冨安所属のボローニャを指揮するミハイロビッチ監督が現役時代に決めたパーフェクトなロングFK【ビューティフル・フリーキック】

2021.01.14 16:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、現ボローニャ監督で元ユーゴスラビア代表DFのシニシャ・ミハイロビッチ氏がサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。

◆ミハイロビッチが決めたパーフェクトFK

ミハイロビッチ氏は、母国ユーゴスラビアでの活躍を経て、1992年にローマに加入し、セリエAデビュー。1994年にはサンプドリアに加入し、リーグ屈指のDFとして活躍した。

ミハイロビッチ氏はフリーキックの名手としても知られているが、1997年2月23日に行われたセリエA第21節のナポリ戦でも、素晴らしいFKを決めている。

0-1とサンプドリアがリードされて迎えた88分、相手陣内中央でサンプドリアがFKを得る。ゴールからはやや距離があったものの、充分な助走からキッカーのミハイロビッチが直接シュートを放つと、速度、コースともに完璧なFKがゴール右上に決まった。

これにはGKも見送ることしかできず。試合はこの土壇場のゴールで追いついたサンプドリアが1-1のドローに持ち込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

ドイツの至宝、サネが完璧なコースに蹴り込んだ美しいFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆サネが決めたパーフェクトFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtZXp5ZHNmSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シャルケ、マンチェスター・シティでの活躍を経て、2020年夏にバイエルンに加入したサネ。長年不動の両ウイングを担ってきたFWアリエン・ロッベンと、FWフランク・リベリの後釜として期待されている。 突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートで相手の脅威となるサネだが、プレースキックも得意としており、2021年1月13日に行われたDFBポカール2回戦のホルシュタイン・キール戦でも美しいFKを決めている。 1-1と同点で前半を折り返して迎えた47分、バイエルンがボックス前右でFKを得ると、キッカーはサネ。短めの助走から強烈な直接FKを放つと、左足のシュートは変化しながらゴール右上、GKの届かない完璧なコースに決まり、見事な勝ち越しゴールとなった。 試合はその後、キールが試合終了間際に追いつくとPK戦へもつれる展開に。両チーム5人目まで全員が成功したが、バイエルン6人目のシュートがセーブされ、2部のキール相手にまさかの敗戦を喫している。 2021.01.22 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

メキシコで活躍を続ける元仏代表の10番、ジニャックがリーグ新記録を樹立した美しいFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メキシコのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジニャックが決めた美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRWg0VE9oNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門マルセイユでのブレイクの後、ビッグクラブの関心もありながらも2015年夏にメキシコへと活躍の場を移したジニャック。35歳のベテランとなった現在もチームのエースとして活躍している。 2020年11月23日に行われたリーガMXアペルトゥーラ(開幕ステージ)、デポルティーボ・トルーカとのプレーオフ1stレグでは、リーグ新記録を樹立する見事なFKを決めている。 ジニャックの先制ゴールにより、1-0とティグレスリードで迎えた37分、ボックス右前でティグレスがFKを得るとキッカーはジニャック。ゴールからの距離を感じさせないパワフルなシュートを壁の外側から曲げてゴール右上に沈め、見事なFKを決めた。 この得点がリーグ戦での通算125ゴールとなったジニャック。ヨーロッパ出身の選手としてリーグ戦最多得点の記録を樹立している。 2021.01.21 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キック精度は衰えず!“貴公子”ベッカムがアメリカで決めた美しいFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がロサンゼルス・ギャラクシー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカムがアメリカで決めた美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3cDZSVVphRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーでの活躍を経て、世界的なスーパースターとなったベッカム氏。2007年夏には、“サッカー後進国”とされていたアメリカのLAギャラクシーに移籍し、世界中を驚かせた。 現役時代は正確無比なキック精度で、セットプレーから数々の名ゴールを決めてきたベッカム氏だが、2011年5月15日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)第9節のスポルティング・カンザスシティ戦でも、見事なFKを決めている。 3-1とLAギャラクシーリードで迎えた87分、ボックスの外、ゴール正面の位置でLAギャラクシーがFKを得る。キッカーのベッカムは、しっかりと狙いを定めると、直接シュートを放つ。ゴール左上に完璧な軌道を描きながら飛んでいくシュートに、GKも成す術なく、美しいゴールが決まった。 試合は、ダメ押しとなる4点目を挙げたLAギャラクシーがそのまま4-1で勝利した。 2021.01.17 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“グティ2世”ことオスカル・ロドリゲスが近距離から縦に落として決めた技巧派FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、セビージャのスペイン代表MFオスカル・ロドリゲスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆オスカル・ロドリゲスの強烈縦変化FK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqSWFLVFNRMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レアル・マドリーの下部組織で育ったオスカル・ロドリゲスは、順調にカテゴリーを上がっていくと、2018年にはレガネスにレンタル移籍で加入し、活躍。今シーズンからはセビージャに完全移籍を果たし、飛躍を図っている。 繊細なボールタッチと絶妙のタイミングで繰り出されるパスから、同じマドリーの下部組織出身のレジェンド、グティ氏になぞらえられるオスカル・ロドリゲスだが、2021年1月5日に行われたコパ・デル・レイ2回戦のリナレス戦では、技ありのFKを決めている。 0-0で迎えた44分、セビージャがペナルティーアーク内でFKのチャンスを得る。このFKでキッカーを務めたオスカル・ロドリゲスは、強烈なトップスピンのかかったシュートを放つ。壁の頭上を越えたシュートは、急激に落ちると、ゴール左に決まり、見事な先制点となった。 ゴールから距離の近い難しいFKを決めてリードを奪ったセビージャが、そのまま試合を優位に進め、2-0で勝利している。 2021.01.13 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

心理戦を制したメッシが完全に相手GKの裏を突いた美しいFK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがGKの裏をかいて決めた見事なFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHYVFPYzc2QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> サッカー史上最高の選手の1人と名高いメッシ。相手DFを翻弄する変幻自在のドリブルからのゴールが目立つが、FKの名手としても知られている。 そのため相手GKもメッシがFKを蹴る際には一際警戒を強めるが、2017年1月11日に行われたコパ・デル・レイ ラウンド16のアスレティック・ビルバオ戦2ndレグでは、そんな相手GKの裏をかく見事なFKを決めている。 アウェーの1stレグでは、1-2と敗れていたバルセロナ。2ndレグでは1点差以上の勝利が条件となっていた。すると、2-1とバルセロナが合計スコア3-3でビルバオに追いついた状態で迎えた78分、バルセロナがボックス手前やや左の絶好の位置でFKを得る。 ベテランGKのゴルカ・イライソスは壁を入念に配置し、ゴール左をわざと空けて、メッシにそちらを狙わせる作戦に出たものの、メッシはその裏をかきゴール右へシュートを放つ。左へ動き出してしまったイライソスは完全に逆を突かれ、見事なFKがゴール右下に決まった。 このゴールで1stレグの点差をひっくり返すことに成功したバルセロナ。合計スコアを4-3として、準々決勝に駒を進めている。 2021.01.10 18:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly