“グティ2世”ことオスカル・ロドリゲスが近距離から縦に落として決めた技巧派FK【ビューティフル・フリーキック】

2021.01.13 16:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。


今回は、セビージャのスペイン代表MFオスカルロドリゲスが決めたフリーキックだ。

◆オスカル・ロドリゲスの強烈縦変化FK

レアル・マドリーの下部組織で育ったオスカル・ロドリゲスは、順調にカテゴリーを上がっていくと、2018年にはレガネスにレンタル移籍で加入し、活躍。今シーズンからはセビージャに完全移籍を果たし、飛躍を図っている。

繊細なボールタッチと絶妙のタイミングで繰り出されるパスから、同じマドリーの下部組織出身のレジェンド、グティ氏になぞらえられるオスカル・ロドリゲスだが、2021年1月5日に行われたコパ・デル・レイ2回戦のリナレス戦では、技ありのFKを決めている。

0-0で迎えた44分、セビージャがペナルティーアーク内でFKのチャンスを得る。このFKでキッカーを務めたオスカル・ロドリゲスは、強烈なトップスピンのかかったシュートを放つ。壁の頭上を越えたシュートは、急激に落ちると、ゴール左に決まり、見事な先制点となった。

ゴールから距離の近い難しいFKを決めてリードを奪ったセビージャが、そのまま試合を優位に進め、2-0で勝利している。


関連ニュース
thumb

こすり上げる一撃!勝ち点3を呼び込むニアポストへの高速変化FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、フィオレンティーナに所属するチリ代表MFエリック・プルガルがボローニャ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆試合を決める強烈カーブFK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOUjdYM1JadyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国チリでデビューしたプルガルは2015年夏にボローニャに加入。主力の1人として公式戦106試合に出場した。 守備的MFとして中盤の底からチームに貢献したプルガルだったが、2018年2月18日に行われたセリエA第25節のサッスオーロ戦では、見事なFKでチームの勝利に貢献している。 1-1と同点のまま迎えた88分、ボックスの外やや左でボローニャがFKを得ると、キッカーはプルガル。短めの助走からシュートを放つと、こすり上げるような右足のキックから放たれた強烈なスピンのかかったボールは、壁を越えると鋭く曲がりながらゴールへ。GKの届かないコースとスピードのボールはゴール左に決まり、終盤での勝ち越しゴールとなった。 土壇場でリードを奪ったボローニャ。そのまま2-1で試合に勝利している。 <span data-sg-movie-id="847" data-sg-movie-title="【こすり上げる一撃!】勝ち点3を呼び込むニアポストへの高速変化FK"></span> 2021.02.26 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

パワフルなアンストッパブルFK!ゴールからの距離を感じさせない豪速球ゴール【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミッティランのデンマーク代表FWピオネ・シストが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パワフルかつ精密なピンポイントFK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJMWI3cVFVMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてデンマークの強豪ミッティランの下部組織に入団したシストは、同クラブでデビュー。セルタへの移籍を経て2020年夏に古巣ミッティランに復帰している。 高い身体能力が持ち味のアタッカーとして活躍するシストだが、2020年10月17日に行われたデンマーク・スーペルリーガ第5節のオーデンセ戦では、豪快なFKを決めている。 2-1とミッティランリードの86分、相手陣内中央付近、ゴール正面の位置でミッティランがFKを得る。キッカーのシストは、ゆっくりとした助走からシュートを放つと、パワフルなシュートはゴール右上のGKの届かない完璧なコースに素早く飛んでいき、見事にゴールネットに突き刺さった。 このゴールで勝負を決めたミッティランが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="840" data-sg-movie-title="【パワフルなアンストッパブルFK!】ゴールからの距離を感じさせない豪速球ゴール"></span> 2021.02.25 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

GK反応できず!レンジャーズ主将が“オールドファーム”で決めた決勝FK弾!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レンジャーズのイングランド人DFジェームス・タベルニエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“オールドファーム”で決まった鋭いカーブFK弾!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMNnVYSHltNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ニューカッスルユース出身のタベルニエは、レンタルなどで下部リーグを渡り歩いた後の2015年夏にレンジャーズに移籍すると、主力として定着。現在は主将としてチームを引っ張っている。 精密なキック精度を武器に、DFながらここまで公式戦284試合63ゴール89アシストを記録しているタベルニエだが、2019年5月12日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第4節、セルティックとの“オールドファーム”では、見事なFKを決めている。 開始早々の2分、レンジャーズがボックス左角の手前でFKのチャンスを得る。キッカーのタベルニエが右足で、低めのインスイングのボールを入れると、カーブのかかったボールは、鋭く変化。味方も触れなかったボールは、ゴール右下にそのまま決まった。 オールドファームとは、セルティックとレンジャーズの対戦を指し、スコットランドサッカー史における最も有名なダービーであり、ゴール裏のレンジャーズサポーターはこのゴールで大きく沸いた。 いきなりの先制に成功したレンジャーズ。これで流れを引き寄せ、ダービーを2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="835" data-sg-movie-title="【GK反応できず!】レンジャーズ主将が“オールドファーム”で決めた決勝FK弾!"></span> 2021.02.24 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

キック精度は色褪せず!ルーニーが決めた美しい現役最後のゴール【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー氏がダービー・カウンティで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆正確無比なピンポイントカーブFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmcGZqdFhReiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッド、そしてイングランド代表のエースとして長きにわたって活躍したルーニー氏は、アメリカでのプレーを経て2020年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティに移籍。選手兼コーチとしてプレーした。 今シーズン途中に監督就任にあたって現役を引退したルーニー氏だが、2020年10月3日に行われたチャンピオンシップ第4節のノリッジ戦では、現役選手として最後のゴールとなったFKを決めている。 0-0のまま終盤に差し掛かった87分、ダービーがゴール正面の位置でFKを獲得する。キッカーのルーニーは短い助走から直接ゴールを狙うと、右足から放たれたカーブのかかったシュートが、美しい弧を描きながらゴール右上のコースに正確に決まった。 試合は、終盤に先制に成功したダービーがそのまま1-0で勝利。ルーニーの年齢を感じさせない素晴らしいFKで、キャリア最後のゴールを飾った。 <span data-sg-movie-id="830" data-sg-movie-title="【現役最後のゴール】ルーニーが決めた美しいフリーキック"></span> 2021.02.23 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

本田の強烈FKにGK悶絶!CSKA時代の豪快な一発!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元日本代表MF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ニアポストを打ち抜く強烈な一撃<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> VVVフェンロでの活躍を受け、2010年冬にCSKAモスクワへと移籍した本田。2013年冬にミランへ移籍するまで、2012-13シーズンのリーグ優勝に貢献するなど主力として活躍を見せた。 セットプレーのキッカーも担った本田は、2013年7月28日に行われたロシア・プレミアリーグ第3節のロコモティフ・モスクワ戦では、豪快な直接FKを決めている。 0-0で迎えた18分、相手陣内中央右でCSKAがFKを獲得すると、キッカーは本田。味方への細かいポジション取りの指示を出しながらゆっくりと助走を取ると、左足で直接シュートを放つ。パワフルな一撃は、ゴール右に決まった。 ニアポストを抜かれたGKは悶絶。試合は2-1でCSKAが勝利している。 <span data-sg-movie-id="825" data-sg-movie-title="【GK悶絶!】本田がCSKA時代に決めた豪快FK!"></span> 2021.02.22 14:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly