千葉、今季7ゴールのFW大槻周平とMF末吉塁を山形から両獲り!

2020.12.28 17:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は28日、モンテディオ山形に所属するFW大槻周平(31)とMF末吉塁(24)の完全移籍加入を発表した。

湘南ベルマーレでプロキャリアをスタートさせた大槻はヴィッセル神戸を経て、2019年から山形でプレー。加入2年目の今季は明治安田生命J2リーグ40試合で7ゴールをマークした。

末吉は2019年に大阪体育大学からモンテディオ山形に入団。プロ2年目の今季はJ2リーグ31試合に出場してプロ初ゴールを決めた。
同じカテゴリーの千葉移籍が決まった両選手は両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

大槻周平
・ジェフユナイテッド千葉
「はじめまして。モンテディオ山形から移籍することが決まった大槻周平です! ジェフ千葉という伝統あるチームでプレーできることに心から感謝しています。必ずJ1に昇格して、みなさんと喜びを分かち合いましょう。応援宜しくお願いします!」

・モンテディオ山形
「この度、ジェフ千葉へ移籍することになりました。モンテディオ山形に移籍する時に、必ずJ1に昇格するという決意を持っていたので、それが叶わず悔しい気持ちと、応援いただいているサポーターのみなさんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「モンテディオ山形で素晴らしい仲間と出会い、みんなで同じ目標に向かって闘えたことは、かけがえのない時間でした」

「最後に勝った時も負けた時も変わらず応援して頂いたモンテディオ山形サポーターのみなさんのおかげで二年間楽しくサッカーができました。本当にありがとうございました」

末吉塁
・ジェフユナイテッド千葉
「ジェフユナイテッド市原・千葉のファン・サポーターの皆様、はじめまして! モンテディオ山形から来ました末吉塁です。J1昇格に向けて全力でプレーしますので、これからの応援をよろしくお願いします」

・モンテディオ山形
「モンテディオ山形のファン・サポーターの皆様をはじめとして、クラブに関わる方々には、2年間本当にお世話になりました」

「プロサッカー選手としての人生をモンテディオ山形という素晴らしいクラブでスタートできたことを何より嬉しく思っています。山形で過ごした時間は自分にとって、とても成長することができました」

「この決断には様々な意見があると思いますが、自分の決めた道を信じてこれからも頑張っていきます。2年間本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

元日本代表DF水本裕貴が現役引退を表明…広島の3度のリーグ優勝に貢献「指導者の道にチャレンジしたい」

SC相模原は15日、元日本代表DF水本裕貴(37)が引退することを発表した。同選手はクラブの公式サイトを通じてコメントを残している。 「2022シーズンをもって引退することを決断しました。1993年のJリーグ開幕をTVで見てサッカーを始めてから30年経ちました。高校を卒業して19年間プロ選手として闘い続けてこられたのは応援してくださったファン、サポーターの皆様、切磋琢磨したチームメイト、たくさんのことを学ばせてくださった監督、コーチ、素晴らしい環境を整えてくれたクラブスタッフのおかげだと感謝しております。 ありがとうございました」 「2011年に頭蓋骨骨折という生死に関わる怪我をしたとき当時8ヶ月だった長女を抱きながらサッカーを諦めようと考えたこともあります。 2022年に顎を骨折したときは医師からすぐに引退した方がいいと伝えられました。 それでもサッカーへの情熱とたくさんの方の支えのおかげで再びピッチに戻ってこられました。 感謝の思いはどれだけ言葉を重ねても言い尽くせないほどです」 「遠征で家を空けることも多く次女には人見知りされたこともあります。 練習後に身体をケアするため公園で遊びたい子ども達を連れていくのはいつも妻でした。 24時間サッカー中心の生活に付き添ってくれた妻と学校行事にほとんど参加出来ず寂しい思いをさせてばかりだった2人の娘には本当に感謝しております」 「これからはサッカーを愛するものの1人として指導者の道にチャレンジしたいと思います。今まで本当にありがとうございました」 三重県出身の水本は2004年にジェフユナイテッド市原・千葉でプロデビュー。イビチャ・オシム監督の薫陶を受け、オシムチルドレンの一人として名が通ることになった。千葉で主力に定着した2006年には、そのオシム監督が就任した日本代表に選ばれ、同年10月のガーナ代表戦でデビューしている。 その後はガンバ大阪や京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島などJ1を舞台に活躍。京都時代には北京オリンピックの代表メンバーに選出され、キャプテンとしてグループリーグ3試合に出場した。 2011年に加入した広島では、同年5月のヴァンフォーレ甲府戦で頭蓋骨骨折および急性硬膜外血腫という大ケガを負い、選手生命どころか命の危機に直面する事態に。それでも驚異的な回復力を見せ、2カ月後に実戦復帰し、翌年から始まる広島の快進撃を支えることになる。 2012年には自身も初のJ1年間ベストイレブンに選ばれる活躍で、広島のリーグ初優勝に貢献。2013年には連覇を成し遂げ、さらに2015年にもリーグ優勝。個人としては、フィールドプレイヤーではJ1新記録となる127試合連続フルタイム出場を樹立した。 広島には2020年まで在籍したが、2019年以降は松本山雅FCやFC町田ゼルビアに期限付き移籍。2021年にはその町田へ完全移籍し、2022年はSC相模原に加入し、自身初のJ3リーグで22試合に出場した。 通算では、J1は416試合、J2は65試合、J3は22試合に出場した。 2023.01.15 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

讃岐DF溝渕雄志が28歳で現役引退…千葉、松本、栃木でもプレー「後悔は微塵もありません」

カマタマーレ讃岐は14日、DF溝渕雄志(28)の現役引退を発表した。 溝渕は香川県高松市出身で、流通経済大学付属柏高校から慶應義塾大学へと進学。2017年にジェフユナイテッド千葉へ入団した。 2019年は松本山雅FC、2020年の1年間と2021年8月からは栃木SCへと期限付き移籍を経験。2022年は無所属だったが、8月に地元の讃岐に加入した。 讃岐では明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。 通算成績では、J2で82試合、J3で5試合、リーグカップで3試合1得点を記録していた。 溝渕はクラブを通じてコメントしている。 ーーーー 新しい領域に挑み、自身の可能性を広げる。 その決意の下、私、溝渕雄志は2022年シーズンをもちまして、プロサッカー選手を引退することを決断致しました。 6歳でサッカーを始め、13歳で本物の挫折に出会い、16歳で常識を覆されました。19歳で「ソッカー」という最高の文化に学び、22歳で勝負の世界に入りました。 フクアリで一生忘れないであろう逆転劇を体験し、アルウィンでサッカーが生み出す本物の一体感を目の当たりにしました。グリスタではシーズンを通してピッチに立てる喜びを再確認し、ピカスタで故郷のためにプレーすることの幸せとやりがいを得ることができました。 確かに、プロサッカー選手として日本代表になること、海外のトップリーグでプレーすることなど、目標としていた事で達成できなかった事が沢山あります。大学卒業時に、一般就職ではなくプロ選手という道を選んだのですが、プロ選手として結果を出し切れなかった悔しさ、情けなさを感じています。 しかし、後悔は微塵もありません。その時々において、自らで考え、選択し、全力で取り組んできたと胸を張って言えるからです。 そして、プロサッカー選手になったからこそ、ひいてはサッカーに出会い、没頭し、人生の選択をしてきたからこそ得られた経験があり、多くの人々との出会いがありました。それら全てが私にとっての財産であり、これからを支えてくれるものと確信しております。 改めまして、これまで携わって頂いた方々、応援して頂いた方々、その全ての方々に感謝を申し上げます。 私はピッチ上において、技術のずば抜けた選手ではなかったと思います。また、ピッチ外においても、まだまだ未熟者が故、至らぬ点が多々あったと自覚しております。そのような私に対し、決して見放すことなく、期待をかけ、鼓舞激励して頂きましたこと、本当に感謝しております。ありがとうございました。 最後になりますが、この決断を下した自身を誇りに思います。そして、これまでに私に関わり、支えてくださった皆様が、この私の決断を応援してくださると嬉しいです。 いつの日か、日本のサッカー界、スポーツ界の発展に貢献できるよう、自身にできることを探し求め、挑み続けたいと思います。野心と共に。 皆様、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。 溝渕雄志 2023.01.14 20:47 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉退団のMF小島秀仁、YS横浜に完全移籍「チームのために闘います」

Y.S.C.C.横浜は11日、ジェフユナイテッド千葉のMF小島秀仁(30)が完全移籍で加入することを発表した。 小島は前橋育英高校から浦和レッズに入団しプロキャリアをスタート。その後、徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経て、2015年に愛媛FCへと完全移籍。千葉には2018年に入団した。 千葉ではリーグ戦通算85試合に出場し3得点を記録。2022シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。 初のJ3でプレーする小島は両クラブを通じてコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.のみなさん初めまして。今シーズンから加入することになりました小島秀仁です。チームのために闘います。よろしくお願いします」 ◆ジェフユナイテッド千葉 「ジェフを契約満了となった日から今日まで、色々な感情があり難しい時間でしたが、もう一度サッカーと向き合い、自分を必要としてくれたチームの為に闘おうと決意しました」 「これからはジェフサポーターと一緒にジェフを応援したいと思います。ジェフに関わる全ての人の幸運を願ってます。本当にありがとうございました」 2023.01.11 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

川又堅碁が千葉を退団…ここ2年間はケガに苦しむ「俺の復活も温かく見守ってもらえたら」

ジェフユナイテッド市原・千葉は5日、FW川又堅碁(33)の契約満了を発表した。 高校在学時に特別指定選手として入団し、Jリーグデビューを果たした愛媛FCをはじめ、プロデビューしたアルビレックス新潟や、期限付き移籍で半年間プレーしたブラジルのカタンドゥヴェンセなど、多くのクラブを渡り歩いた川又。ここ数年は名古屋グランパスとジュビロ磐田でJ1でプレーしていた。 ただ、磐田退団後は移籍先が決まらず、練習生として千葉のトレーニングに参加。そこでのアピールが実り、2020年1月末に加入することになった。 千葉では初年度こそJ2リーグで27試合に出場し6ゴールを挙げたが、2021年はケガで出場ゼロに。2022年も2試合の出場にとどまり、この度退団の運びとなった。 「少し発表が遅くなりましたが、ジェフユナイテッド市原・千葉を離れることになりました。3年間、本当にお世話になりました」 「ジェフをJ1に連れていくことだけを目標に頑張ってきました。この2年は怪我に悩まされ歯痒い気持ちの日々でしたが、メディカルスタッフの秋吉さんはじめスタッフの皆様、励ましてくれる選手のみんな、そして日々応援してくださるサポーターの皆さまには感謝が尽きません」 「僕自身は手術が怖すぎて、、、w、一時期引退も頭によぎりましたが、また全力でプレーしゴールを決めるため、手術を決意しました。Jリーグのピッチに戻れるようリハビリから頑張ります」 「ジェフサポーターの皆様、ジェフがJ1で活躍できるよう今後も応援してください!ついでに俺の復活も温かく見守ってもらえたら嬉しいです!本当にお世話になりました!ありがとうございました!」 2023.01.05 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉、昨季入団の23歳MF篠原友哉と契約更新!「全力で闘います」

ジェフユナイテッド千葉は5日、MF篠原友哉(23)との契約更新を発表した。 篠原は東京都出身で、関東第一高校時代には全国高校サッカー選手権大会に出場。桐蔭横浜大学への進学を経て昨年2月に千葉入りした。 入団発表から10日後に行われた明治安田生命J2リーグ第2節のFC琉球戦でデビュー。シーズンを通じてJ2リーグ4試合に出場した。 2年目を迎える今季に向け、公式サイトで意気込みを綴っている。 「昨シーズンの悔しさをバネに、チームの勝利に貢献できるよう、全力で闘います。熱い応援よろしくお願いいたします!」 2023.01.05 17:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly