徳島MF梶川諒太が東京Vに3度目の加入! 「多くのことを学んできたので還元できるように」

2021.01.13 18:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは13日、徳島ヴォルティスからMF梶川諒太(31)の期限付き移籍加入を発表した。

2011年に東京Vでプロキャリアをスタートさせた梶川は、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎を経て、2017年に東京Vへ復帰。しかし、昨シーズンは再び東京Vを離れ徳島に移籍。明治安田生命J2リーグ15試合に出場した。

今回で3度目となる東京V加入。梶川は両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。
◆東京ヴェルディ
「徳島ヴォルティスからきました梶川諒太です。二度もヴェルディに戻れると思っていなかったので、移籍にあたり関わってくださった方々に本当に感謝しています。この気持ちをヴェルディの昇格のために全て捧げられるように頑張ります」

「また、昇格するチームの雰囲気を肌で感じることができ、多くのことを学んできたのでヴェルディに還元できるように努めていきます!そして、結果と内容に拘って走り回りたいと思います!ヴェルディに熱いご声援をよろしくお願いします」

◆徳島ヴォルティス
「一年間という短い時間でしたがありがとうございました。コロナ禍で難しい状況の中、目標であった昇格を掴み、シャーレを掲げることが出来て嬉しかったです。個人的にはピッチ内でチームに貢献することができず、申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでしたが、昇格するチームの雰囲気や、選手だけでなくコーチングスタッフやフロントスタッフ、そしてヴォルティスに関わる全ての人が目標に向かって同じ方向を向いている一体感を肌で感じることができ、多くのことを学ばさせていただきました」

「また、パンチくん(佐藤 晃大選手)やヤツくん(島屋 八徳選手)やセグさん(瀬口 拓弥選手)といったベテラン選手たちが、メンバー外の練習でも誰よりも全力でやっている姿勢があったからこそ昇格を掴めたのではないかと思います!徳島で学んだことをこれからのサッカー人生に役立てられるように頑張ります!そしてどんな時も応援していただいたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

八戸がDF近石哲平と契約更新「毎日ポジティブに感謝の気持ちを持って過ごしたい」

ヴァンラーレ八戸は9日、DF近石哲平(33)との契約更新を発表した。 近石は近畿大学から2011年にJFLのSAGAWA SHIGA FCへと入団。チームが2012年に活動停止となると、2013年に関西サッカーリーグ1部のアミティエSCへと完全移籍する。 2014年には東北サッカーリーグ1部のFCガンジュ岩手へ完全移籍。2016年にはJFLのラインメール青森、2018年には奈良クラブへと完全移籍。2018年6月に八戸に加入した。 2019年にJリーグ初挑戦となった近石は、4シーズン目の今季も明治安田生命J3リーグで19試合に出場し1得点を記録していた。 近石はクラブを通じてコメントしている。 「まずは2022シーズンも素晴らしい環境でサッカーをさせていただきありがとうございます。ファン、サポーターの皆さま、ボランティアスタッフ、スポンサー企業、食堂・掃除のお姉さん、ヴァンラーレ八戸に関わっていただいた皆さま、そして家族。本当に今年一年も熱い応援、選手たちのためにたくさんのサポートをしていただきありがとうございました」 「前半戦はなかなか結果を出せなかったですが、そんな中でもスタジアムに足を運んで応援してくれたり、DAZNで観戦してパワーを送ってくれたり、あのとき諦めずに自分たちのことを信じて応援してくれたことが後半戦の巻き返しに繋がったと思います」 「来シーズンも厳しい戦いが待っていると思います。今年の経験を活かして、どんなときでも諦めずにチームのために一生懸命走って毎日ポジティブに感謝の気持ちを持って過ごしたいと思います。長くなりましたが、来シーズンも引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2022.12.09 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

J3昇格の奈良、JFL得点王にも輝いた今季ベストイレブンの岡崎FW酒井達磨を完全移籍で獲得「たくさん点取ります!!」

奈良クラブは9日、JFLのFCマルヤス岡崎に所属しているFW酒井達磨(26)が完全移籍で加入することを発表した。 2023シーズンからのJ3昇格が決まっている奈良。酒井は松江シティ FC、ヴィアティン三重、 FC マルヤス岡崎とJFLのクラブでプレー。2020シーズンはJFLの得点王とベストイレブンに輝いていた。 今シーズンもJFLで24試合に出場し14得点を記録。ベストイレブンに選出されていた。 初のJリーグ挑戦となる酒井は、クラブを通じてコメントしている。 「この度、奈良クラブに完全移籍することになりました」 「Jリーグ参入1年目のシーズン奈良の皆様と戦えることにワクワクしてます!」 「たくさん点取ります!! 応援よろしくお願いします! 笑顔の絶えないシーズンにしましょう!!!」 2022.12.09 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸がおこしやす京都へ武者修行していたDF田辺陽太の復帰を発表

水戸ホーリーホックは9日、DF田辺陽太(20)の復帰を発表した。 田辺は水戸のユース出身で、2021年にトップチーム昇格。シーズン途中に当時JFLのいわきFCへと育成型期限付き移籍した。 今シーズンは4月に関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都ACへと育成型期限付き移籍。リーグ戦で5試合に出場していた。 田辺はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズン水戸ホーリーホックで戦えることを嬉しく思っています」 「来シーズンはファン・サポーターの皆さんの前で躍動する姿を1日でも早くみせたいと思っています」 「一緒に戦っていきましょう!応援よろしくお願いします!!」 2022.12.09 21:28 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜がMF松本歩夢と契約更新「チーム一丸となってJ2昇格しましょう!」

FC岐阜は9日、MF松本歩夢(24)との契約更新を発表した。 松本はガンバ大阪の下部組織育ち。ジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にはトップチームにも2種登録。G大阪U-23の一員としてJ3で2試合に出場した。 その後、関西大学へと進学。2021年に岐阜に入団した。 プロ2年目の今シーズンは、明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 松本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました!2023シーズンも岐阜でプレーさせて頂くことになりました」 「来季こそは、みなさんとたくさん喜び合えるように、強い覚悟を持って戦います!! チーム一丸となってJ2昇格しましょう! 応援よろしくお願いします!」 2022.12.09 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎のMF小野寺達也が現役引退、小林悠、太田宏介、ぺこぱ・シュウペイとは高校の同期「自分が納得できるまでプレーする事ができました」

テゲバジャーロ宮崎は9日、MF小野寺達也(35)が現役引退することを発表した。 小野寺は神奈川県出身で、麻布大学附属渕野辺高校から拓殖大学へと進学した。 高校時代は元日本代表DF太田宏介(FC町田ゼルビア)、FW小林悠(川崎フロンターレ)、お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと同期で、小林とは大学でもサッカー部で共にプレーした。 2010年に栃木SCに入団。2016年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍すると、2017年にギラヴァンツ北九州へと期限付き移籍。2018年に完全移籍した。 2019年には当時JFLの宮崎に完全移籍。2020年にはチームのJ3昇格に貢献していた。 J2通算122試合6得点、J3通算35試合出場。JFLでは40試合で1得点を記録した。 小野寺はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって、現役を引退することに決めました。サッカーをする事が中心の生活から離れるのは少し寂しいですが、自分が納得できるまでプレーする事ができました」 「これまでプレーしてこられたのは共に戦ってくれたファン・サポーターの皆様、チームメイト、監督、スタッフ、スポンサーの皆様、自分に関わって下さったすべての方々のおかげです」 「栃木SC、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、テゲバジャーロ宮崎でプレーができてとても幸せでした。本当にありがとうございました」 「サッカーを通じて色々な事を学び、出会えた人が自分の宝物です。今後も大好きなサッカーと向き合っていきたいと思います」 「最後に、どんな時でも1番近くで支え続けてくれた家族に感謝しています。13年間ありがとうございました」 なお、小野寺は強化部スタッフに就任することも決定。コメントを寄せている。 「2023年シーズンより、強化担当スタッフをさせて頂く事になりました。来年もテゲバジャーロ宮崎の一員として戦える事を嬉しく思います」 「クラブに貢献できるように精進していく所存です。宜しくお願い致します」 2022.12.09 19:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly