メッシ初めての退場は出場たった40秒での報復行為…バルサでは753試合目で初退場

2021.01.20 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレチック・ビルバオ戦でクラブキャリア初の一発退場処分を受けたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

メッシがバルセロナの選手として一発退場処分を受けたのはバルセロナB時代に1度だけあるが、通算753試合に出場しているトップチームでのキャリアにおいて初だったことで注目を集めたが、アルゼンチン代表ではどうなのだろうか。

これまでアルゼンチン代表として142試合でプレーしてきたメッシが一発退場処分を受けたのは、2度ある。


直近では、2019年7月6日に行われたコパ・アメリカ3位決定戦のチリ戦で、相手MFガリー・メデルと小競り合いになり、37分に一発退場となった。

では1回目はというと、なんと2005年8月17日まで遡らなければならない。これはメッシにとってのアルゼンチン代表デビュー戦となった国際親善試合のハンガリー戦のことだ。

65分にFWリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場を果たしたメッシだったが、その30秒後に相手陣内中央でボールを受けて前を向くと、相手選手にユニフォームを引っ張られファウルを受ける。メッシが右手で振り払おうとすると、それが相手選手の顔を叩いたとみなされ、まさかの一発退場となっていた。

今や世界的スターであるメッシだが、その代表デビュー戦はやや意外なものだった。

◆メッシ初めての退場




関連ニュース
thumb

殊勲の同点弾も…バルサDFピケが右ヒザのじん帯損傷で離脱

バルセロナは4日、元スペイン代表DFジェラール・ピケの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ピケは4日にメディカルチームの検査を受けたとのこと。診断の結果、右ヒザの内側と外側の側副じん帯を損傷しているとのことだ。 なお、離脱期間に関しては明らかにされておらず、10日に控えているチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦の出場についても明らかになっていない。 ピケは3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのセビージャ戦に先発出場。後半アディショナルタイムに値千金の同点ゴールを決めていた。しかし、その後にヒザを負傷し退場していた。 今シーズンのピケは長らくヒザのケガで欠場しており、ここまでの公式戦で15試合の出場に留まっており、2月に復帰したばかりだった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.03.04 21:42 Thu
twitterfacebook
thumb

これが天才ファンタジスタの当て勘!ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー/2005-06【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョのパーフェクトボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4S0xmbnVTSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファン全体から愛された。 観る者を魅了するファンタジスタとして知られるロナウジーニョ氏だが、2006年4月30日に行われた、ラ・リーガ第35節のカディス戦では、そのテクニックを存分に発揮したゴールを決めている。 開始早々の8分、右サイドを攻めたバルセロナは、味方からのパスに抜け出したDFジュリアーノ・ベレッチが右サイド深くに侵入し、鋭いクロスを上げる。低めのマイナス気味となったクロスに対し、ゴール前のロナウジーニョが下がりながらのコンパクトな足の振りで合わせる。しっかりと右足のインステップにミートされたシュートはゴール中央に決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はこのリードを守ったバルセロナが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="887" data-sg-movie-title="【これが天才ファンタジスタの当て勘!】ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー"></span> 2021.03.04 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PK阻止で勝利に導いたテア・シュテーゲン「PKは宝くじのようなもの」

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがコパ・デル・レイ決勝進出を喜んでいる。スペイン『マルカ』が試合後のコメントを伝えた。 3日にコパ・デル・レイ準決勝セビージャ戦の2ndレグを戦ったバルセロナ。敵地での1stレグを2-0で落とし、大きく不利な状況だったが、12分にFWウスマーヌ・デンベレのゴールで幸先よく点差を縮める。 しかし、その後はラ・リーガでも屈指の堅さを誇るセビージャの守備に苦戦。そんな中71分にバルセロナはDFオスカル・ミンゲサが相手FWルーカス・オカンポスをボックス内で倒し、PKを与えてしまう。ここで失点すれば、逆転突破にさらに3点が必要となる絶望的な状況に追い込まれるところだったが、テア・シュテーゲンがその窮地を救った。 キッカーのオカンポスがゴール左を狙ったシュートを守護神が完璧な読みでビッグセーブ。これで勢いが付いたバルセロナは、後半アディショナルタイムのDFジェラール・ピケのゴールで延長戦に持ち込むと、FWマルティン・ブラースヴァイトが3点目を決めて、見事な逆転突破を果たした。 試合後、『マルカ』のインタビューに応じた勝利の立役者は、自身のPKストップと決勝進出に満足感を示した。 「彼らのゴールを許していたら困難な状況になっていた。でも僕たちは完璧な試合を演じ、勝利に値した。PKは宝くじのようなものだけど、ここでチームを救えるのはいつだって素晴らしいことだよ。とても嬉しいよ。今日の勝利はメンタリティが重要だった」 「僕たちは僕たちがやっていること、成長していることを信じ続ける。そして、タイトルが獲得できることを願っているよ」 一方、殊勲の決勝ゴールを決めたブラースヴァイトは「全てのゴールが重要だ。エキサイティングな試合だったね」とコメントを残した。 2021.03.04 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大逆転劇を喜ぶクーマン監督がチームを称賛「チームにこれ以上のことを求めることはできない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、セビージャ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでセビージャと対戦。1stレグをアウェイで2-0で落としているバルセロナは、逆転突破のためには3点が必要な状況だった。 そのバルセロナは、12分にウスマーヌ・デンベレが強烈なミドルシュートで早速ゴールを決めて先制に成功。2戦合計で1点差とする。 しかし、その後はセビージャが決死の守りを見せスコアが動かず。このまま試合終了と思われたが後半アディショナルタイム4分にアントワーヌ・グリーズマンのクロスをジェラール・ピケが豪快ヘッド。これが決まり、土壇場で同点に追いつき延長戦へ突入する。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> すると延長前半5分には途中出場のマルティン・ブラースヴァイトがダイビングヘッドで逆転。その後はセビージャの反撃を許さず、2戦合計3-2の逆転勝利で決勝へ駒を進めた。 クーマン監督は苦しみながらも見事な逆転劇を演じたチームを評価。「今回のカップ戦ではかなり苦しんだ。チームの野心を強調しなければならない。監督として、このチームにこれ以上のことを求めることはできない」と称賛の言葉を並べた。 この試合ではリードしていたセビージャがアウェイゴールを奪いにきていたが「セビージャは攻撃に出るチームだ。彼らは大きなプレシャーをかけてきた。自分たちが点を取れば、有利になることを理解していた」とセビージャの選んだ作戦に理解。それでも、直近のリーグ戦でも対戦し勝利していたバルセロナとしては「そこでの0-2での勝利は、我々に自信を与える上でとても重要だった。同じ試合をしようと考えたら成功していた」と再現を狙ったと語った。 見事な逆転劇だったが無観客試合となったことでファンと喜ぶことができなかったバルセロナ。クーマン監督も「このチームを誇りに思う。ファン全員とではなく、ピッチ上の90人だけで祝うのはもったいないことだ。観客のいないホームゲームはどれもよくない。サッカーはファンのもの。9万人もいればまるで魔法のようだっただろう」とコメント。ファン不在を嘆いた。 それでもチームをどの程度誇りに思うかを聞かれると「100%以上だ」と語り、見事な逆転劇についても「チームの努力と誠実さに報いられた。ボールがないところでもかなり多くのことを完全し、よりアグレッシブになった。クラブにとっても私にとっても重要な結果だ。勝てばとても良いし、負ければとても悪い」と良い結果だったと語った。 この試合ではセビージャのPKを守護神のGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがセーブ。これが大きな流れを変えることとなったが「テア・シュテーゲンによって助けられたPKは決定的だった」と語り、「1-1ではほぼ不可能だった。しかし、我々が勝利に値したことは明らかだ」と守護神のセーブに救われたことを認めた。 見事な逆転劇でカップ戦決勝へ進んだバルセロナ。しかし、もう1つ逆転しなければいけない戦いがある。 10日にはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦が控えている状況。1stレグは1-4と大敗を喫しており、アウェイで4ゴール以上が必要な状況だ。 クーマン監督はPSG戦について「2-0は1-4よりも簡単だ。試合に勝つためにそこに行き、何が起こるかを見てみたい。勝てなかった場合は、それを受け入れる」とコメント。諦めずに立ち向かっていくと意気込んだ。 2021.03.04 09:42 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナが大逆転勝利で決勝進出! セビージャはPK失敗に後半土壇場被弾で無念の敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、バルセロナvsセビージャが3日にカンプ・ノウで行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したバルセロナが2戦合計3-2のスコアで決勝進出を決めた。 敵地での前回対戦で0-2の完敗を喫したバルセロナだが、先週末に行われたラ・リーガではデンベレとメッシの2ゴールによって今季3度目の対戦でセビージャに初勝利。その勝利の勢いを持ち込んで臨んだ今回の2ndレグでは、その試合と全く同じスタメンを採用。負傷交代したペドリも無事スタメンに名を連ねた。 一方、ホームで先勝し大きなアドバンテージを得たセビージャだが、前述のように直近のリーグ戦での敗戦により、ラ・リーガの連勝が「6」でストップ。その影響が懸念される中で臨んだ苦手カンプ・ノウでの一戦では先発6人を変更。負傷かベンチ外となった守護神ブヌに代わってヴァツリークが起用された一方、スソとエン=ネシリに加えて負傷明けのアクーニャが復帰。同じく負傷明けのオカンポスがベンチに戻ってきた。 バルセロナが[3-5-2]を継続したのに対して、並びを合わせてくる可能性もあったセビージャは普段通りの[4-3-3]でスタート。逆転での突破に向けて3点が必要なホームチームがボールを握って押し込んでいく中、10分にはブスケッツがミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。 すると、直後の12分にはボックス左でDFクンデとのイーブンボールの奪い合いを制したデンベレがそのままキープして一瞬相手守備の動きが止まった隙を突いて右足を一閃。ジョルダンにディフレクトしてややコースが変わったシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。 逆転に向けて士気が高まる早い時間帯のゴールで勢いに乗るバルセロナは、以降も相手の連動性を欠くプレスをいなしながら相手を押し込み続ける。また、ボールを奪われても素早い囲い込みで相手のプレーを制限し、3バックがことごとくデュエルを制して攻撃を起点を作らせない。 以降も完全に主導権を握るホームチームは30分過ぎにペドリのミドルシュート、ボックス左で仕掛けたメッシのシュートのこぼれ球がゴールに向かうなど、決定機を幾度も作り出すが、最後のところで身体を張るセビージャを前に2点目を奪い切れずに前半を終えることになった。 後半も引き続きバルセロナが主導権を握るが、割り切って守るセビージャの守備をなかなか崩し切れない。 そういった流れの中で先に動きを見せたのはアウェイチーム。54分、足を痛めたアレイシ・ビダル、アクーニャ、ルーク・デ・ヨングを下げてヘスス・ナバス、レキク、ラキティッチを一気に投入。さらに、63分にはオリベル・トーレスに代えて負傷明けのオカンポスをピッチへ送り出した。 一方、後半に入ってなかなか決定機まで至らないバルセロナは63分、デストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代で並びを[4-3-3]に変更した。すると、67分にはボックス左でデンベレの浮き球のクロスに反応したジョルディ・アルバが左足のジャンピングボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 粘り強く守りながらアウェイゴールを奪って試合を決めたいセビージャは71分、千載一遇のチャンスを得る。ボックス手前で仕掛けたオカンポスがミンゲサと入れ替わりかけてボックス内で交錯。すると、微妙な判定ながらPKを獲得する。しかし、キッカーのオカンポスが左を狙って蹴ったシュートはGKテア・シュテーゲンに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。 守護神のビッグセーブで首の皮一枚繋がったバルセロナは、完全に専守防衛の構えを見せるアウェイチームに対してここから決死の猛攻を仕掛けていく。 試合終盤にかけてはイライクス、ジュニオル・フィルポ、トリンコン、ブラースヴァイトと次々に交代カードを切ってパワープレーを仕掛けていくと、最後の最後に劇的同点ゴールを奪う。 94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。そして、前ラウンドのグラナダ戦に続く後半ラストプレーで追いついたバルセロナが延長戦に持ち込んだ。 失点直前にフェルナンドが2枚目のカードをもらったことで、数的優位で延長戦に入ったバルセロナはすぐさま勝ち越しに成功する。延長前半5分、左サイドのアルバが上げた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだブラースヴァイトがダイビングヘッドで合わせ、一気に試合を引っくり返した。 これでいよいよ厳しくなったセビージャだが、アウェイゴールを奪えば一気に優位に立てることもあり、バルセロナの猛攻を凌ぎながらカウンターでワンチャンスを狙う。110分にはオカンポスがボックス内で競った際にボールがDFラングレの手に当たり、この試合2度目のPK奪取かに思われたが、ここはノーファウルの判定となった。 やや微妙な判定に救われて何とか窮地を脱したバルセロナはここから冷静に時計を進めると、延長後半のセビージャの猛攻をGKテア・シュテーゲンを中心に凌ぎ切った。 そして、1stレグの0-2から驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナが2戦合計3-2で見事に決勝進出を決めた。 2021.03.04 07:49 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly