八戸、DF中谷喜代志とGK花田力の契約満了を発表

2020.11.25 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンラーレ八戸は25日、DF中谷喜代志(29)とGK花田力(27)の契約満了を発表した。ガンバ大阪堺ジュニアユース出身の中谷は、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた八戸に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに4試合出場している。


一方、花田は2015年にグルージャ盛岡(現:いわてグルージャ盛岡)でプロキャリアをスタート。その後、JFLに所属していた栃木ウーヴァ(現:栃木シティ)を経て2018年に八戸入り。今シーズンはここまでJ3リーグ11試合で守護神を務めている。

今季限りで契約満了となった両選手は、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。

◆中谷喜代志
「この度、今シーズン限りでヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間で八戸という街が大好きになりました。ファン、サポーターの皆様には加入当時から『きよし』と親しみを持って呼んで頂き、プレー中はもちろんのこと、先の見えない長いリハビリ期間の時も支えになる温かいお言葉が僕の心の原動力となりました。感謝してもしきれません」

「スポンサー様、スタジアム関係者の皆様には、僕たちが何不自由なく無我夢中で大好きなサッカーに取り組める環境をつくっていただいたこと本当に感謝しています」

「このクラブにきて、サッカーをする意味、頑張れる理由が日に日に増えていくのを実感できたことはサッカー選手としてこの上ない幸せでした。まだまだサッカーが上手くなりたいという純粋な気持ちを持ち続けられるのも、八戸という地で出逢った皆さんの愛情のお陰です。3年間本当にありがとうございました」

◆花田力
「2020シーズンをもちまして、契約満了となりヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間辛くて、苦しい出来事の方が多かったのですが、その中でもJ3昇格という素晴らしい経験をさせて頂きました」

「そんなたくさんの素晴らしい経験をさせてくれたクラブ、チームメイト、クラブを支えてくださっているスポンサー様・パートナー企業様、毎日の練習後に美味しい昼食を作ってくださるお母さんたち、ヴァンラーレ八戸が大好きで毎試合素晴らしい雰囲気を作ってくださるファン・サポーター、ボランティアスタッフの方々、皆さん無しにはここまで成長することはできませんでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

「今シーズンも残り5試合となりましたが、最後までチームの為に愚直にひたむきに一体感を持って全力でプレーしたいと思います! 最後までヴァンラーレ八戸の応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

今治が早稲田大学のFW梁賢柱の入団を発表、神戸、大宮の下部組織出身

FC今治は3日、早稲田大学のFW梁賢柱(リャン・ヒョンジュ/22)の入団を発表した。背番号は「16」をつける。 梁賢柱は埼玉県出身で、ヴィッセル神戸U-12、大宮アルディージャU-15を経て、東京朝鮮中高級学校へと進学。その後、早稲田大学へと進学した。 2020年の関東大学サッカーリーグ1部では、5得点を記録していた。 梁賢柱はクラブを通じてコメントしている。 「この度、FC今治に加入することになりました早稲田大学の梁賢柱(リャン・ヒョンジュ)です」 「コロナ禍という難しい状況の中で、「サッカーができる環境」を作ってくださり、加入に携わっていただいた多くの関係者の皆様、ありがとうございました」 「またこれまで指導してくださった監督、コーチ、常に私を応援してくれた両親や仲間達に感謝します」 「私はFC今治に加入するまで、3つのJクラブに練習参加させていただきました。心に刻まれたのは、プロの選手は『何かを持っている』ということです。その『何か』とは高い技術力だけではなく、深い感受性があることです。 練習生の立場、その時間で、プロ選手たちの中でも埋もれず、自分を信じ、発揮しようと強く取り組んだ結果、FC今治という素晴らしいクラブに加入することができました」 「プロキャリアをFC今治でスタートできるこの喜びと練習生期間に感じたプロの世界で生き抜くための覚悟は、忘れません」 「そして、この今治という自然豊な町で戦える事に感謝し、「サッカーを通じた元気」を体現する中で、活気溢れる地域作りに貢献していきたいです」 「最後に自分のストロングである「ゴールを奪う姿勢」「明るい性格」で、"FC今治と言えばリャンヒョンジュ"と言われるように頑張ります。 応援よろしくお願いします」 2021.03.03 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「どんな道に進もうが温かく見守って」鳥取退団のMF小林智光が25歳で現役引退

ガイナーレ鳥取は1日、2020シーズンまで所属していた小林智光(25)が現役を引退することを発表した。 山梨県出身の小林は山梨学院大付属高校から山梨学院大学へと進学。2018年に鳥取へと入団していた。 鳥取ではプロ1年目から明治安田J3で27試合に出場し3得点を記録。天皇杯でも2試合に出場し1得点を記録した。 しかし、2年目は9試合、3年目の昨季は3試合と出場機会が激減。昨シーズン限りで契約が満了となっていた。 小林はクラブを通じてコメント。現役引退決断の理由を語っている。 「昨シーズンをもちまして現役を引退することに決めました。まずはこのガイナーレ鳥取で3年間共に闘った選手、スタッフ、フロントの方々、チームの関係者、スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆様に心より感謝申し上げます」 「自分自身ガイナーレ鳥取に入らせて頂いて苦しい思いや悔しい思いばかりだった気がします。でも点を取った時のあの高揚感や試合に出る時の緊張感はこの先味わうことのできない貴重な体験だったと思っています」 「ただどんな時も温かい声をかけてくださった人達や寄り添って頂いた人達の期待に応える事が出来なかったのがなにより悔やまれます。皆様と出会えた事は自分にとってかけがえのない宝で、山梨以外に自分の帰る場所があることを心から嬉しく思います」 「これから自分がどんな道に進もうが温かく見守って頂けると嬉しいです。また皆様とどこかで再会できる事を願い精進していきたいと思います」 「本当に今までありがとうございました!!楽しかったです!!さよなら!! 2021.03.01 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

宮崎が徳山大学DF藤武剛の新加入を発表

テゲバジャーロ宮崎は19日、徳山大学からDF藤武剛(22)の新加入を発表した。背番号は「26」を着用する。 長崎県出身の藤武はV・ファーレン長崎のアカデミー育ち。今季から明治安田生命J3リーグに参入の宮崎入りを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「今季からテゲバジャーロ宮崎に加入することになりました徳武剛です。これまで支えてくださった全ての人へ感謝し、宮崎の方たちに元気や勇気を与えられる選手になれるよう一生懸命努力していきたいと思います。テゲバジャーロ宮崎のため熱く戦いますので、応援を宜しくお願い致します」 2021.02.19 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取MF秋山大地が左ヒザ内側側副じん帯損傷で3カ月の離脱

ガイナーレ鳥取は19日、MF秋山大地の負傷を発表した。 クラブの発表によると、秋山は14日に行われた京都サンガF.C.とのトレーニングゲームで負傷したとのことだ。 検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、復帰までは3カ月を要する見込み。開幕には間に合わないこととなった。 秋山はセレッソ大阪から今シーズン期限付き移籍で加入。昨シーズンはC大阪に所属していたが、トップチームでの出場機会はなかった。 2021.02.19 12:37 Fri
twitterfacebook
thumb

J3参入の宮崎、大阪商業大学FW橋本啓吾の新加入を発表

テゲバジャーロ宮崎は19日、大阪商業大学からFW橋本啓吾(22)の新加入を発表した。背番号は「20」を着用する。 大阪府出身の橋本は身長188cm、体重82kg。今季から明治安田生命J3リーグに参入すする宮崎入り決定を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「この度、テゲバジャーロ宮崎に加入することになりました、大阪商業大学の橋本啓吾です。自分の特徴を活かして、常に全力でプレーし、チームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2021.02.19 10:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly