだ。 その他「整理されたな」、「すごくコンパクト」、「残った精鋭たちって感じ」、「少数精鋭部隊」と人数の少なさにもコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】冨安はどこ? スッキリした今年のアーセナルの集合写真、別角度も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We are The Arsenal. <a href="https://t.co/Moq46bUBTm">pic.twitter.com/Moq46bUBTm</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1577244985036267521?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】昨シーズンの集合写真、冨安はどこにいた?</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

好調トロサールがブライトンからのステップアップ示唆

ベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(27)は、ブライトンからのステップアップの可能性を示唆している。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに7試合で5ゴール2アシストという結果を出している。 とりわけ、直近のリバプール戦でのハットトリックの活躍は鮮烈で、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督率いるチェルシーや以前から関心を示すアーセナルなどプレミアリーグのクラブを中心に、国内外のビッグクラブへの移籍が取り沙汰されている。 その注目のベルギー人アタッカーは、イギリス『BBC』のインタビューで今後の去就に言及。ブライトンでの充実を強調しながらも、ステップアップの可能性を示唆している。 「今、それ(将来の移籍について)について何かを言うのは難しいよ。それは完全にどのクラブが来るかにかかっているからね」 「もしも自分自身良いフィーリングを得て、プライベートレベルでも物事がうまくいけばね…。だけど、同じようにブライトンで自分がどれだけ良い状況にいるかも理解しているし、新しい監督のロベルト・デ・ゼルビも有望に見えているよ」 また、ここ最近のゴール量産に関しては、昨季主戦場としたウイングバックから1列前の2シャドーの一角でプレーする機会が増えたことを理由に挙げている。 「今はピッチ上で少し高い位置でプレーしているから、ゴールを決めるチャンスが増えているんだ。チャンスが増えれば増えるほど、得点できるようになるものだからね。それがここ数年との最大の違いだと思うよ」 2022.10.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

3年越しのアーセナルデビューから輝き放つサリバが新契約交渉!

アーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバ(21)が新契約を巡る交渉を開始したようだ。 2019年夏のアーセナル入りしたサリバ。サンテチェンヌ、ニース、マルセイユとローン移籍を繰り返したが、今季から呼び戻されると、センターバックのレギュラーに据えられ、アーセナルでのキャリアを挽回している。 プレミアリーグでは開幕から全試合にフル出場中で、攻撃面では早くも2ゴールをマーク。その活躍ぶりはミケル・アルテタ監督の下でリーグ首位を走るアーセナルにとって、原動力となる選手の1人と言って良いだろう。 そんな21歳のセンターバックだが、現行契約は来季限りとなる2024年まで。今季の躍動する姿からすれば当然だが、イギリス『デイリー・メール』によると、アーセナルも契約延長にプライオリティを置いている模様だ。 直近に行われ、3-1で勝利した第9節のノースロンドンダービーでも輝きを放ったサリバも試合後、自身の代理人とアーセナルの交渉を認めたという。 「ああ、いずれわかるよ。彼ら(アーセナルと自身の代理人)は少しばかり話をしている」 2022.10.04 16:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly