バルサ会長選出馬のルソー氏、ネイマール連れ戻しが公約の1つに! 「メッシ」の名をつけるスタジアム新名称案も

2020.11.27 15:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来るバルセロナ会長選挙に出馬表明したエミリ・ルソー氏がパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール(28)の連れ戻しを公約の1つに掲げた。スペイン『アス』が伝えている。今夏に大エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを巡る退団騒動に揺れたバルセロナは先月、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任。会長選挙は来年1月24日に予定されているといわれる。

その候補の1人であるビクトル・フォント氏やトニ・フレイシャ氏が相次いでネイマールとの再契約に否定的な考えを示しているが、ルソー氏は自身が会長選を制した場合、連れ戻しを計画しているようだ。

元バルセロナ副会長のルソー氏は2017年夏に史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約272億7000万円)の移籍金でパリに旅立ち、今夏も復帰の可能性が取り沙汰されたネイマールの連れ戻し意欲を示した。

「我々は2人のトッププレーヤーとの契約を狙っているが、その1人がネイマールだ。彼をバルセロナに連れ戻すために働いている。彼がクラブを相手に起こした(契約内容を巡る)訴訟を取り下げればだがね」

また、「当選すれば、チャビ(・エルナンデス)や(アンドレス・)イニエスタ、(カルレス・)プジョルを頼り、強固な繋がりを作りたい」と黄金期に主力として活躍したOBたちを復帰させるプランも口した。

さらに、もう1つの公約として、「スタジアムの名称をカンプノウ-レオ・メッシに変更したい。そのための投票を行う」と、スタジアムの名称にメッシの名をつける案も提示している。

なお、会長選にはルソー氏のほか、上述したフォント氏、フレイシャ氏、元会長のジョアン・ラポルタ氏、ルイス・フェルナンデス氏、ジョルディ・ファーレ氏が出馬するとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

まさに縦横無尽!メッシがアトレティコ相手の歴史的大勝で見せた半端ないゴール3連発【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがアトレティコ相手に決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4ZFBGN21hViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高峰の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 絶対的エースとして活躍を続けるメッシだが、2011年9月24日に行われたラ・リーガ第6節のアトレティコ・マドリー戦では、縦横無尽のパフォーマンスでアトレティコ守備陣を翻弄し、ハットトリックを記録している。 まずは2-0とバルセロナがリードして迎えた26分、右サイド深くでボールを持ったメッシは、ドリブルでボックス内に侵入すると、キレのあるキックフェイントでDF2人を一気に置き去りにし、鋭いシュートでGKティボー・クルトワのニアポストを抜き、この日1点目を挙げる。 続く78分、相手陣内中央でボールを受けたメッシが再び仕掛けていく。高速ドリブルでDFを寄せ付けずに、ボックス内に侵入すると、意表を突くタイミングでゴール右に正確なシュートを沈め、2点目をマーク。 最後は終了間際の91分、FWダビド・ビジャとのワンツーからメッシが抜け出すと、ゴール左の角度の厳しい位置からクルトワの股を抜くシュートを決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合は大量5得点を挙げたバルセロナが、強豪アトレティコ相手に5-0と歴史的大勝を収めている。 2021.01.16 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

24日のバルセロナ新会長選投票は延期に…コロナ感染拡大の影響を考慮

24日に予定されていたバルセロナの新会長選挙の投票が新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、急遽延期となった。クラブが公式声明で明かした。 バルセロナでは昨年10月にジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長が任期を満了することなく辞任を発表。これにより、新会長を選出する選挙の準備が進んでおり、先日には元会長であるジョアン・ラポルタ氏、ビクトル・フォント氏、トニ・フレイシャ氏の最終候補3名が選出されていた。 そして、15日からは3氏による選挙キャンペーンがスタートし、24日に投票が行われる予定となっていた。 バルセロナとカタルーニャ州政府は昨年11月末に1月24日に10カ所の選挙地を選んで投票を行うことで合意。だが、両者は直近の話し合いの中、コロナウイルスの第3波によって同地域では個人の移動を制限しており、近隣に投票所がないソシオ会員の移動が感染のリスクを高めるとの結論に至り、投票延期を決定した。 なお、新たな投票日程に関しては15日に最終候補3名と会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏との話し合いの中で決められるようだ。 2021.01.16 01:23 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナらしい鮮やかなパス回しから、メッシがハットトリックの大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆美しいパス回しからメッシが決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuOUhzcHFVcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 エースとして活躍を続けるメッシだが、2016年3月3日に行われたラ・リーガ第27節のラージョ・バジェカーノ戦では、クラブのフィロソフィーを体現する美しいパス回しから、ハットトリックを記録している。 まずは1-0とバルセロナリードの23分、メッシのスルーパスに抜け出したFWネイマールがボックス内に侵入すると、相手を引き付けてからメッシに折り返しのパス。フリーでパスを受けたメッシが、冷静にゴール左下にシュートを沈め、1点目を決める。 続く53分、右サイドのスペースに抜け出したDFセルジ・ロベルトのクロスを相手がブロックするも、こぼれ球をFWルイス・スアレスがシュート。このシュートは右ポストに嫌われるも、跳ね返りをゴール前で収めたメッシがしっかりとゴールを決め、2点目をマークする。 最後は、ハーフウェイラインからMFセルヒオ・ブスケッツが一気に前線へスルーパスを送ると、メッシがそのまま独走態勢に。ボックス内に侵入し、ゴール右にシュート決め、見事なハットトリックを決めてみせた。 試合は、メッシのハットトリックを含む5ゴールを奪ったバルセロナが、5-1でラージョ相手に大勝を収めた。 2021.01.15 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ不在の中、守護神テア・シュテーゲン躍動のバルサがソシエダ破り決勝進出!《スーペル・コパ》

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝、レアル・ソシエダvsバルセロナが13日にエスタディオ・ヌエボ・アルカンヘルで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。その後、PK戦を2-3で制したバルセロナが決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で今年はアンダルシアでの開催となったスーペル・コパ。今大会では昨季コパ・デル・レイのファイナリストであるソシエダ、アスレティック・ビルバオのバスク勢、ラ・リーガ優勝チームのレアル・マドリー、2位チームのバルセロナが参戦した。 そして、準決勝初戦では今季ラ・リーガ5位のソシエダと3位のバルセロナが対戦した。 今季リーグ戦で初の3連勝と復調気配を漂わすバルセロナだが、今回の一戦では絶好調だったエースのメッシが筋肉系のトラブルで起用できず、ブラースヴァイトが代役を務めた。 より勢いを持って試合に入ったソシエダが押し込む立ち上がりに。オヤルサバル、ポルトゥ、イサクの3トップを軸に縦への推進力を見せるソシエダは、シンプルな仕掛けから確実にフィニッシュで攻撃を完結させていく。 すると、17分にはオヤルサバルの中央突破からボックス左でラストパスを受けたイサクに絶好機が訪れるが、ここはGKテア・シュテーゲンに見事な飛び出しでシュートコースを消されて先制点とはならず。 序盤のピンチを凌ぎ徐々にボールの主導権を握ったバルセロナは好調のデンベレの個人技で相手の堅守攻略を図る。デンベレと周囲の呼吸が合い始めた前半半ば過ぎにはブラースヴァイトのヘディングシュートやグリーズマンのシュートで相手ゴールを脅かす。 そして、前半終了間際の39分、ボックス手前左でDFを背負ってボールを受けたブラースヴァイトが鋭いターンから絶妙なスルーパスをグリーズマンに通すと、グリーズマンがボックス左で上げたクロスをゴール前に飛び込んだデ・ヨングがうまく頭で叩いてゴールネットに突き刺した。 バルセロナの1点リードで折り返した試合だが、ソシエダが立ち上がりにすぐさま追い付く。49分、左サイドでオヤルサバルが上げたクロスがボックス内のデ・ヨングの肘に当たると、このプレーがハンドとなりPKが与えられる。これをキッカーのオヤルサバルが冷静に右隅へ蹴り込んだ。 自身が与えたPKで追い付かれたデ・ヨングは直後のプレーで見事な個人技でボックス内へ抜け出し、冷静にDFをかわしてシュートを狙うが、早々の勝ち越しゴールと思われたこの場面では必死の戻りを見せたDFゴロサベルにボールとの間に足を入れられた結果、足を蹴ってしまい、オフェンスファウルを取られた。 その後は互いに中盤でボールを落ち着けることができず、攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開に。その流れの中で62分にはデンベレ、69分にはポルトゥと互いにボックス付近でシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。 後半半ばから終盤にかけても維新一体の攻防が続く中、77分にはボックス右に抜け出したペドリに絶好機も右足の強烈なシュートはGKレミロにはじき出される。 90分間で決着を付けたいバルセロナベンチはブラースヴァイトに代えてトリンコンを78分に投入。だが、ソシエダの堅守を前になかなか決定機を作れないまま後半終了を迎えた。 延長戦に入ってバルセロナはブスケッツ、ペドリに代えてピャニッチ、リキ・プッチ。ソシエダはイサク、ゴロサベルに代えてウィリアン・ジョゼ、サルドゥアと共に2枚替えを敢行。 すると、延長前半の立ち上がりにはサルドゥアが強烈なミドルシュートでバルセロナゴールをいきなり襲うが、ここはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれた。 その後は互いに消耗が色濃くカウンターの応酬が続く中、よりゴールに迫ったのはソシエダ。115分と118分には途中出場のヤヌザイがドリブル突破からのシュートと、直接FKを枠内に飛ばしたが、いずれもドイツ代表GKの好守に阻まれ、120分間でも決着は付かず。ファイナル進出はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦ではバルセロナの守護神が躍動。バウティスタ、オヤルサバルのPKを完璧な読みでセーブすると、3人目のウィリアン・ジョゼは気圧されたかシュートを枠外に外す。一方、バルセロナは1人目のデ・ヨング、4人目のグリーズマンが失敗も、5人目のリキ・プッチが冷静に決めた。 そして、メッシ不在の中で頼れる守護神に大いに救われたバルセロナがクーマン体制で初となるタイトル獲得に王手をかけた。 2021.01.14 07:45 Thu
twitterfacebook
thumb

稀代のテクニシャン、イニエスタが見せた火を噴くような弾丸ミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イニエスタが見せた弾丸シュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmemZOVkVCUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 12歳でバルセロナの下部組織に入団したイニエスタは、2018年夏に退団するまで22年間同クラブでプレー。MFチャビ・エルナンデスらとともに、黄金期を象徴するMFとして活躍し、多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のフットボールセンスと繊細なテクニックで知られるイニエスタだが、2012年11月25日に行われたラ・リーガ第13節のレバンテ戦では、豪快なゴールを記録している。 2-0とバルセロナリードの56分、FWペドロ・ロドリゲスからの横パスを相手ボックス左手前で受けたイニエスタは、そのままボックスの際までボールを運ぶと、右足を一振り。完璧にボールの芯を捉えたシュートは、ニアポストのクロスバーに跳ね返りながらゴールネットに突き刺さった。 このゴールでさらにリードを広げたバルセロナは、さらに1点を加え4-0で勝利。豪快なゴールを記録したイニエスタは、1ゴール3アシストと全得点に絡む大車輪の活躍をみせた。 2021.01.13 18:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly