ウニオン・ベルリンがレバークーゼンとの上位対決制して暫定4位浮上! 遠藤渓太は3戦連続出場機会なし《ブンデスリーガ》

2021.01.16 06:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第16節、ウニオン・ベルリンvsレバークーゼンが15日にアルテ・フェルステライで行われ、ホームのウニオンが1-0で勝利した。なお、ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。
 
5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)と3位レバークーゼン(勝ち点29)による上位対決。直近5戦無敗と好調を維持するウニオンだが、遠藤は直近2戦出番なしとなっている。レバークーゼンをホームで迎え撃ったこの一戦でも引き続きベンチスタートとなった。
 
立ち上がりから拮抗した展開が続く中、時間の経過と共にアウェイのレバークーゼンが相手陣内深くまで侵攻していく。14分にはカウンターからボックス中央に飛び出したデミルバイに決定機も、ここは相手に寄せられてバランスを崩して右足のシュートは枠の右に外れる。
 
一方、ウニオンも直後の15分に最初の決定機。左CKの場面でトリメルのクロスをゴール前のフリードリッヒが頭で合わすが、これは左ポストを掠めて枠の左に外れた。
 
その後、ウニオンは20分過ぎにベッカーの負傷によりトイヒャートのスクランブル投入を余儀なくされるが、格上レバークーゼン相手に奮闘。前半終盤の38分にはシック、デミルバイと際どいシュートを続けて許すが、何とか耐え抜いて0-0のイーブンで試合を折り返した。
 
互いに選手交代なしで臨んだ後半はホームのウニオンにいきなりビッグチャンス。50分、プロメルの絶妙なスルーパスに抜け出したトイヒャートがボックス付近まで抜け出して冷静にコースを狙った左足のシュートを放つ。だが、これは右ポストの内側を叩き惜しくも先制点とはならず。さらに、61分にもカウンターからトイヒャートが際どいシュートを放つが、これも枠の右に外れた。
 
ディアビとベイリーの両翼が存在感を欠き後半に入って攻撃が停滞するレバークーゼンは69分に2枚替えを敢行。シックとバウムガルトリンガーを下げてアラリオ、アランギスをピッチへ送り込んだ。
 
この交代でレバークーゼンがやや流れを引き戻し、試合は均衡が保たれたまま終盤に突入。すると、試合を通してよりゴールに迫っていたウニオンが土壇場でゴールをこじ開ける。88分、自陣中央でのボール奪取からレンツのスルーパスに反応したトイヒャートがDFを置き去りにしてゴール前までドリブルで運ぶ。GKとの一対一では右足のシュートを触られるが、ディフレクトしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。
 
そして、レバークーゼンとの上位対決に競り勝ったウニオンが6戦負けなしで暫定ながら4位に浮上した。
関連ニュース
thumb

ウニオン・ベルリンに痛手…今季5GのFWタイウォ・アウォニーが負傷離脱

遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは22日、U-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニーが負傷したことを発表した。 タイウォは週末に行われたブンデスリーガ第22節のフライブルク戦の直前に筋肉系を負傷し、同試合を欠場することが明かされていた。 今回の発表によれば、精密検査を受診したタイウォは左太もも裏の筋肉を損傷していることが判明した。現時点でクラブは離脱期間を明かしていないものの、ドイツ『キッカー』は数週間の離脱になると報じている。 2015年8月にナイジェリアのクラブからリバプールに加入したストライカーのタイウォ。これまでFSVフランクフルト(ドイツ)、NECナイメーヘン(オランダ)、ムスクロン(ベルギー)、ヘントへ(ベルギー)、マインツ(ドイツ)へのクラブをレンタルで転々とし、今季からウニオン・ベルリンに加入。 ウニオン・ベルリンでは、センターフォワードとしてブンデスリーガ19試合で5ゴール3アシストを記録していた。 2021.02.23 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太途中出場のウニオンが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは20日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太は76分から出場している。 前節シャルケ戦をゴールレスドローで終え、5戦勝ちのない9位ウニオン(勝ち点30)はシャルケ戦で出番のなかった遠藤がベンチスタートとなった。 8位フライブルク(勝ち点31)に対し、カウンターで揺さぶるウニオンはゴールレスで迎えた64分に先制する。イングヴァルトセンの右クロスをプロメルがヘッドで押し込んだ。 ウニオンが1点をリードした中、76分に遠藤が左サイドに投入される。終盤にかけ、守勢に回ったウニオンだったが、83分に追加点のチャンス。遠藤のボールカットからムサがGKと一対一に。しかし、シュートはGKにセーブされてしまう。 それでも1-0のまま逃げ切ったウニオンが6試合ぶりの勝利を飾っている。 2021.02.21 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ここ4戦勝利のない不調ウニオン、エースFWクルーゼが2カ月半ぶりに復帰か

ウニオン・ベルリンの元ドイツ代表FWマックス・クルーゼの復帰が迫っているようだ。自身のインスタグラムで現状について言及している。 クルーゼは12月4日に行われたブンデスリーガ第10節ヘルタ・ベルリン戦で右足ハムストリングを負傷。当初は数週間の離脱と報じられた中、復帰がずれ込んでいた。 現在の状況についてクルーゼは「昨日、MRIを撮ったが、状態は良いようだった。ただ、まだ万全ではないからもう少し様子を見る必要がある。今後は右足の筋力が左足と同程度に戻っているかを確認し、問題がなければもう復帰を阻むものはない」とコメント。 離脱前、ブンデスリーガで10試合に出場し6ゴール5アシストを記録していたエースのクルーゼは、ここ4戦勝利がなく9位に後退しているウニオンの救世主となるか。そのウニオンは13日にブンデスリーガ第21節シャルケ戦を控える。 2021.02.10 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが最下位シャルケに快勝でバイエルンとの7ポイント差をキープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、ライプツィヒはシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節レバークーゼンとの上位対決を制し、首位バイエルンを暫定10ポイント差で追う2位ライプツィヒ(勝ち点38)は3日前に行われたDFBポカールでは2部のボーフム相手に4-0と快勝した。そのボーフム戦のスタメンから5選手を変更。Y・ポウルセンらに代えてウパメカノやダニ・オルモ、カンプルらが先発に戻った。 最下位シャルケ(勝ち点8)に対し、最前線にセルロート、シャドーにダニ・オルモとエンクンクを据える[3-4-2-1]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出る。 すると13分、FKの流れからルーズボールをダニ・オルモがシュートに持ち込みGKを強襲する。 その後も押し込み続けたライプツィヒは前半追加タイム3分に押し切った。エンクンクの左CKからムキエレのヘディングシュートが決まった。 迎えた後半、開始2分にライプツィヒに追加点のチャンス。セルロートがムスタフィとの競り合いを制してボックス左に侵入。GKと一対一となったが、シュートはフェールマンに止められた。 それでも一方的な展開で試合を進めると、73分に勝負を決める。アンヘリーニョのラストパスに反応したボックス左のザビッツァーがダイレクトでゴール左へシュートを蹴り込んだ。 さらに87分、アンヘリーニョの右CKからオルバンのヘディングシュートも決まって3-0としたライプツィヒが快勝で首位バイエルンとの7ポイント差を維持している。 また、3試合ぶりの出場となったMF遠藤渓太が81分から左サイドで登場したウニオン・ベルリンは、55分に退場者を出したことが響き、マインツとのアウェイ戦を0-1で落としている。 2021.02.07 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、ノルウェー代表SBライアーソンと契約延長

ウニオン・ベルリンは3日、ノルウェー代表DFジュリアン・ライアーソン(23)との契約を延長したことを発表した。期間は発表されていない。 2018年夏にノルウェーのバイキングからウニオンに加入し、今季でウニオンとの契約が切れる状況となっていたライアーソンは、右サイドバックを主戦場にサイドハーフ、ボランチでもプレー可能なユーティリティープレーヤー。 これまでウニオンで公式戦42試合に出場。今季はブンデスリーガ14試合(うち先発は4試合)に出場し、昨年11月にはノルウェー代表デビューを果たしていた。 2021.02.04 00:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly