イングスにセインツ指揮官から契約延長のススメ 「金稼ぎのために今の地位を捨ててほしくない」

2020.12.05 11:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督はイングランド代表FWダニー・イングス(28)とクラブの新契約締結を待望視しているようだ。

2018年夏にリバプールからのレンタルでサウサンプトンに加入したイングス。昨夏にサウサンプトンと2022年までの契約を結び、完全移籍を果たした昨季はプレミアリーグ全試合に出場して、キャリアハイの22得点を挙げ、リバプール時代に燻った点取り屋としての才能を輝かせ、イングランド代表にも返り咲いた。

そうした活躍ぶりを受け、トッテナムをはじめとする複数クラブの関心が取り沙汰される一方で、サウサンプトンにも契約延長の動きが指摘されている。ハッセンヒュッテル監督はサウサンプトンとの契約延長を期待しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がオーストリア人指揮官のコメントを報じている。

「彼がクラブでこうした状況にいるは当然で、特別なことでもあると思う。私は金稼ぎのために今の地位を捨ててほしくないのだ」

「そのトピックに関しては月に1、2回にわたり、彼と話し合っているが、我々はここでの仕事に集中する必要がある。毎週にわたり、彼の契約について、彼と話をしているわけじゃない。それは私の仕事じゃないからね」

「その件は彼に責任があり、彼自身が決断すべきこと。他の誰でもないのだ。彼は決断を下す必要があり、それからその事実とともに生きていかなければならない」

なお、11月に左ヒザを痛めて手術を受け、戦線離脱が続くイングスの状態にも言及。「観察が必要だ。昨日、初めてチームと一緒にトレーニングをやった」と復帰に前進していると明かした。

「彼の状態は良さそうだが、身体がどんな反応を示すのか見守らなければ。それ以上、話せることはない。でも、昨日は状態が良さそうだった」

関連ニュース
thumb

サウサンプトン、ムサ・ジェネポと2025年まで契約延長 「全力を尽くすよ」

サウサンプトンは15日、マリ代表MFムサ・ジェネポ(24)との契約更新を発表した。新たな契約は2025年までとなる。 マリ代表としても29キャップのジェネポは2019年夏にスタンダール・リエージュから完全移籍加入。突破力とスピードが持ち味のウィンガーで、今季は左サイドバックをこなす試合もあり、ここまで公式戦7試合に出場している。 新たに契約を3年延長したジェネポは「一緒に成長し、もっと学びたいチームだし、クラブのために全力を尽くすよ」と決意を新たにした。 一方で、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は「ムサはチームでも人気のある選手で、彼が我々に残ると決めてくれて嬉しく思う」と語った。 2022.09.16 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

セインツ在籍6年のレドモンドがベシクタシュ移籍! デレ・アリらと同僚に

ベシクタシュは8日、サウサンプトンから元イングランド代表MFネイサン・レドモンド(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2016年にノリッジ・シティからセインツに加入したレドモンドは、前線の複数ポジションをカバーするユーティリティ性を武器に、在籍6年間で公式戦232試合に出場し、30ゴール27アシストを記録。 2018-19シーズンはチームが残留争いを強いられた中、獅子奮迅の活躍を見せてプレミアリーグ残留に貢献。選手とファン・サポーターが選ぶクラブ年間最優秀選手賞をダブル受賞していた。 なお、新天地となるベシクタシュは、MFデレ・アリを始め、DFロマン・サイス、DFアルチュール・マズアク、FWヴォウト・ヴェグホルストら直近までプレミアリーグでプレーした選手を多く獲得している。 2022.09.08 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツ加入のラヴィア、移籍市場最終日にチェルシーが獲得に動いていた?

チェルシーは今夏の移籍市場最終日にサウサンプトンのU-21ベルギー代表MFロメオ・ラヴィア(18)獲得を模索していたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ラヴィアは2020年夏にアンデルレヒトからマンチェスター・シティに加入すると、昨夏から17歳の若さでファーストチームの練習に合流。EFLカップ(カラバオカップ)でシニアデビューを果たすなど公式戦2試合でプレーしたが、今年7月により多くの出場機会を求めてサウサンプトン移籍を決断した。 新天地では開幕から5試合連続でスタメンの座を掴み、第5節のチェルシー戦では後に負傷交代したものの、加入後初ゴールも記録。上々のスタートを切ったラヴィアだが、移籍市場最終日に早くも移籍する可能性があった模様だ。 イギリス『デイリー・エコー』によると、チェルシーが移籍市場閉幕前に5000万ポンド(約80億4000万円)のオファーを出したとのこと。MFエンゴロ・カンテの負傷もあり、中盤の選手を探していたチェルシーは対戦時にも印象的なパフォーマンスを披露したラヴィア獲得を望んでいたという。 しかし、サウサンプトンは5年契約を結んだばかりのラヴィア放出を拒否。交渉の時間が残されていなかったチェルシーはターゲットを切り替え、ユベントスのスイス代表MFデニス・ザカリア(25)をレンタルで獲得している。 2022.09.05 12:59 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツで光る18歳ラヴィア、最低1カ月半の離脱見込み…チェルシー戦で負傷交代

新天地のサウサンプトンで輝きを放つU-21ベルギー代表MFロメオ・ラヴィアだが、しばらく戦線離脱を余儀なくされるようだ。 ラヴィアはマンチェスター・シティのアカデミー出身。2020年夏に16歳でシティとプロ契約を結び、将来を嘱望される存在だったが、スター集うトップチームにアピールの場などなく、今夏のマーケットでサウサウンプトンに完全移籍加入した。 そのサウサンプトンでは重鎮だったスペイン人MFオリオル・ロメウからさっそくポジションを奪ってみせ、プレミアリーグ開幕からここまで全5試合に先発。中盤のフィルター役としてだけでなく、落ち着きだったボール扱いで輝きを放っている。 直近に行われた第5節のチェルシー戦では0-1の展開から後の逆転劇を呼び込む同点弾をマークして、嬉しい移籍後初ゴール。だが、サウサンプトンが2-1で試合をひっくり返したなか、足を痛めてしまい、60分に無念の負傷交代を強いられていた。 今やサウサンプトンにとって欠かせない中盤で、プレミアリーグ全体でも最もホットな若手の1人だが、チームを率いるラルフ・ハーセンヒュットル監督の談話によれば、最低でも1カ月半の離脱が見込まれているようだ。 クラブ公式サイトによると、「ロメオは負傷してしまったが、我々の試合で重要な役割を果たせるのを証明してくれた」としつつ、「長期離脱となるだろう。どれぐらいかかるわからないが、少なくても6週間を見込んでいる」と話したという。 2022.09.03 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

CB補強に動いたアストン・ビラがサウサンプトンのDFベドナレクをレンタルで獲得

アストン・ビラは1日、サウサンプトンのポーランド代表DFヤン・ベドナレク(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2017年7月にレフ・ポズナンから完全移籍でサウサンプトンへと加入したベドナレク。センターバックとしてこれまでチームを支えた。 サウサンプトンでは公式戦153試合で7ゴール4アシスト。日本代表DF吉田麻也とも最終ラインを形成するなどした。 昨シーズンもプレミアリーグで31試合に出場し4ゴールを記録するなど、主軸としてプレーしていた。 なお、ポーランド代表として42試合に出場し1ゴールを記録している。 アストン・ビラは、今夏セビージャから獲得したブラジル人DFジエゴ・カルロスが開幕2戦目でアキレス腱断裂の重傷。守備の要として期待していた中での長期離脱となると、その後3連敗と結果が出ておらず、CBの補強が急務だった。 2022.09.02 10:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly