アタランタ戦に臨むミラン指揮官が意気込み「自分たちの試合をして勝ちたい」

2021.01.23 21:18 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が、23日に行われるアタランタ戦に向けて自分たちのパフォーマンスを披露したいと意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

FWズラタン・イブラヒモビッチなどのベテラン組と若手が上手く融合し、セリエAで首位に立つミラン。第16節のユベントス戦ではリーグ戦初黒星を喫してしまったものの、そこから2連勝を収めており、バウンスバックには成功している。


3連勝を目指す第19節では6位に位置する強豪のアタランタと対戦する。首位キープを目指すアタランタ戦の前日会見に出席したピオリは、自分たちのスタイルを貫き、勝利を目指したいと意気込んだ。

「自分たちのクオリティや、ピッチでの在り方を確認し、信念を持って毎試合に臨むことが大切だ。明日の対戦相手も尊重しなければいけない。彼らは非常に強力なチームだ。(昨季は)チャンピオンズリーグの準々決勝であと一歩のところまでいった彼らを祝福しなければいけない」

「明日は自分たちの試合をして勝ちたい。アタランタが直近2試合で勝てていないという事実はリーグ戦のクオリティとバランスを証明している。彼らは彼らのクオリティを証明しているが、我々は同じことをしなければいけない。トップのチームと上位のチームによる戦いはフィジカル的な戦いになるだろう」

関連ニュース
thumb

低空でユラユラ揺れるブレ球FK!セードルフが決めたパワフルな無回転シュート/2010-11【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏がミラン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆セードルフのゆらゆら揺れる低空ブレ球FK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxc0F0N0RDWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代にアヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍したセードルフ氏。5度のチャンピオンズリーグ優勝などタイトルホルダーとして知られている。 圧倒的なパワーと抜群のテクニックを持つ名手として活躍したセードルフ氏だが、2011年4月16日に行われたセリエA第33節のサンプドリア戦では、豪快なFKを決めている。 0-0で迎えた20分、ボックス手間左の位置でミランがFKを得ると、キッカーはセードルフ。右足から放たれたパワフルなシュートは、無回転のままブレながら飛んでいくと、GKの手前で変化しながらワンバウンドしてゴール右のネットに突き刺さった。 セードルフのゴールで先手を取ったミランは、後半にも追加点を奪い、3-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="878" data-sg-movie-title="【ゆらゆら揺れるブレ球FK!】セードルフが決めたパワフルな無回転シュート"></span> 2021.03.03 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ戦控えるミラン、イブラ不在も指揮官は弱気見せず「彼がいなくても…」

ウディネーゼ戦が控えるミランのステファノ・ピオリ監督だが、エースの不在を言い訳にするつもりはないようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 ミランは3日、セリエA第25節でウディネーゼと対戦する。開幕当初から首位をキープしていたが、2月にインテルに抜かれ陥落。同月の直接対決でも敗れたため、現在勝ち点差は4に広がっている。 前節はローマとの上位対決を1-2で制したミラン。今節のホーム戦でリーグ戦1カ月ぶりの連勝を収めたいところだが、ピオリ監督は1-2の勝利を収めながらも、一度は追いつかれた昨年11月の前回対戦を回想し、今回も厳しい戦いになると警戒を強めている。 「前回対戦で我々を苦しめたチームとの重要な一戦だ。彼らはどんなチームに対しても問題を引き起こすことができる」 「我々は明確な哲学、正しい姿勢でもって素晴らしいパフォーマンスを見せなければならない」 ピオリ監督はまた、ローマ戦で負傷退場し、1カ月の離脱となったFWズラタン・イブラヒモビッチについて言及。前回のウディネーゼ戦でも終盤に決勝ゴールを決めたエースがいなくとも、良いパフォーマンスを見せられると語った。 「ズラタンは我々のチャンピオンで、彼は全てにおいてナンバーワンだ 「彼は一つの武器となるが、彼がいなくてもチームは実力を発揮できることは証明されている」 2021.03.03 17:53 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃の無回転ロングシュート!イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール/2008-09【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の無回転ロングシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTeXp6UzZ5diIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バーリで頭角を現したザンブロッタ氏は、ユベントスやバルセロナを渡り歩いた後、2008年ミランに加入。不動のSBとして活躍した。 攻守に安定したパフォーマンスを見せる世界屈指のSBとして知られたザンブロッタ氏だが、2008年9月21日に行われたセリエA第3節のラツィオ戦では、衝撃のゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた35分、相手陣内中央やや右でボールを持ったザンブロッタは、ドリブルでボールを運ぶと、強烈なロングシュート。右足で放たれた豪快なシュートは、無回転気味のままゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 衝撃のゴールでミラン初ゴールを記録したザンブロッタ。4-1でのチームの勝利に大きく貢献した。 <span data-sg-movie-id="871" data-sg-movie-title="【衝撃の無回転ロングシュート!】イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール"></span> 2021.03.02 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

衝撃ブレ球ミドル!ミランの長谷川唯がセリエAデビュー戦で決めてチームは大勝!

ミランへと加入したなでしこジャパンのMF長谷川唯が衝撃のゴールを見せた。 ミランは2月28日、セリエAでピンク・スポルトと対戦。長谷川は加入後初となるリーグ戦デビューを飾った。 この試合でミラン初先発を遂げた長谷川は、0-2とリードして迎えた31分に度肝を抜くシュートを見せる。 ボックス手前左でFKを得たミランは、長谷川がキッカーに。壁の上を越えたシュートは、無回転のブレ球でゴール左に突き刺さる衝撃のゴールとなった。 さらに0-4で迎えた60分には、左サイドからのグラウンダーのクロスに対しニアサイドに走り込むと、相手GKの裏をかく浮き球のシュート。これが決まり、0-5に。結局、試合は1-6でミランが大勝を収めていた。 現在2位のミランは、首位のユベントスと勝ち点差3の状況。長谷川の活躍で逆転優勝を果たせるか注目だ。 <div id="cws_ad">◆長谷川唯が決めた衝撃ブレ球FK(1:27〜)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/PinkSportMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PinkSportMilan</a> -<br>Relive the comfortable win in Bari (including <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a>&#39;s beautiful brace) <br><br>Riviviamo la grande vittoria esterna delle rossonere (con la doppietta di Yui) <a href="https://twitter.com/hashtag/FollowTheRossonere?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FollowTheRossonere</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SempreMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SempreMilan</a> <a href="https://t.co/NGo0uxbmCp">pic.twitter.com/NGo0uxbmCp</a></p>&mdash; AC Milan (@acmilan) <a href="https://twitter.com/acmilan/status/1365693622289588230?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.02 19:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、DFトモリを完全移籍で獲得希望?チェルシーに36億円支払いか

ミランが、チェルシーからレンタル移籍で獲得したイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)に関して完全移籍での獲得を画策しているようだ。 トモリは、チェルシーのアカデミー出身で、ファーストチーム昇格後は武者修行を続けていた中、2019-20シーズンはフランク・ランパード監督の下でチャンスを手にし、プレミアリーグで15試合に出場し1ゴールを記録するなど出場機会を得ていた。 しかし、今シーズンはDFチアゴ・シウバが加入した影響もあり出場機会を失うと、1月にミランへとレンタル移籍。ミランでは、セリエAで4試合、ヨロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで1試合とコンスタントに出場している。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランはトモリをチームに留まらせたいと考えており、レンタル期間が終わるシーズン終了後に完全移籍での獲得を申し出るとのこと。2800万ユーロ(約36億円)をチェルシーに支払うようだ。 トモリがミランへ移籍した後、チェルシーはランパード監督を解任しており、後任のトーマス・トゥヘル監督の下で構想に入るかは不透明な状況だ。 2021.03.02 09:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly