メッシ不在の中、守護神テア・シュテーゲン躍動のバルサがソシエダ破り決勝進出!《スーペル・コパ》

2021.01.14 07:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝、レアル・ソシエダvsバルセロナが13日にエスタディオ・ヌエボ・アルカンヘルで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。その後、PK戦を2-3で制したバルセロナが決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの影響で今年はアンダルシアでの開催となったスーペル・コパ。今大会では昨季コパ・デル・レイのファイナリストであるソシエダ、アスレティック・ビルバオのバスク勢、ラ・リーガ優勝チームのレアル・マドリー、2位チームのバルセロナが参戦した。


そして、準決勝初戦では今季ラ・リーガ5位のソシエダと3位のバルセロナが対戦した。

今季リーグ戦で初の3連勝と復調気配を漂わすバルセロナだが、今回の一戦では絶好調だったエースのメッシが筋肉系のトラブルで起用できず、ブラースヴァイトが代役を務めた。

より勢いを持って試合に入ったソシエダが押し込む立ち上がりに。オヤルサバル、ポルトゥ、イサクの3トップを軸に縦への推進力を見せるソシエダは、シンプルな仕掛けから確実にフィニッシュで攻撃を完結させていく。

すると、17分にはオヤルサバルの中央突破からボックス左でラストパスを受けたイサクに絶好機が訪れるが、ここはGKテア・シュテーゲンに見事な飛び出しでシュートコースを消されて先制点とはならず。

序盤のピンチを凌ぎ徐々にボールの主導権を握ったバルセロナは好調のデンベレの個人技で相手の堅守攻略を図る。デンベレと周囲の呼吸が合い始めた前半半ば過ぎにはブラースヴァイトのヘディングシュートやグリーズマンのシュートで相手ゴールを脅かす。

そして、前半終了間際の39分、ボックス手前左でDFを背負ってボールを受けたブラースヴァイトが鋭いターンから絶妙なスルーパスをグリーズマンに通すと、グリーズマンがボックス左で上げたクロスをゴール前に飛び込んだデ・ヨングがうまく頭で叩いてゴールネットに突き刺した。

バルセロナの1点リードで折り返した試合だが、ソシエダが立ち上がりにすぐさま追い付く。49分、左サイドでオヤルサバルが上げたクロスがボックス内のデ・ヨングの肘に当たると、このプレーがハンドとなりPKが与えられる。これをキッカーのオヤルサバルが冷静に右隅へ蹴り込んだ。

自身が与えたPKで追い付かれたデ・ヨングは直後のプレーで見事な個人技でボックス内へ抜け出し、冷静にDFをかわしてシュートを狙うが、早々の勝ち越しゴールと思われたこの場面では必死の戻りを見せたDFゴロサベルにボールとの間に足を入れられた結果、足を蹴ってしまい、オフェンスファウルを取られた。

その後は互いに中盤でボールを落ち着けることができず、攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開に。その流れの中で62分にはデンベレ、69分にはポルトゥと互いにボックス付近でシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

後半半ばから終盤にかけても維新一体の攻防が続く中、77分にはボックス右に抜け出したペドリに絶好機も右足の強烈なシュートはGKレミロにはじき出される。

90分間で決着を付けたいバルセロナベンチはブラースヴァイトに代えてトリンコンを78分に投入。だが、ソシエダの堅守を前になかなか決定機を作れないまま後半終了を迎えた。

延長戦に入ってバルセロナはブスケッツ、ペドリに代えてピャニッチ、リキ・プッチ。ソシエダはイサク、ゴロサベルに代えてウィリアン・ジョゼ、サルドゥアと共に2枚替えを敢行。

すると、延長前半の立ち上がりにはサルドゥアが強烈なミドルシュートでバルセロナゴールをいきなり襲うが、ここはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれた。

その後は互いに消耗が色濃くカウンターの応酬が続く中、よりゴールに迫ったのはソシエダ。115分と118分には途中出場のヤヌザイがドリブル突破からのシュートと、直接FKを枠内に飛ばしたが、いずれもドイツ代表GKの好守に阻まれ、120分間でも決着は付かず。ファイナル進出はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦ではバルセロナの守護神が躍動。バウティスタ、オヤルサバルのPKを完璧な読みでセーブすると、3人目のウィリアン・ジョゼは気圧されたかシュートを枠外に外す。一方、バルセロナは1人目のデ・ヨング、4人目のグリーズマンが失敗も、5人目のリキ・プッチが冷静に決めた。

そして、メッシ不在の中で頼れる守護神に大いに救われたバルセロナがクーマン体制で初となるタイトル獲得に王手をかけた。

関連ニュース
thumb

貴重?メッシからのユニフォーム交換の申し出に相手GKも驚き

24日、バルセロナはラ・リーガ第1節延期分でエルチェとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは2ゴールの活躍を見せたが、試合後には自らユニフォーム交換を申し出るシーンがあった。 メッシと言えば、過去のインタビューで「自分からユニフォーム交換を申し出ることはない。頼まれれば交換はするけどね。でも、一度だけジネディーヌ・ジダンに頼んだことがある」と語っており、相手チームの選手からユニフォーム交換を頼まれることはあれど、自分から頼むことは少ない。 そんなメッシだが、エルチェ戦では、試合終了後にピッチでユニフォームを脱ぐと、エルチェGKエドガル・バディアに話しかけ、握手とともにユニフォームを手渡していた。さらにバティアがユニフォームをお返しするのを忘れていると、メッシの方から声を掛け、バディアは急いでユニフォームを脱ぎ、交換していた。 この試合で3失点を喫したバティアだったが、どのゴールもGKに落ち度はなく、それ以外の場面では見事なセーブを見せる場面もあっただけに、メッシとしても思うところがあったのだろうか。いずれにせよ、バティアにとっては思い出に残る試合となったはずだ。 <div id="cws_ad">◆メッシからのユニフォーム交換の申し出<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Elche goalkeeper Edgar Badia was stunned when Lionel Messi asked for his shirt in return! <a href="https://t.co/N1qD22DZcq">pic.twitter.com/N1qD22DZcq</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1364681633358577669?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.25 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノ「私はメッシがどんな決断をしても支持する」

元アルゼンチン代表MFのハビエル・マスチェラーノ氏はバルセロナの元戦友がどんな結末を迎えようとも賛同するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 その戦友とはバルセロナだけでなく、アルゼンチン代表でも長らく共闘したFWリオネル・メッシだ。昨夏に心が移籍に傾きながら、最終的に残留したメッシだが、今季が契約最終年。このまま延長に至らなければ、今季限りでフリーとなるが、依然として進展がない。 昨年11月に現役生活にピリオドを打ち、このたびラ・リーガのアンバサダーに就任したマスチェラーノ氏はそのイベント先で友人メッシの話題をふられると、本人の意思を全面的に尊重すると語った。 「バルセロナがスポーツ面で最高の時期を過ごせていないという事実を除けば、彼はうまくやっていると思う」 「今季の彼が披露する身ぶりやプレーは過去15年間と比べても変わっていない」 「どんなビッグクラブであっても、選手たちはいつか去っていくもの。残るのはクラブそのものだ」 「メッシに関しては彼自身が決めること。私から彼にアドバイスすることなんて何もない」 「でも、私はいち友人として、彼がどんな決断をしても支持する」 2021.02.25 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグタイトルを諦めないバルセロナのアルバ「改善して試合に勝ち続ける必要がある」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバがリーグ戦の勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルバは24日に行われたラ・リーガ第1節延期分のエルチェ戦に先発出場。73分にチームにとって3点目となるボレーシュートを豪快に決め、3-0の勝利に大きく貢献した。 前節に痛恨のドローを喫したバルセロナだが、この勝利により、1試合未消化分を残す首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を「5」に。アルバはこの勝ち点3が非常に大きいと語り、タイトルを狙っていきたいと強調した。 「この勝ち点差は感情面で僕たちを大いに助けてくれる。前節のドローはチーム全体に厳しい打撃を与えたんだ。100%を出さないと、勝つのは難しい。前節は大変だったし、今日も前半は難しかった。後半は僕らの方が良く、ゴールも決められたね」 「先制点で大きな安心感を得られた。そして、それがより多くのスペースを生み出してくれたんだ。明確なチャンスは今日もあまりなかったから、レオ(リオネル・メッシ)のゴールにはホっとしたよ。難しい試合だったが、今は改善して試合に勝ち続ける必要がある」 「長くチームに所属している選手は若い選手がもっと快適に過ごせるよう頑張らないとね。今シーズンは例年と比べて、リーグのレベルがかなり均等化されていると思う。受け入れるしかないし、困難な時代だからこそ今まで以上に団結しなければならない」 「リーグに可能性が出てきた。外部からはある週にはもう無理だとされ、ある週には可能性があると言われるね。でも、戦えるかどうか、失敗するかどうかは、全て自分たち次第なんだ」 2021.02.25 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり白星のバルサ、クーマン「明日からのムードも違ってくるはず」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が軌道修正に満足感を示した。 ラ・リーガ4位のバルセロナは24日に行われた延期分の第1節でホームに18位エルチェを迎え撃ち、3-0と快勝。ここ公式戦2試合で白星から遠ざかる嫌な流れを見事に断ち切り、暫定ながら3位に浮上した。 首位アトレティコ・マドリーにも5ポイントに詰め寄ったバルセロナ。クーマン監督は3試合ぶりの勝利を喜び、3ゴールを記録した後半の戦いぶりを評価した。 「ここ2試合の結果を受けて、勝つ必要があった」 「後半に素晴らしいプレーをして、違いを生み出したのだ。前半からもっとうまくやるべきだったがね」 「チームのフレッシュさを保つべく、5つの変更を施した。多くの試合をやって、疲れが溜まってくる時期だからね」 「そのなかで、後半に点差を広げて物事を簡単にしようと、より多くのエネルギーを注ぎ込んだんだ」 オランダ人指揮官はまた、「今日の勝利で明日からのムードも違ってくるはず。良い試合と良い結果で嫌な気持ちを払拭しないとね」と続けている。 2021.02.25 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

後半に3発、メッシのドブレーテでバルセロナがエルチェに快勝《ラ・リーガ》

バルセロナは24日、ラ・リーガ第1節延期分でエルチェとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 3日前のカディス戦を終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれた4位バルセロナ(勝ち点47)は、カディス戦のスタメンから5選手を変更。ブスケッツやグリーズマン、デンベレらがベンチスタートとなった。 前節エイバル戦で17試合ぶりに勝利した降格圏に位置する18位エルチェ(勝ち点21)に対し、メッシ、トリンコン、ブラースヴァイトの3トップで臨んだバルセロナが立ち上がりからボールを握っていく。 5分にボジェのシュートでゴールに迫られたものの、その後も敵陣で隙を窺うと、20分に決定機。ボックス右でメッシのパスを受けたトリンコンがドリブルシュートでゴールに迫ったが、GKバディアのファインセーブに阻まれた。 しかし、前半半ば以降はフラットな[4-4-2]で構えるエルチェを崩し切れず、43分にはペレ・ミラにGKテア・シュテーゲン強襲のシュートを打たれた中、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、ピャニッチに代えてデンベレを左サイドに投入したバルセロナは、ブラースヴァイトとメッシが2トップを形成する[4-4-2]に変更。すると開始3分に均衡を破る。決めたのはリーガ7戦連発となるメッシ。ブラースヴァイトとのパス交換でボックス中央に侵入したメッシがシュートを決めきった。 2トップへの変更がいきなり実ったバルセロナは、その後も中央でメッシとブラースヴァイトが起点となってエルチェを翻弄していく。 67分にトリンコンを下げてブスケッツを投入したバルセロナはシステムを変えず、ペドリを左サイドに移した。すると69分、バルセロナに追加点が生まれる。デ・ヨングがドリブルでボックス左に侵入。マイナスに折り返し、受けたメッシが難なくドリブルシュートを決めた。 さらに73分、メッシの浮き球パスをボックス左のブラースヴァイトがヘッドで落とすと、ジョルディ・アルバがボレーで蹴り込んで3-0。 大勢を決めたバルセロナはピケやジョルディ・アルバらをベンチに下げ、82分にはグリーズマンがバー直撃のシュートを浴びせた中、3-0で快勝。勝利を取り戻している。 2021.02.25 04:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly