新潟退団のMF森俊介、奈良クラブに移籍「J3昇格という目標を必ず達成」

2021.01.22 14:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は22日、昨季限りで退団したMF森俊介(26)がJFLの奈良クラブに加入することを発表した。2017年に関西学院大学から新潟に入団した森は2018年に東京ヴェルディのレンタル移籍を経験。翌年に復帰を果たすも、昨季は明治安田生命J2リーグ1試合の出場に留まり、昨年12月15日に契約満了が発表されていた。


新天地が奈良クラブに決定した森は、クラブ公式サイトを通じて以下のように意気込んでいる。

「はじめまして! アルビレックス新潟から加入することになりました森俊介です。4年ぶりに関西でプレー出来る事が凄く楽しみです。コロナで大変な時期ではありますが、サッカーが出来る事に感謝して日々努力していきます。J3昇格という目標を必ず達成して奈良を盛り上げたいと思います。よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

徳島、生え抜きMF森田凜が奈良クラブへ武者修行

徳島ヴォルティスは15日、MF森田凜(18)がJFLの奈良クラブへ育成型期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 森田は徳島のジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチーム昇格。しかし、出場機会はなかった。 森田はクラブを通じてコメントしている。 ◆奈良クラブ 「奈良クラブのみなさん、はじめまして。徳島ヴォルティスから来ました森田凜です」 「奈良クラブさんの力になれるように自分自身もサッカー選手として成長できるようにピッチで躍動する姿をみなさんに見せれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 ◆徳島ヴォルティス 「奈良クラブでガムシャラに頑張って試合で活躍します!成長して徳島の皆さんに応援してもらえる選手になって帰ってきます!」 2021.01.15 13:51 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本退団のDF小谷祐喜が奈良クラブへ完全移籍「目の前の1試合1試合を全力で勝負にこだわり戦います」

ロアッソ熊本は14日、昨季限りで退団となっていたDF小谷祐喜(29)がJFLの奈良クラブへ完全移籍することを発表した。 2014年に関西大学からセレッソ大阪へ加入してプロキャリアをスタートさせた小谷はその後、SC相模原へのレンタルを経て2016年に熊本へ期限付き移籍。翌年には完全移籍となり正式入団を果たした。 2020シーズンは明治安田J3で6試合出場。クラブ公式戦通算74試合で5得点を挙げた。 新シーズンから奈良クラブでプレーする小谷はクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「はじめまして。このたび、奈良クラブに加入させて頂くことになりました小谷祐喜です。Jリーグ昇格を成し遂げるために、日々のトレーニングを大事に、目の前の1試合1試合を全力で勝負にこだわり戦います。応援よろしくお願いします」 2021.01.14 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団のDF田中奏一が奈良クラブへ「全力を尽くします」

鹿児島ユナイテッドFCは11日、退団が決まっていたDF田中奏一(31)が日本フットボールリーグ(JFL)の奈良クラブへ加入することを発表した。 田中は2018年にファジアーノ岡山から鹿児島へ入団。加入1年目は明治安田生命J3リーグ30試合に出場して4得点、2年目はJ2リーグで12試合に出場した。 3年目を迎えた2020シーズンはJ3リーグ26試合に出場と、出番を増やしたものの、12月の時点で契約満了が発表されていた。 新天地が決まった田中は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「3年間、本当にありがとうございました。鹿児島で戦った日々はかけがえのない思い出となりました。鹿児島ユナイテッドFCの発展をずっとずっと心から願っています」 ◆奈良クラブ 「奈良でサッカーができることを嬉しく思います。目標達成のため、全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 2021.01.11 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今治MF村井清太、JFL奈良クラブにレンタル 「チームを勝たせられる選手に」

FC今治は9日、MF村井清太(20)が日本フットボールリーグ(JFL)の奈良クラブに期限付き移籍で加わると発表した。 東京ヴェルディ下部組織育ちの村井は2019年に今治入り。2020シーズンは明治安田生命J3リーグ3試合に出場した。 奈良クラブ移籍を受け、今治の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、奈良クラブにレンタル移籍することになりました。自分としては、チームの勝利に貢献できず申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいです。FC今治での2年間、僕を支えてくれた全ての人に感謝しています。ありがとうございました。感謝の気持ちを忘れずに新たなクラブで頑張ります! そして、チームを勝たせられる選手に成長します!」 2021.01.09 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮がJFL奈良クラブからGK上田智輝を完全移籍で獲得、初のJリーグ挑戦「全身全霊で頑張っていきます」

大宮アルディージャは29日、JFLの奈良クラブに所属するGK上田智輝(24)が完全移籍で加入することを発表した。 上田は京都サンガF.C.の下部組織出身で、関西学院大学から2018年に奈良へ入団。JFLでは今シーズンデビューを果たし11試合(全15試合)に出場。天皇杯では通算4試合に出場していた。 上田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「はじめまして、このたび奈良クラブから加入することになりました上田智輝です。大宮アルディージャという素晴らしいクラブに加入ができたこと、一員としてともに戦えることを大変うれしく思います。1日でも早くプレーでチームに貢献できるよう、たくさんのことを吸収しながら全身全霊で頑張っていきます」 「個人的にNACK5スタジアム大宮は思い出の深いスタジアムでもあるので、今からプレーすることが楽しみでワクワクしております。皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。応援よろしくお願いします!」 ◆奈良クラブ 「この度、大宮アルディージャに完全移籍することになりました。どこからも誘いがなかった自分を拾い、3年間育ててくれた奈良クラブ、そして奈良クラブで出逢った全ての方々に感謝します。皆様のおかげで素晴らしい3年間を過ごす事ができました。本当にありがとうございました」 「ただ地元である奈良クラブをJ3に昇格させるという目標を達成できず申し訳なく思っています。本当は来季も奈良でプレーをしてJ3昇格の力になりたいと思っていたのですが、大宮からオファーを頂いたとき、自分自身どうしてもチャレンジがしたい、上のカテゴリーでプレーをしたいという気持ちが強くなりました。目標を達成できないまま、地元である奈良の地を離れることに、かなり悩みましたが選手としてより成長するためにこの決断をさせてもらいました」 「これからは違うクラブでプレーをしますが、奈良クラブが自分にとって特別なチームであることに変わりはありません。またみなさんの前で成長した姿を見せられるように頑張ってきます。最後に、自分のこの挑戦を快く受け入れてくださったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございます。どんな時もチャンレンジ精神を忘れずに、強い気持ちで挑戦してきます。3年間本当にありがとうございました」 2020.12.29 19:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly