リヨン、レスターからスリマニをフリーで獲得! アトレティコ移籍のムサ・デンベレ後釜に

2021.01.14 03:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンは13日、レスター・シティからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。

リヨンは同日、フランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリー移籍を発表しており、レスターで構想外となっていたスリマニがその後釜を務めることになった。


2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。

それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。

だが、レスターにレンタルバックした今季はここまでリーグ戦1試合の出場に留まっており、ブレンダン・ロジャーズ監督の構想外となっていた。

関連ニュース
thumb

まるで背中に目!?フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はリヨンのフランス代表MFフセム・アワールが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆期待の若手が見せたノールックアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJERjBWWGs4TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳で名門リヨンの下部組織に入団したアワールは、2016-17シーズンに若くしてファーストチームデビュー。今では中盤の主力として欠かせない存在になっている。 抜群のテクニックを持ち、フランス屈指の若手として活躍するアワールだが、2020年12月16日に行われたスタッド・ブレスト戦では、見事なアシストを記録している。 1-1と同点のまま迎えた81分、右サイドからリヨンがチャンスを作ると、MFラヤン・チェルキがボックス内のFWメンフィス・デパイにパス。このパスは大きくなり相手DFにカットされるも、素早く反応したチェルキが拾い、すぐさまゴール前のアワールにボールを送る。 アワールは、相手を引き付けた絶妙のタイミングで、後ろを確認することなく後方へヒールパス。このパスにMFマクスウェル・コルネがしっかりと合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。 阿吽の呼吸の連携から勝ち越しに成功したリヨンだったが、終了間際にまさかの失点。試合は2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="839" data-sg-movie-title="【まるで背中に目!?】フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト"></span> 2021.02.24 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを取り戻したデパイが決めたストライカーらしいリヨン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたリヨン最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆再ブレイクのきっかけを掴んだフランス初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0Rmd2Rk92ZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> オランダの名門PSVでデビューを果たし、若くしてビッグクラブの注目を集めたデパイ。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍では、期待通りの活躍を見せることはできなかったが、2017年1月にフランスの強豪リヨンに加入すると、輝きを取り戻している。 リヨンではエースとして活躍し、ここまで公式戦164試合で68ゴールを記録しているデパイだが、その記念すべき初ゴールは、2017年2月8日に行われた、リーグ・アン第24節のナンシー戦で決めたゴールだった。 3-0とリヨンが大きくリードして迎えた58分、右サイドを攻めたリヨンは、中央にボールを展開。MFマキシム・ゴナロンがボックスの外からスルーパスを出すと、左サイドでフリーだったデパイが抜け出し、ゴール前へ。GKとの1対1をしっかりと沈め、ダメ押しの4点目を奪ってみせた。 試合はそのまま4-0で終了。デパイにとっては、再ブレイクのきっかけとなるゴールとなった。 <span data-sg-movie-id="828" data-sg-movie-title="【輝きを取り戻す一撃】デパイが決めたストライカーらしいリヨン初ゴール"></span> 2021.02.23 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! マハマドゥ・ディアッラの飛び出しとミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月23日にご紹介するのは、今から16年前に元マリ代表MFマハマドゥ・ディアッラ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆マリの伝説的MFマハマドゥ・ディアッラがリヨン時代に決めた豪快ミドル!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTV05WTDhhMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 味方の落としに対し、後方から走り込んだ守備的MFがダイレクトでミドルシュートを決めるシーン。ゴール前を固める相手DFに阻まれることも多い場面ですが、このゴールではゴール左のサイドネットに突き刺します。 ◆マリの英雄 アフリカの中でも育成大国として知られるマリのクラブでデビューした後、フィテッセで頭角を現し、その後加入したリヨンで4度のリーグ優勝に貢献するなど評価を上げ、2006年には2600万ユーロの移籍金でレアル・マドリーへと移籍したディアッラ氏。 その守備力で重宝されたディアッラ氏ですが、2005年2月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16、ブレーメンとの1stレグでは、パンチ力のあるシュートを見せています。 リヨンがブレーメンのホームに乗り込んだ1stレグでは、リヨンが開始早々に先制。そして1-0とリヨンリードのまま迎えた77分、ブレーメンDFのクリアボールをボックスの手前で拾ったMFジュニーニョ・ペルナンブカーノが中央のMFジェレミー・クレマンにパス。クレマンがこれを落とすと、後方から走り込んだディアッラが豪快なダイレクトシュート。低くコントロールされた強烈なシュートはゴール左に突き刺さり、貴重な追加点を奪いました。 マリ代表としても通算79試合に出場したディアッラ氏。その功績は計り知れません。 2021.02.23 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ラインを切り裂くスルーパス!リヨン時代のエンドンベレが決めたタイミング、コースともに完璧なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はトッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレがリヨンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆エンドンベレのパーフェクトスルーパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bTFvZlFPaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アミアンでプロデビューしたエンドンベレは、2017年夏に強豪リヨンに加入。頭角を現すと、2019年夏にトッテナムへ移籍を果たしている。 パス、ドリブル、シュートとどれをとっても高水準のレベルを持つ万能型MFであるエンドンベレだが、リヨン時代の2019年3月17日に行われたリーグ・アン第29節のモンペリエ戦では、見事なアシストを記録している。 1-1と同点で前半を折り返して迎えた58分、左サイドから相手を攻めたリヨンは、一旦ボールを下げて、相手陣中央にいたエンドンベレにパスを回す。ブロックを作って守りを固める相手に対し、エンドンベレが溜めを作ると、一瞬相手のディフェンスラインが乱れた隙を突いてスルーパス。ボックス内でフリーで抜け出したFWムサ・デンベレが低くコントロールしたボールをゴール左に沈め、見事な勝ち越しゴールとなった。 試合はリードを奪ったリヨンが3-2で勝利している。 <span data-sg-movie-id="805" data-sg-movie-title="【ラインを切り裂くスルーパス!】フランス代表MFのタイミング、コースともに完璧なアシスト"></span> 2021.02.18 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 元仏代表FWのドンピシャなバイシクルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月18日にご紹介するのは、今から約10年前に元フランス代表FWジミー・ブリアンが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆元仏代表FWブリアンがリヨンで決めた超豪快バイシクルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJINW9UejlieiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 見た目の派手さからサッカーにおける最もエキサイティングなプレーの1つであるバイシクルシュート。枠に飛ばすだけでも難しいシュートですが、ブリアンは完璧にミートさせています。 ◆ブリアンのベストゴール 現在はボルドーでプレーするブリアンは、2010年夏に強豪リヨンに加入。4シーズンで公式戦160試合に出場し、34ゴールをマークしました。 その中のベストゴールの1つが、2011年2月18日に行われたリーグ・アン第24節ナンシー戦のゴールでした。 3-0とリヨンリードの89分、リヨンが相手陣内でチャンスを作ると、右サイドでボールを持ったDFアントニー・レヴェイエールがクロスを上げます。 強めのクロスがボックスに入ると、ボックス内やや左でフリーになっていたブリアンが高い跳躍から豪快なバイシクルシュートを放ちます。完璧にミートした強烈なシュートは、GKの手を弾きながらゴール上部のネットに突き刺さりました。 このスーパーゴールに、観客も頭を抱えて歓喜。大いに沸いていました。 2021.02.18 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly