甲府がFW宮崎純真と契約更新&プロA契約締結を発表「全力で勝ちに行きます」

2020.12.28 12:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は28日、FW宮崎純真(20)との契約更新を発表。また、プロA契約を締結することを発表した。

山梨学院高校から2019年に甲府に入団した宮崎は、プロ1年目の昨季は明治安田J2で11試合に出場し1得点を記録。2年目の今シーズンは20試合に出場し1得点を記録していた。

甲府によると、2日に行われた明治安田生命J2第38節のレノファ山口FC戦で、公式戦900分以上の出場を達成したとのことだ。

宮崎はクラブを通じてコメントしている。

「ヴァンフォーレ甲府とプロA契約を締結することになりました。より一層、責任を持ってプレーし、チームを勝たせられる選手に成長していきたいです」

「ヴァンフォーレ甲府に関わる皆さんと共に、2021シーズンこそJ1昇格ができるように、全力で勝ちに行きますので、来シーズンもよろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。 首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。 前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。 互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。 ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。 すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。 それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。 さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。 首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。 前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。 序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。 アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。 迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。 甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。 ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。 プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。 4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。 また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。 なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/14(水) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 横浜FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ベガルタ仙台</span> ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球 大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ファジアーノ岡山 ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

U20アジアカップ予選に臨むU-19日本代表メンバー変更、甲府FW内藤大和が離脱で今治FW千葉寛汰が追加招集

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-19日本代表の選手変更を発表した。 AFC U20アジアカップウズベキスタン2023予選に臨むU-19日本代表は、12日に初戦のU-19ラオス代表戦に0-4で勝利していた。 初戦を終えた中、U-19日本代表からはFW内藤大和(ヴァンフォーレ甲府)がケガのため離脱することとなった。 なお、追加招集としてFW千葉寛汰(FC今治)が招集されている。 12日のラオス戦の後は、14日にU-19グアム代表、16日にU-19パレスチナ代表、18日にU-19イエメン代表と対戦する。 2022.09.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

天皇杯準決勝の会場とキックオフ時間が決定、カシマとサンガSで開催

8日、第102回天皇杯の準決勝のキックオフ時間と日程が発表された。 7日に準々決勝の4試合が行われ、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島の4チームが勝ち上がった。 10月5日に準決勝の2試合が行われ、甲府vs鹿島、京都vs広島のカードに。そして8日、両試合の日程が発表された。 甲府vs鹿島は茨城県立カシマサッカースタジアムで17時30分キックオフ、京都vs広島はサンガスタジアム by KYOCERAで19時30分キックオフとなる。 なお、チケットは9月23日(金・祝)の10時から発売される。 ◆準決勝 ▽10/5(水) 《17:30》 ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ [茨城県立カシマサッカースタジアム] 《19:30》 京都サンガF.C. vs サンフレッチェ広島 [サンガスタジアム by KYOCERA] 2022.09.08 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ベスト4が決定! 甲府がJ2勢唯一の生き残りで鹿島と対戦、京都は広島と決勝の切符懸けて対戦《天皇杯》

7日、第102回天皇杯の準々決勝の4試合が行われた。 ベスト8を目指した戦い。鹿島アントラーズ、ヴィッセル神戸の優勝経験チーム同士の一戦は、互いに譲らない展開となったものの、鈴木優磨のヘディングのゴールを守った鹿島が勝利を収めた。 神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に続いてカップ戦で敗退。残すはリーグ戦のみとなり、降格圏に位置する中で残留を目指して戦う。 また、もう1試合のJ1同士の対戦となったセレッソ大阪vsサンフレッチェ広島は、アダム・タガートのゴールでC大阪が前半に先制する。 このままC大阪が勝利すると思われた中、試合終盤にドラマが。86分に柏好文がゴールを決めて広島が追いつくと、後半アディショナルタイム1分には、直近のJリーグの試合で終盤に2ゴールと活躍した川村拓夢が再びゴール。劇的なゴールを決め、1-2で広島が勝利した。 また、J2勢で残っている2チームは明暗が。京都サンガF.C.と対戦した東京ヴェルディは、パウリーニョに2ゴールを許し苦しい展開に。それでも終盤に猛攻をかけると、90分に谷口栄斗がゴール。そのまま追いつきたかったが、最後は守り切られてしまい2-1で敗退となった。 一方のヴァンフォーレ甲府はアビスパ福岡と対戦。三平和司のゴールで先制するも、森山公弥のゴールで同点に。そのまま90分が終了し延長戦に突入。しかし、延長前半7分に鳥海芳樹がカウンターからゴール。これを守り切り、1-2で勝利。クラブ史上初のベスト4入りを果たした。 なお、準決勝は10月5日に開催。甲府は鹿島と、京都は広島と対戦する。 ◆準々決勝 アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府 【福岡】 森山公弥(前27) 【甲府】 三平和司(前16) 鳥海芳樹(延前7) ヴィッセル神戸 0-1 鹿島アントラーズ 【鹿島】 鈴木優磨(後17) 京都サンガF.C. 2-1 東京ヴェルディ 【京都】 パウリーニョ(前21、後8) 【東京V】 谷口栄斗(後45) セレッソ大阪 1-2 サンフレッチェ広島 【C大阪】 アダム・タガート(前40) 【広島】 柏好文(後41) 川村拓夢(後46) ◆準決勝 ▽10/5(水) ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ 京都サンガF.C. vs サンフレッチェ広島 2022.09.07 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が延長で福岡撃破しクラブ史上初のベスト4進出! J2勢唯一の勝ち上がりJ1クラブを3連続撃破《天皇杯》

7日、第102回天皇杯準々決勝のアビスパ福岡vsヴァンフォーレ甲府がベスト電器スタジアムで行われ、1-2で甲府が勝利を収めた。 J1チームとJ2チームの対戦となったこのカード。福岡はラウンド16でV・ファーレン長崎を下して勝ち上がり、甲府はJ1のサガン鳥栖を下しての勝ち上がりとなった。 福岡はリーグ戦では8試合勝利がなく、現在2連敗中。対する甲府は、8戦無敗だった中、前節は徳島ヴォルティスに敗れ5線未勝利という状況になっている。 互いにリーグ戦から大きく選手を変更した福岡と、あまり変更しなかった甲府の一戦。互いに初のベスト4進出を目指した戦いで先にスコアを動かしたのは甲府だった。 16分、左サイドでパスを受けた荒木翔が狭いところにパスを入れると宮崎純真が受ける。そこから横パスを入れると、受けた三平和司がボックスに入ったところで落ち着いてシュート。GKの逆をついて甲府が先制する 幸先よく先制した甲府。その後は徐々に福岡が盛り返していく中、27分に福岡が同点ゴールを記録する。 福岡は左CKを獲得すると、クロスボールを甲府がクリア。小さくなったところを森山公弥が左足一閃。狭いコースを抜けが強烈なミドルシュートがGK河田晃兵の手を弾きながらネットを揺らした。 徐々に福岡のペースになり、甲府は攻められない時間が続く。42分には右CKからファーサイドで宮大樹がヘッド。しかしこれは僅かに枠の右に外れる。 同点で迎えた後半は最初に甲府がチャンス。48分、右サイドを荒木が抜けてボックス右から鋭いクロス。これをファーサイドで三平がヘッドで合わせるが、タイミング合わずミートしない。 49分にも似たような形から甲府がチャンス。関口正大のクロスを今度は三平がヘッドで落とすと、最後は山田陸がボックス内からシュート。しかし、枠を外れていく。 後半は甲府が押し込み続ける展開に。三平家を中心にゴールに迫り続けるが、福岡は集中した守備で得点を許さない。 68分には福岡がチャンス。ジョン・マリからのパスをうけたルキアンがフリーになると、ボックスに入ったタイミングで右足シュート。ディフレクトした中、GK河田がなんとかセーブする。 タイスコアのまま時計が進んでいく中、何度となくゴールに迫るのは甲府。しかし、福岡は体を張った守備を見せて最後のところをやらせない。 90分を終えて1-1の同点に。すると延長前半3分に福岡がチャンス。ラインの裏へのパスに対し、延長戦から出場した渡大生が抜け出してシュートも、枠を捉えられない。 延長前半6分には左CKからのクロスをニアに飛び込んだ浦上仁騎がヘッド。浮いたボールがゴールに向かうが、クロスバーに嫌われる。 それでも延長前半7分に甲府が決めきった。福岡のハイラインに対してスルーパスに抜け出すと独走。ドウグラス・グローリのチャージに倒されるも、そのまま起き上がりこぼれたボールをシュート。これがネットを揺らし、甲府が勝ち越しに成功する。 リードを奪った甲府は、その後も積極的に前に出て福岡ゴールに迫る姿勢を見せる。対する福岡もボールを保持してチャンスを窺うが、甲府の集中した守備の前に得点を奪えない。 延長後半に入ってからは福岡が立ち上がりから続け様に攻勢をかける。前線にドウグラス・グローリを残し、ロングボールを入れてパワープレーに出る。 何度となくボックス内までボールを持っていくが、甲府の集中した守備の前にネットは揺らせず。延長後半10分には甲府がカウンター。ジェトゥリオが独走するとボックス内に持ち込みシュートもGK村上昌謙がセーブして追加点を許さない。 すると延長後半12分に福岡はボックス手前でFKを獲得。これを北島祐二が右足で直接狙うがシュートは弱くGKがキャッチする。 延長後半アディショナルタイムには福岡がビッグチャンス。ゴール目の前でルーズボールをドウグラス・グローリがシュートも、GK河田が体を張ってブロック。得点を許さない。 結局そのまま試合は終了。甲府が粘りを見せて福岡を1-2で下した。 甲府は3回戦で北海道コンサドーレ札幌、ラウンド16で鳥栖、そして準々決勝で福岡と3試合連続でJ1勢を倒してクラブ史上初のベスト4入りとなった。 アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府 【福岡】 森山公弥(前27) 【甲府】 三平和司(前16) 鳥海芳樹(延前7) 2022.09.07 21:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly