香川真司の名も…今でも獲得できるフリーの選手たち5人

2020.12.09 17:22 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7日、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)がフリートランスファーでセリエBのモンツァに加入した。昨シーズン限りでブレシアを退団し、無所属の状態が続いていたバロテッリだったが、ミラン在籍時にオーナーを務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が会長を務めているクラブへと新天地を求めた格好だ。


新天地が決まったバロテッリ以外にも、今なお所属クラブがなく、フリーで獲得できる選手は多く、今回はその中の5人を紹介していく。

1.ジャック・ウィルシャー(28)
若くして入団したアーセナルで度重なる故障に泣き、才能を燻らせたウィルシャーは2018年からウェストハムでプレー。アーセナルと同じロンドンに拠点を置くクラブで心機一転を図ったが、再びケガに悩まされ、10月初旬に今季まで残る契約を双方合意で解消して退団した。

本人は「ラ・リーガ、イタリア、ドイツは僕にとって、良い変化になる」「MLSに行くには若過ぎるとは思っていない」と発言しており、初の国外挑戦の可能性もありそうだ。

2.アレシャンドレ・パト(31)
パトは、今年8月末にサンパウロとの契約を双方合意の下で解消し二度目の退団。ここまで新天地候補に関してはジェノアやスペツィアのセリエA勢、パトのミラン在籍時に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が所有するセリエBのモンツァなどの名前が挙がってきている。

4月には欧州復帰願望とともに、古巣ミランへの愛情を語っていたが、バロテッリ同様モンツァ行きの可能性もあるかもしれない。

3.マリオ・マンジュキッチ(34)
2020年1月に、不遇を味わっていたユベントスからカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍したが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などもあり、今年7月に契約を解消。その後は様々なクラブへの移籍が噂されたものの、ここまでフリーの状態が続いている。

献身性抜群の経験豊富なストライカーなだけに、欲しがるクラブが出てきてもおかしくはない。

◆マンジュキッチの再現不可能な技ありバイシクル

4.ダニエル・スタリッジ(31)
スタリッジはリバプールと契約切れの昨夏、3年契約でトラブゾンシュポルに移籍。公式戦16試合で7ゴールの活躍を披露したが、スポーツ賭博の容疑でプレー禁止処分が科され、今年3月に契約を解消した。

新天地については、「世界中に選択肢があるが、僕はイングランド人選手だから、いつだってプレミアリーグが好きだ」と母国復帰希望を明かしている。

5.香川真司(31)
昨シーズン、レアル・サラゴサに加入した香川。チームはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を戦いラ・リーガ昇格を目指していた中、プレーオフで敗れ2部に残留することとなった。

香川は今シーズンもサラゴサでプレーするつもりだったが、高額な給与がネックに。また、EU圏外枠の問題もありクラブと交渉が上手くいかないと、10月2日に戦力外が決定。リーグ戦のメンバーに登録されず、退団となった。

スペイン国内でのプレーを望んでいた香川には、1部や2部のクラブからオファーがあったとされる中、どのオファーも断る状況に。また、ブンデスリーガやセリエAのほか、ギリシャ、トルコ、ブラジルなどスペイン国外からのオファーも届いたが、一切受け付けないことを決めていたとされている。

今はスペインの自宅でトレーニングをしている香川だが、やはり新天地もスペインの可能性が高そうだ。


今回紹介した5人以外にも、インテルやユベントスで活躍したガーナ代表MFクワドゥオ・アサモア(31)や元チェルシーの元ブラジル代表MFラミレス(33)、さらには先日パリ・サンジェルマンとの契約を解除したスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(27)といった実績ある選手たちも契約可能だ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、移籍金が発生しない大物選手たちに興味を持つクラブがあってもおかしくはないが、新天地は見つかるだろうか。
関連ニュース
thumb

試合途中に飲水タイムならぬもぐもぐタイム? トルコ2部で切実もほっこりなシーン

トルコ2部リーグの一戦において、飲水タイムならぬ、もぐもぐタイムが設けられることになった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 今月13日から5月12日までムスリム(イスラム教徒)の間では、ラマダンが始まっている。 イスラム暦で9月を意味するラマダンは、ムスリム(イスラム教徒)にとって“聖なる月”とされており、自制と規律が求められるこの期間にムスリムは夜明けから日暮れまでの間、一切飲食物を口にすることができない。 そして、フットボール界においても多くの敬虔なムスリムはサウムの期間にその教えを忠実に守り、たとえトレーニング中や試合中においても飲食物を口にすることはない。 そういった中、今月13日に行われたトルコ2部のギレスンスポルとアンカラ・ケジオレングジュの一戦では、試合途中にラマダン期ゆえの珍しいシーンがあった。 同試合の試合開始直後にはたまたまピッチ内で負傷者が出てしまい、試合が一時中断。そして、治療に思わぬ時間がかかっていた中でケジオレングジュのベンチサイドに4人の選手が集まると、そこにチームスタッフが何かが入ったビニール袋を持参して駆け寄る。 すると、選手たちはスタッフから渡されたものを口に放り込んでもぐもぐと食べ始めたのだ。中継カメラがその様子をズームで映すと、どうやら選手たちが口にしていたのは、バナナやデーツ(ナツメヤシの実)といったすぐにエネルギーに変わる食べ物。また、画面が切り替わると、GKが何らかの飲み物を少しずつ口にする姿も映されていた。 なお、トルコ『beIN SPORTS』によると、同試合の開始直後にちょうど日没を迎えてイフタール(日没後最初の食事)が可能となったことで、ケジオレングジュの選手たちは、このタイミングでもぐもぐタイムを取ることになったとのことだ。 選手たちにとってここから激しい試合を戦い抜くための栄養補給は切実なものだったが、試合再開の状況を具に確認しながらもぐもぐタイムを取る、いかつい選手の姿は非常にほっこりするものとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】飲水タイムならぬもぐもぐタイム?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> GZT Giresunspor - Ankara Keçiörengücü maçında yaşanan sakatlık ile ezan saati denk gelince, oyuncular maç sırasında oruçlarını açtı. <a href="https://twitter.com/hashtag/beINSPORTS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINSPORTS</a> <a href="https://t.co/Fec6Q5ERKP">pic.twitter.com/Fec6Q5ERKP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1382005454679736327?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドにサインを求めた副審、自閉症治療センターの寄付のためだった!

試合後に選手からサインをもらうという衝撃の行動に出ていたルーマニア人審判のオクタビアン・ソブレ氏だが、その行動には理由があったようだ。 6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに対して試合後に副審を務めたソブレ氏がサインを求めた。 この行動には、プロ意識の点や公平性の点から多くの批判もあったが、それにはある理由があったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』のレポーターを務めるポール・ギルモア氏が自身のツイッターで伝えている。 「ルーマニアサッカー連盟(FRF)の関係者と、ハーランドのサインについて話をした。彼らは、オクタビアン・ソブレが、彼が支援している自閉症の治療センターのため、資金を調達するためにそれをしたと言った」 また、ルーマニア『Gazeta Sporturilor』によると、ソブレ氏は5年以上に渡りこの治療センターを支援しており、ハーランドにサインされた2枚のカードはオークションにかけられ、落札金額が寄付される予定だという。 今やスーパースターの仲間入りを果たしたハーランドだが、このサインが多くの人々を救うかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】ハーランドを理由を知っていたのだろうか…異例のサインおねだりシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The linesman really asked Haaland for his signature after the game <a href="https://t.co/9yiIMSZx4D">pic.twitter.com/9yiIMSZx4D</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1379550303574450179?ref_src=twsrc%5Etfw">April 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.09 06:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイルが衝撃告白! 「一度UFOを見たことがある」

トッテナムに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが過去にUFOと遭遇した経験があることを明らかにした。 異星人(エイリアン)や未確認飛行物体(UFO)、未確認生物(UMA)といった未知の存在に関しては、その存在を信じる者、真っ向から否定する者と完全に意見が分かれる。 そういった中、フットボール界屈指のスーパースターであるベイルは、エイリアンやUFOの存在を完璧に信じている。 先日、チームメイトであるウェールズ代表DFジョー・ロドンと共にトッテナムの公式『YOUTUBE』チャンネルのQ&Aコーナーに参加したベイルは、エイリアンの存在を信じるか、との質問を受けた。すると、「100%エイリアンはいる」と、その存在を肯定した上、自身も過去にUFOを見たことがあると衝撃の告白を行った。 「明らかに、多くの陰謀論があり、アメリカ政府が公開しているUFOの画像もある」 「それは偽物ではないし、政府によって公開されたものだ。UFOの中には、各国政府の秘密を含むものがあることも理解しているよ」 「だけど、実際に僕は一度だけ見たことがあるんだ! そして、100%エイリアンはいるよ」 今回のベイルの発言の真偽は不明だが、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ正念場にいるトッテナムのサポーターとしては、ベイルに対して「この惑星の出身ではない」、エイリアンのような圧巻のパフォーマンスを期待したいところだ。 2021.04.09 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

“両利き”のカソルラが左足で見事なパネンカ披露

アル・サッドに所属する元スペイン代表MFサンティ・カソルラが先日のアル・ガラファ戦で見事な左足でのパネンカを決めた。 カソルラはフットボール界において希少な“両利き”の選手として知られる。基本的には右足が利き足とされているが、幼少期に右足をケガした時期に左足をメインに使い始めたことで、両足を全くそん色なく使い分けられる。 そして、オープンプレーだけでなくプレースキックでも状況に応じて両足を使い分け、過去には左足で直接FKを決めたこともある。 その両足の魔術師は今月3日に行われたカタール・スターズ・リーグのアル・ガラファ戦の後半半ばにPKを蹴るチャンスを得ると、ここで見事なテクニックを披露。 右足ではなく左足でのキックを選択した上、キック精度とメンタルの強さが試される、GKを先に動かしてゴール中心へチップキックで狙う完璧なパネンカを成功させた。この妙技にスタンド観戦のチームメイトも驚きと共に称賛の拍手を送った。 なお、36歳もカタールの地で健在ぶりを披露しているカソルラは、今季ここまでの公式戦23試合で14ゴール12アシストの数字を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】左足で見事なパネンカ披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This Santi Cazorla panenka bounced before it went over the line <a href="https://t.co/JwwHuZUTjg">pic.twitter.com/JwwHuZUTjg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1379120538921091074?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.07 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

MLB開幕で米メディアが始球式を務めたサッカー選手を紹介!C・ロナウドに“サウスポー”ムバッペも

全米各地で1日、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)の開幕戦が行われた。アメリカ『Bleacher Report』は過去に野球の始球式を務めたサッカー選手を写真で特集。フットボーラーたちのピッチング姿を紹介している。 MLB球団のうち、ダルビッシュ有投手(サンディエゴ・パドレス)や前田健太投手(ミネソタ・ツインズ)らも在籍したロサンゼルス・ドジャースがサッカー選手を始球式に呼ぶことが多く、過去にはFWクリスティアーノ・ロナウドやMFマリオ・ゲッツェらも参加。2019年にはFWキリアン・ムバッペが登場したが、まさかの“サウスポー”だった。 また、かつてイチロー氏が在籍したマイアミ・マーリンズもサッカー選手が務めることが多く、FWラダメル・ファルカオや『Bleacher Report』では紹介されていないが、FWアンヘル・ディ・マリアもマーリンズ・パークのマウンドに立った。 なお、ファルカオは過去のインタビューで「サッカー選手としての現役生活を終えたら、野球選手のプロを目指そうと思っている」と野球への情熱を語っている。 また、アメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーやGKホープ・ソロ、さらには元なでしこジャパンFW川澄奈穂美もMLBのマウンドに立ったことがある。 その他にも、ダビド・ビジャ氏、パトリック・ヴィエラ氏、バスティアン・シュバインシュタイガー氏、ギャリー・ネビル氏といったレジェンドたちも始球式を務め、ピッチングを披露してきた。 次にMLBのマウンドに上がるサッカー選手は誰になるだろうか。 <span class="paragraph-title">【画像】フットボーラーたちの“ピッチング”姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Footballers throwing the first pitch <a href="https://twitter.com/hashtag/OpeningDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OpeningDay</a> <a href="https://t.co/3pvJP8EGHf">pic.twitter.com/3pvJP8EGHf</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1377635490145394689?ref_src=twsrc%5Etfw">April 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/hhSTte0vbQc" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/iQmlTeQ1atA" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.04.02 11:51 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly