秋田、東京学芸大のGK安田祐生の今季加入を発表!

2021.01.13 13:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は13日、東京学芸大学のGK安田祐生(22)の今季加入内定を発表した。秋田県出身の安田は、秋田U-18で育ち、東京学芸大学に進学したGK。昨季は特別指定選手としてトップチームに登録されていた。

J2昇格を果たした秋田加入内定を受けて、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「2021シーズン、ブラウブリッツ秋田でプレーさせていただくことになりました。秋田でサッカーをできることを本当に嬉しく思います。『氣』溢れるプレーをして、みなさんと一緒に戦っていきたいと思います!よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

甲府MF長谷川元希がプロA契約に移行、松本戦ではプロ初ゴールを記録

ヴァンフォーレ甲府は11日、MF長谷川元希(22)とのプロA契約締結を発表した。 長谷川は大宮アルディージャユース、法政大学を経て、今季から甲府でプロキャリアをスタートさせた。明治安田生命J2リーグ第7節のギラヴァンツ北九州戦で先発を座を射止め、第8節の松本山雅FC戦でプロ初ゴールを含む2ゴールを記録。以降スタメンに定着し、今季はここまでリーグ戦13試合3得点の結果を残している。 先月30日に行われた第16節の京都サンガF.C.戦でプロA契約締結の条件をクリアした長谷川はクラブを通じて喜びの思いを語り、決意を新たにした。 「日頃よりたくさんのご支援、ご声援ありがとうございます。この度、プロA契約を締結させていただきました。夏場での戦いがJ1昇格に向け非常に重要になっていくので、今まで以上にチームの為に戦い貢献したいと思います。今後も応援宜しくお願い致します」 2021.06.11 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FC、日本大DF近藤友喜の2023年の加入内定を発表「並外れたスピードとジャンプ力が特徴」

横浜FCは11日、日本大学のDF近藤友喜(20)の2023シーズンの加入が内定したことを発表した。 愛知県生まれで名古屋グランパスの下部組織に在籍していた経歴を持つ近藤。前橋育英高校から日本大学に進学し、3年次となる今年度に評価を高め、複数クラブから関心を集めていたという。 横浜FCは近藤を「高い身体能力が持ち味の右サイドアタッカー。全身のバネを活かした並外れたスピードとジャンプ力が特徴であり、ボールを受けて縦に勝負し、クロス、シュートなどチャンスメイクができる」と評価しており、サイドに限らないユーティリティ性も特長の一つのようだ。 近藤は加入内定の喜びと、1年半後の正式入団に向けて意気込みを語っている。 「この度、2023シーズンより横浜FCに加入することになりました、日本大学の近藤友喜です。横浜FCという素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることを非常に嬉しく思います」 「こうしてプロサッカー選手になる事ができたのは、何不自由なくサッカーを続けさせてくれた両親、これまでお世話になった指導者の方々、プロの世界や大学サッカーで常に自分に刺激を与え続けてくれる仲間や応援してくれる友達など、多くの人たちのおかげだと思います。僕を支えてくれた全ての人への感謝の気持ちを忘れず、1日でも早く三ツ沢のピッチに立ち、自分の特徴であるスピードを活かしたプレーでチームの勝利に貢献できるよう頑張っていきます」 「現在、日本大学では関東1部リーグ昇格を目標に日々トレーニングに励んでいます。この目標を達成させる力がなければプロの舞台で活躍することは難しいと考えています。そのためまずは日本大学での活動に全力で取り組んでいきたいと思います。横浜FCに関わる全ての皆様、何卒よろしくお願いいたします!」 2021.06.11 18:16 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティックがポステコグルー監督の招へいを発表、横浜FMも退任を発表「残念なことに、お別れをする時がきました」

セルティックは10日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)の監督就任を発表した。契約期間は1年間となる。 ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。 2018年から横浜F・マリノスの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなる明治安田生命J1リーグで優勝を果たしていた。 2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけている。 予てから噂されていた中、正式に就任が発表。横浜FMFも退任を発表した。 横浜FMは「監督、クラブ間での協議を重ねた結果、クラブとしてポステコグルー監督の意志を尊重して双方合意のもと、シーズン途中ではありますが横浜F・マリノスの監督を退任し、セルティックFCの監督に就任することが決定いたしました」としている。 またポステコグルー監督に対しては「クラブは、横浜F・マリノスを支え、新たな歴史を築き、多くの功績を残されたことに感謝をするとともに、ポステコグルー監督の新たな挑戦をファミリーとしてサポートしたいと思います。クラブを離れてもポステコグルー監督は、マリノスファミリーの一員であり、F・マリノスの将来を見守ってくださいます」とコメント。暫定的に、F・マリノススポーツクラブ・アカデミーグループダイレクターであり、Jエリートリーグで指揮を執っている松永英機氏が監督を務めるとのことだ。 ポステコグルー監督はクラブを通じてコメントしている。 「マリノスファミリーの皆さんへ」 「皆さんにお知らせすることがあります。残念なことに、お別れをする時がきました。横浜F・マリノスの監督になり3年半が経ちますが、新たな挑戦に踏み出すことを決断しました」 「横浜F・マリノスに関わるすべての人たちに対し、言葉では表すことのできない感謝の気持ちを持っています」 「クラブスタッフ、チームスタッフの皆さん、選手たち、そしてこの国で最も情熱的なファン・サポーターの皆さんから、世界中のどの監督もがうらやむような厚いサポートをいただきました」 「私が監督に就任した際、横浜F・マリノスを日本中で誰もが話題にするようなチームにするというビジョンをお話ししました。成功をもたらすことはもちろんですが、皆さんがクラブを誇りに思えるようなサッカーを実現したいという想いでした」 「多くの困難があり、その道のりは決して簡単なものではありませんでしたが、我々は特別なことを成し遂げられるということを信じ続けました。多くの特別な瞬間がありましたが、2019シーズンのJリーグ制覇を上回るものはありません。あの日産スタジアムでの最終戦は、いつも私の心の中にあり続けます」 「ファン・サポーターの皆さんをワクワクさせることができたことも誇りです。妥協を許さずに常に成長を求め、素晴らしいサッカーを見せることができました。選手が日本代表に選出されたことや、夢を追い求め欧州にチャレンジする選手がいたりと、多くのことを成し遂げてきました」 「コロナ禍で、ファン・サポーターの皆さんの大歓声をスタジアムで聞けなかったことは寂しかったですが、様々な制限がありながらもチームを応援する気持ちは伝わっていました」 「私と私の家族を代表して、チームスタッフ、選手、素晴らしいファン・サポーターの皆さんに感謝をお伝えします。ありがとう」 「私は離れても、マリノスファミリーの一員ですし、皆さんは常に私と私の家族の中にあり続けます」 「Forever F.Marinos ボスより」 2021.06.10 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

J3降格危機の大宮が霜田正浩氏を新監督に招へい「全ての試合でチャレンジャーとして向き合う」

大宮アルディージャは7日、新監督に霜田正浩氏(54)が就任することを発表した。 なお、霜田新監督は13日の明治安田生命J2リーグ第18節の栃木SC戦から指揮を執る。 霜田監督は、JFL時代の徳島ヴォルティス(大塚製薬徳島ヴォルティス)のコーチとして指導者のキャリアをスタート。京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)ではユースやジュニアユースの監督を務めたほか、強化部長補佐も務め、FC東京でも強化部長補佐やヘッドコーチを務めた。 その後、関東リーグ時代のY.S.C.C.横浜で監督を務め、ジェフユナイテッド市原・千葉ではトップチームのコーチとヘッドコーチを歴任。2009年に日本サッカー協会(JFA)に入ると、技術委員長や日本代表のナショナルチームダイレクター、アンダー世代の監督などを務めた。 2017年にはシント=トロイデンでコーチを務めると、2018年1月にはレノファ山口FCの監督に就任。2021年1月からはベトナムのサイゴンFCのアドバイザーを務めると、2月に監督に就任したが、3月には解任されていた。 霜田氏は、J2通算126試合で指揮し38勝27分け61敗の成績。2018年はJ2で8位となっていたが、主力選手の引き抜きなどもあり2019年は15位、2020年は22位となっていた。 大宮は今シーズンから岩瀬健監督が就任。J1昇格を目指した戦いの中、チームは結果を残せずに降格圏に沈む状態に。さらに、なかなか改善が見られないことから解任されると、なでしこジャパンでW杯を制し、トータルアドバイザーを務めていた佐々木則夫氏が暫定的に指揮を執っていた。しかし、佐々木氏が指揮した2試合も連敗と厳しい状態が続いている。 霜田監督はクラブを通じてコメントしている。 ◆霜田正浩監督 「大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ。このたび、監督に就任しました霜田正浩です。苦しいシーズンを送っている選手たちの躍動感を取り戻し、このクラブが培ってきた誇りを胸に、残り試合を大宮のために全力で闘うつもりです。ここからのリスタートですが、どの相手に対しても、全ての試合でチャレンジャーとして向き合い、日々のトレーニングから魂を込めた準備をしていきます」 「一つのボールを奪い合う執念、味方のために走ること、諦めずにボールを追うこと、チーム全員で同じ絵を描くこと。そして何より勝つことにこだわります。チームを取り巻く人たちが一丸になるためには、まず僕らがピッチから皆さんに伝えるものがなければいけない。それを皆さんに感じていただけるように、選手を信じて闘いますので、ぜひ応援をよろしくお願い申し上げます」 また、佐野秀彦社長もコメント。期待を寄せた。 ◆佐野秀彦 代表取締役社長 「現在のチーム状況を打開するために、選手個々の特長を引き出し、『勝負強さ』『目標に向かっていく力』『コミュニケーション力』など、強い気持ちで戦う意識をうえつける力に優れた霜田監督が就任します。霜田監督の豊富な経験と情熱によりチームに『戦う気持ち』を呼び起こし、まずは降格圏から抜け出すことを直近の目標として取り組みます」 「常に危機感を持って、残り25節をクラブに関わる皆さんと一丸となって戦い、全ての試合で最後の最後まで勝利を目指して戦ってまいりますので、引き続きの温かいご支援、そして熱い応援をよろしくお願い申し上げます」 2021.06.07 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

清水、ウィリアム・マテウスと双方合意で契約解除「家族のためにブラジルへ戻ります」

清水エスパルスは3日、ブラジル人DFウィリアム・マテウス(31)と契約解除したことを発表した。 契約解除の理由は家庭の事情。コロナ禍で家族が日本に来られなかった同選手の考えを尊重し、双方合意の下で、この度マテウスはブラジルに戻ることになった。 「これまで海外でプレーしたことはありましたが、これほど温かく迎えていただいたことは初めてでした。ブラジル人の選手やスタッフも多く、チームのみんなに優しく接してもらい本当に感謝しています」 「日本でプレーすることを決める前に、周りの人たちから日本の環境の良さやJリーグのレベルの高さを聞き、数年間はプレーするつもりでいました。ただ、家族も一緒に来る予定でしたが、コロナの影響で叶いませんでした。残念ながら人生で初めての難しい決断をしなければなりませんでした」 「このパンデミックの中、自分が一番大切にしている家族のためにブラジルへ戻ります。日本を離れますが、今後のチームの良い結果と皆さんや家族の幸せを願っています」 ボタフォゴやヴァスコ・ダ・ガマ、コリチーバにフルミネンセなど、母国クラブを転々としたマテウスは、今シーズンから清水に加入。コロナ感染防止策による合流の遅れもあったが、4月28日に行われたルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦で途中出場し、日本デビューを飾った。 続く5月5日のベガルタ仙台戦では初先発も果たしたが、J1での出番はなく、2試合の出場にとどまっていた。 2021.06.03 13:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly