「武器は左足のキックと運動」栃木が東海大学DF面矢行斗の加入内定を発表

2021.01.06 18:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは6日、東海大学のDF面矢行斗(22)の加入内定を発表した。

面矢は京都サンガF.C.の下部組織出身で、東海大仰星高校から東海大学へと進学していた。

面矢はクラブを通じてコメントしている。
「この度2021シーズンより栃木SCに加入させていただくことになりました、東海大学体育会サッカー部の面矢行斗です。栃木SCという素晴らしいクラブの一員になれることを誇りに思います」

「今まで支えていただいた全ての方々への感謝を忘れず、全身全霊をかけてプレーします。私の武器は左足のキックと運動量です。ピッチで大いに体現し栃木SCのJ1昇格に貢献できるよう日々精進してまいります。宜しくお願い致します」

関連ニュース
thumb

元日本代表MF高萩洋次郎が栃木に完全移籍移行! FC東京から途中加入で15試合1ゴール

栃木SCは2日、MF高萩洋次郎(36)の完全移籍移行を発表した。 サンフレッチェ広島でのプロ入りから愛媛FC、ウェスタン・シドニー、FCソウル、FC東京でキャリアを紡ぐ高萩。2013年に日本代表デビューも果たした中盤の有力プレーヤーだが、2017年から所属するFC東京で出番が減り、今年7月から栃木にレンタル移籍した。 その栃木では半年間のプレーだったが、明治安田生命J2リーグ15試合に出場で1ゴールを決め、来季も完全移籍でとどまる運びに。栃木の公式サイトを通じて、その旨を報告しつつ、決意を新たにしている。 「栃木SCのファン・サポーターのみなさん。このたび完全移籍加入をすることになりました。J1昇格のために全力を尽くします。栃木一丸で頑張りましょう。応援よろしくお願いします」 一方、FC東京の公式ウェブサイトを通じては「FC東京のファン・サポーターのみなさん、ご無沙汰しています。このたび、栃木SCに完全移籍することになりました」と別れの挨拶とともに、感謝の言葉を綴った。 「いつかJ1の舞台で対戦できるように僕自身精一杯頑張ります。5年半あっという間でしたが、本当にありがとうございました。また会いましょう」 2022.12.02 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木の大卒ルーキー、大森渚生が複数年契約!

栃木SCは20日、MF大森渚生(23)との複数年による契約更新を発表した。 大森は東京ヴェルディのアカデミー出身で、日本大学を挟み、今季から栃木でプロの世界に。明治安田生命J2リーグ34試合、天皇杯3試合に出場した。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「栃木SCに関わる全ての皆様、日頃より多くのご支援、ご声援ありがとうございます。2023シーズンも栃木SCでプレーさせていただくことになりました」 「今シーズン、多くの試合に出場させていただき経験と成長を実感できた一方、目に見える結果でチームの勝利に貢献できなかった悔しさの残るシーズンでもありました」 「チームとしてなかなか結果が出せず苦しい時期もありましたが、皆様の温かいご声援と日々競争し合える素晴らしいチームメイトのおかげで前を向き続けることが出来ました」 「来シーズン、明確な結果にこだわりチームを勝たせることができる選手になれるよう日々取り組んで参ります。県民の歌はもう覚えました。来シーズン多くの勝利と共に皆で一つになって喜びを分かち合いましょう!」 2022.11.20 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木、DF黒崎隼人とFW五十嵐理人の契約更新を発表

栃木SCは19日、DF黒崎隼人(26)とFW五十嵐理人(23)の契約更新を発表した。黒崎は2年間の複数年契約となる。 黒崎は2019年に栃木でプロ入りした後、2021年には大分トリニータへ移籍。しかし、半年で古巣に復帰し、今シーズンは明治安田生命J2リーグ37試合の出場で3得点を記録した。 鹿屋体育大学出身の五十嵐は特別指定選手の期間を経て、今年から栃木に加入。今シーズンはJ2で14試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF黒崎隼人 「今シーズンも栃木SCを応援いただき、ありがとうございます!まずはじめに、今年も多くの皆さんのサポートがあって今シーズンが無事に終えられたこと感謝いたします。来シーズンも栃木SCのユニフォームを着てプレーできることを誇りに思います。地元出身者として、サッカーで栃木を盛り上げたい、そんな想いが強くなってきました。そのためには、このチームが成長すること、そして個人としてもさらに成長していけたらと思っています」 「栃木SCがまだ見たことのない景色をみんなさんと一緒に見たいと思ってます。来シーズンは今シーズン以上に、より一層責任と自覚を持って、闘いたいと思います!引き続き黒﨑隼人を宜しくお願いいたします」 ◆FW五十嵐理人 「この度、2023シーズンも栃木SCのユニフォームを着てプレーさせて頂くことになりました。今シーズンは、大好きなサッカーをする時間すら限られてしまい、チームの力になれなかったこと本当に悔しく思います。来シーズンは栃木SCの明るい未来の為に全身全霊プレーすることは勿論、自分自身も大きな覚悟と 自信を持ち1年間戦いたいと思います。そして、その姿を1秒でも多く、日頃から支えてくださる方々やサポーターの皆さまに届けていければと思います。共に闘いましょう! 来シーズンも応援宜しくお願い致します!」 2022.11.19 15:47 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木がFW大島康樹と2年契約を締結、今季はクラブで100試合出場も達成

栃木SCは17日、FW大島康樹(26)との契約更新を発表した。契約期間は2年間となる。 大島は柏レイソルの下部組織出身で、U-15、U-18と昇格。2015年に同期の日本代表DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)と共に、トップチームに昇格した。 2016年にはカターレ富山へ育成型期限付き移籍すると、2017年には柏に復帰。2018年に栃木へと完全移籍で加入する。 2018年はそのままザスパクサツ群馬に期限付き移籍。2019年から栃木でプレー。栃木では、4シーズンでJ2通算104試合に出場し3得点を記録した。 大島はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンも栃木SCの一員としてプレーできることを嬉しく思います。日々の練習を大切にし、試合で結果を出せるように全力を尽くします」 「皆さんと一緒にサッカーで栃木を盛り上げていけたらと思います!宜しくお願いします!」 2022.11.17 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF二川孝広が42歳で現役生活に幕…黄金期G大阪の10番

日本フットボールリーグ(JFL)のFCティアモ枚方は16日、元日本代表MF二川孝広(42)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪のアカデミー育ちで、プロ5年目からチームの10番として、数々のタイトルとともに黄金時代の軸を担った二川。168cmのサイズだったが、一線を画すサッカーセンスを武器にパスで違いとなり、2006年に日本代表初招集を受けた。 G大阪での17年半を経て、2016年夏から東京ヴェルディに移り、2018年に栃木SCに。2019年からFCティアモ枚方に活躍の場を求め、4年間を過ごしたが、今年をもって現役を退く決断をした。 G大阪時代に現ジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁らとともに黄金の中盤を形成したファンタジスタはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「今シーズンで現役生活を引退する決断をしました。この歳までサッカーを続ける事ができ幸せでした。サッカーを通して沢山の経験ができ、成長できたかなと思ってます。これまでお世話になった沢山の人達に感謝しています。ありがとうございました。そしてファン、サポーターの方々、これまでの沢山の応援ありがとうございました」 2022.11.16 13:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly