G大阪が狙うFWウェリントン・シウバ、ファンからの批判を受け主張「ここで集中し続けることを望む」

2021.01.25 12:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガンバ大阪が獲得を狙っていると報じられていたフルミネンセのFWウェリントン・シウバ(28)だが、改めてクラブへの愛を主張した。ブラジル『UOL』が伝えた。ウェリントン・シウバはフルミネンセの下部組織で育ったウインガー。その才能を買われ、2011年1月にはアーセナルへと完全移籍を果たす。しかし、アーセナルでは出場機会がなく、レバンテやアルコヤノ、レアル・ムルシア、アルメリア、ボルトンと武者修行を繰り返す。


ラ・リーガで33試合6アシスト、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で72試合8ゴール5アシストと、スペインで経験を積んだウェリントン・シウバは、2016年7月にフルミネンセへ復帰。2018年1月からインテルナシオナルへレンタル移籍を経験するも、2020年2月に復帰していた。

今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場し4ゴール2アシストを記録している。

そのウェリントン・シウバは、24日に行われた第32節のボタフォゴ戦に途中出場。すると後半アディショナルタイムに追加点を挙げ、チームの2-0の勝利に貢献していた。

試合後のインタビューに応じたウェリントン・シウバは、前節は決定機を逸してチームはドロー。さらいん、オファーが報じられ多こともありファンから批判を受けていたと苦悩を明かすも、自身が愛するのはフルミネンセだと主張した。

「良いパフォーマンスができておらず、一部のファンには批判された。僕にオファーが届いているというニュースがあった。クラブを去れと多くの声が寄せられている」

「どの試合にも命をかけてきたクラブだ。だからゴールは嬉しい。いつも僕のそばにいる家族、妻、神に感謝したい」

「前の試合(コリチーバ戦)では、フルミネンセに勝利をもたらす可能性があったゴールを逃し、多くの人が立ち上がった。批判を受け入れるけど、いつも人生を捧げていたクラブを辞めろというのは、不公平だと思う」

一方で、日本からのオファーがあることも事実だと認め、クラブが交渉を進めているとコメント。しかし、自身はフルミネンセに集中しており、仮に移籍が決定した場合は“悲しみを持って”去ると主張した。

「彼らは話をしている。僕はここで集中し続けることを望んでいる。僕がフルミネンセを去る時はいつだって、堂々と出て行った。いつだって、全てを与えてくれたクラブに感謝していた」

「僕が持っているものは全て、僕が子供の頃から自分のために扉を開いてくれたフルミネンセのおかげだ。だから、僕が去らなければならないのなら、それは悲しいことだ。なぜなら、僕が愛するクラブであり、僕が常に守ってきたクラブだからだ」

「僕がここブラジルでは、他にインテルナシオナルでプレーしただけだ。だから、フルミネンセには永遠に感謝し、ここで人生を捧げるために最後の日まで戦い、可能な限り最高の場所に残したいと思う」

「リーグ戦開幕当初、多くの人がフルミネンセは降格しない様に戦うだろうと行っていた。今、僕たちは最高の中にいる」
関連ニュース
thumb

川崎Fが小林の後半AT決勝弾でまず1冠! G大阪は2点差追いつくも最後に散る《FUJI XEROX SUPER CUP》

FUJI XEROX SUPER CUP 2021の川崎フロンターレvsガンバ大阪が20日に埼玉スタジアム2002で開催。川崎Fが3-2の勝利を収め、まず1冠目を手にした。 J1リーグと天皇杯の2冠王者として今季を迎える川崎Fは今オフの新戦力で唯一、名古屋から加入のジョアン・シミッチがアンカーの位置で先発。レンタルバック組の遠野や大卒ルーキーの橘田、松本から加入の塚川がサブからスタートした。 一方、昨季を通じて川崎Fの壁にぶち当たり、J1リーグ2位と天皇杯準優勝のG大阪は宇佐美が負傷欠場。復帰の一美や新戦力のレアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベス、チュ・セジョンをベンチに置き、取り組む[4-3-3]の布陣で挑んだ。 シーズンの幕開けを告げる一戦は昨季の対川崎F戦3戦全敗で雪辱を期すG大阪が立ち上がりからラインを下げることなく、真っ向勝負。井手口、山本、倉田の中盤3枚がアクセントをつけ、川崎F陣内に攻め入っていく。 ただ、成熟度で上回る川崎Fも開始早々から三笘が立て続けにゴールに迫れば、右CKのチャンスからもジョアン・シミッチがヘディングシュート。GK東口の好守がなければ得点という際どい場面を作り出して、G大阪を脅かす。 そんな試合は29分に動く。敵陣左サイドでボールをキープした田中が自身を追い越す動き出しでフォローに入った三笘にスルーパス。そのままボックス左から右足シュートでゴールネットを揺らして、川崎Fが先制する。 こじ開けた川崎Fはその3分後にも三笘が躍動。菅沼が左サイドからのクロスを頭でクリアすると、逆サイドの山根が右足ダイレクトで合わせる。左ポスト前の三笘がシュート性のボールを右足で押し込み、追加点を手にする。 悪くない戦いのなかで連続失点を喫して試合を折り返したG大阪だが、リズムに乗り始めた60分に反撃。バイタルエリア中央の山本がセカンドボールを頭で繋ぎ直すと、ゴール前の矢島が左足シュートを叩き込み、1点を返す。 この勢いに乗じて同点まで持っていきたいG大阪は66分、19歳の川崎がボックス左で叩いたボールが対応に入った山根のハンドを誘ってPKのチャンスを獲得。キッカーのパトリックが右足シュートをねじ込み、一気に追いついた。 2失点目を喫する前に新戦力の塚川と橘田を入れ、修正に転じたものの、追いつかれてしまった川崎F。続く交代で小林と長谷川を送り込むと、最後のカードでレンタルバックの遠野も投入して、勝利への執着をみせる。 畳みかけたいG大阪もレアンドロ・ペレイラとチアゴ・アウベスの新加入組や3年ぶりに復帰の一美、そして高尾も送り込み、勝負をかけるが、塚川の負傷交代に見舞われた川崎FがPK戦もちらつくなかで底力を見せつける。 カウンターに転じた後半アディショナルタイム6分、自陣中央の田中からボールを受けた遠野が前線にスルーパスを出すと、小林が反応。ボックス右から右足グラウンダーのシュートをゴール左下に突き刺して、勝ち越した。 エース小林の一発がこのまま決勝点となり、川崎FがG大阪との激戦を勝利。2年ぶり2度目の優勝を果たした。 川崎フロンターレ 3-2 ガンバ大阪 【川崎F】 三笘薫(前29、前32) 小林悠(後45+6) 【G大阪】 矢島慎也(後15) パトリック(後22) 2021.02.20 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

元ガンバ大阪のFWアデミウソンが中国移籍へ、2部昇格の武漢三鎮の加入迫る

昨シーズン途中にガンバ大阪との契約が解除されたFWアデミウソン(27)が、中国でプレーすることになるようだ。中国『新浪』が報じた。 アンダー世代のブラジル代表としてもプレーし、Jリーグでは横浜F・マリノス、ガンバ大阪でプレーしたアデミウソン。Jリーグで6シーズンプレーし、154試合42得点を記録していた。 しかし、10月末に道路交通法違反(酒気帯び運転、報告義務違反)を犯し書類送検。その後は被害者との示談が成立。クラブは12月28日にアデミウソンと契約を解除していた。 自らの過ちでクラブを去ることとなったアデミウソンだが、新天地は中国になるようだ。 報道によると、アデミウソンの獲得に動いているのは武漢三鎮という中国2部のクラブになるようだ。 一方で、代理人は山東泰山(かつて山東魯能)への移籍をアデミウソンに勧めたとのことだが、クラブが浦和レッズのFWレオナルドの獲得を選んだとのこと。その際に、武漢三鎮が獲得に動いたようだ。 クラブとアデミウソンは1月に基本合意に達していたとのこと。3部から昇格した武漢三鎮にとっては、実績ある選手の獲得は大きな補強となる。 2021.02.20 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

雪辱期すG大阪、宮本恒靖監督「去年と違う戦い方を目指す」 同日入籍発表の主将も闘志

ガンバ大阪の宮本恒靖監督と主将のDF三浦弦太が20日に埼玉スタジアム2002で予定するFUJI XEROX SUPER CUP 2021の川崎フロンターレ戦に先駆けたオンラインによる前日会見に出席した。 G大阪は昨季、上位争いから遠ざかる明治安田生命J1リーグで2位フィニッシュと躍進。天皇杯もファイナルまで駒を進めたが、いずれも川崎Fがタイトルの前に立ちはだかった。しかも、川崎Fとは昨季、3度の対戦で1ゴールも決められずの全敗。今季の開幕を告げる一戦とはいえど、G大阪からすれば、リベンジの意味合いも強い一番となる。 クラブとして10個目の星を手にするなら、乗り越えていかなければならない相手でもある川崎Fとのさっそくのリベンジ戦だが、宮本は勝負にこだわりつつ、新たに取り組む攻撃の形を試す場としても考えている様子。「まだ道半ばだが、キャンプから積み上げたものをしっかりと出していきたい」と述べ、その浸透具合にもコメントした。 「1月18日に始動して、そこから10日ほど大阪でトレーニングをして、キャンプインした。徐々に我々が去年と違う戦い方を目指すというのが形になりつつある。新しい戦力も合流してチーム作りが進んでいる状態で、チームの雰囲気も良い。明るい雰囲気でトレーニングができているので、明日の試合に向けて楽しみな要素が多い」 そんなG大阪の攻撃陣に化学反応を起こしてくれそうなFWレアンドロ・ペレイラとFWチアゴ・アウベスの新戦力について「レアンドロやチアゴに関しては状態が上がり、試合ができるようなコンディションになりつつある」と言及。ケガを抱えるFW宇佐美貴史については「一時の悪い時期と比べると、良くなってきている」と述べた。 また、この日の会見前にクラブを通じて入籍を発表した三浦は「昨季の僕らは何度も悔しい思いをした。キャンプでやったことをしっかりと出して良いゲームがしたい」と川崎F相手に闘志。その上で「ゼロックスの内容や結果がリーグ戦に繋がってくる。結果はもちろん、やってきたことにこだわって戦いたい」と新たな試みへの挑戦心も強めた。 2021.02.19 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

王者川崎F、鬼木達監督「ワクワクするようなゲームを」 谷口彰悟主将も意気込み

川崎フロンターレの鬼木達監督と主将のDF谷口彰悟が20日に埼玉スタジアム2002で予定するFUJI XEROX SUPER CUP 2021のガンバ大阪戦に先駆けた前日会見で、それぞれ意気込みを語った。 昨季、圧倒的かつ記録的な強さで明治安田生命J1リーグと天皇杯のタイトルを手にした川崎F。鬼木監督は昨季以上の躍動が期待される今季一発目の公式戦に向け、決意を新たにした。 「自分たちとしては今年、始まってからキャンプを含めて積み上げてきたものを出し切るということに尽きる。あとは勝負事なので、そこにこだわること。そして、もう1つはみんながこのゼロックスを皮切りに『Jリーグが始まる』というワクワクするようなゲームをしたいと思う」 王者らしくJリーグ全体の目を惹きつけるような戦いも誓った鬼木監督だが、記録ずくめで飾った"昨季の自分たち超え"に対する思いも口に。「簡単なことじゃない」としつつ、「昨季以上の記録を目指すこと。1試合3得点は常に頭に入れて戦っていきたい」と意欲を示した。 そんな川崎FはMF中村憲剛が昨季限りで現役を退き、MF守田英正も欧州に。しかし、鬼木監督は「彼らが抜けた穴をどうのこうのというのはない。新しい選手、既存の選手も含めてだが、特長を生かして面白いサッカーがしたい」と新たな色を押し出しての新たな攻撃構築を目指した。 鬼木監督と同席した谷口は昨季3戦全勝のG大阪について「彼らには間違いなく悔しい思いがある。その思いをぶつけてくるとも思う」と警戒。ただ、「緩みや油断はない。レベルの高い相手と一発目でやれるのは楽しみ。良い緊張感を持って、良いプレーがしたい」と述べた。 また、「川崎Fは今年も日本のサッカー界を引っ張っていこうという強い思いを持ってやっている。『今年のフロンターレ、やっぱ強いな』と思ってもらえるようなアグレッシブなゲームをシーズン一発目からお見せしたい」と今季の開幕を告げる一戦を前に力強く決意表明した。 2021.02.19 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪主将の三浦弦太が入籍! 「これまで以上に責任感」

ガンバ大阪は19日、日本代表DF三浦弦太(25)の入籍を報告した。 主将の三浦はクラブを通じて「私ごとではありますが、この度入籍しました。家族ができ、これまで以上に責任感を持ってサッカーに取り組んでいきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」と決意を新たにした。 三浦は2017年に清水エスパルスからG大阪に活躍の場を移すと、同年に日本代表デビュー。昨季はケガの影響で明治安田生命J1リーグ20試合の出場にとどまったが、加入初年度から主力センターバックの地位を築き続けている。 2021.02.19 11:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly