岐阜がFC東京の安間貴義コーチを監督に招へい、仲田建二監督はヘッドコーチに

2021.01.05 16:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜は5日、FC東京のコーチを務めていた安間貴義氏(51)が監督に就任することを発表した。

安間氏は、Honda FCやヴァンフォーレ甲府、カターレ富山でコーチや監督を歴任。2015年にFC東京のコーチに就任した。

2016年からはU-23チームの監督も兼任すると、2017年9月から12月まではトップチームの監督に就任。その後は、トップチームでコーチを務めていた。

安間監督はクラブを通じてコメントしている。

「はじめまして、2021シーズンより監督を務めさせていただく安間です。このオファーをいただき感謝しております。J2昇格に向けて全力で一日一日しっかりと精進して頑張りたいと思います。FC岐阜に関わる全ての皆様、今シーズンよろしくお願いいたします」

なお、シーズン途中から指揮を執っていた仲田建二監督(47)は退任し、ヘッドコーチに就任する。

仲田ヘッドコーチはクラブを通じてコメントしている。

「昨年はFC岐阜に多大なる応援をいただきありがとうございます。2021シーズンはヘッドコーチをやらせていただく事になりました。去年の経験を生かし、J2へ昇格出来るよう、全力で安間監督をサポートします。今年もよろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

1万人超えのJ初”信州ダービー”はゴールレス、いわきがドローに終わり鹿児島が首位浮上【明治安田J3第9節】

明治安田生命J3リーグ第9節の9試合が、15日に各地で行われた。 長野UスタジアムではJリーグの舞台で初となる、AC長野パルセイロvs松本山雅FCの"信州ダービーが"行われた。5位の長野と2位の松本が勝ち点「3」差で迎えた一戦はチケット完売。J3今季最多となる1万3244人の大観衆のもとで火花を散らした。 前半はアウェイの松本が菊井のミドルなどで攻勢を強め、37分には自らの仕掛けで得たFKを横山が直接狙う。3分後にもファーへ逃げる動きでフリーとなった横山が右からのクロスに至近距離で合わせるも、枠を捉えられなかった。 ゴールレスで折り返した後半は長野も古巣対戦となる宮阪のキックなどから好機を見いだすが、決定的とまでいえる場面を作り出せず。終盤にはサイド攻撃を軸に猛攻を仕掛け、90分には宮阪のFKからこちらも古巣対戦となる山本が惜しいヘディングを放つも、最後まで互いにゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。 前節、福島ユナイテッドFCとのダービーを制し、J初の首位に立ったいわきFCは、本拠地Jヴィレッジスタジアムに8位の藤枝MYFCを迎えた。 いわきは20分、藤枝のビルドアップに対して前線から圧力を掛けてミスを誘発する。河上のマイナスのパスがボックス手前右の古川のもとへ流れると、古川はボールを流しながら前を向き、左足でのコントロールショットを左隅に沈めた。 59分には有馬がPKを沈めてリードを広げたいわきだったが、66分に自陣ボックス右外でFKを与えてしまい、ニアでクリアを試みた岩渕がオウンゴールを献上。1点差に詰め寄られると、その6分後にはカウンターから押谷にゴールを許し、あっという間に同点とされてしまう。 後半のアディショナルタイムにはクロスから鈴木に決定機が訪れるが決め切れず、試合終了。ドローに終わり、首位の座を明け渡すこととなった。 一方、ダービーに敗れて4位へ後退した福島は、アウェイで16位・ガイナーレ鳥取と対戦。今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試される一戦で、攻撃力が爆発した。 13分、福島は左からのCKを獲得すると、北村のキックが中央で堂鼻と新井の競り合いからファーへ流れて高橋がプッシュ。幸先良く先制に成功した。さらにその5分後には、再び北村の左足から追加点。ボックス手前左でFKを得ると、ピンポイントのクロスに大武がドンピシャのヘディングをたたき込んでリードを広げた。 34分には長野が自ら得たPKを沈め、68分には高橋がこの日2点目を記録して大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、4-0の圧勝で2位へ浮上している。 首位へ浮上したのはFC今治とのアウェイゲームを制した鹿児島ユナイテッドFC。前半は中川にネットを揺らされるもオフサイドの判定に救われ、米澤やロメロ・フランクが決定機を迎えるも決め切れず、ゴールレスで終えた。 後半に入って迎えた61分に左CKを得ると、木村のクロスをニアで有田がそらし、広瀬がすべり込みながらプッシュ。加入後初ゴールが決勝点となり、1-0で鹿児島が勝利を収めている。 また、今節から横山監督が指揮を執る14位・FC岐阜は、8分に石津が先制点を挙げ、83分には藤岡が試合を決定づける2試合連続ゴールを奪取。15位・SC相模原を2-0で下し、新体制初戦をものにしている。 ◆第9節 ▽5月15日(日) いわきFC 2-2 藤枝MYFC アスルクラロ沼津 1-1 愛媛FC ガイナーレ鳥取 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 福島ユナイテッドFC</span> FC今治 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 鹿児島ユナイテッドFC</span> テゲバジャーロ宮崎 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 5</span>-1 Y.S.C.C.横浜 AC長野パルセイロ 0-0 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-0 SC相模原 2022.05.15 21:22 Sun
twitterfacebook
thumb

J3勢では監督交代のFC岐阜が順当に出場権獲得、京都では同志社大学が16年ぶりの出場《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は7日、第102回天皇杯に出場する2府7県の代表チームが決定したことを発表した。 天皇杯は5月21日に開幕を迎える中、各都道府県では出場権を争って予選が行われている。 埼玉県では東京国際大学FCと東京国際大学が対戦し、1-0で東京国際大学FCが勝利。4年ぶり2回目の出場となる。 千葉県では順天堂大学とブリオベッカ浦安が対戦し、0-2でブリオベッカ浦安が勝利。3年ぶり5回目の出場となる。 岐阜県ではFC岐阜と岐阜協立大学が対戦し、5-0でFC岐阜が勝利。2年連続16回目の出場となる。 滋賀県ではびわこ成蹊スポーツ大学とMIOびわこ滋賀が対戦し、1-1のドロー。PK戦の末、1-4でMIOびわこ滋賀が勝利。2年ぶり9回目の出場となる。 京都府では同志社大学と京都産業大学 が対戦し、2-1で同志社大学が勝利。16年ぶり10回目の出場となる。 大阪府ではFC大阪と関西大学が対戦し、0-2で関西大学が勝利。6年ぶり17回目の出場となる。 兵庫県ではCento Cuore HARIMAとFC.AWJが対戦し2-0でCento Cuore HARIMAが勝利。2年ぶり10回目の出場となる。 長崎県ではMD長崎と三菱重工長崎SCが対戦し、1-0でMD長崎が勝利。4年連続6回目の出場となる。 熊本県では熊本学園大学とFCKマリーゴールドが対戦し、1-1のドロー。PK戦の末2-4でFCKマリーゴールドが勝利。初出場を決めた。 残りは8日に代表チームが決定。すでに、愛媛県と大分県での決勝戦は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中止となることが決まっており、FC今治とヴェルスパ大分の出場が決まっている。 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】Honda FC [7年連続42回目] 【秋田】ノースアジア大学 [初出場] 【山形】長井クラブ [初出場] 【埼玉】東京国際大学FC [4年ぶり2回目] 【千葉】ブリオベッカ浦安 [3年ぶり5回目] 【岐阜】FC岐阜 [2年連続16回目] 【滋賀】MIOびわこ滋賀 [2年ぶり9回目] 【京都】同志社大学 [16年ぶり10回目] 【大阪】関西大学 [6年ぶり17回目] 【和歌山】アルテリーヴォ和歌山 [14年連続14回目] 【兵庫】Cento Cuore HARIMA [2年ぶり10回目] 【鳥取】ガイナーレ鳥取 [2年連続24回目] 【島根】FC神楽しまね [8年連続9回目] 【岡山】環太平洋大学 [3年ぶり回目] 【広島】福山シティFC [3年連続3回目] 【山口】周南公立大学 [3年ぶり12回目] 【徳島】FC徳島 [7年連続7回目] 【愛媛】FC今治 [2年連続12回目] 【福岡】ギラヴァンツ北九州 [2年連続13回目] 【長崎】MD長崎 [4年連続6回目] 【熊本】FCKマリーゴールド [初出場] 【大分】ヴェルスパ大分 [6年連続12回目] 2022.05.07 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

J3岐阜の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

FC岐阜は6日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は5日にクラブが実施した抗原検査にて判定保留となった。 その後、全選手、スタッフ46名を対象としたPCR検査で陽性判定を受けた。 なお、当該選手以外は陰性に。当該選手は無症状で、自宅にて療養しているとのことだ。 2022.05.06 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

充実戦力のJ3岐阜、14位低迷を受け三浦俊也監督と契約解除…横山雄次HCが昇格

FC岐阜は6日、三浦俊也監督(58)との契約解除を発表した。双方合意の上での契約解除となる。 また、後任には横山雄次ヘッドコーチ(52)が監督に就任する。 1997年にベガルタ仙台の前身であるブランメル仙台で監督業をスタートさせた三浦氏は、大宮アルディージャをJ1昇格、北海道コンサドーレ札幌をJ2優勝に導いた実績を持つ。 J1ではヴィッセル神戸やヴァンフォーレ甲府でも指揮を採り、ベトナム代表や、同国のホーチミン・シティで監督を務めた異色の経歴も持っている。 2021年9月から岐阜でチーム統括本部長兼テクニカルダイレクターを務めていたが、安間貴義監督の退任を受け、2022シーズンから監督に就任していた。 今シーズンは、明治安田生命J3リーグで7試合を戦い2勝1分け4敗で14位と低迷。元日本代表選手を大量に迎えるなどし、J2昇格を目指したシーズンながら、大きく期待を裏切る結果となっていた。 三浦氏はクラブを通じてコメントしている。 「FC岐阜を応援して頂いている全ての皆様へ。いつもご支援・ご声援をいただきましてありがとうございます」 「私はチームを離れますが、FC岐阜は今シーズン、これから昇格できると信じております。今後とも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」 後任の横山監督は、大宮アルディージャの下部組織でコーチや監督を歴任。その後、ブラウブリッツ秋田で監督、湘南ベルマーレでヘッドコーチ、栃木SCで監督を務めてきた。 2019年にAC長野パルセイロの監督に就任。しかし、昨シーズン終盤に退任し、今年から岐阜のヘッドコーチに就任していた。 横山新監督もクラブを通じてコメントしている。 「まず、今の成績についてヘッドコーチの立場として大きな責任を感じております。しかし監督を引き受けたからには、チーム一丸となってJ2昇格という最大の目標を達成するために、強い覚悟をもって全力で取り組みます。FC岐阜に関わる全ての皆様、どうかご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします」 2022.05.06 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝vs岐阜が合計7得点の壮絶な打ち合いに! 今治は新助っ人外国人が初ゴール【明治安田J3第8節】

明治安田生命J3リーグ第8節の4試合が、4日に各地で行われた。 藤枝総合運動公園サッカー場で行われた藤枝vs岐阜は、壮絶な打ち合いとなった。前半は互いに何度か枠内シュートを放つも、GKの活躍もありゴールは生まれなかったものの、後半から怒涛の展開に。 まずは立ち上がりの50分、藤枝が自陣左サイドからクリアするようにボールを前線へ蹴ると、処理にもたつく岐阜DF藤谷から横山がボールを攫う。その際に藤谷に倒されPKを獲得。これを横山が決めてホームチームが先制した。さらにその1分後、自陣右サイドから足の長いスルーパスが前線に送られると、中間で味方がこれをスルーし、受けた押谷がゴール前へ。最後は見事なループシュートを決めて、追加点を挙げた。 立て続けに2失点した岐阜。しかし、68分に投入された藤岡が躍動する。73分、ボックス中央でパスを受けた藤岡は、反転とともに右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右上に突き刺すと、その1分後にも左サイドを抉った味方のマイナスクロスをボックス左で合わせたのは藤岡。今度は丁寧にグラウンダーのシュートをゴール左に流し込み連続得点。藤岡の投入から一気に同点に追いついた。 互いにわずか1分で2点を取った両チーム。今度は同じ1分で1点ずつ奪い合うことに。80分、藤枝はボックス左から鈴木が上げたクロスがボックス右の小笠原に繋がり、その折り返しを久保が合わせて勝ち越し。しかし81分、ピッチ中央から左サイド深くへロングボールを送った岐阜は、相手のクリアを高い位置で村田が奪い、右足でクロスを供給。これに藤岡が合わせてハットトリックを達成。再び同点に追いついた。 この時点で試合は3-3。そして迎えた後半アディショナルタイム、藤枝は敵陣右サイド中央から久保がアーリークロスを上げると、途中出場の土井が合わせて三度勝ち越し。これが決勝点となり、藤枝が4-3の激しい打ち合いを制した。 Pikaraスタジアムで行われた讃岐vs今治の四国ダービーでは、今治の新助っ人外国人が活躍した。前半から互いに決定機を作るも、試合は0-0のまましばらく推移。その中で今治は3月25日に加入が発表されたラルフ・セウントイェンスを後半から投入する。 これが3試合目の出場となったオランダ人FWは、48分に味方のクロスを右足で合わせて早速チャンスに絡む。その直後には、今度は194cmの体躯を生かしたポストプレーで中川のシュートシーンを演出。 そして迎えた65分、近藤がボックス左からクロスを入れると、野口が頭で折り返したところをラルフ・セウントイェンスが右足で押し込みゴール。この移籍後初ゴールが決勝点となり、今治が勝利を収めた。 なお、八戸vs相模原および鳥取vs愛媛は、それぞれ相模原と愛媛で新型コロナウイルスクラスターが発生し、選手不足に陥った影響で延期未定が決まっている。 ◆第8節 ▽5/4 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>藤枝MYFC 4</span>-3 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 FC今治</span> 松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 いわきFC</span> ▽5/5 Y.S.C.C.横浜 vs テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC vs カターレ富山 ▽中止 ヴァンラーレ八戸 vs SC相模原 ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC 2022.05.04 17:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly