長谷部&鎌田先発のフランクフルト、PK2つでマインツを下し3連勝《ブンデスリーガ》

2021.01.10 01:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは9日、ブンデスリーガ第15節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠は77分まで、MF鎌田大地は80分までプレーしている。新年初戦となった前節、鎌田のオウンゴール誘発などでレバークーゼンに逆転勝利した8位フランクフルト(勝ち点20)は、鎌田が2試合連続スタメンとなり、長谷部が2試合連続でボランチ起用となった。

今季2度目の監督交代となった17位マインツ(勝ち点6)がテンション高く入ってきたのに対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは13分、2シャドーの一角に入った鎌田のパスを受けたコスティッチがボックス左からGK強襲のシュートを浴びせる。

そして22分、ユネスのスルーパスに反応したアンドレ・シウバがボックス内でニアカテに倒されてPKを獲得した。このPKをアンドレ・シウバ自ら決めてフランクフルトが先制した。

先制して以降はフランクフルトが主導権を握りながら時間を進め、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半開始3分、鎌田の左クロスからアンドレ・シウバが際どいヘディングシュートを浴びせたフランクフルトが引き続き主導権を握っていた中、60分にピンチ。

FKの流れから自陣ボックス内のソウがクリアにかかったところで、頭から突っ込んできたバレイロに接触があったとしてPK判定に。しかしVARで確認後、ファウルはなくフランクフルトは助かった。

すると71分、フランクフルトにこの試合2つ目のPKが与えられる。コスティッチのシュートのルーズボールに反応していたボックス内のヒンテレッガーがニアカテに倒された。このPKをアンドレ・シウバが決めてフランクフルトが試合の大勢を決めた。

89分には再びマインツにPKが与えられるも、この場面はボックス外でのハンドだったとしてVARの末にFKに。フランクフルトがマインツをシャットアウトし、3連勝としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ヨビッチが古巣フランクフルトに帰還! マドリーから今季終了までのレンタルで加入

フランクフルトは14日、レアル・マドリーからセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 フランクフルトは今冬の移籍市場でクラブ・ブルージュに元オランダ代表FWバス・ドストを売却した中、その穴埋めとしてかつてのエースを呼び戻すことに成功した。 同クラブでスポーツ・ディレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は、ヨビッチの帰還がクラブ、選手双方にとって有益なものになると考えている。 「ルカはここ最近マドリードで決して楽な時間を過ごしていなかった。そういった中で彼が正しい軌道に戻ることが重要だ。そして、アイントラハトに戻ることは彼の大きな願いだった」 「ルカはこれからの数カ月間、慣れ親しんだ環境で本来の強さに戻る方法を見つけることができるはずだ。そして、レアル・マドリーも彼が我々と良い関係を構築し、ここで成長できると考えている。我々にとっても前線に新たな優れたオプションを手にできたことは明白だ 母国セルビアの名門、ツルヴェナ・ズヴェズタでプロキャリアをスタートさせたヨビッチは、キプロスのアポロン・リマソルやベンフィカを経て、2017年夏にフランクフルトへ加入。2年の在籍期間で公式戦通算75試合36ゴール9アシストの数字を残した。 その後、2019年夏に推定6000万ユーロ(約76億円)の移籍金で加入したマドリーでは在籍1シーズン半で公式戦32試合で2ゴール2アシストと思うような活躍を見せられず。加えて、新型コロナウイルスのパンデミックが起こっていた昨年3月にクラブに無断でセルビアに帰国し、隔離措置も取らずに恋人の誕生日パーティーに参加する愚行も。挙げ句の果てには、同年11月に自らも感染し、その後のケガも重なって以降は公式戦出場が一度もない状況となっていた。 2021.01.14 23:32 Thu
twitterfacebook
thumb

SDが明言、ルカ・ヨビッチがレンタルで古巣フランクフルト復帰へ!

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)は、古巣のフランクフルトにレンタル移籍することになるようだ。 母国セルビアの名門、ツルヴェナ・ズヴェズタでプロキャリアをスタートさせたヨビッチは、キプロスのアポロン・リマソールやベンフィカを経て、2017年夏にフランクフルトにレンタル移籍。2年の在籍期間で公式戦通算75試合36ゴール9アシストの数字を残した。 その中で1試合5得点を記録した2018-19シーズンのブンデスリーガでは32試合で17ゴール、同シーズンのヨーロッパリーグでは14試合10ゴールと得点力が爆発。2019年夏に買い取りオプションを行使し、そのままマドリーへ推定6000万ユーロ(現レートで約76億円)の移籍金で加入する運びとなった。 しかし、マドリーでは水が合わなかったのか、全く実力が発揮できないうえ、新型コロナウイルスのパンデミックが起こっていた昨年3月にクラブに無断でセルビアに帰国し、隔離措置も取らずに恋人の誕生日パーティーに参加する愚行も。挙げ句の果てには、ついに11月に自らも感染し、以降は公式戦出場が一度もない状況となっている。 マドリーで完全に構想外となっているヨビッチには以前から移籍の噂が取り沙汰されていたが、今回フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が、ドイツ『スカイ』の取材で今夏までのレンタルによる同選手の復帰を明言した。 「ルカ・ヨビッチは夏までレンタルすることになる。メディカルチェックなどいくつか整理しなければならない詳細はあるが、全てが上手くいけば、間も無く彼は家に戻るはずだ」 マドリーでは公式戦32試合で2ゴール2アシストにとどまっているヨビッチ。古巣復帰で本来の姿を取り戻すことはできるだろうか。 2021.01.13 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田が先制点演出もレバークーゼンがディアビの2発などで逆転勝利《DFBポカール》

DFBポカール2回戦、レバークーゼンvsフランクフルトが12日に行われ、4-1でレバークーゼンが逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は70分までプレーし、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 3日前に行われたブンデスリーガでブレーメン相手に低調ドローとなったレバークーゼンは、ブレーメン戦のスタメンから3選手を変更。シックらに代えてアラリオらを起用した。 一方、マインツに快勝としてリーグ戦3連勝としたフランクフルトは、マインツ戦のスタメンから4選手を変更。鎌田は[3-4-2-1]のシャドーで引き続きスタメンとなり、長谷部はベンチスタートとなった。 ハイプレスをかける入りを見せたフランクフルトが6分に先制する。ボックス右の鎌田のグラウンダークロスをアンドレ・シウバがワンタッチで流し、ボックス中央に走り込んだユネスがダイレクトで蹴り込んだ。 失点したレバークーゼンは10分にアラリオがヘディングシュートで、12分にアミリが枠内シュートで同点ゴールに迫ると、26分にPKを獲得した。ベイリーの左クロスがボックス内のドゥルムのハンドを誘った。このPKをアラリオが決めてレバークーゼンが同点に追いつく。 前半半ば以降はレバークーゼンが攻め込む展開が続き、41分にはヴェンデウのミドルシュートがGKトラップを強襲。1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にレバークーゼンが逆転する。左サイド低い位置からのデミルバイのFKをボックス右のタプソバがヘディングで押し込んだ。 その後も攻め立てるレバークーゼンは55分にCKの流れからディアビが強烈なミドルシュートでGKを強襲すると、67分に決定的な3点目を奪った。アミリが左サイドからカットインしながらDFを外してスルーパス。ボックス右でフリーのディアビが確実にシュートを決めきった。 その後、70分に鎌田がピッチを後にしたフランクフルトに対し、73分にターが一発退場となったレバークーゼンだったが、終盤にかけてもカウンターで牽制し続けると、87分にディアビが独走からこの試合2点目を決めて4-1と突き放し、3回戦へ進出している。 2021.01.13 06:43 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田が逆転弾演出のフランクフルトがレバークーゼンを撃破、ボランチでフル出場の長谷部も勝利に貢献《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第14節、フランクフルトvsレバークーゼンが2日に行われ、2-1でフランクフルトが逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は76分まで出場し、MF長谷部誠はフル出場している。 2020年最終戦となった前節アウグスブルク戦を快勝して10戦ぶりの勝利とした9位フランクフルト(勝ち点17)は3試合連続スタメンの長谷部が本職の中盤でスタート。鎌田が3試合ぶりにスタメンとなった。 一方、前節バイエルンとの首位攻防戦を凡ミスで惜敗して2位に後退したレバークーゼン(勝ち点28)は、バイエルン戦のスタメンからコロナ陽性となったシンクフラーフェンに代えてヴァイザーのみを変更した。 [3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは中盤2センターの一角に長谷部、2シャドーの一角に鎌田が入った中、10分に先制される。 ヴィルツの浮き球パスをボックス中央で受けたアミリが反転でDFをかわし、ヒールシュートを巧みに流し込んだ。 劣勢の入りとなったフランクフルトだったが、21分に長谷部が枠内シュートを浴びせると、直後に追いつく。長谷部、ソウと縦パスが繋がってユネスがボックス中央に侵入。GKとの一対一を制した。 1-1となって以降はフランクフルトがレバークーゼンの攻撃を抑え込んだ中、ハーフタイムに入った。 そして迎えた後半、54分にフランクフルトが逆転する。ボックス右でパスを受けた鎌田が鋭いクロスを入れると、タプソバのオウンゴールを誘った。 追う展開となったレバークーゼンは67分に3枚替えを敢行。ヴィルツやディアビらに代えてアラリオやベララビを投入した。 引き続きフランクフルトが主導権を握る中、73分に鎌田に決定機。しかし、ゴール前での決定的なボレーシュートは枠を捉えきれなかった。 81分にCKからアラリオがゴールに迫ったレバークーゼンだったが、フランクフルトが終盤にかけては集中した守備で逃げ切り。新年初戦を勝利で飾り、2連勝としている。 2021.01.03 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】新年初戦、日本人所属クラブが強豪と対戦

2020年最終戦となった前節、レバークーゼンとバイエルンの首位攻防戦が行われ、競り勝ったバイエルンが首位を奪還して2020年を終えた。例年であれば1カ月のウインターブレイクとなるブンデスリーガだが、コロナの影響もあって過密の今季は他のリーグ同様、新年早々から再開となる。迎える第14節は2日と3日に行われ、日本人所属チームが強豪と対戦する。 まずは2位に後退したレバークーゼンに挑む9位フランクフルトから。DF長谷部が2試合連続スタメンとなった中、フランクフルトは前節アウグスブルク戦を快勝して10戦ぶりの勝利とした。悪い流れを断ち切った中、スピードスターの多いレバークーゼン相手に長谷部は老獪なディフェンスで抑え込むことができるか。一方で2試合連続スタメンを外れ、アウグスブルク戦では出場機会のなかったMF鎌田に出番が訪れるかにも注目だ。 対するレバークーゼンは前節バイエルン戦では2つのつまらないミスから2失点と、もったいない敗戦となった。バイエルン相手に互角に渡り合えていただけに悔しい敗戦となったが、切り替えて勝利を取り戻せるか。 続いてMF遠藤航の7位シュツットガルトが、3位ライプツィヒをホームに迎える一戦。シュツットガルトは前節ヴォルフスブルク戦では終始相手に主導権を握られた中、シャットアウト負けを喫した。遠藤は後半半ばから3バックの中央に入って攻撃的な布陣としたものの実らず、チームは4試合ぶりの黒星となったが、強豪ライプツィヒ相手に勝ち点を得られるか。 そして、MF堂安の16位ビーレフェルトは8位ボルシアMGとホームで対戦する。ビーレフェルトは前節シャルケ戦では今季未勝利で最下位に沈む相手に1-0とシャットアウト勝利。堂安も守備面で勝利に貢献した中、今節はより個人能力の高い選手が揃うボルシアMGが相手となるが、組織力で上回れるか。 今節はFW大迫ブレーメンとMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンによる日本人対決も組まれている。ブレーメンは前節大迫が先発した中、マインツとの下位対決を試合終了間際の劇的弾で10戦ぶりの白星とした。良い形で2020年を終えられた中、ようやく自身先発試合で初勝利となった大迫は遠藤渓太の前でゴールとなるか。 対するウニオン・ベルリンは前節ドルトムント戦を2-1と勝利。遠藤渓太も後半半ばから出場して勝利に貢献した。こちらも強豪相手に勝利として5戦ぶりの白星とした中、2021年を良い形でスタートできるか。 レバークーゼンのミスを突いてしたたかに首位奪還としたバイエルンは17位マインツとのホーム戦に臨む。下位に沈む相手だけにここは必勝として新年をスタートし、首位をキープしたい。 ウニオン・ベルリンに敗れてテルジッチ体制2戦目で早くも黒星となった5位ドルトムントは、4位ヴォルフスブルクとの上位対決に臨む。FWムココにプロ初ゴールが生まれたドルトムントだが、不安定な試合が続くチームは好内容の試合が多いヴォルフスブルク相手に勝利を掴めるか。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽1/2(土) 《23:30》 ブレーメンvsウニオン・ベルリン フランクフルトvsレバークーゼン ホッフェンハイムvsフライブルク ケルンvsアウグスブルク ビーレフェルトvsボルシアMG 《26:30》 ヘルタ・ベルリンvsシャルケ 《28:30》 シュツットガルトvsライプツィヒ ▽1/3(日) 《23:30》 ドルトムントvsヴォルフスブルク 《26:00》 バイエルンvsマインツ 2021.01.02 18:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly