G大阪が狙うFWウェリントン・シウバ、ファンからの批判を受け主張「ここで集中し続けることを望む」

2021.01.25 12:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガンバ大阪が獲得を狙っていると報じられていたフルミネンセのFWウェリントン・シウバ(28)だが、改めてクラブへの愛を主張した。ブラジル『UOL』が伝えた。ウェリントン・シウバはフルミネンセの下部組織で育ったウインガー。その才能を買われ、2011年1月にはアーセナルへと完全移籍を果たす。しかし、アーセナルでは出場機会がなく、レバンテやアルコヤノ、レアル・ムルシア、アルメリア、ボルトンと武者修行を繰り返す。


ラ・リーガで33試合6アシスト、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で72試合8ゴール5アシストと、スペインで経験を積んだウェリントン・シウバは、2016年7月にフルミネンセへ復帰。2018年1月からインテルナシオナルへレンタル移籍を経験するも、2020年2月に復帰していた。

今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場し4ゴール2アシストを記録している。

そのウェリントン・シウバは、24日に行われた第32節のボタフォゴ戦に途中出場。すると後半アディショナルタイムに追加点を挙げ、チームの2-0の勝利に貢献していた。

試合後のインタビューに応じたウェリントン・シウバは、前節は決定機を逸してチームはドロー。さらいん、オファーが報じられ多こともありファンから批判を受けていたと苦悩を明かすも、自身が愛するのはフルミネンセだと主張した。

「良いパフォーマンスができておらず、一部のファンには批判された。僕にオファーが届いているというニュースがあった。クラブを去れと多くの声が寄せられている」

「どの試合にも命をかけてきたクラブだ。だからゴールは嬉しい。いつも僕のそばにいる家族、妻、神に感謝したい」

「前の試合(コリチーバ戦)では、フルミネンセに勝利をもたらす可能性があったゴールを逃し、多くの人が立ち上がった。批判を受け入れるけど、いつも人生を捧げていたクラブを辞めろというのは、不公平だと思う」

一方で、日本からのオファーがあることも事実だと認め、クラブが交渉を進めているとコメント。しかし、自身はフルミネンセに集中しており、仮に移籍が決定した場合は“悲しみを持って”去ると主張した。

「彼らは話をしている。僕はここで集中し続けることを望んでいる。僕がフルミネンセを去る時はいつだって、堂々と出て行った。いつだって、全てを与えてくれたクラブに感謝していた」

「僕が持っているものは全て、僕が子供の頃から自分のために扉を開いてくれたフルミネンセのおかげだ。だから、僕が去らなければならないのなら、それは悲しいことだ。なぜなら、僕が愛するクラブであり、僕が常に守ってきたクラブだからだ」

「僕がここブラジルでは、他にインテルナシオナルでプレーしただけだ。だから、フルミネンセには永遠に感謝し、ここで人生を捧げるために最後の日まで戦い、可能な限り最高の場所に残したいと思う」

「リーグ戦開幕当初、多くの人がフルミネンセは降格しない様に戦うだろうと行っていた。今、僕たちは最高の中にいる」
関連ニュース
thumb

計6名新型コロナ感染のG大阪、今後の活動方針発表…10日のホーム大分戦開催で準備

ガンバ大阪が5日、今後の活動方針を発表した。 G大阪は4日までに選手5名、スタッフ1名の新型コロナウイルス陽性者が発覚。3日に敵地で前倒し開催される予定だった明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦、6日にホーム開幕戦として催される見込みだった第2節の鹿島アントラーズ戦のそれぞれ中止が決定した。 今後についてはJリーグおよび大阪府、吹田保健所と協議の結果、陽性者ならび濃厚接触者の特定と隔離、感染予防策をさらに徹底した上で、チーム活動および試合開催可能との方向に。それを受けて、10日にホームで予定する第3節の大分トリニータ戦開催で準備を進めていくという。 また、トップチームの活動については4日までにチーム内で確認された陽性者ならび、Jリーグのプロトコルに従った濃厚接触者を隔離。吹田保健所による濃厚接触者ならび、感染経路の特定が終わるまで、トップチームは自主トレーニングのみとなり、全体活動を休止する。 一方、トップチームと接点がなかったフロントやアカデミーのスタッフ、スタジアム関係者に関しては吹田保健所と協議の末、活動再開可能との方向性が示され、この日から活動再開に至っている。 代表取締役社長の小野忠史氏は「多大なるご心配とご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません」と陳謝するとともに、「より一層の感染症対策を講じ、安心・安全な試合開催に向けて取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」と決意を新たにした。 2021.03.05 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪の新型コロナ感染者発生でJ1第2節のG大阪vs鹿島が開催中止…

Jリーグは4日、明治安田生命J1リーグ第2節、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの開催中止を発表した。 今回の一戦は当初、3月6日(土)の16:00にパナソニックスタジアム吹田で開催予定となっていたが、G大坂においてトップチームの選手5名・スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを受け、同クラブが現時点で感染の影響範囲を確認できないため、開催中止を決定した。 G大阪では今月3日に実施された新型コロナウイルス感染症の検査で、選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生。これにより、3日に開催予定だったJ1第11節の名古屋グランパス戦が開催中止となっていた。 さらに、4日に実施されたトップチーム選手・トップチームスタッフ・アカデミー選手・アカデミースタッフ・フロントスタッフ・アカデミー寮関係者・スタジアムに勤務する関係者の計225名を対象とした最新の検査では新たにトップチーム選手1名に陽性判定が出ていた。ただ、その他224名に関しては陰性が確認されている。 なお、代替日については決定次第改めて通知される予定だ。 2021.03.04 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪での新型コロナ感染者発生で名古屋vsG大阪が中止

Jリーグは3日、明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパスvsガンバ大阪の一戦を中止とすることを発表した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する影響で前倒しで行われる予定だったこのカード。しかし、3日に新型コロナウイルス感染症の検査で、ガンバ大阪の選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生していた。 Jリーグは試合開催に関して協議を進めた結果、同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から、試合開催を中止することを決定した。 なお、代替日については決定次第発表される。 2021.03.03 17:28 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、選手とスタッフの計5名が新型コロナ陽性判定…名古屋戦開催可否を協議中

ガンバ大阪は3日、トップチーム選手4人とスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと公表した。 これを受けて、同日に敵地で予定している明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦開催可否を協議中だという。 陽性判定を受けた5人のうち、選手1名は2日朝から発熱を伴う症状があり、同日にPCR検査を実施したところ、同夕方に陽性判定。現在は自宅で静養して体調回復に努めているようだ。 選手1名の陽性判定を受けて、遠征中の選手とチームスタッフは即日にPCR検査を受け、3日未明に選手2名、スタッフ1名に陽性判定が下った。 また、遠征に帯同していない選手、チームスタッフも本日にPCR検査を受け、選手1名が陽性判定。4名に関しては現在、発熱や体調不良などの症状こそないが、隔離、療養している。 濃厚接触者に関しては保健所の指導に沿って対応中。クラブで管理する行動履歴により、Jリーグ独自基準で選手1人、スタッフ1人が濃厚接触者の疑いで隔離措置に努めているという。 2021.03.03 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:名古屋vsG大阪】開幕戦明暗の昨季3位と2位が激突!

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2021年3月3日(水) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/3pt) vs ガンバ大阪(15位/0pt) [豊田スタジアム] ◆本拠地開幕戦も白星なるか【名古屋グランパス】 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1k287s13599bn1j5mg948zji5o" async></script></div> 昨季3位と2位の両雄がACL参戦に伴い、前倒しで相対する一戦。5年ぶりのJ1参戦となる福岡のホームに乗り込み、2-1の白星を掴み取った名古屋が神戸に0-1で敗れ、黒星スタートを切ったG大阪をホーム開幕戦で迎え撃つ構図となる。 名古屋からすれば、G大阪は昨季の直接対決で1分け1敗に終わり、2位争いで後塵を拝した相手。11年ぶりのリーグ優勝を目指す今季も上位争いのライバルとして立ちはだかってきそうなだけに、直接対決で上回っていきたいところだ。 そんな名古屋は開幕ゲームで福岡を1点差で退けたが、内容面で見ればスコア以上に試合を支配。今季初の公式戦ということもあり、完璧でないにせよ、昨季からの成熟度や新戦力のフィット感を確認する面でも手応えを掴めた戦だった。 先の福岡戦から中2日のG大阪戦に向けた注目ポイントの1つはターンオーバーの有無。とりわけ、阿部浩之が福岡戦でベンチ外になるなど、積極補強で厚みを増す攻撃陣の先発メンバーは気になる。万全を期して、本拠地開幕戦に挑みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆最適な人選を探りながら初勝利目指す【ガンバ大阪】 2位躍進の昨季からさらなる復権を睨み、今季から[4-3-3]の新システムで攻撃的な戦いを目指すG大阪だが、先の神戸戦も落として、FUJI XEROX SUPER CUP 2021の川崎F戦に続く黒星。公式戦連敗スタートで今節を迎える。 神戸戦は川崎F戦を負傷欠場した宇佐美貴史や昌子源を先発起用して臨んだが、ボールの奪いどころが定まらず、後手を踏んで神戸ペースに。前半の飲水タイム後から押し返したが、後半終盤に一本のロングフィードから守りを崩された。 今節はその一戦から中3日。キャンプ途中から合流した新戦力のフィット具合や最適解を探る段階にある人選など改善すべき点が多いが、宮本恒靖は少ない時間のなかでどこまで修正を施して今節に挑めるかがカギの1つになりそうだ。 レアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベス、チュ・セジョンら新戦力の起用法も含め、新布陣を機能させる人選を模索しながら、名古屋のホームに乗り込むG大阪。いきなりのアウェイ連戦でもあるが、今季公式戦初勝利を手にできるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:小野瀬康介、パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2021.03.03 14:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly