「ぶどう、桃、温泉とすべて僕は大好き」甲府が清水DF金井貢史の完全移籍加入を発表

2021.01.06 15:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は6日、清水エスパルスのDF金井貢史(30)が完全移籍で加入することを発表した。

金井は横浜F・マリノスの下部組織出身で、2008年にトップチーム昇格。その後、サガン鳥栖やジェフユナイテッド千葉、名古屋グランパスでプレー。2020シーズンから清水に加入していた。

清水では明治安田J1で14試合に出場し2得点。YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。
なお、J1通算で167試合17得点、J2通算35試合5得点を記録している。

金井はクラブを通じてコメントしている。

「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様、はじめまして。金井貢史です。まず厳しい状況の中、私にプレーする機会を与えて下さったクラブに感謝しています。ありがとうございます」

「J1昇格という目標を達成する為に強い覚悟をもってきました。しっかりとプレーで体現したいと思います。また、ぶどう、桃、温泉とすべて僕は大好きなので、山梨での生活も楽しみにしています!2021シーズン、一緒に戦いましょう!」

関連ニュース
thumb

FC東京DF蓮川壮大、次は甲府にレンタル 「必ずJ1に昇格しましょう」

ヴァンフォーレ甲府は5日、FC東京からDF蓮川壮大(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、FC東京との全公式戦に出場できない。 蓮川はFC東京のアカデミー卒で、明治大学に進学。大学時代に2種登録も経験して、2021年に古巣のFC東京でプロ入りした。 今季もFC東京でスタートしたが、2022年5月からいわてグルージャ盛岡にレンタル。明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。 来季からは天皇杯王者としてAFCチャンピオンズリーグも控える甲府へ。クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「この度、FC東京から加入することになりました、蓮川壮大です。身体能力を活かし、強度の高いプレーで対峙する相手に絶対に負けないというこだわりを持ちながら状況に応じてドリブルと走力で局面を打開し、チームの勝利に貢献したいです」 「ヴァンフォーレ甲府は、僕が小さな頃から凄く良い印象に残っており、青色のかっこいいユニフォームを含め、好きなチームです。また、山梨は自然が豊かな場所で、名物のほうとうも好きなので新たな生活にも期待が膨らみます。甲府の勝利の為に全力で戦います。そして必ずJ1に昇格しましょう。応援よろしくお願いします」 一方で、FC東京を通じては「このたび、ヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、成長を期した。 「FC東京と同じ青赤のユニフォームを着て、選手として一回りも二回りも大きくなり、成長してまた戻って来れるように頑張って来たいと思います。引き続きの応援よろしくお願いします」 なお、岩手の公式サイトでは「夏からの半年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」と別れの挨拶をしている。 「絶対に残留させるという強い気持ちを持ってこのチームに来ましたが、結果的には降格することになってしまい、また、怪我でチームにも迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ありません」 「いわてグルージャ盛岡に何一つ貢献できず、自分の力不足を感じました。ただ、何度負けても、ファン、サポーターの方々の声援は、次の試合に向けてのパワーになりました」 「ここで得た物を次のステージに活かして頑張ります。いわてグルージャ盛岡ファミリーの皆さん、本当にありがとうございました」 2022.12.05 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府、35歳GK河田晃兵と契約更新! 歴史的Vの天皇杯では輝き放つ

ヴァンフォーレ甲府は2日、GK河田晃兵(35)との契約更新を発表した。 福岡大学出身の河田はガンバ大阪でポジションを掴めず、アビスパ福岡と甲府でレンタルを経験。一度は2014年にG大阪復帰を果たすが、チームが国内3冠を達成したなかでやはり出番が限られ、2015年から古巣の甲府に完全移籍加入した。 その甲府では出番を減らす時期もあったが、今季の明治安田生命J2リーグでは37試合に出場。天皇杯ではサンフレッチェ広島とのPK戦にもつれこむ決勝で輝きを放ち、クラブとして初タイトルで、J2勢としても11大会ぶりの優勝に貢献した。 このたびの契約更新を受け、クラブの公式サイトを通じて今季を振り返りつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「誰も契約更新しないのでまた第一号になってしまいました。リーグ戦ではなかなか結果に繋がらずブーイングなど叱咤激励をいただく事もありましたが、栃木戦で負けたにも関わらず、みなさんが声援をくれたことはすごくチームの力になり、天皇杯のタイトルにも繋がったと思います」 「来シーズンは、みなさんが待ち望んだエンブレムの上に星がつきます☆ とりあえずスタジアムで着るホーム用1枚、アウェイ用1枚、ACL用1枚(たぶん販売予定)、飾る用1枚、頑張ってご購入していただける方は、計4枚購入のご検討をよろしくお願いします!笑」 2022.12.02 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋が甲府MF山田陸の完全移籍加入を発表!「J1の舞台でプレーできることを幸せに思います」

名古屋グランパスは30日、ヴァンフォーレ甲府からMF山田陸(24)の完全移籍加入を発表した。 山田は大宮アルディージャの下部組織出身で、トップチーム昇格後はグルージャ盛岡、AC長野パルセイロへの期限付き移籍を経て2020年から甲府でプレー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、クラブ史上初となる天皇杯優勝にも貢献した。 来季からJ1でプレーする決断を下した山田。両クラブを通じて、これまでの感謝や新天地での意気込みを述べている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスの皆さま、初めまして。山田陸です。J1の舞台でプレーできることを幸せに思います。J3やJ2で得た貴重な経験を糧に、挑戦する姿勢を大事にして名古屋で頑張りたいと思います」 「名古屋の地でチームの目標に対して貢献することはもちろん、地域にも馴染み、自分自身の挑戦が成功できるように全力を尽くします。皆さま、熱いサポートをよろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、そして、クラブに関わるスタッフ、選手の皆様、3年間本当にありがとうございました。プロになってからJ3リーグを転々とし、何もなかった僕に手を差し伸べてくれて、ここまでやってこれたのは、関わってくださった皆様のお陰です」 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりましたが、僕の中で甲府の一員として戦えたことは一生の誇りです。僕は、甲府の街、人の温もり、チームの雰囲気、甲府の事が本当に大好きです」 「来年は、ヴァンフォーレ甲府の一員として皆様と共に戦えませんが、今後のクラブの活躍と躍進を心より祈っています。僕のサッカー人生に希望の光をもたらしてくれたクラブと甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.11.30 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

来季はACLに臨む甲府が、地元出身の篠田善之氏を新監督に招へい「選手とボールが動く躍動感のあるサッカーを」

ヴァンフォーレ甲府は30日、新指揮官に篠田善之氏(51)が就任することを発表した。 地元・山梨県甲府市出身の篠田氏は、高校卒業後クラブの前身でもある甲府サッカークラブでもプレー。その後中京大学へと進学し、1995年にJFLの福岡ブルックス(現:アビスパ福岡)に入団した。 2年目からはJリーグでプレーし、福岡一筋でプレー。2004年に現役を引退すると、そのまま福岡でアンダーカテゴリーのコーチを務め、2008年7月からはトップチームで監督に就任した。 福岡ではチームをJ1に昇格させる手腕も見せると、2012年にはFC東京のコーチに就任。2016年7月からはトップチームの監督に就任。コーチ時代には、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も経験している。 2018年に清水エスパルスのコーチとなると、2019年5月から12月まで監督を務め、その後もトップチームでコーチやヘッドコーチを務めていた。 地元で監督を務めることとなる篠田氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ヴァンフォーレ甲府の監督に就任致しました篠田善之です。生まれ故郷である山梨県に戻り、歴史あるヴァンフォーレ甲府の監督として指揮をとれることを大変嬉しく光栄に思います」 「攻守においてスピーディーでアグレッシブな姿勢を貫き、選手とボールが動く躍動感のあるサッカーを目指していきたいと思います」 「県民の皆様、ファン、サポーターの皆様、クラブを支えて下さる全ての皆様にたくさんの勝利と笑顔をお届けできる様に、選手、スタッフと共に前進して行きたいと思います。よろしくお願い致します」 また、佐久間悟社長もコメントしている。 「2022シーズンもヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様方には、多大なるご支援・ご協力並びにご声援を賜り、誠にありがとうございました。また、リーグ戦では、成績不振が続きましたが、第102回天皇杯においては優勝という栄冠を勝ち取ることができました。これもひとえに山梨県に関わる多くの皆様方との協力と連帯の証であったと感謝するとともに誇らしい瞬間でもありました」 「さて、その様な状況下のもと、この度、ヴァンフォーレ甲府の2023シーズンの新たな監督に、篠田善之氏を招聘して監督として就任して頂くことになりましたので、ご報告させて頂きます」 「篠田善之監督は、アビスパ福岡で監督としてJ1昇格を果たされ、FC東京では、ヘッドコーチとしてACLを経験、また、複数のJ1クラブで監督を経験されました。更には、Jリーグで活躍された実績のある多くの外国人監督のもとでコーチとしても学ばれた経験は評価に値するものであります。そして、何よりも心強いことは、山梨県のご出身であり、郷土とクラブへの愛着は、クラブにとって大きな活力になると考えております」 「クラブと致しましては、ここ数年間で成長してきたチームをより積極的な攻撃力とアグレッシブな守備力を向上し、J1昇格に挑んで頂き、また同時に未開の地となるACLにも挑戦して頂くことを期待しております」 「ヴァンフォーレ甲府は、来シーズンも「人々を繋ぎ幸福をもたらす存在でありたい」という理念を掲げ、また「クラブが目指す共生の姿として、フットボールクラブを超えた存在になる」というヴィジョン創りにも貢献して頂ける人材として選手を成長させ、チームを大きく強くすることが出来る指導者であると大いに期待するものであります」 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様には、引き続き、変わらぬご支援とご声援並びにご協力をお願い申し上げます」 2022.11.30 11:13 Wed
twitterfacebook
thumb

「絶対買う」「斬新なデザイン」天皇杯王者の甲府、"武田菱"をデザインした新ユニフォーム発表、ファンは胸の星に興奮「めっちゃかっこいい」

ヴァンフォーレ甲府は3日、2023シーズンの新ユニフォームデザインを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦い、18位と低迷した甲府。一方で、天皇杯では躍進を見せ、クラブ初の決勝に進むと、決勝戦ではサンフレッチェ広島を相手にPK戦の末に勝利。初のタイトル獲得を果たした。 吉田達磨監督は退任したものの、来シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に初参戦するシーズンに。ユニフォームサプライヤーは引き続き「ミズノ」が務めることとなった。 デザインのコンセプトは『"怒涛" DOTOH』。風林火山からインスパイアされた「怒涛」のイメージを筆書の武田菱で勢いよく表現し、決して怯まない甲府の魂をデザインしたという。 ホームユニフォームは、ベースは甲府のクラブカラーでもある青となり、甲府市の市章であり、武田信玄で知られる武田氏の家紋である「武田菱」が赤でデザインされている。 これはアウェイ、GKも同じデザインとなり、アウェイは白ベースにグレーの「武田菱」、GKは赤、黒、黄色の3色で展開されている。 なお、左胸のエンブレムには、天皇杯を獲った証である星が1つ付くこととなり、裾の左側には「天皇杯WI NNERS」のワッペンが付くこととなる。 ファンは「めっちゃかっこいい」、「良いセンス」、「斬新なデザイン」と今回のデザインに触れる中、最も多くの意見は胸に光る星。「星がついてる」、「ついに星が」、「光ってる」と今までにない星を手にしたことを喜び、「絶対に買う」という声がも多く寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】ACLを戦う甲府の新ユニフォーム!武田菱に加え、胸には星が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/I12CUvoxQU">https://t.co/I12CUvoxQU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vfk?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vfk</a> <a href="https://t.co/bzvc2rfl93">pic.twitter.com/bzvc2rfl93</a></p>&mdash; ヴァンフォーレ甲府 公式 (@vfk_official) <a href="https://twitter.com/vfk_official/status/1587965279404818433?ref_src=twsrc%5Etfw">November 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.03 13:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly