メッシ初めての退場は出場たった40秒での報復行為…バルサでは753試合目で初退場

2021.01.20 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレチック・ビルバオ戦でクラブキャリア初の一発退場処分を受けたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

メッシがバルセロナの選手として一発退場処分を受けたのはバルセロナB時代に1度だけあるが、通算753試合に出場しているトップチームでのキャリアにおいて初だったことで注目を集めたが、アルゼンチン代表ではどうなのだろうか。これまでアルゼンチン代表として142試合でプレーしてきたメッシが一発退場処分を受けたのは、2度ある。

直近では、2019年7月6日に行われたコパ・アメリカ3位決定戦のチリ戦で、相手MFガリー・メデルと小競り合いになり、37分に一発退場となった。


では1回目はというと、なんと2005年8月17日まで遡らなければならない。これはメッシにとってのアルゼンチン代表デビュー戦となった国際親善試合のハンガリー戦のことだ。

65分にFWリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場を果たしたメッシだったが、その30秒後に相手陣内中央でボールを受けて前を向くと、相手選手にユニフォームを引っ張られファウルを受ける。メッシが右手で振り払おうとすると、それが相手選手の顔を叩いたとみなされ、まさかの一発退場となっていた。

今や世界的スターであるメッシだが、その代表デビュー戦はやや意外なものだった。

◆メッシ初めての退場


関連ニュース
thumb

まさかのドローで遠のくタイトル…クーマン監督も結果に落胆「まさか引き分けになるとは…」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、痛恨のドローを嘆いた。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは11日に行われたラ・リーガ第36節で、レバンテと対戦。既に自力優勝は消滅しているものの、リーグタイトルのため勝利が必須な一戦は、前半だけで2点を先取する展開に。しかし、後半守備が崩れて3失点を喫すると3-3のドローに終わった。 この結果、バルセロナは1試合少ない首位アトレティコ・マドリーを追い抜くことはできず、逆転優勝に向けて痛恨のドローとなっている。 試合後のインタビューに応じたクーマン監督は、後半崩れた守備に落胆。ラ・リーガのタイトル獲得は極めて難しくなったと認めた。 「説明するのはとても難しい。前半はインテンシティがあり、ペースも良かったと思う。後半に入ってボールを失うことが多くなり、インテンシティも低下して相手に何度も脅かされた。相手をゲームに入らせてしまっては、流れを変えるのは難しい。レバンテはうまくやったね。私からそれ以外の説明はない」 「ハーフタイムには守備面での改善と、インテンシティの維持について話していた。今は他に何ができたか自問自答している。我々は今傷ついているよ。試合は2-0の状況であり、そこからまさか引き分けになるとは思わなかった」 「ラ・リーガはより複雑になっているが、常に他チームの結果に依存する状態だ。我々は最後の3試合に勝ったうえで、希望を持たなければならない状況だった。そして、今はとても複雑になっている」 また、クーマン監督は自身に向けられる疑念についても言及。自分自身もこの結果には失望しているとしつつ、受け入れるのが難しいとも語った。 「監督は常に疑われるものであり、疑問があることはよく理解している。最終的な結果には失望しており、何が起こったのか自問している最中だ。今日の引き分けについて受け入れなければならないが、これは非常に大変だね」 2021.05.12 12:34 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナがユベントス退団発表のGKブッフォンと接触?

ユベントスからの退団を発表した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)だが、バルセロナが獲得に動く可能性があるようだ。 今シーズンは熾烈な優勝争いを繰り広げているラ・リーガを戦っているバルセロナ。すでに、来シーズンに向けた移籍市場の噂が多く浮上している。 ここまで浮上している名前は、マンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシアや今季限りでシティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイなど。クラブとの関係や、ロナルド・クーマン監督との関係がある選手が多い。 そんな中、ブッフォンにも接触しているとフランス『Foot Mercato』が報じている。 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が獲得を望んでいるとされており、最初のコンタクトを行なったとのこと。現在はドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが守護神を務めているが、第2GKのネトは退団する可能性が報じられている。 ブッフォンは「プレーをやめるのか、プレーを続けるモチベーションを高めるように見つけたり、または別の人生を経験するのか、それを考慮に入れるつもりだ」とコメントしており、引退の可能性を示唆した一方で、新たな挑戦にも意欲を示している。 カンテラ出身のGKイニャキ・ペーニャやGKアルナウ・テナスらも控えている状況であるが、ブッフォンの経験を生かすために短期的な契約を結ぶことは理にかなっているとも思われるが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ブッフォンがユベントスで見せた神業セーブ集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSbEwxeEhHdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.12 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

拙守バルセロナが一時2点差もレバンテに2度のリード守れず痛恨ドロー…逆転優勝大きく遠のく勝ち点逸に…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節、レバンテvsバルセロナが11日にシウダ・デ・バレンシアで行われ、3-3のドローに終わった。   前節、カンプ・ノウで行われた首位アトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を0-0のドローで終えた3位のバルセロナ(勝ち点75)は、自力優勝の可能性が消滅。それでも、首位との勝ち点差はわずかに2ポイントであり、他力ではあるものの、残り3試合での逆転優勝は十分に可能だ。その重要な3連戦の初戦では、勝ち点1奪取で自力での残留が決定する14位のレバンテ(勝ち点39)とのアウェイゲームに臨んだ。   2試合のベンチ入り禁止処分が明けてようやくベンチでの指揮が可能となったクーマン監督は、アトレティコ戦から先発2人を変更。ミンゲサとデストに代えてアラウホとデンベレを起用。アトレティコ戦で負傷交代し、顔面打撲と上顎に亀裂を負ったブスケッツもヘッドギアを着用して強行出場した。   右ウイングバックにデンベレを配するなど、攻撃的な布陣で臨んだバルセロナは、その起用法通りに相手を圧倒する入りとなる。開始2分と5分にはいずれもボックス右に抜け出したデ・ヨングの絶妙な折り返しからペドリにビッグチャンスが訪れるが、ここはシュートミスと相手GKの好守に遭う。   以降も攻守両面で相手を圧倒するアウェイチームは25分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバからの折り返しが手前のDFに当たってファーに流れると、これに反応したメッシがうまく身体を倒しながら左足のボレーシュートをゴール右下隅の完璧なコースに流し込んだ。   メッシの今季29点目で先手を奪ったバルセロナはその良い流れのまま追加点まで奪い切る。34分、相手陣内右のハーフスペースを持ち上がったメッシからのスルーパスに抜け出したデンベレがDFとGKを引き付けて丁寧なマイナスの折り返しを入れると、ゴール前のペドリがこの試合自身3度目の決定機を今度こそ決め切った。   その後、前半終了間際にもメッシのFKからゴール前でフリーになったブスケッツに3点目のチャンスが訪れるが、このヘディングシュートは枠の左に外れて前半のうちに試合を決めることはできなかった。   迎えた後半、前半を通じて足を気にしていたアラウホに代えてセルジ・ロベルト投入したバルセロナは、引き続き主導権を握る。55分には相手GKがポジションを空けた隙を突いてデ・ヨングが無人のゴールへ左足のミドルループを狙うが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。   3点目こそ奪えないものの、ここまでほぼ完ぺきな試合運びを見せていたバルセロナだったが、思わぬエアポケットに入ってしまう。57分、自陣左サイド深くでミラモンが上げたクロスに対してゴール前のマークが甘くなると、メレロに強烈なヘディングシュートを決められる。さらに、直後の59分にはメッシの自陣での不用意なバックパスを奪われてロジェールの絶妙なワンタッチパスに反応したボックス左のホセ・モラレスに見事な左足のダイレクトシュートをゴール右隅に流し込まれ、瞬く間に同点に追いつかれた。   拙い試合運びで振り出しに戻されたアウェイチームは以降も相手の勢いに呑まれて防戦一方の展開を強いられる。それでも、64分にはメッシの縦パスをボックス付近で受けたグリーズマンが相手DFに突かれたボールがボックス右でドフリーのデンベレへの完璧なラストパスとなると、デンベレが強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺してわずか5分で勝ち越しに成功した。   これで落ち着きを取り戻したバルセロナはペドリに代えてミンゲサ、81分にはデンベレとグリーズマンを下げてデスト、ブラースヴァイトを同時投入。完全に逃げ切り態勢に入る。だが、結果的にこの交代策が裏目に出てしまう。83分、レバンテの背後を狙ったボールに対してトーニョ・ガルシアと競ったデストが足を滑らせて後手の対応を踏んでボックス左からグラウンダーの折り返しを入れられると、ニアに飛び込んだセルヒオ・レオンに右足アウトを使った絶妙なワンタッチシュートを流し込まれた。   この痛恨の失点によって再びゴールが必要となったバルセロナは失点直後にセルジ・ロベルトを下げてリキ・プッチを慌ててピッチに送り出し、リスクを冒した攻撃を仕掛けていく。だが、一度狂った歯車は戻らず、レバンテの粘り強い守備にことごとく攻撃を撥ね返され続けて試合はこのままタイムアップ。   レバンテ相手に2度のリードを守り切れずにドローに終わったバルセロナは勝ち点1を積み上げて暫定2位に浮上も、逆転優勝が大きく遠のく痛恨の勝ち点逸となった。一方、上位相手に強さを見せるレバンテは自力でのプリメーラ残留を確定させた。 2021.05.12 06:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ピャニッチがわずか1年で古巣ユーベ帰還? 今回はベンタンクールとトレードに

バルセロナに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)がわずか1年で古巣ユベントスに復帰する可能性が浮上している。スペイン『RAC-1』が報じている。 昨夏、ブラジル代表MFアルトゥール(24)とのトレードでバルセロナに加入したピャニッチだったが、度重なる負傷に加えて、ロナルド・クーマン監督の信頼を得ることができず。ここまで公式戦28試合に出場もそのほとんどが途中出場で、今年3月初旬のパリ・サンジェルマン戦以降は約2カ月に渡って一度も起用されていない。 そのため、クーマン監督の来季以降の去就次第ではあるものの、クラブ内でも評価が低いピャニッチは今夏の有力な放出候補に挙がっている。そして、現時点での移籍先候補の筆頭が古巣ユベントスだという。 『RAC-1』によると、バルセロナとユベントスは数週間前にピャニッチとウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(23)のトレードに関する話し合いを行ったという。 現時点で明確な答えは出ていないが、良好な関係を築く両クラブは今後の状況を見極めながら、交渉を再開させる準備もしているという。 なお、ピャニッチのトレード対象として名前が挙がったベンタンクールは、バルセロナがユベントス加入以前から注目していた選手だ。基礎技術と戦術理解度に優れる万能型MFは187cmの恵まれた体躯もあり、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツのバックアッパーを探すバルセロナにとっても適した人材と言える。 ただ、アンドレア・ピルロ監督の下では今シーズンの公式戦42試合に出場するなど主力として起用されており、両者の年齢差やサラリー面などを考慮すれば、ユベントスサイドにとってあまり旨味のないトレードとも言える。 2021.05.12 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第36節プレビュー】上位3チームに絞られた覇権争い! 首位アトレティコは残り3戦で最大の障壁ソシエダ戦

先週末に行われた第35節では上位4チームによる、覇権争いを占う直接対決がいずれもドローに終わり、首位のアトレティコ・マドリーが2ポイント差の首位を維持している。 前節の結果、4位のセビージャ(勝ち点71)が優勝争いから脱落となった中、残り3試合は首位のアトレティコ(勝ち点77)、2位のレアル・マドリー(勝ち点75)、3位のバルセロナ(勝ち点75)の3強による三つ巴の争いとなる。 今節はその3強の試合が別日開催となるため、時系列順に展望を伝えていく。 前節、カンプ・ノウでの首位攻防戦を0-0のドローで終えたバルセロナは、マドリード勢との当該成績でいずれも不利な立ち位置にあり、残り3試合では相手の取りこぼしを願いつつ全勝が逆転優勝の最低条件と言える。その重要な3連戦の口火を切る今節は、残り勝ち点1で自力での残留が決定する14位のレバンテ(勝ち点39)とのアウェイゲームに臨む。 アトレティコ戦では攻守両面で首位チームを圧倒も、一部若手の硬さやMFブスケッツの負傷交代の影響もあり、首位奪還のチャンスを逸した。それでも、残り3戦での対戦カードを考えれば、上位2チームが取りこぼす可能性は十分にあり、まずはレバンテ戦できっちり勝利して翌日以降に試合を控える両チームにプレッシャーをかけたい。この一戦に向けては2試合のベンチ入り禁止処分が解かれたクーマン監督のベンチ入りに加え、顔面打撲と上顎に亀裂を負ったブスケッツが招集メンバー入りを果たしており、有事にはフェイスマスクを着用しての起用が可能となった点は朗報だ。カウンターに脅威を持つ相手に対して、FWメッシに加えて頂上決戦で硬さが見られたMFペドリらの奮起に期待したい。 バルセロナ戦の翌日に試合を控えるアトレティコは、残り3戦で最も難しい5位のレアル・ソシエダ(勝ち点56)との上位対決に挑む。敵地でのバルセロナ戦ではMFレマルの負傷交代というアクシデントにも見舞われたが、リーグ最高の堅守を生かした手堅い試合運びで最低限の勝ち点1奪取に成功。前半途中投入も2枚目のカードをもらうリスクがあったMFサウールを下げる采配、試合終盤に勝ち点1奪取を意識したシメオネ監督の繊細さが功を奏し、翌日のセビージャのアシストも重なり、首位キープに成功した。 ただ、その前節の采配を生かすも殺すも今節のソシエダ戦の結果次第だ。対戦相手のソシエダは前々節にウエスカに不覚を取るも、直近4試合ではセルタ、エイバル、エルチェに勝利を収めており、調子はまずまず。また、7位のビジャレアル(勝ち点52)、6位のベティス(勝ち点54)と2枠を巡るヨーロッパリーグ(EL)出場権争いに身を置いており、モチベーションは高い。前回対戦では2-0で勝利も前半は苦戦を強いられており、湿りがちな攻撃陣の奮起によって競り勝ちたい。 2強の取りこぼしを期待しつつ13日に試合を控えるマドリーは、10位のグラナダ(勝ち点45)とのアウェイゲームに臨む。前節のセビージャとの上位対決では2度のビハインドを背負う厳しい展開も、途中投入のFWアセンシオ、試合終了間際にMFクロースとFWアザールのコンビで誘発した相手のオウンゴールによって2-2の劇的ドローに持ち込み、首位奪取のチャンスは逃すも2ポイント差での2位キープに成功した。 多数の負傷者に加え一部主力の酷使によるパフォーマンス低下と、3チームの中で状態は一番悪いと言わざるを得ないが、それでも昨季王者はセビージャ戦での驚異の粘りなど、傑出した勝負強さは健在。対戦相手のグラナダはすでに残留を決定し、EL出場権獲得の可能性も潰えているが、今季は第33節延期分でバルセロナをカンプ・ノウで撃破し、ELでもナポリを相手に勝ち上がりを決めた実力者だ。全身全霊のパフォーマンスできっちり勝ち点3を持ち帰りたい。 残り3試合では前述の優勝争いと共に、熾烈を極める残留争いに注目が集まる。第35節終了時点では最下位のエイバル(勝ち点29)から15位のヘタフェ(勝ち点34)までの6チームが3枠の降格枠を回避すべき激戦を演じている。 その中で今季初の連勝で逆転残留に望みを繋いだMF乾貴士、FW武藤嘉紀を擁するエイバルは、EL出場権争いに身を置く難敵ベティスと対戦。同じく17位で残留圏内ギリギリのバジャドリー(勝ち点31)は、EL出場圏内浮上を目指すビジャレアルと対戦する注目カードとなる。 また、FW岡崎慎司を擁する18位のウエスカ(勝ち点30)は9位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点46)、MF久保建英を擁するヘタフェは8位のセルタ(勝ち点47)と、いずれもトップハーフの格上との対戦となる。 その他では今節唯一の残留争い直接対決となる19位のエルチェ(勝ち点30)、16位のアラベス(勝ち点32)にも要注目だ。 《ラ・リーガ第36節》 ▽5/11(火) 《26:00》 オサスナ vs カディス 《27:00》 エルチェ vs アラベス 《29:00》 レバンテ vs バルセロナ ▽5/12(水) 《26:00》 セビージャ vs バレンシア 《27:00》 セルタ vs ヘタフェ ウエスカ vs アスレティック・ビルバオ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽5/13(木) 《26:00》 バジャドリー vs ビジャレアル 《27:00》 エイバル vs ベティス 《29:00》 グラナダ vs レアル・マドリー 2021.05.11 18:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly