秋田の選手1名が帰省先で新型コロナ感染、知人の濃厚接触者に認定後陽性判定

2021.01.09 22:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は9日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は、7日に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けた知人の濃厚接触者として、帰省先の管轄保健所に認定され他とのこと。8日にPCR検査を受け、9日に選手本人も陽性判定を受けたとのことだ。

チームはオフだったが、選手は4日にその知人と自主トレを実施。発熱などもなかったが、7日に知人が陽性判定となり濃厚接触者に認定。8日には起床時に37.7度の発熱がありPCR検査を実施。すぐに平熱に戻ったが、陽性判定となった。

なお、秋田のチーム関係者に濃厚接触者はいないとのこと。また、チーム始動に先立ち、当初から予定されていた10日、11日に全選手とチーム関係者はPCR検査を実施する。

関連ニュース
thumb

FC刈谷に育成型期限付き移籍中のDF饗庭瑞生が秋田に早期復帰

ブラウブリッツ秋田は15日、DF饗庭瑞生(24)の復帰を発表した。 和歌山県出身の饗庭は、セレッソ大阪和歌山U-15から立正大淞南高校へと進学。福岡大学を経て、2020年に秋田へと入団した。 プロ1年目の昨シーズンは公式戦の出場はなし。今シーズンもリーグ戦では出番がなかったが、天皇杯で1試合に出場。8月10日にJFLのFC刈谷に育成型期限付き移籍していた。 当初の移籍期間は2022年1月31日までとなっていたが、早期の復帰となった。 饗庭はクラブを通じてコメントしている。 「自分自身が成長し、また秋田の勝利に貢献できるように、日々努力します!よろしくお願いします!」 また、FC刈谷を通じてもコメントしている。 「FC刈谷ファン・サポーターの皆さま短い間でしたがありがとうございました」 「JFL残留に向けて戦ってきましたが、ブラウブリッツ秋田に戻ることになりました。秋田へ戻っても応援していただけると嬉しいです。本当に短い間でしたが、ありがとうございました!」 2021.09.15 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

秋田のDF谷奥健四郎が左ヒザ関節後十字じん帯損傷

ブラウブリッツ秋田は13日、DF谷奥健四郎の負傷を発表した。 クラブの発表によると、谷奥は8月28日のFC琉球戦で負傷したとのこと。左ヒザ関節後十字じん帯損傷と診断。全治は明らかにされていないが、復帰に向けてリハビリ中とのことだ。 谷奥は琉球戦に先発出場。12分に突如ピッチに倒れ込み、そのままプレー続行が不可能に。担架に乗せられて運ばれていた。 谷奥は今シーズンの明治安田生命J2リーグで20試合に出場し1得点を記録していた。 2021.09.13 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田のDF加賀健一がトレーニング中に負傷…左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷

ブラウブリッツ秋田は18日、DF加賀健一の負傷を発表した。 クラブの発表によると、加賀は7月26日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたとのことだ。 なお、全治は明かされていないが復帰に向けてリハビリ中とのことだ。 加賀はジュビロ磐田や北海道コンサドーレ札幌、FC東京、浦和レッズ、モンテディオ山形と渡り歩き、2020年に秋田に加入。2020シーズンは明治安田J3で11試合に出場。今シーズンは明治安田J2でここまで17試合に出場し1得点を挙げていた。 2021.08.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

秋田のプロ2年目DF饗庭瑞生がJFLのFC刈谷へ育成型期限付き移籍

ブラウブリッツ秋田は10日、DF饗庭瑞生(24)がJFLのFC刈谷へ育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2022年1月31日までとなる。 和歌山県出身の饗庭は、セレッソ大阪和歌山U-15から立正大淞南高校へと進学。福岡大学を経て、2020年に秋田へと入団した。 プロ1年目の昨シーズンは公式戦の出場はなし。今シーズンもリーグ戦では出番がなかったが、天皇杯で1試合に出場している。 饗庭は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC刈谷 「厳しいリーグ戦を勝ち抜いて、勝ち点を1つでも多く積み上げるために自分の持ってる力を出し切り全身全霊で熱く戦います!よろしくお願いします!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「シーズン途中でチームを離れることになりますが、1選手として成長することを考え、FC刈谷でチャレンジすることに決断しました」 「秋田で培ったことを活かして頑張ってきます!1年半本当にありがとうございました!」 2021.08.10 16:51 Tue
twitterfacebook
thumb

秋田、長野からMF藤山智史を完全移籍で獲得! 「秋田の地でもう1度プレーできる機会をいただき感謝」

ブラウブリッツ秋田は7日、AC長野パルセイロからMF藤山智史(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 藤山は2017年に鹿屋体育大学から秋田へ加入。3シーズンに渡ってプレーした後、2019年12月に長野へ完全移籍。今シーズンここまでは明治安田生命J3リーグで13試合に出場し、1ゴールをマークしていた。 1年半ぶりに秋田への復帰が決定した藤山は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなメッセージを残している。 ◆ブラウブリッツ秋田 「秋田の地でもう1度プレーできる機会をいただけた事にとても感謝しております」 「チームに貢献できるように全力を尽くし、秋田の勝利のために戦います。よろしくお願いします」 ◆AC長野パルセイロ 「この度ブラウブリッツ秋田に移籍することになりました。この決断に至るまですごく悩みましたが、自分自身がチャレンジしたいという気持ちが強くあり、決断しました」 「素晴らしいスタジアムで、最高のファン・サポーターの皆さまと共に戦えたことは僕にとってかけがえのないものです。スタジアムで僕のユニフォームやグッズが見えた時、すごく嬉しかったです」 「そして自分自身を成長させてくれた横山監督には本当に感謝しております。長野パルセイロに関わる全ての皆さま、ありがとうございました」 「最後に、残りの長野生活1日1日を噛み締めて大切にします!ラスト1試合、共に戦い勝利しましょう!!」 なお、藤山の長野でのラストマッチは11日に行われるJ3第15節のY.S.C.C.横浜戦となる。 2021.07.07 16:54 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly