鎌田が先制点演出もレバークーゼンがディアビの2発などで逆転勝利《DFBポカール》

2021.01.13 06:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DFBポカール2回戦、レバークーゼンvsフランクフルトが12日に行われ、4-1でレバークーゼンが逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は70分までプレーし、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。

3日前に行われたブンデスリーガでブレーメン相手に低調ドローとなったレバークーゼンは、ブレーメン戦のスタメンから3選手を変更。シックらに代えてアラリオらを起用した。

一方、マインツに快勝としてリーグ戦3連勝としたフランクフルトは、マインツ戦のスタメンから4選手を変更。鎌田は[3-4-2-1]のシャドーで引き続きスタメンとなり、長谷部はベンチスタートとなった。

ハイプレスをかける入りを見せたフランクフルトが6分に先制する。ボックス右の鎌田のグラウンダークロスをアンドレ・シウバがワンタッチで流し、ボックス中央に走り込んだユネスがダイレクトで蹴り込んだ。

失点したレバークーゼンは10分にアラリオがヘディングシュートで、12分にアミリが枠内シュートで同点ゴールに迫ると、26分にPKを獲得した。ベイリーの左クロスがボックス内のドゥルムのハンドを誘った。このPKをアラリオが決めてレバークーゼンが同点に追いつく。

前半半ば以降はレバークーゼンが攻め込む展開が続き、41分にはヴェンデウのミドルシュートがGKトラップを強襲。1-1で前半を終えた。

迎えた後半、開始4分にレバークーゼンが逆転する。左サイド低い位置からのデミルバイのFKをボックス右のタプソバがヘディングで押し込んだ。

その後も攻め立てるレバークーゼンは55分にCKの流れからディアビが強烈なミドルシュートでGKを強襲すると、67分に決定的な3点目を奪った。アミリが左サイドからカットインしながらDFを外してスルーパス。ボックス右でフリーのディアビが確実にシュートを決めきった。

その後、70分に鎌田がピッチを後にしたフランクフルトに対し、73分にターが一発退場となったレバークーゼンだったが、終盤にかけてもカウンターで牽制し続けると、87分にディアビが独走からこの試合2点目を決めて4-1と突き放し、3回戦へ進出している。


関連ニュース
thumb

DFBポカール2回戦の組み合わせが決定! 田中碧vs室屋の日本人対決が実現!

DFBポカール2回戦の組み合わせ抽選会が29日に行われた。 2回戦では前回王者のドルトムントが2部のインゴルシュタットと対戦。また、最多優勝を誇るバイエルンは昨季ベスト8のボルシアMGと激突することとなった。 また、2回戦ながら遠藤航の所属するシュツットガルトvsケルン、浅野拓磨の所属するボーフムvsアウグスブルクと、奥川雅也の所属するビーレフェルトvsマインツの1部チーム同士の対戦も注目だ。 そのほかの日本人では、田中碧の所属するデュッセルドルフが室屋成の所属するハノーファーと激突。原口元気と遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは3部のヴァルトホーフ・マンハイムと、板倉滉の所属するシャルケは3部の1860ミュンヘンと対戦する。 DFBポカール2回戦は10月26~27日に開催される予定だ。 ◆DFBポカール2回戦 プロイセン・ミュンスター(4部) vs ヘルタ・ベルリン ヴァルトホーフ・マンハイム(3部) vs ウニオン・ベルリン オスナブリュック(3部) vs フライブルク バベルスベルク(4部) vs RBライプツィヒ 1860ミュンヘン(3部) vs シャルケ(2部) ハノーファー(2部) vs デュッセルドルフ(2部) ボーフム vs アウグスブルク ボルシアMG vs バイエルン ディナモ・ドレスデン(2部) vs ザンクト・パウリ(2部) ホッフェンハイム vs ホルシュタイン・キール(2部) ヤーン・レーゲンスブルク(2部) vs ハンザ・ロストック(2部) ニュルンベルク(2部) vs ハンブルガーSV(2部) マインツ vs ビーレフェルト シュツットガルト vs ケルン ドルトムント vs インゴルシュタット(2部) レバークーゼン vs カールスルーエ(2部) 2021.08.30 07:05 Mon
twitterfacebook
thumb

交代させ過ぎたヴォルフスブルク、上訴却下でDFBポカール敗退確定…「深刻な組織としての過失」と判断

ドイツサッカー連盟(DFB)は26日、改めてヴォルフスブルクの失格を発表した。 ヴォルフスブルクは8日に行われたDFBポカール1回戦のプロイセン・ミュンスター戦で不正行為を行っていた。 試合は延長戦までもつれ込んだ中、最終的にはヴォルフスブルクが3-1で勝利という結果に終わっていた。しかし、その延長戦でヴォルフスブルクが6人目の交代を行い、試合後にプロイセン・ミュンスター側から異議申し立てがあった。 DFBポカールでは、交代枠は5名と定められ、延長戦でも交代枠が増えるというレギュレーションはない。しかし、この試合が初陣となったヴォルフスブルクのマルク・ファン・ボメル監督が6人の選手を交代。5人目と6人目は同時交代であり、勘違いが生じたとも見られていた。 この件に関して、DFBは16日にヴォルフスブルクの失格を発表。しかし、ヴォルフスブルクは異議申し立てを行っていた。 ヴォルフスブルクとしては、第4審のチェックを受けての交代だったことがあり、チェックに問題があったと主張していた。 DFB連邦裁判所は、口頭審理を行い、ヴォルフスブルクの上訴を却下。これまでどおり、ヴォルフスブルクの2-0での敗戦となることを決定した。 議長を務めたアヒム・シュペート氏は「何も知らなかったのは、クラブの深刻な組織としての過失に基づいている。現在のサッカー法により、スポーツ裁判所によって行われる試合の再評価に繋がっている」とコメントした。 思わぬ失態でまさかの敗退となったヴォルフスブルク。ブンデスリーガで名誉挽回となる結果を残すことが期待される。 2021.08.27 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンが5部相手に2桁ゴールの圧勝! チュポ=モティングが4ゴール《DFBポカール》

バイエルンは25日、DFBポカール1回戦でドイツ5部に所属するブレーマーSVと対戦し、12-0で圧勝した。 DFLスーパーカップ制覇に続き、先週末はケルン相手に3-2で競り勝って今シーズンのブンデスリーガ初勝利を挙げたバイエルン。公式戦3連勝を目指すチームは、対戦相手に新型コロナウイルスの感染者が出た影響で開催延期となっていたDFBポカール初戦に臨んだ。 ナーゲルスマン監督はケルン戦から先発5人を変更。ノイアー、レヴァンドフスキとゴレツカに完全休養を与え、ウパメカノ、ニャブリ、アルフォンソ・デイビスをベンチスタート。GKウルライヒが再デビュー、オマー・リチャーズがデビューを飾ったほか、サールやチュポ=モティング、ミュージアラがスタメンに入った。 試合は開始早々からバイエルンが押し込む展開の中、8分にゴールが生まれる。キミッヒからのロングフィードに抜け出したサネがボックス左でキープして中央のチュポ=モティングへ折り返す。これをチュポ=モティングが落ち着いて反転し左足を振ると、クロスバーの内側を叩いた強烈なシュートがゴールネットを揺らした。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開する中、16分にはペナルティアーク付近でチュポ=モティングとの鮮やかなパス交換でゴール前に抜け出したミュージアラが冷静にGKとの一対一を制す。 畳みかけるアウェイチームは27分にチュポ=モティングとミュージアラの連携から相手のオウンゴールを誘うと、直後の28分には相手のビルドアップのミスを突き、サネからのプレゼントパスをチュポ=モティングが難なく流し込む。 さらに、35分には波状攻撃からミュラーのヘディングの折り返しをチュポ=モティングが頭で押し込み、前半だけでハットトリックを達成。格下を圧倒する戦いぶりをみせ、5点リードで試合を折り返した。 前半で試合を決めたバイエルンはキミッヒ、ミュラー、ジューレと主力を下げてクリス・リチャーズとティルマンという2人の生え抜き、キュイザンスを投入。 すると、47分には相手のビルドアップのミスを突いたティルマンがトップチームデビューを自ら祝うゴールを記録。その直後にはミュージアラが強烈なミドルシュートを突き刺す。 一方、ブレーマーでは58分に30歳の日本人DFワキアツシが投入され、東欧やドイツの下部カテゴリーを渡り歩いた苦労人が世界屈指のビッグクラブと対峙することになる。 その後、ここ最近サポーターからの批判に晒されるサネに待望の今季初ゴールが生まれたバイエルンは、以降もメンバーを入れ替えながら危なげなく試合を進めていく。 相手に退場者が出た中、キュイザンス、チュポ=モティング、サール、トリソと容赦なくゴールを重ね、ついに得点を2桁にのせた。 そして、5部相手に12ゴールを奪ったバイエルンがポカール初戦を大勝スタートした。 ブレーマーSV 0-12 バイエルン 【バイエルン】 チュポ=モティング(8分) ミュージアラ(16分) オウンゴール(27分) チュポ=モティング(28分) チュポ=モティング(35分) ティルマン(47分) ミュージアラ(48分) サネ(65分) キュイザンス(80分) チュポ=モティング(82分) サール(86分) トリソ(88分) 2021.08.26 05:07 Thu
twitterfacebook
thumb

6人の交代を行ったヴォルフスブルク、DFBポカール失格が決定

ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、DFBポカールにおいてヴォルフスブルクの失格を決定した。 8日に行われたDFBポカール1回戦のプロイセン・ミュンスターvsヴォルフスブルクで、ヴォルフスブルクの不正行為が確認された。 試合は延長戦までもつれ込み、ヴォルフスブルクが3-1で勝利という結果に終わったのだが、その延長戦でヴォルフスブルクが6人目の交代を行なったとして、試合後にプロイセン・ミュンスター側から異議申し立てがあった。 延長戦で交代枠が拡大されると勘違いしてしまったのか、2人同時交代だったため計算ミスがあったのかは不明だが、指摘を受けてドイツのスポーツ裁判所は第4審判のトビアス・フリッチュ氏などへ調査を行い、ヴォルフスブルクを失格とした。 試合結果はプロイセン・ミュンスターの2-0の勝利に変更され、2回戦へ進出。ヴォルフスブルクは法的救済策を検討しているとのことだ。 2021.08.17 13:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがカップ戦失格の危機に…まさかの6人交代で相手側が異議申し立て

ヴォルフスブルクがまさかの反則行為でDFBポカールを失格になる可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』などが報じている。 8日に行われたDFBポカール1回戦で4部のプロイセン・ミュンスターと対戦したヴォルフスブルク。試合は延長戦の末に3-1で勝利したのだが、交代枠の上限を超える6人の選手交代を行ったとして、相手側から異議申し立てを受けているようだ。 新型コロナウイルスの影響により、今季も交代枠は5人に拡大されているが、おそらくマルク・ファン・ボメル新監督は、延長戦でその枠が1人分増えると勘違いしていたのかもしれない。 しかし、ルール違反には変わりなく、プロイセン・ミュンスターはドイツスポーツ裁判所に異議申し立てし、現在は意見陳述を求めているところだという。『キッカー』は第4審判のトビアス・フリッチュ氏が重要参考人として決定的な役割を果たす可能性があると主張している。 2021.08.11 14:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly