レンジャーズCBがまさかの単独ドリブル突破から決めた驚愕のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.12.14 22:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元アルジェリア代表DFのマジード・ブーゲッラ氏がレンジャーズで決めたゴールだ。


◆ブーゲッラが決めた圧巻のソロゴール

フランス2部のグーニョンでプロデビューを果たしたブーゲッラ氏は、その後イングランドの下部リーグチームを渡り歩き、2008年夏にレンジャーズに加入した。

主にCBとしてプレーし、守備での貢献が本職のブーゲッラだが、2009年12月30日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第18節のダンディー・ユナイテッド戦では、驚愕のゴールを決めている。

6-1とレンジャーズが大量リードを奪って迎えた85分、最終ラインでボールを持ったブーゲッラが、ドリブルで前線にボールを運び、1人でカウンターを主導する。CBとは思えない加速で一気に相手陣内中央まで侵入すると、プレスに来たDF2人をキレのあるターンで抜き去り、ペナルティーアーク内からミドルシュートを放つ。

左足から放たれた鋭いシュートは、低い弾道でゴール右下に決まり、まさかの単独突破から見事なゴールを挙げてみせた。

試合はこのままレンジャーズが7-1と大勝を収めている。
関連ニュース
thumb

華麗な直角ターン!“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はディナモ・モスクワのカメルーン代表FWクリントン・エンジエがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“NEXTエトー”の決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDMmllV3piSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カメルーンで生まれ、名門リヨンの下部組織に入団したエンジエは、同クラブでデビューを果たすと、トッテナムでのプレーを経て2016年夏にマルセイユに加入。現在はロシアに活躍の場を移している。 スピードを活かしたドリブル突破と高い得点力で“NEXTエトー”とも呼ばれたエンジエだが、2018年9月23日に行われたリーグ・アン第6節のマルセイユ戦では、見事なゴールを決めている。 1-4とマルセイユビハインドの82分、左サイドを攻めたマルセイユは、MFディミトリ・パイエがボックス内へパス。エンジエがこのパスに抜け出すと、ボックス内でマークに来た相手DFを鮮やかなキックフェイントで抜き去ると、すかさずシュート。狙いすましたシュートがゴール右ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 何とかリードを縮めたマルセイユだったが、反撃もここまで。2-4でリヨンに敗れている。 <span data-sg-movie-id="851" data-sg-movie-title="【華麗な直角ターン!】“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート"></span> 2021.02.27 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

守備職人ネスタが決めたクラブを世界一に導く豪快ボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆守備職人ネスタの大一番での一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmWk1zc2M5TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ラツィオでプロデビューを果たしたネスタ氏は、2002年夏にミランに加入。以降チームの守備の要の1人としてクラブの黄金期を支えた。 抜群のセンスを活かしたエレガントな守備で知られるネスタ氏は、得点を決める機会は少なかったものの、2007年12月16日に行われたFIFAクラブワールドカップ決勝のボカ・ジュニアーズ戦では、豪快なゴールを決めている。 前半を1-1で折り返して迎えた50分、ボックス右でミランがFKのチャンスを得ると、MFアンドレア・ピルロが低めのクロスをボックス内に入れる。このボールにMFマッシモ・アンブロジーニがボレーシュートを試みるも空振り。しかし軸足に跳ね返ったボールが後ろにいたネスタへ絶好パスになり、ネスタがボレーシュート。完璧にミートしたシュートはゴール左上に一直線に飛んでいき、見事な勝ち越しゴールとなった。 このゴールで勢いに乗ったミランは、4-2で勝利。見事世界チャンピオンに輝いている。 <span data-sg-movie-id="849" data-sg-movie-title="【世界一に導く!】守備職人ネスタがクラブW杯で決めた豪快ボレーシュート"></span> 2021.02.26 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キレキレ連続直角ターンでDFを翻弄!中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアル・アインに所属するUAE代表FWカイオ・カネドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆連続直角ターンで相手を翻弄!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0MnRNRjZNZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ブラジル生まれのカイオは母国のクラブを渡り歩いた後、2014年夏にUAEリーグに移籍。2019年夏からは、日本代表の塩谷司や中島翔哉も所属する強豪アル・アインに活躍の場を移している。 2020年11月には、UAEに帰化して代表デビューを果たしているカイオだが、2021年2月19日に行われたアラビアン・ガルフリーグ第17節のアル・フジャイラ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、DFバンダル・モハメドの自陣からのロングパスを相手陣の左サイドでカイオが受ける。ボックスの手間でボールを収めたカイオは、鮮やかなキックフェイントからの直角ターンでマークをかわすと、ブロックに来たもう1人のDFも鮮やかなターンで軽々と抜き去る。フリーでゴール前に進むと、GKの頭上を抜く強烈なシュートを叩き込んだ。 このゴールで勢いに乗ったアル・アイン。後半も攻勢が続き、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="842" data-sg-movie-title="【連続直角ターンでDFを翻弄!】中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール"></span> 2021.02.25 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4vs1でも止められず!ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリの北マケドニア代表エリフ・エルマスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆4vs1でも止められず!エルマスのソロゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMYXpobWNOViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2021年1月31日に行われたセリエA第20節のパルマ戦では、圧巻のソロゴールを決めている。 0-0のまま迎えた32分、カウンターから相手陣内中央でボールを持ったエルマスは、自らドリブルで仕掛けていくことを選択。ボックス付近で守りを固める相手DF4人に囲まれながらも、細かいボールタッチと軽快なステップでマークを寄せ付けず、ボックス内に侵入するとすかさず左足でシュート。低く抑えられた鋭いシュートは、ゴール右下に決まった。 このゴールで先制したナポリは、リードを守りながら終盤にも1点を加え、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="841" data-sg-movie-title="【4vs1でも止められず!】ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破"></span> 2021.02.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝つか、お前らを殺すかだ!」史上初の降格をかけた大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はコロコロのアルゼンチン人FWパブロ・ソラーリが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆救世主が見せた圧巻のソロゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoMm5GREJkcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1925年に創設されたコロコロはチリ1部リーグで最多32度の優勝回数を誇る同国屈指の名門として知られている。しかし今シーズンは深刻な低迷に陥り、レギュラーシーズンを16位で終えると、2021年2月17日に行われたプレーオフで、ウニベルシダ・デ・コンセプシオンと残留をかけた一発勝負に挑むこととなっていた。 クラブ創立以来初の降格危機を迎えたクラブに対し、一部の過激なファンは「Ganan o los matamos(お前らが勝つか、俺らがお前らを殺すかだ)」との脅迫とも取れる驚愕のバナーを掲示。そういった事情もあり、コロコロはまさに生きるか死ぬかの大一番に臨んでいた。 すると迎えた19分、右サイドでボールを受けたソラーリは、ドリブルで積極的に仕掛けていくと、キレのあるターンでDFを抜き去りゴールへ接近。コースを切りに来た相手も鮮やかなターンでかわすと、ゴール右の角度のない位置からシュート。GKの股を抜くゴールを沈め、値千金の先制点を挙げてみせた。 試合はそのままコロコロがリードを守り、1-0で勝利し、残留を決めた。なお、決勝ゴールのソラーリは、アルゼンチンのタジェレスからレンタルで加入していた19歳の選手であり、チリの名門クラブは思わぬ救世主の活躍で窮地を脱することとなった。 <span data-sg-movie-id="838" data-sg-movie-title="【降格のピンチを救う!】大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール"></span> 2021.02.24 20:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly