磐田、横浜FMから期限付き移籍のDF山本義道を完全移籍に切り替え 今季は22試合に出場

2020.12.26 15:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田は26日、DF山本義道(25)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することを発表した。

びわこ成蹊スポーツ大学を経て、ツエーゲン金沢でプロデビューした山本は今シーズンから横浜FMに加入。しかし出場機会に恵まれず、8月に磐田へ期限付き移籍していた。

磐田では9月2日の第16節で初出場すると、すぐに主力に定着。明治安田生命J2リーグで22試合に出場した。

1年で退団することになった横浜FMのファンやサポーターに向けて、クラブ公式サイトを通じて感謝の言葉を残している。

「この度、ジュビロ磐田へ完全移籍することになりました。半年間という短い間ではありましたが、お世話になりありがとうございました」

関連ニュース
thumb

東京五輪にも出場した元清水FWミッチェル・デュークが岡山に加入内定「日本でプレーすることも、この国も大好きです」

ファジアーノ岡山は4日、元オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(30)の完全移籍加入が内定したことを発表した。 ミッチェル・デュークは5日に来日し、メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。背番号は「19」となる。 ミッチェル・デュークはオーストラリア出身で、 セントラルコースト・マリナーズやウェスタン・シドニー・ワンダラーズでプレー。また、サウジアラビのアル・タアーウンでもプレーした。 また、Jリーグでもプレー経験があり、清水エスパルスに4シーズン在籍。J1通算82試合2得点、J2通算7試合1得点、リーグカップ通算13試合1得点を記録していた。 ミッチェル・デュークはクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山は野心的で、成功を収めたいと思っているクラブだと感じており、このような素晴らしいチームでプレーできることをうれしく思っています」 「以前Jリーグでプレーしたことがありますが、日本でプレーすることも、この国も大好きです。チームのJ1昇格に貢献できるよう最善を尽くします」 2021.08.04 14:32 Wed
twitterfacebook
thumb

J2残留争い中の松本がFW伊藤翔を期限付きで獲得「名波監督に声をかけていただき…」

松本山雅FCは4日、横浜FCのFW伊藤翔(33)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は、2022年1月31日まで。背番号は「15」となる。 伊藤は中京大学付属中京高校から海を渡りフランスのグルノーブルへと加入。その後2010年に清水エスパルスへと移籍し、Jリーグの舞台に挑戦する。 清水で4シーズンを過ごした伊藤は、2014年に横浜F・マリノスへと完全移籍。5シーズンを過ごすと、2019年に鹿島アントラーズへと移籍。今シーズンから横浜FCでプレーしていた。 これまでJ1通算238試合に出場し45得点、リーグカップで47試合に出場し17得点を記録している伊藤。今シーズンはここまで公式戦19試合に出場し1得点に終わっていた。 伊藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅 FC に関わる皆さん、はじめまして。伊藤翔です。よろしくお願いします。名波監督に声をかけていただき、一緒に仕事をさせていただく中で自分自身もっとサッカーが上手くなれる!と思い今回の決断に至りました。勝ちましょう」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターの皆さん、今シーズンなかなか貢献できずに残念に思っております。このタイミングで一旦チームを離れるのは心苦しいですが一選手として決断しました。今シーズンの横浜FCの健闘を祈っております」 2021.08.04 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸が横浜FCMF古宿理久を育成型期限付き移籍で獲得「チームの為に走り、 闘い、貢献できるように」

水戸ホーリーホックは4日、横浜FCのMF古宿理久(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 育成型期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「27」となる。 古宿は神奈川県出身で、青森山田高校から2020年に横浜FCへと入団。プロ1年目の昨シーズンは出場機会がなかったが、今シーズンは明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで3試合に出場していた。 古宿は両クラブを通じてコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「横浜FCから加入することになりました古宿理久です。感謝の気持ちを忘れず、チームの為に走り、 闘い、貢献できるように頑張ります!水戸ホーリーホックに関わる全ての皆さん、よろしくお願いします!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターの皆さんこんにちは。まずは一年半ありがとうございました。たくさんの事を学び、とても刺激的な日々を送ることが出来ました」 「横浜FCで学んだこと全てをピッチ内外で表現して、更に成長した姿を皆さんにお見せできるように頑張ってきます!これからも応援よろしくお願いします!」 2021.08.04 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

J3今治が山形のMF小松駿太を期限付き移籍で獲得「もう一度必要とされるように精一杯頑張ります」

FC今治は3日、モンテディオ山形のMF小松駿太(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」となる。 小松は東京都出身で、横河武蔵野FCの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユースと所属すると、その後は横浜F・マリノスユースへと入団。順天堂大学へと進学し、2017年にY.S.C.C.横浜へと入団した。 2018年にはFC琉球へと完全移籍すると、2020年から山形でプレーしている。 これまでJ2通算37試合、J3通算57試合3得点を記録。今シーズンは山形で明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 小松は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治に関わる全ての皆さま」 「はじめまして!モンテディオ山形から来ました、小松駿太です!現状厳しい順位かもしれませんが、後半戦必ず巻き返せる力を持っているチームだと思います」 「そして自分がその原動力になれることを、ピッチで示します!スタジアムで会いましょう!」 ◆モンテディオ山形 「この度、FC今治に期限付き移籍することになりました。山形に来てから一年半、何ひとつ結果を出せずに、移籍をすることになってしまい、非常に悔しいです」 「自分と向き合い、もう一度必要とされるように精一杯頑張ります。ありがとうございました!」 2021.08.03 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。 髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。 群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。 今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。 髙澤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」 「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」 2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly