勝てばGS突破の横浜FM、全北現代戦に向けポステコグルー監督「良いチャレンジになる試合」

2020.11.30 22:27 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。

カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。

現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、

試合に先立ち会見に出席したポステコグルー監督は「自分たちの方が、良いチャレンジになる試合だと思う」とコメント。「全北現代も良いチームですし、良い監督がいる中で、国内のKリーグでも本当に良い成績を残しているチーム」とKリーグ1を優勝した全北現代を警戒した。

しかし、全北現代はケガ人を多く抱え、カタールでは1勝1分け1敗の成績。その点については「この大会でも結果という部分でもそうだが、ケガ人が多い中でしっかりやっているというイメージがある」とコメント。地力があると評価した。

一方で「自分たちにとってはアジアの強いチームとやれるということでも良いと思うし、自分たちのサッカーを見せていければと思う」とコメント。韓国王者との対戦でも、自分たちのスタイルを出すことが重要だと語った。

全北現代とは、今大会初戦の2月に対戦。アウェイ韓国の地で1-2と勝利している。

ポステコグルー監督は「この間の試合から大分時間が経ってしまったが、2月の初めに韓国の地に行き、自分たちは非常に良いサッカーができたと思う」とおよそ10カ月前の試合を回想。「その中で、その後難しい状況となり、自分たちだけでなく、世界中が大変な思いをしたシーズンとなった。その中でも違うシナリオだと思うし、彼らはKリーグで国内で良い成績を残して今大会に臨んだ」とコメント。難しシーズンでもしっかりと結果を残してきたと全北現代について語った。


関連ニュース
thumb

長崎が今季10得点のFW植中朝日と契約更新、期限付き移籍中のGK原田岳を横浜FMから完全移籍で獲得

V・ファーレン長崎は8日、FW植中朝日(20)との契約更新を発表した。また、期限付き移籍中だったGK原田岳(23)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することも発表した。 植中はJFAアカデミー福島で育ち、2020年に長崎に入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場し10得点を記録。天皇杯でも3試合で1得点を記録していた。 原田は横浜FMの下部組織で育ち、2017年にトップチーム昇格。横浜FMでは出番がなく、2019年7月にSC相模原へと育成型期限付き移籍。2020シーズンも相模原で過ごすと、今シーズンから長崎に期限付き移籍していた。 長崎でも今シーズンは出番がなかったが、完全移籍となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW植中朝日 「1年間応援いただきありがとうございました!皆さんの応援のおかげで今シーズンはJ初ゴールを決めることができ、成長できた1年でした」 「そして、2022シーズンもV・ファーレン長崎でプレーすることになりました!2022シーズンは開幕からエンジン全開で、ゴールを取りまくりたいと思います!僕が長崎をJ1昇格に導くくらいの活躍をして、長崎を盛り上げます!応援お願いします!!」 ◆GK原田岳 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍加入することが決まりました。長崎は、街や人の温かさがとても居心地良く、楽しく生活できています」 「2022シーズンは今シーズン以上にチームとしても個人としてもJ1昇格に向け全身全霊でぶつかっていきます!スタジアムの人数制限も解除されていく中で、満員のスタジアムで皆さんと一緒に勝利を掴みたいです!応援よろしくお願いします!」 2021.12.08 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがケヴィン・マスカット監督と契約更新、8月には月間優秀監督賞に

横浜F・マリノスは8日、ケヴィン・マスカット監督(48)との契約更新を発表した。 マスカット監督は、シーズン途中に退任したアンジェ・ポステコグルー監督の後任として7月に就任。8月には、7試合で5勝1分け1敗の成績を残し、月間優秀監督賞を受賞していた。 しかし、9月以降は勝ち点を取りこぼすことが増え、首位の川崎フロンターレとの勝ち点差が開く状況に。それでもチームは2位でシーズンを終えていた。 マスカット監督は、メルボルン・ビクトリーで2013年10月から2019年5月まで指揮。2017-18シーズンはAリーグで優勝を経験。MF本田圭佑も指導していた。 また、2010年7月からはシント=トロイデンの監督に就任。しかし、14試合を指揮するも2勝5分け7敗と結果を残せず、12月に解任されていた。 2021.12.08 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

得点王として日本代表招集のFW前田大然「泥臭く戦ってきます」、2年半ぶり招集のMF渡辺皓太「成長して戻ってきます」

横浜F・マリノスのFW前田大然(24)、MF渡辺皓太(23)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、2人は招集を受けた。 前田は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで36試合に出場し23得点を記録して得点王に。まあ、渡辺もJ1で26試合に出場し、2019年6月のコパ・アメリカ以来2年半ぶりに招集を受けた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW前田大然 「日本代表メンバーに選出していただき光栄に思います。自分らしく泥臭く戦ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆MF渡辺皓太 「日本代表メンバーに選出いただきました。横浜F・マリノスに関わるすべての皆さまに感謝をするとともに、代表活動を通じて成長して戻ってきます。応援をよろしくお願いします」 2021.12.07 17:18 Tue
twitterfacebook
thumb

「この場にふさわしい服装を」羽織袴姿で登場した横浜FMの前田大然、得点王には「チームメイトに感謝」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた横浜F・マリノスのFW前田大然が、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。前田は横浜FMから唯一の選出となり、自身初の受賞となった。 今回のアウォーズには、スーツではなく羽織袴姿で登場し注目を集めた前田。服装のチョイスについては「今回は何でも良いと言われていたので、この場にふさわしい服装をしてきました(笑)」とコメント。他の受賞選手も思わず笑ってしまうまさかの理由だった。 その前田は、ベストイレブンに加え、シーズン23ゴールを記録し得点王にも輝いた。昨シーズンの3ゴールから20ゴールも上積んだ今シーズンだったが「チームがあって、自分がゴールを取っていると思っているので、チームメイトに感謝したいと思います」とコメント。「今年は相手の怖いところに入っていけていたと思うので、それが要因かなと思います」と、良いポジションに入れたことがゴール量産に繋がったと語った。 Jリーグでプレーした名だたるストライカーがこれまで得点王に輝き、日本代表でも活躍した選手が多い賞だが、前田は「誰もがなれるものではないので、嬉しいです」と少ない言葉ながらも、大きな喜びを感じているようだった。 また、今シーズンはスプリント回数も大きな話題となった前田。「スプリントはチームを助けるために走っているので、点を取るというよりは、チームのために走るということを今年1年やってきました」と、ゴールを目指すということ以上に、守備を含めたチームのためのプレーだったとコメント。それでも「結果に繋がって良かったです」と、結果としてゴール量産にも繋がったことを喜んだ。 2021.12.06 23:19 Mon
twitterfacebook
thumb

9月にマスカット監督に“指笛”嫌疑がかけられた横浜FM、試合中の妨害行為について検証結果報告「事象の確認には至らず」

横浜F・マリノスは5日、笛系音による、試合妨害行為についての最終調査報告を行った。 この件は、9月18日に開催された明治安田生命J1リーグ第29節名古屋グランパス戦で、試合中に笛のような音が鳴り、両チーム選手の動きが滞る事象が発生。試合後にはSNS上で、ケヴィン・マスカット監督が笛のような音の発生源だと目が向けられていた。 横浜FMは、すでに、マスカット監督への確認を2度行い、「該当する行為を行っていない」と回答を得た他、可能な限りの映像、音を取り寄せて、確認、解析した他、ベンチ周辺のチーム内スタッフに聞き取りの実施し、9月23日に経緯を報告していた。 ただ、クラブは重要な事象と判断。最終節までの間、自主的に調査を行っていたことを報告した。 横浜FMは、「関係各所の協力を仰ぎ、本件の当該試合以外を含む事象検証」、「合計18人に対する聞き取り」、「第30節以降、最終節までの9試合にて、横浜F・マリノスベンチの録画、録音および監視」の対応を行ったものの、いずれも事象の確認には至らなかったと報告している。 なお、12月5日にJリーグにも報告したとのことだ。 横浜FMは本件を受け、「横浜F・マリノスは、反スポーツマンシップにつながる行為は許しません。私たちは、引き続きこの思いを持ち活動していきます」としている。 2021.12.05 18:48 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly