熊本退団のGK山本海人が福島に完全移籍「福島の団結力を全国に発信したい」

2021.01.14 10:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは14日、ロアッソ熊本のGK山本海人(35)が完全移籍で加入することを発表した。山本は清水エスパルスの下部組織出身で、2004年にトップチーム昇格。2013年にヴィッセル神戸へ完全移籍すると、ジェフユナイテッド千葉、横浜FCを経て、2019年に熊本に加入した。

2019シーズンは明治安田J3で34試合に出場するも、2020シーズンは出場機会がなく、シーズン終了後に退団していた。

山本はクラブを通じてコメントしている。

「この度、福島に移籍してきました山本海人です。いろんな選択肢の中で、自分は今年福島の力になりたいと思い決断させてもらいました」

「決断した理由は、地域密着型で地域を大事にしている福島のサッカーを盛り上げたい、そして震災から10年になる今だからこそ福島の団結力を全国に発信したいと思ったからです」

「しかし自分一人では何も出来ません!だからこそチームとして一丸となり戦えるよう、自分も努力し、そしてチームへの協力を全力でさせていただきます」

「福島のサポーターの皆さん一緒に戦いましょう!よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

福島、MF遊佐克美の加入を発表「自分の全てをかけて福島のためにがむしゃらに全力で戦う事を約束します」

福島ユナイテッドFCは19日、MF遊佐克美(32)を獲得したことを発表した。 サンフレッチェ広島の下部組織出身の遊佐は、日本ではツエーゲン金沢やFC岐阜のリザーブチームでプレーするも、結果を残せず2010年にパラグアイへ渡航。同年3月に当時パラグアイ2部のサン・ロレンソに入団し、2011年からはインドに活躍の場を移した。 インドでは通算6クラブに所属し、2013年から2017年に在籍していたモフン・バガンではトップリーグ優勝を経験。直近ではチェンナイ・シティでプレー。昨年12月に開幕したIリーグで16試合5ゴール3アシストを記録した。 地元の福島で再スタートを切る遊佐はクラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「はじめまして。この度、福島ユナイテッドFCに加入することになりました福島生まれ福島育ち遊佐克美です。震災から今年で10年になります。その年に自分が生まれ育った地元のクラブに加入できる事を大変嬉しく思います。福島ユナイテッドFCが福島の復興のシンボルとして全国に発信していけるように、そして福島に明るいニュースをたくさん届けられるように、自分の全てをかけて福島のためにがむしゃらに全力で戦う事を約束します」 「日本を離れて約10年間海外でプレーしてきましたが、今まで自分が経験してきた事を生かして、チームの目標であるJ2昇格に貢献できるように頑張ります。たくさんのサポーターのみなさん、福島のみなさん、魂のこもったプレーをぜひTOHOみんなのスタジアムに観に来て下さい」 2021.01.19 19:07 Tue
twitterfacebook
thumb

福島が昨季クラブ最多得点者のFWイスマイラと契約更新「今年も自分のベストを尽くして戦います」

福島ユナイテッドFCは19日、ナイジェリア人FWイスマイラ(22)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。 ナイジェリアでプロキャリアをスタートさせたイスマイラは2019年4月に福島へ加入した。加入初年度は明治安田生命J3リーグで19試合に出場して4得点。昨季はJ3リーグ33試合でクラブ最多の13得点を挙げた。 今季も福島で戦うことが決まったイスマイラはクラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「今年も福島で自分のプレーを皆さんに見せれる機会を与えて貰えて嬉しく思っていますし、みなさんに感謝しています。そして今年も自分のベストを尽くして戦います! 今年も応援よろしくお願いします」 2021.01.19 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季J3で7得点のドイツ人FWトカチが湘南から福島に完全移籍「ベストを尽くします」

福島ユナイテッドFCは19日、湘南ベルマーレから期限付き移籍で加入していたドイツ人FWトカチ(20)が完全移籍で加入することを発表した。 ドイツとトルコの二重国籍であるトカチは、U-15トルコ代表歴があり、レバークーゼンの下部組織出身。U-12から所属し昇格を重ねると、レバークーゼンU-19から2019年に湘南へ加入。明治安田J1で1試合に出場すると、2020シーズンは福島に期限付き移籍していた。 2020シーズンは明治安田J3で32試合に出場し7得点を記録。チームの貴重な得点源となっていた。 完全移籍で加入するトカチはクラブを通じてコメントしている。 ◆福島ユナイテッドFC 「今年から福島でプレーすることになりました。ここでプレーできる事を嬉しく思ってますし、目標を達成するためにベストを尽くします。今年も応援よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「湘南でサッカーができたことに感謝しています。いろんな経験ができました。いつも自分を応援してくれる湘南のサポートに感謝しています。本当にありがとうございました。また会いましょう!」 2021.01.19 16:18 Tue
twitterfacebook
thumb

福島が神戸下部組織出身のびわこ成蹊スポーツ大学DF堂鼻起暉の加入内定を発表

福島ユナイテッドFCは19日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF堂鼻起暉(22)が2021シーズンより加入することが内定したと発表した。 堂鼻は大阪府出身で、ヴィッセル神戸の下部組織出身。U-18から、びわこ成蹊スポーツ大学へと進学していた。 福島でプロキャリアをスタートすることとなった堂鼻はクラブを通じてコメントしている。 「この度福島ユナイテッドFCに加入することになりました堂鼻起暉です。サッカーを始めた時から目標としていたプロサッカー選手になることができて嬉しく思います。これまで支えてもらった家族や友人、指導者の方々に感謝の気持ちを忘れず、福島ユナイテッドFCの勝利のために全力でプレーしたいです」 「また、震災から10年という中で、サッカーで福島を盛り上げ、福島の皆さんに元気と夢を与えられるような選手になるよう頑張ります。皆さん、応援をどうぞよろしくお願いいたします」 2021.01.19 15:18 Tue
twitterfacebook
thumb

福島、讃岐退団のGK服部一輝を獲得「このクラブで闘いたいと強く思いました」

福島ユナイテッドFCは19日、昨シーズン限りでカマタマーレ讃岐を退団していたGK服部一輝(25)を獲得したことを発表した。 東京都出身の服部は、FC東京の下部組織で育ち、札幌大谷高校、明治大学を経て2017年にカターレ富山へ入団。その後、2019年に讃岐に加入していた。 讃岐での1年目はリーグ戦の出場はなかったものの、天皇杯で1試合に出場。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで9試合に出場したが、シーズン一杯での契約満了が発表されていた。 今シーズンから福島でプレーする服部はクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「この度、福島ユナイテッドFCに加入しました服部一輝です。竹鼻GMとお話しさせて頂き、地域への想いやクラブの理念を知り、このクラブで闘いたいと強く思いました。必要としてくださるクラブで、僕の力を100%出し切ります」 「そして震災から10年。福島に元気を届けれる様に、日々全力でポジティブに取り組んでいきます! 皆さんも共に闘ってください!!」 2021.01.19 13:35 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly