鹿児島退団のFW川森有真がJFL・鈴鹿ポイントゲッターズへ「地元三重県にJリーグを誕生させるために」

2021.01.20 15:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは20日、昨シーズン限りで退団していたFW川森有真(27)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ加入することを発表した。三重県出身の川森は2015年に東洋大学から鹿児島へ加入。その年にはJFLだった鹿児島の明治安田生命J3リーグ参入に貢献した。


その後、2019年にアスルクラロ沼津へ期限付き移籍。復帰した昨季はJ3リーグ1試合に出場して1得点を挙げていた。

新たな挑戦に挑む川森は、鈴鹿ポイントゲッターズの公式サイトで地元である三重県の発展に貢献することを誓っている。

「鹿児島ユナイテッドFCより加入することになりました! これから地元三重県にJリーグを誕生させるために、そしてポイントゲッターズ、鈴鹿の発展のためにベストを尽くします! よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

優勝候補の鹿島、低迷を受けザーゴ監督を解任…後任は相馬直樹コーチ

鹿島アントラーズは14日、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督(51)の解任を発表した。なお、相馬直樹コーチ(49)が新監督に就任する。 クラブの発表によると、ザーゴ監督の解任は今シーズンの成績を総合的に判断した上でとのことだ。 ザーゴ監督は、2020シーズンに監督就任。昨シーズンは開幕4連敗を喫し最下位に転落するなど不調に陥るも、その後はチームが好転。最終的には5位でシーズンを終えていた。 今シーズンは積み上げがある中で優勝候補の一角としても挙げられていた中、ここまで8試合を終えて2勝2分け4敗で15位に位置。昨シーズンに続いて低迷していた。 明治安田J1通算で42試合を指揮し20勝7分け15敗。リーグカップで3勝2敗、AFCチャンピオンズリーグで1敗の成績だった。 相馬氏は現役時代に鹿島でプレーし、その後は東京ヴェルディ、川崎フロンターレでもプレー。監督としてはFC町田ゼルビアや川崎フロンターレで監督を務めたほか、昨季から鹿島でコーチを務めていた。 2021.04.14 10:04 Wed
twitterfacebook
thumb

香港初のJリーガー、MFアオヨン・ユーチョンがYS横浜に加入

Y.S.C.C.横浜は13日、香港レンジャーズFCから香港人MFアオヨン・ユーチョン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 アオヨン・ユーチョンは、香港代表としても17試合に出場し4ゴールを記録。香港プレミアリーグのクラブのほか、ポルトガルのクラブや中国の貴州恒豊でもプレー経験がある。 香港出身選手としては初めてのJリーガーとなるアオヨン・ユーチョンは、クラブを通じてコメントしている。 「子供の頃から日本でサッカーをするという夢。遂にJリーガーになることができました。長年の夢が実現できました。Y.S.C.C.の皆様や協力していただいた関係者の皆様に心から感謝致します」 「香港初のJリーガーとして、Y.S.C.C.の一員として、全身全霊をかけてJリーグの舞台で活躍し、チーム に貢献します。応援して頂ける皆様に恩返しをしたいと思います。これからも応援宜しくお願い致します」 「Effort is always rewarded!天道酬勤!」 2021.04.13 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

岩手が関東学院大学GK武者大夢の加入を発表「共にJ2に行きましょう!」

いわてグルージャ盛岡は12日、関東学院大学のGK武者大夢(22)の加入を発表した。背番号は31となる。 武者は北海道出身で、北海道大谷室蘭高校から関東学院大学へと進学していた。 岩手は武者について「高さを生かしたクロスボールへの対応、落ち着いたシュートストップに加え、足元の技術も優れたゴールキーパー」とプレースタイルを紹介している。 武者はクラブを通じてコメントしている。 「この度、関東学院大学からいわてグルージャ盛岡に加入することになりました武者大夢です。幼い頃からの夢を1つ叶えることができ、大変嬉しく思っております。このタイミングで受け入れてくださったグルージャの皆様には感謝しております」 「私は、これまで関わっていただいた方々のおかげで成り立っています。今はまだ、プロ選手としてスタートラインに立ったばかりですが、これからは結果という形でそのような方々に恩返ししていきます。これまで以上にサッカーに対する努力をします!」 「また、サッカーだけではなく人間としても成長できるように1日1日を大切に過ごしていきます!」 「最後にサポーターの皆さんへ。岩手県のために戦い、たくさんの方々に愛されるような選手になりますので、共にJ2に行きましょう!」 2021.04.12 17:12 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕2試合で監督辞任の讃岐、昨季岐阜で指揮したゼムノビッチ・ズドラブコ氏が監督就任

カマタマーレ讃岐は12日、新監督にセルビア人指揮官のゼムノビッチ・ズドラブコ氏(67)が就任したことを発表した。 1988年にBSKバタイニッツァ(ユーゴスラビア1部)で監督キャリアをスタートさせたズドラブコ氏は、1995年に鳥栖フューチャーズ(現サガン鳥栖)のコーチに就任。その後、清水エスパルスのユース監督やトップチームの監督を歴任した。 2003年にはFKラド・べオグラード(セルビア1部)の監督に就任。2005年から千葉県サッカー協会テクニカルディレクターとして再来日を果たすと、2016年から2年間、VONDS市原の監督を務め、2020年1月にFC岐阜の監督に就任。しかし、9月に退任していた。 その後は、兵庫県の通信制高校である相生学院高校のサッカー部で監督を務めていたが、再びJリーグの舞台に復帰することとなった。 監督就任が決まったゼムノビッチ氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、カマタマーレ讃岐の監督に就任することになり大変嬉しく思っています。チームへの合流と練習開始を楽しみにしております」 「選手、スタッフ、クラブが一丸となってJ2昇格を目指します。ファン・サポーターの皆さん、温かいご声援をよろしくお願いします」 讃岐は、ガンバ大阪で強化部やサテライトコーチ、育成担当部長などを歴任し、2020年1月からゼネラルマネージャーを務めていた上野山信行氏が今シーズンから監督を兼任していたが、開幕2連敗となったところで突如辞任を発表。西村俊寛トップチームダイレクターが暫定的に指揮を執っていた。 2021.04.12 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌、立正大MF田中宏武と仮契約 「弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に」

北海道コンサドーレ札幌は9日、立正大学に在学するMF田中宏武(21)の2022シーズン加入内定を発表した。 田中はサイドが主戦場で、スピードを生かしたドリブルでチャンスを作り出すことができる桐生第一高校出身。ベガルタ仙台のMF田中渉は弟で、関東大学選抜A選出歴も持つ。札幌との仮契約を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「この度、北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました立正大学の田中宏武です」 「北海道コンサドーレ札幌というとても魅力的な素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。自分は本当にたくさんの人に恵まれてここまでくることができました。まずなによりも小学校3年生でサッカーを始めたときから何不自由なくプレーを続けさせてくれて、誰よりも応援してくれた家族には本当に感謝したいです」 「また、自分を信じてくれた地元の友達、常に切磋琢磨して時にはぶつかりながら高めあってくれたチームメイト、生意気な自分に厳しく愛のある指導をしてくださった指導者の方々、これまで関わってくれた全ての人に感謝しています。そして1番のライバルであり弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に立つことができることを誇りに思います」 「現状に満足することなくまずはここまで人間的に大きく成長させてくれた立正大学でしっかり戦います。そして北海道コンサドーレ札幌で1日でも早くチームの勝利に貢献してファン、サポーターの皆様に応援していただけるような選手になっていきます。応援よろしくお願いいたします」 2021.04.09 14:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly