“マラガのメッシ”ブラヒム・ディアスが見せた異名に恥じない圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.11.20 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はミランのスペイン人MFブラヒム・ディアスがレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。

◆ブラヒム・ディアスが見せた才能を感じさせるゴール

マラガユース出身のディアスは、若くしてマンチェスター・シティに引き抜かれると、2019年1月にレアル・マドリーに加入。2020年夏からはミランにレンタルで加入している。

左利きのテクニシャンとして“マラガのメッシ”とも呼ばれたディアスだが、2019年5月12日に行われたラ・リーガ第37節のレアル・ソシエダ戦では、その異名に恥じない素晴らしいゴールを決めている。

開始早々の6分、左サイドでボールを持ったディアスは、相手からのプレッシャーを跳ね除けて前を向くと、軽い身のこなしで相手のタックルをかわし、一気に加速。ボックス左深部まで進入すると、キックフェイントで相手を抜き去り、ゴール左の角度のない位置からシュートを流し込み、見事な先制ゴールを挙げた。

ディアスの素晴らしいゴールで先制したレアル・マドリーだったが、相手の反撃に遭い、1-3で逆転負けを許している。
コメント
関連ニュース
thumb

名手モドリッチが鮮やかなドリブル突破から決めたソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆モドリッチが個人技でもぎ取ったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLZW0zMGZIeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムで世界屈指のMFとしてブレイクを果たしたモドリッチは、2012年夏にレアル・マドリーに加入。中盤の司令塔として定着し、今ではチームにとって欠かせない存在となっている。 長短のパスで攻撃のテンポをコントロールするモドリッチだが、2019年3月10日に行われたラ・リーガ第27節のバジャドリー戦では、レベルの高い個人技からゴールを決めている。 3-1とマドリーリードの85分、左サイドでFWカリム・ベンゼマからパスを受けたモドリッチはドリブルでボックス内に仕掛けていく。相手DFが進路を塞ぎ、プレスをかけにくるも、鮮やかなシザースフェイントで華麗にDFを抜き去り、GK前まで侵入すると、右足でシュート。ゴール右にシュートを流し込み、相手に止めを刺す4点目を挙げた。 試合は大量4点を奪ったマドリーが4-1で大勝を収めている。 2020.11.30 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

キックオフからなんと21秒!ルカクが決めたシーズン最速ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ルカクが決めた2019-20シーズン最速弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXU3VMYWxsTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> プレミアリーグでの活躍を経て、2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに加入したルカク。初挑戦となったセリエAでも、1年目から懐疑的な声を黙らせる活躍を見せた。 恵まれた体格に加え、スピードとテクニックを持つ完成されたストライカーとして知られるルカクだが、2020年1月14日に行われたコッパ・イタリアのラウンド16、カリアリ戦では、2019-20シーズン最速となる驚愕のゴールを決めている。 試合がカリアリボールでキックオフすると、カリアリが好機を伺いながら自陣でボールを回し始める。しかし、インテルが前線から積極的なプレスをかけると、バックパスが乱れてしまう。ルカクがボックス内でボールをかっさらい、左足でパワフルなシュート。相手のプレスをものともせずにシュートをゴール右に突き刺し、なんと試合開始21秒というスピードゴールを記録した。 このゴールで早々に主導権を握ったインテルが、4-1で試合に勝利している。また、試合開始21秒でのゴールは、昨シーズンのインテルにおける最速ゴールであった。 2020.11.30 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘディングだけじゃない!今世紀最も点を決めているDF、ラモスが決めたパーフェクトなFK【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラモスが決めた美しい直接FK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQZEpzeE5XciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに移籍したラモスは、偉大なスター選手たちの集まるチームで若くからプレー。今ではチームの精神的主柱となり、チームを引っ張っている。 DFながら得点を量産し、21世紀で最も得点を決めたDFでもあるラモス。空中戦での強さを活かしたヘディングゴールが多い一方で、2014年5月7日に行われたラ・リーガ第34節のバジャドリー戦では、見事なFKから得点を挙げている。 0-0で迎えた35分、ボックスの外、ゴール正面やや左の絶好の位置でFKを得たレアル・マドリー。ラモスがキッカーを任されると、左上の完璧なコースに見事なシュートを放つ。スピード、精度ともに文句なしのシュートはGKが辛うじて触ったものの、ボールは手を弾きそのままゴールイン。素晴らしい先制ゴールとなった。 ラモスのDFらしからぬ直接FK弾で先制したマドリーだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.11.29 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーフウェイラインから単騎独走!ドグラス・コスタが決めた圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシャフタールからバイエルンに加入したコスタは、以降ユベントスとバイエルンの間でレンタル移籍と完全移籍を繰り返しながら、両クラブで活躍。数々のタイトルを勝ち取っている。 ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートを強みとするコスタだが、2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを見せている。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、左足でロングシュートを放つ。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで主導権を握ったユベントスは、追加点を重ね、3-0で完勝している。 2020.11.29 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“伝説のファンタジスタ”ロナウジーニョがバルサで決めた、針の穴を通すようなスーパーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めたキャリアベストゴールの1つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHdHEycEh1eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファンから愛された。 キャリアを通して、思わず息を吞むようなゴールを数多く決めたロナウジーニョ氏だが、2005年5月8日に行われた、ラ・リーガ第35節のバレンシア戦では、自身のキャリアの中でもベストゴールの一つを決めている。 0-0で迎えた28分、右サイドからのクロスをボックスの外で受けたロナウジーニョは、ボールをコントロールし、ゴールを確認すると、助走を取らずに右足を一振り。狙いすまされたシュートは、浮き上がるような弾道でゴール右上の角に一直線に飛んでいき、見事なスーパーゴールが決まった。 ロナウジーニョのゴールで先制に成功したバルセロナは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.11.28 19:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly