バイエルンが抱える問題点を指摘するマガト氏「足ではなく頭が疲れ果てている」

2021.01.12 17:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバイエルンやヴォルフスブルクで指揮をとったフェリックス・マガト氏が、現在のバイエルンが抱える問題点を指摘している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。バイエルンは昨シーズン、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)、DFBポカールを制し、三冠の偉業を達成。今季もリーグ戦で首位に立ち、順調な歩みを見せているが、年明けからは不安定な試合が連続している。


3日に行われたブンデスリーガ第14節のマインツ戦では、後半5点を奪い勝利したものの、前半に2点を先取されたことが問題視されていた。続く8日の第15節ボルシアMG戦では、逆に2点を先取しながら後半に逆転され、今シーズン2敗目を喫してしまっている。

こうした状況を受け、ドイツ『BR』に出演したマガト氏は、現在のチームが抱える問題点は疲労にあると語った。

「バイエルンが疲れているのは足ではなく、頭だと思う。昨シーズンから多くの大会をこなしている彼らは、疲れ果てているはずだ」

「理論的に考えて、彼らならCLもDFBポカールもブンデスリーガも勝ち取れる力がある。とはいえ今の状態では、それも難しいだろうね」

マガト氏はインタビューのなかで、10月以来リーグ戦クリーンシートがないバイエルンの守備に言及しつつ、13日のDFBポカールで対戦するホルシュタイン・キール戦についても、油断は禁物だと忠告している。

「夏までの間、バイエルンの守備陣は常に安定感あるプレーを披露していたと思う。しかし、今はそれを失ってしまっている」

「キールの方がバイエルンに比べてフレッシュな状態だし、前線でより自由にプレーができるだろう」
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! ラインを割る寸前で拾ったボールをそのままネットインする技ありの一発

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月27日にご紹介するのは、今から22年前に元ブラジル代表FWのエウベル氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ブンデス史に残るストライカーFWエウベルがコーナーフラッグ付近からサイドネットに決める!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0ZTBvcFFsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ボールがゴールラインを割りそうなところで、体を入れる相手GKからボールを奪いきり、コーナーフラッグ付近の角度のない位置から目の前で決めるというアドレナリンが爆発しそうなゴールです。 ◆リーグ最優秀ゴール エウベル氏は、高さ、強さ、スピード、決定力を高いレベルで兼ね備える万能型ストライカー。選手層が厚かったブラジル代表では主力になれなかったものの、ブンデスリーガでは通算133ゴールを記録しました。 1999年2月27日に行われたブンデスリーガ第20節のハンザ・ロストック戦では、その年のリーグ最優秀ゴールにも選ばれる素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた69分、味方のFWカルステン・ヤンカーが右サイドで出したパスが少し大きくなり、相手GKマーティン・ピッケンハーゲンがボックスを出てゴールラインを割るまで待とうとします。 しかし次の瞬間、エウベルが隙を見て一気に詰めると、やや虚を突かれたピッケンハーゲンからボールをラインぎりぎりで奪い、右コーナーフラッグ付近から左足でそのままシュート。カーブのかかったボールは、無人のゴールの逆サイドネットへとゆっくり吸い込まれていきました。 このゴールで先制したバイエルンは一気に畳みかけ、後半だけで4得点を記録。エウベル自身も2ゴール1アシストと見事な活躍を見せています。 2021.02.27 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ミュラーとニャブリが練習復帰

バイエルンの元ドイツ代表MFトーマス・ミュラーとドイツ代表FWセルジ・ニャブリの両選手が25日の練習に参加したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ミュラーは18日に新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、自主隔離に入っていたが、個別トレーニングを実施したとのことだ。 一方、ニャブリは11日に行われたクラブ・ワールドカップ2020決勝のティグレス戦で左太ももの筋繊維を断裂していた。 両選手を欠いたバイエルンは直近のチャンピオンズリーグではラツィオに4-1と快勝したものの、ブンデスリーガではフランクフルトに敗れるなど、ここ2試合1分け1敗と躓いていた。 2021.02.25 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シンデレラボーイ・ミュージアラがドイツ代表を選択!「生まれた国が正しい選択だと感じた」

バイエルンに所属するMFジャマル・ミュージアラ(17)は、ドイツ代表で戦うことを決断したようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。 先日のチャンピオンズリーグのラツィオ戦で、イングランド人として17歳363日という大会史上最年少ゴール記録を打ち立てて一躍時の人となったミュージアラ。同時に新たなシンデレラボーイには、どのA代表を選ぶかが注目されていた。 2003年2月に、ドイツ人の母とナイジェリア系イギリス人の父を持つミュージアラは、ドイツのシュツットガルトで生を受けたが、2010年夏にサウサンプトンの下部組織に入団し渡英。その1年後にチェルシーに移籍し、2019年夏にバイエルンに加入するまで9年間イングランドで過ごした。 そのためイングランド代表でプレーする権利も持っており、これまでアンダー世代の代表では、イングランド代表として呼ばれることが主だった。 しかし、『アスレティック』の独占インタビューでシニア代表はドイツを選んだことを発表。「簡単な決断ではなく、長い間考えていた。でも、自分が生まれたドイツが正しい選択だと思ったんだ」と理由を説明している。 なお、今月26日に18歳の誕生日を迎えるミュージアラは、バイエルンとプロ契約を結ぶと見込まれている。 2021.02.24 19:19 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン伝説のスーパーサブが決めた衝撃のボレー!優勝を引き寄せた交代出場直後の決勝弾【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 アレクサンダー・ツィックラー(当時27歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:188cm バイエルンでキャリアの12年間を過ごしたツィックラー氏は、公式戦300試合以上に出場し、ブンデスリーガ7回優勝を含む主要タイトル19個を勝ち取った、同クラブのレジェンドだ。特に途中出場の試合で驚異の得点率を誇るスーパーサブとして活躍した。 【試合詳細】 日程:2001年5月12日 大会:ブンデスリーガ第33節 対戦相手:カイザースラウテルン 時間:後半45分(1-1) <div id="cws_ad">◆スーパーサブの優勝を引き寄せる豪快ボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXVFhIMGpnQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リーグ戦残り2試合で首位に立っていたバイエルン。この試合に勝てば首位を守って最終節を迎えられる状況にあったものの、試合終盤に入っても1-1の同点と苦戦を強いられていた。 このままでは首位陥落のバイエルンは89分、望みをかけてスーパーサブ、ツィックラーを投入する。すると直後の90分、左サイドのスペースでボールを持ったツィックラーは、ドリブルでそのままボックス内に侵入し、シュート。このシュートはブロックされるも、高く上がったこぼれ球の落下点に入ったツィークラーは、そのまま豪快なボレーシュート。強烈なシュートはゴール右上に突き刺さり、劇的な勝ち越しゴールを決めてみせた。 この劇的ゴールで勝ち点3をもぎ取ったバイエルンは、リーグ首位のまま最終節に臨み、見事ブンデスリーガ優勝を決めている。 2021.02.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがラウール超え!CLゴール数歴代3位に!

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが偉大な記録を成し遂げた。 23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のラツィオ戦1stレグ。レヴァンドフスキはキックオフ早々の9分に、相手DFのバックパスミスを奪い楽々と先制点を記録すると、勢いに乗ったチームは前半だけで3点を奪い余裕の展開に持ち込む。 後半立ち上がりにも相手のオウンゴールで追加点を挙げたバイエルンは、その直後に1点を返されるもアウェイで1-4で勝利。20年ぶりの決勝トーナメントとなったラツィオに対して、前回王者のバイエルンがその力をまざまざと見せつける結果となった。 クラブが連覇に向けて上々のスタートを切った一方、エースのレヴァンドフスキも偉大な記録に到達。この試合の先制点がポーランド代表FWにとってCL通算72ゴール目となり、71ゴールで並んでいた元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏を抜き、単独3位に躍り出た。 なお、トップは134ゴールのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。2位は119ゴールのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとなっている。 2021.02.24 15:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly