J3鹿児島が4選手の契約満了を発表

2020.12.12 10:42 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは12日、FW和田凌(25)、DF藤澤典隆(32)、DF田中奏一(31)、FW川森有真(27)の契約満了を発表した。和田は2019年にFC琉球から加入。昨シーズンは明治安田J2で2試合に出場も、今季はここまで出場がなかった。


藤澤は2018年に琉球から加入。1年目は明治安田J3で30試合に出場し2得点、2年目の昨シーズンは明治安田J2で32試合に出場し1得点を記録していたが、今季は明治安田J3で11試合の出場に終わっていた。

田中は2018年にファジアーノ岡山から加入。1年目は明治安田J3で30試合に出場し4得点、2年目は明治安田J2で12試合に出場。今季は明治安田 J3で24試合に出場していた。

川森は東洋大学から2015年に当時JFLの鹿児島に入団。2019年はアスルクラロ沼津へと期限付き移籍を経験していた。通算では明治安田J3で48試合8得点を記録していた。
関連ニュース
thumb

鹿児島、三宅海斗の契約更新を発表 「今年は自分がチームの中心に」

鹿児島ユナイテッドFCは3日、MF三宅海斗(23)との契約更新を発表した。 鹿屋体育大学出身の三宅はデュッセルドルフII(ドイツ)、栃木SCを経て、昨年2月に鹿児島入り。明治安田生命J3リーグ14試合2得点を記録した。 三宅は新シーズンも鹿児島でのプレーが決まり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「鹿児島2シーズン目となる今年は自分がチームの中心になり、このチームをJ3優勝に導けるように頑張ります!! そして、昨年お世話になった引退した選手や違うチームへ行った選手達の気持ちも背負って全力で闘います!! よろしくお願いします!」 2021.02.03 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF五領淳樹に第一子が誕生 「自分が親父に感じた大きな背中を自分も子供に」

鹿児島ユナイテッドFCは30日、MF五領淳樹(31)に第一子となる長男が誕生したことを報告した。 五領はクラブの公式サイトを通じて「私事ではございますが、男の子が産まれました。コロナ禍での出産は不安も多く凄く大変だった中で、頑張って産んでくれた妻と無事に産まれてきてくれた子供に感謝しかないです。自分が親父に感じた大きな背中を自分も子供に見せていけるように、パパ1年目を精一杯頑張ります!!」と喜びのコメントを残している。 2012年にロアッソ熊本でプロデビューを果たした五領は2015年から当時、日本フットボールリーグ(JFL)に属した鹿児島に加入。昨季は明治安田生命J3リーグ14試合1得点の成績を収めた。 2021.01.30 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団のFWジョン・ガブリエルが半年在籍した関東1部の栃木シティへ加入

鹿児島ユナイテッドFCは25日、契約満了のブラジル人FWジョン・ガブリエル(24)が関東サッカーリーグ1部の栃木シティに完全移籍することを発表した。 ジョン・ガブリエルは、クルゼイロから2017年にSC相模原へ加入。2019年8月からは栃木シティへ期限付き移籍していた。 相模原では2シーズン半を過ごし、J3で67試合に出場し28得点を記録していた。 2020年に鹿児島へと加入するも、明治安田J3で4試合の出場に終わっていた。 ジョン・ガブリエルは栃木シティを通じてコメントしている。 「また栃木シティに戻ってくることができて嬉しいです。JFL昇格はこの1年のハードワークになります」 「サポーターの皆さん、応援よろしくお願いします!最善を尽くします」 2021.01.25 15:16 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島、ニウドと契約更新せず 「これからの人生で忘れる事はない」

鹿児島ユナイテッドFCは23日、ブラジル人MFニウド(27)の契約満了による退団を発表した。 ニウドは母国クラブのアヴァイでプロキャリアをスタート後、東京ヴェルディ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ECタウバテ(ブラジル)、福島ユナイテッドFCでプレー。2019年4月から鹿児島に加わり、昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場した。 新シーズンの契約を更新せず、2年間を過ごした鹿児島を去ることが決まったニウドはクラブを通じて、別れの挨拶を行った。 「まず、2年共に戦ったチームの全てのスタッフ、選手、そしてサポーターの皆様に感謝します。皆さんと一緒に過ごしたこの2年間、多くのことを学ばせてもらいました。そして、鹿児島で学んだ事はこれからの人生で忘れる事はないでしょう。これからも、鹿児島の事をずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」 2021.01.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

清水や甲府などでプレーしたDF青山直晃が34歳で現役引退「楽しい思い出でしかありません」

2020シーズン限りで鹿児島ユナイテッドFCを退団していたDF青山直晃(34)が現役引退を発表した。 青山は愛知県出身で、前橋育英高校から2005年に清水エスパルスへと入団。高卒ルーキーながら1年目でデビューを果たすと、2年目からはレギュラーに定着した。 清水のディフェンスラインを支えていた青山だが、2009年に右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷。2010年は1試合も出場しないまま終わると、2011年に横浜F・マリノスへと完全移籍する。 横浜FMでは、日本代表として活躍したDF中澤佑二、DF栗原勇蔵の前に出場機会はあまりなく2013年にヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。甲府ではレギュラーとして2シーズンプレーすると、2015年には海外移籍。タイのムアントン・ユナイテッドへと移籍した。 タイでもレギュラーとしてプレーした青山は、4シーズンでタイ・プレミアリーグ(現タイ・リーグ1)で101試合に出場し4得点を記録。2019年にガンバ大阪へ完全移籍で加入すると、J1での出場がないまま1年で退団していた。 2020シーズンは鹿児島で明治安田J3の18試合に出場。しかし、シーズン終了後に契約満了で退団となっていた。 Jリーグでの通算成績はJ1で197試合9得点、J3で20試合、リーグカップで43試合出場2得点だった。 日本代表としては、A代表には選ばれなかったものの、世代別の日本代表を経験。2008年の北京オリンピックではバックアップメンバーに選ばれたが、本大会出場はならなかった。 青山はクラブを通じてコメントしている。 「16年間のプロサッカー人生!十二分に満喫することができました!色んな事がありましたが、楽しい思い出でしかありません」 「一緒に戦ったチームメイトと敵チームの選手、監督、コーチ、スタッフ、関係者の方々、本当にありがとうございました!!これからの新しいスタートも色んな事にチャレンジして、また楽しんでいきたいと思います」 「応援してくれたサポーターの皆さん、いつも戦う力になりました。本当にありがとうございました」 2021.01.22 13:21 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly