マンジュキッチ獲得に向けて首位のミランが動く

2021.01.14 20:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)の獲得にミランが動いているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。

報道によると、ミランはケガで先日まで離脱しており、39歳という年齢も気になる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに代わる選択肢をステファノ・ピオリ監督に与えることを検討。すでに交渉をスタートしていると報じられている。

◆マンジュキッチのユベントスのラストゴール!

ディレクターのパオロ・マルディーニ氏とフレデリック・マサラ氏がマンジュキッチに給与を提示し、合意に向けて動いているとのことだ。

マンジュキッチは2020年1月にユベントスを退団。カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。アル・ドゥハイルでは7試合で1ゴールの成績を残していたが7月に退団していた。

セリエAではユベントスで118試合に出場し、31ゴール13アシストを記録。ミランとしては補強できれば大きな力となるが、どうなるだろうか。

コメント
関連ニュース
thumb

セリエA首位のミラン、チェルシーからDFトモリを買取OP付きレンタルで獲得!

ミランは22日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定。今回の契約にはレンタル期間終了後の買い取りオプションが付随している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』など現地メディアが伝えるところによれば、今回の契約の詳細に関しては100万ユーロ(約1億2000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は2500万ユーロ(約31億5000万円)だという。 8歳からチェルシーのアカデミーに在籍していたアスリート型のセンターバックであるトモリは、2016年5月にトップチームデビュー。以降、ブライトンやハル・シティ、ダービーへの武者修行を経て昨シーズンからトップチームに定着。 同シーズンにはイングランド代表デビューを飾るなどブレイクを果たしたが、今季はブラジル代表DFチアゴ・シウバの加入もあり、センターバックとしてはチーム5番手に甘んじていた。そして、出場はプレミアリーグ1試合、FAカップ1試合、EFLカップ2試合のみだった。 なお、今シーズンここまではセリエA首位に立ち、2010-11シーズン以来のスクデット制覇にまい進するミランは、今冬の移籍市場でトリノのフランス人MFスアリオ・メイテ、フリーの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと手薄なポジションにテコ入れを図っている。 2021.01.23 04:01 Sat
twitterfacebook
thumb

理由はズラタン? 古巣復帰で輝きを取り戻しつつあるヨビッチがミラン移籍拒否の理由

レアル・マドリーからフランクフルトへとレンタル移籍で加入したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)だが、ミランへの移籍を断っていたようだ。 ヨビッチは、フランクフルトから2019年夏にマドリーへと完全移籍。移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)、年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)の5年契約を結んだとされている。 その移籍金に大きな期待を寄せられていたが、在籍1シーズン半で公式戦32試合で2ゴール2アシストと思うような活躍を見せられず。加えて、新型コロナウイルスのパンデミックが起こっていた昨年3月にクラブに無断でセルビアに帰国し、隔離措置も取らずに恋人の誕生日パーティーに参加する愚行もあった。 さらに、挙げ句の果てには、同年11月に自らも感染し、その後のケガも重なって以降は公式戦出場が一度もない状況となっていた。 そのヨビッチは古巣に復帰すると、復帰初戦でいきなり2ゴールの活躍。マドリー時代の1年半でやっと奪ったゴールをすぐさま取り戻すと、20日のフライブルク戦にも途中出場を果たしていた。 今冬の移籍市場では、ミランへの移籍も噂され、ウェストハムやウォルバーハンプトンも獲得に動いていたがフランクフルトへの復帰を決めていた。 中でもミランを選ばなかった理由はドイツ『ビルト』によると、出場時間をしっかりと得られない恐れがあること。さらに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを差し置いてプレーできないと考え、拒否したようだ。 ミランは、39歳になったイブラヒモビッチに頼り切るわけにもいかず、新たなストライカーを探しており、最終的には無所属だった元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得した。 そのイブラヒモビッチはケガによりおよそ1カ月半の離脱。18日のセリエA第18節カリアリ戦で久々に先発出場すると2ゴールを記録しチームを勝利に導いていた。 ヨビッチがミランを選択しなかったことは正解だったかもしれない。 2021.01.22 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第19節プレビュー】前半戦最終戦、ミランvsアタランタの好カードに冨安vsロナウド

先週行われた2大ダービーではインテルがユベントスに、ラツィオがローマにそれぞれ完勝する結果となった。そして、ミランがカリアリに快勝し首位を堅守している。迎える前半戦最終戦の第19節、ミランvsアタランタの好カードが組まれ、ボローニャDF冨安がユベントスと対峙する。 まずは土曜開催のミランvsアタランタ。FWイブラヒモビッチのドッピエッタでカリアリに快勝とし、インテルとの3ポイント差を維持した首位ミラン(勝ち点43)。MFチャルハノールとDFテオ・エルナンデスをコロナ陽性で欠いた中、後半半ばにはMFサーレマーケルズが退場したものの、2-0のまましっかりと勝ち切った。ユベントス戦の敗戦後、2連勝としてバウンスバックしているミランは難敵アタランタを下して前半戦を良い形で終えられるか。 対する5位アタランタ(勝ち点33)は低調なゴールレスドローに終わったジェノア戦の後、水曜に行われた延期試合のウディネーゼ戦では開始25秒の電光石火被弾も響いて低調なドローに終わった。格下相手に2戦連続ドローと足踏みが続いている中、首位ミランを叩くことはできるか。 続いて日曜ランチタイムキックオフのユベントスvsボローニャ。6位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)は前節インテルとのイタリア・ダービーを完敗してミラノ勢との勝ち点差が益々広がってしまった。10連覇が更に険しい道のりとなってきた中、水曜に行われたスーペル・コッパではナポリに競り勝ったが、インテル戦の厳しい敗戦を乗り越えてピルロ監督は立て直すことができるか。 一方、12位ボローニャ(勝ち点20)は前節ヴェローナ戦をウノゼロの勝利で9戦ぶりの白星とした。センターバックで出場した冨安は無失点勝利に貢献した中、ユベントス戦ではFWロナウドを相手に抑え込む働きを見せられるかに注目だ。 ユベントスに完勝する最高の試合を見せた2位インテル(勝ち点40)は、15位ウディネーゼ(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。ユベントス戦では全選手が躍動したインテル。とりわけMFバレッラが1ゴール1アシストと大活躍を見せたが、ウディネーゼ戦でもパフォーマンスを維持して勝利に導けるか。 首位ミラン、2位インテルを追う3位ナポリ(勝ち点34/1試合未消化)は、9位ヴェローナ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたスーペル・コッパではFWインシーニェのPK失敗が響いてユベントスに惜敗となったナポリ。難敵ヴェローナを下してミラノ勢追走となるか。 DFイバニェスの軽率なミスが響き、ラツィオとのダービーに完敗する形となった4位ローマ(勝ち点34)は、13位スペツィア(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。火曜に行われたコッパ・イタリアでも対戦し、9人となった中で延長戦の末にスペツィアに敗れたローマ。フォンセカ監督の進退問題が噴出しかねない中、スペツィアにリベンジを果たせるか。 その他、ローマに完勝した7位ラツィオ(勝ち点31)は8位サッスオーロ(勝ち点30)との上位を窺う直接対決に挑み、センターバックとして前節ウディネーゼ戦の勝利に貢献した10位サンプドリア(勝ち点23)のDF吉田は、19位パルマ(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。 ◆セリエA第19節 ▽1/22(金) 《28:45》 ベネヴェントvsトリノ ▽1/23(土) 《23:00》 ローマvsスペツィア 《26:00》 ウディネーゼvsインテル ミランvsアタランタ 《28:45》 フィオレンティーナvsクロトーネ ▽1/24(日) 《20:30》 ユベントスvsボローニャ 《23:00》 ヴェローナvsナポリ ジェノアvsカリアリ 《26:00》 ラツィオvsサッスオーロ 《28:45》 パルマvsサンプドリア 2021.01.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表DFトモリのミラン移籍が決定的! 買取OP付きレンタルに

チェルシーのイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)のミラン移籍が決定的となった。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 以前から今冬でのミラン移籍が噂されていたトモリだが、いよいよ最終局面を迎えているようだ。ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トモリは22日にミラノ入りし、メディカルチェックを完了させる見込みとのこと。早ければ23日に行われるセリエA第19節のアタランタ戦でのデビューも予想されている。 移籍内容は今季終了までのローン移籍だが、ミランは2500万ユーロ(約31億5000万円)での買い取りオプションを付けたようだ。同クラブでは、現在主力センターバック3人のうちDFマッテオ・ガッビアが負傷離脱中で、以前にDFシモン・ケアーがケガで離脱した際には層の薄さが問題視されていた。 一方、新天地発表がまもなくとなったトモリは、昨シーズンにイングランド代表デビューなどブレイクを果たしたが、今季はDFチアゴ・シウバの加入もあり、センターバックとしてはチーム5番手に甘んじていた。出場はプレミアリーグ1試合、FAカップ1試合、EFLカップ2試合のみだった。 フランク・ランパード監督も先日に「今年は5人のセンターバックがいる。定期的にプレーしていない選手にとっては難しい環境だ」と話し、「発展途上」としたトモリには「彼はここ数シーズンで大きく成長したがまだ継続中だ。そのためのベストな選択を見つけるだろう」と、移籍を示唆していた。 2021.01.22 14:12 Fri
twitterfacebook
thumb

レビッチがコロナ陰性に、テオ・エルナンデスは偽陽性で復帰へ

ミランは21日、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチの両選手が新型コロナウイルスの検査で陰性となったことを発表した。 また、フランス人DFテオ・エルナンデスは再検査の結果、偽陽性判定となったため、レビッチらと同様トレーニングに復帰できるとのことだ。 レビッチとクルニッチは今月6日にコロナ陽性判定を受け、ユベントス戦を始め公式戦ここ4試合を欠場していた。テオ・エルナンデスは17日に陽性判定を受け、直近のカリアリ戦を欠場していた。 テオ・エルナンデス同様、17日に陽性判定を受けたトルコ代表MFハカン・チャルハノールに関してはもうしばらく隔離措置が取られる見込みだ。 主力が復帰することになるミランは23日にセリエA第19節でアタランタと対戦する。 2021.01.21 23:30 Thu
twitterfacebook