若手が躍動したサガン鳥栖、金明輝監督が続投「鳥栖らしいサッカーを来シーズンも」

2020.12.25 17:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は25日、金明輝監督(39)との契約更新を発表した。

鳥栖の下部組織でコーチや監督を歴任してきた金明輝監督は、2019年途中にルイス・カレーラス監督の解任に伴い、トップチームの監督に就任していた。

今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染してしまうなど苦しいシーズンとなると、チームはポゼッションサッカーを体現しながらも結果がなかなか出ず。7勝15分け12敗の13位でシーズンを終えていた。

新シーズンもチームを率いる金明輝監督は、クラブを通じてコメントしている。

「この度、2021年サガン鳥栖監督として契約を更新させて頂くことになりました。今シーズン見せた相手に襲いかかる守備、ゴールを奪うために何度もゴール前に侵入、ボールを送り続け相手のゴールをこじ開ける攻撃、勝っても負けてもまたスタジアムに足を運びたいと思ってもらえるようなサガン鳥栖らしいサッカーを来シーズンも必ず選手達とともに作っていきます」

「チームスタッフ、選手、日本一のサガン鳥栖サポーターと共に戦えることを嬉しく思います。勝利を貪欲に求めて日々を大切にし、一岩となって戦っていきますのでスタジアムでの熱い声援をよろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

南葛SCの元日本代表DF青木剛が現役引退…鹿島や鳥栖、熊本でプレー「やりきるところまでやらせてもらえた」

関東サッカーリーグ2部の南葛SCは6日、元日本代表DF青木剛(39)の現役引退を発表した。 前橋育英高校から2001年に鹿島アントラーズへと入団した青木。入団当初はボランチのポジションでプレーしていたが、センターバックやサイドバックをこなすなど、守備的なポジションでプレーした。 2008年には日本代表候補に選ばれると、その後正式メンバーに選ばれ2試合に出場。鹿島では2016年7月までプレーした。 2016年7月にサガン鳥栖へと完全移籍すると、1シーズン半を過ごすも、2018年にロアッソ熊本へと完全移籍、1年で退団し、2019年から南葛SCへと完全移籍した。 関東サッカーリーグ2部を戦った今シーズンは、チームは2位となり、25日に1部との入れ替え戦が行われる中、引退を発表した。 J1通算400試合8得点、J2通算26試合、リーグカップ通算78試合に出場した。 青木はクラブを通じてコメントしている。 「12月25日に昇格を懸けた一大決戦を控える大事な時期ですが、ご報告をさせていただきます。私、青木剛は今シーズンをもちまして、引退することを決意しました」 「大事な試合を控えているタイミングで、公式に発表をするかどうか悩みましたが、事後報告ではなく、自分らしくしっかりとした形でお伝えをしたかったので、このタイミングでの公表となりました」 「今シーズンを振り返ってみると、自分自身、とても苦しいシーズンでした。シーズンが始動し、南葛SCが次のステージへ進み始め、間違いなくレベルアップしていると感じる中、自分がそれに見合ったパフォーマンスを出せていないと思う日々は、本当に辛く、実際、夏の段階で退くべきではと、勝手ながら考えていたくらいでした」 「それでも、共に闘うチームメイトから多くの刺激をもらい、関わってくださっている方々からの励ましの声をいただき、ここまで進むことができました」 「サッカーは相手と闘っているようで、実は、自分自身と闘っている、自分と向き合っている、という感覚が、今シーズンはより一層強く自分の内面にありました。本当は昨シーズンが終わった時点が、引退するタイミングだったのかもしれません」 「昨シーズンはコロナの影響によって、全試合が無観客試合になってしまいました。今までのようにファン・サポーターの皆さんが応援してくださる中で、また高揚する試合がしたいと強く思ったのも、続ける選択をした理由ですし、昨シーズンの昇格で味わった喜びは、これまでのサッカー人生の中でも経験したことのない喜びであり、もう一度みんなで喜びを共有したいという一心が、今シーズンの一番のモチベーションでした」 「サッカーをやりきるということに関しては、やりきるところまでやらせてもらえたと、偽りなく思っています。こうした心境で最後を迎えられるのは、本当にありがたいことです」 「導かれるようにして加入させてもらった、『キャプテン翼』の血が流れている南葛SCは、計り知れない魅力が詰まっていて、大きな夢があるクラブチームです。近い将来、必ずJリーグに加入して、サッカーファンに対してたくさんの感動を生み続けていくクラブチームです」 「そのことを考えても今シーズンの昇格も必ず達成したいですし、クラブが掲げる夢の一部分になれたなら、これほどうれしく、誇りに思うことはありません」 「今シーズン、あと1試合ではありますが、鹿島アントラーズ15年半、サガン鳥栖1年半、ロアッソ熊本1年で培ったもの、南葛SCでプレーした3年間、プロとして過ごした21年間のすべてを結集させて、誠実さと感謝の念を持ち、しっかりと準備します」 「そして、置かれた立場で役割を全うできるように、シーズンが終わるまで最善を尽くして闘います』 「最後になりますが、自分の好きな言葉を記しておきます。「誰かのためにプレーしてこそ、サッカーには価値がある」。両親、家族、友人、関わっていただいたすべての方々、本当にありがとうございます。心から感謝しています」 2021.12.06 22:43 Mon
twitterfacebook
thumb

「ただいま戻りました」現役引退の小林祐三が鳥栖に復帰! 強化担当就任「サガン鳥栖を前に進めたいと思います」

サガン鳥栖は5日、2022シーズンの強化体制について発表。クラブOBの3名が加わる事となった。 今シーズンもユース出身の選手を中心に、多くの選手を迎え入れて戦った鳥栖。シーズン当初は、堅守が光り上位を争っていた。 しかし、後半戦はFW林大地がシント=トロイデンへ移籍するなどした中、徐々に成績が残せなくなり、最終的には7位でシーズンを終えていた。 それでも、近年残留争いをしていたチームが上位争いをした前向きなシーズンとなった1年。新シーズンに向けて、OBを招へいした。 今シーズンはクリアソン新宿でプレーし、現役引退を表明していた小林祐三が強化担当に就任。また、FWとして活躍し、2021年はクラブで「サガン ネットワーキング オフィサー」(SNO) に就任していた池田圭が強化担当兼スカウトに就任。また、谷口博之が引き続きスカウトを行うことが発表された。 なお、強化部長は引き続き、永井隆幸氏が務める。 ◆永井隆幸 強化部長 「来シーズンは新たに小林祐三さんを迎え入れた強化部の体制をご報告さて頂きます。もっともっと地域に愛されるチーム作りを行いたいと思います」 ◆小林祐三 強化担当 「サガン鳥栖に関わる全ての皆様へ。小林祐三、サガン鳥栖強化担当として、ただいま戻りました。かつてピッチで共に闘ったこの仲間たちと、強化部として再び結束しサガン鳥栖を前に進めたいと思います」 ◆池田圭 強化担当 兼 スカウト 「2022年シーズンから、強化兼スカウトを担当します。サガン鳥栖を築いてくれた多くの皆様への感謝を忘れずに最善を尽くします」 ◆谷口博之 スカウト 「来年度も引き続きスカウトを担当させて頂く事になりました。サガン鳥栖の力になれるよう精一杯努力します。サガンファミリーの皆さん、共に戦って下さい」 2021.12.05 18:01 Sun
twitterfacebook
thumb

「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。 当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。 上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎、MF松村優太がノミネートしている。 「ベストヤングプレーヤー賞」は、J1の全20クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定。ブック型楯と賞金50万円が渡されることとなる。 ◆ベストヤングプレーヤー賞 対象選手(18名) MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/19歳) 36試合10得点:2291分 MF松村優太(鹿島アントラーズ/20歳) 22試合2得点:759分 FW細谷真大(柏レイソル/20歳) 28試合3得点:1090分 MF安永玲央(横浜FC/21歳) 27試合1得点:1741分 GK谷晃生(湘南ベルマーレ/21歳) 34試合0得点:3060分 DF畑大雅(湘南ベルマーレ/19歳) 22試合0得点:1413分 MF田中聡(湘南ベルマーレ/19歳) 36試合2得点:2669分 MF鈴木唯人(清水エスパルス/20歳) 33試合2得点:2005分 MF松岡大起(清水エスパルス/20歳) 36試合0得点:3177分 MF奥野耕平(ガンバ大阪/21歳) 26試合0得点:1385分 DF西尾隆矢(セレッソ大阪/20歳) 31試合2得点:2556分 DF小林友希(ヴィッセル神戸/21歳) 22試合0得点:1509分 FW鮎川峻(サンフレッチェ広島/20歳) 19試合1得点:603分 MF東俊希(サンフレッチェ広島/21歳) 35試合3得点:2475分 FW宮代大聖(徳島ヴォルティス/21歳) 32試合7得点:2556分 MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス/19歳) 28試合1得点:1473分 DF大畑歩夢(サガン鳥栖/20歳) 30試合0得点:1768分 DF中野伸哉(サガン鳥栖/18歳) 34試合0得点:1790分 2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

MVPやベスイレは誰に!? Jリーグ優秀選手賞31名が決定! 連覇の川崎Fは最多10名、2位の横浜FMは上位で最少の3名

Jリーグは5日、2021シーズンの優秀選手賞31名を発表した。 J1の18クラブの監督、選手の投票結果をもとに決定した31名には、圧倒的な強さで連覇を達成した川崎フロンターレから最多の10名が選出。一方で2位の横浜F・マリノスからは3名と上位では最も少ない選出となった。 また、3位のヴィッセル神戸からは5名、4位の鹿島アントラーズからは4名、5位の名古屋グランパスからは5名が選ばれており、その他、浦和レッズから2名、北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖から1名ずつが選出された。 この優秀選手賞31名から、6日に開催される「2021 Jリーグアウォーズ」で発表される最優秀選手賞、ベストイレブンはこの31名から選出されることとなる。 ◆2021 Jリーグ優秀選手賞(31名) GK チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) ランゲラック(名古屋グランパス) DF 町田浩樹(鹿島アントラーズ) 登里享平(川崎フロンターレ) ジェジエウ(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 山根視来(川崎フロンターレ) チアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス) 小池龍太(横浜F・マリノス) 中谷進之介(名古屋グランパス) 吉田豊(名古屋グランパス) トーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸) 菊池流帆(ヴィッセル神戸) 酒井高徳(ヴィッセル神戸) エドゥアルド(サガン鳥栖) MF 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌) 荒木遼太郎(鹿島アントラーズ) ディエゴ・ピトゥカ(鹿島アントラーズ) 江坂任(浦和レッズ) 脇坂泰斗(川崎フロンターレ) 橘田健人(川崎フロンターレ) 家長昭博(川崎フロンターレ) 稲垣祥(名古屋グランパス) 山口蛍(ヴィッセル神戸) アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) FW 上田綺世(鹿島アントラーズ) キャスパー・ユンカー(浦和レッズ) レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) 旗手怜央(川崎フロンターレ) 前田大然(横浜F・マリノス) マテウス(名古屋グランパス) 2021.12.05 11:28 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖DF大畑歩夢が右第五中足骨骨折で全治3カ月、今季はJ1で30試合出場

サガン鳥栖は4日、DF大畑歩夢の負傷を発表した。 クラブの発表によると、大畑は11月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第36節の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右第五中足骨骨折と診断。全治は3カ月とのことだ。 大畑は鳥栖ユース出身で、プロ2年目の今シーズンは3バックの一角として明治安田J1で30試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 2021.12.04 23:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly