“体調不良”が新型コロナ感染拡大の原因にも…柏でのクラスター発生から学んだことについて村井チェアマン「自覚症状を見逃さないということが重要」

2020.11.16 12:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は16日、「第20回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

ここ最近、日本国内でも感染者が各地で急増。東京都のみならず、北海道や大阪府などそのほかの府県でも過去最多の感染者を記録する日が続いていた。

一方で、対策連絡会議を月2回続けてきたNPBとJリーグは、感染予防対策を入念に行った結果、リモートマッチ(無観客)から制限ありの有観客へと移行。NPBは読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズを残すのみとなり、Jリーグも終盤戦を迎えている状況だ。
今回の会議について村井満チェアマンは「ここにきて非常に感染が拡大している中で、今回の会議は非常に重要な位置付けだった」とコメント。NPBが横浜スタジアムと東京ドームで行なった実証事件のデータについても「今回はNPB側が貴重な感染データ、感染拡大防止に向けた技術実証をご披露いただいた」とコメント。また、Jリーグの柏レイソルで発生したクラスターについても議論がなされたと言い「柏の感染事例を共有し、有症状者の初期症状にフォーカスした」とコメントした。

柏のクラスターについては最初の陽性判定者となった選手の対応について問題があった可能性を村井チェアマンが指摘。「最終的には16名陽性者が出るという事案まで行きますが、最初の1人の選手が発症した11月2日。その2日前に選手が体調不良を訴えていました」と、陽性判定を受ける前に体調不良を訴えていたことを指摘。「選手がもともと鼻炎の持病があるという認識があり、鼻炎が発症したという感覚でいたようです」と、新型コロナウイルスの症状ではなく、通常の鼻炎だと考えそのまま活動。「逆算すればその時点が新型コロナウイルスに感染して発症した可能性があります」とし、初期症状の判断ミスがクラスターにその後つながった可能性を指摘した。

村井チェアマンは「体調不良は人によって違うが、軽く見て見過ごしてしまう可能性があった」とし、柏の選手に限らず誰にでも当てはまる落とし穴を指摘。「体調不良を言語化して、チームマネジメントとして行動記録をしっかりと管理し、10月末にしっかり対応を行えていれば予防できた可能性もある」と、チームとしても“体調不良”を軽く見ないように呼びかけた。「ガイドラインでは熱が出た場合は隔離などもあるが、本人の自覚症状を見逃さないということが重要」とし、ガイドラインの見直しも考えるとしている。

また、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)もこの件について「専門家の間でも今回気付かされたことが多い」とコメント。「明らかな症状がある場合は対応を取るということですが、その前の早い段階でいかに疑って囲い込むことができるか。それによってクラスター、アウトブレイクを防げる可能性がある」とし、いかに用心深くなるかが感染拡大を防ぐことに繋がるとした。

これは一般の人も同じであり「これはJリーグやプロ野球だけでなく、ここまで個症例が出てきている状況だと、いつもと違うということへの気づきに敏感になり感染を防ぐ、医療機関の受診を受ける必要があると感じています」とし、風邪や普段の体調との違いにそれぞれが敏感になることが大事だとした。

また三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は今回の会議については「有意義な情報提供をいただき、有意義な議論ができた」とコメント。「NPBもJリーグもマイナートラブルはあったにしても、ここまでできたというのは、トーマス・バッハIOC会長が来日して、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて1つのデータ、見本を提供できていると思っている」とし、JリーグとNPBが積み上げてきたものが五輪開催につながると自信を示した。

さらに「これまでは知識や経験に基づいた我々の助言だった」としたものの、「今度はエビデンスに基づいたデータ解析から我々の助言を受ける形となった」とし、様々な経験に加え、多くのデータからより感染対策が行えるようになると見解を示した。

関連ニュース
thumb

重傷から復活期す宮市亮、J1王者の横浜FMと契約更新!

横浜F・マリノスは5日、日本代表FW宮市亮(29)と2023年度の契約を更新したと発表した。横浜FMの公式ツイッターではその旨とともに「来シーズンも共に戦おう」とのメッセージが添えられている。 中京大学附属中京高校から一気にアーセナル入りして欧州のフットボール界に飛び込み、オランダやドイツでもプレーした宮市。2021年7月に横浜FM入りし、Jリーグデビューを果たした。 そして、移籍2年目の今季はチームにも慣れ、Jリーグ初ゴールを決めたりと存在感。今年7月のEAFF E-1 サッカー選手権では代表に復帰したが、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。 チームは最終的に川崎フロンターレからJ1王座を奪還したが、今年8月上旬の手術で全治8カ月見込みと診断され、残りシーズンで全休。今季は公式戦21試合出場で3得点という数字だった。 2022.12.05 16:46 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「2023シーズンもFC東京で」 今季14発のアダイウトンが来季契約合意!

FC東京は5日、MFアダイウトン(31)と来季契約に合意した旨を発表した。 2015年のジュビロ磐田入りから母国ブラジルを離れ、Jリーグでプレーするアダイウトン。2020年からFC東京に活躍の場を求めた推進力溢れるアタッカーは今季も躍動し、明治安田生命J1リーグでは31試合に出場してチーム最多の12ゴールを決めた。 トータルでも35試合出場で14ゴールと活躍したアダイウトンはクラブの公式ウェブサイトを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京で戦えることをとても嬉しく思っています。すべてのファン・サポーターと喜びを分かち合えるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.05 13:29 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田が鳥栖の大卒ルーキーFW梶谷政仁を期限付きで獲得「雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように」

ブラウブリッツ秋田は5日、サガン鳥栖のFW梶谷政仁(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年2月1日~2024年1月31日となっている。 梶谷は埼玉県出身で、正智深谷高校から国士舘大学を経て、2022年に鳥栖に入団した。 今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出番はなかったが、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場した。 秋田は「背後への動き出しと献身的な守備が持ち味のFW」と特徴を紹介している。 梶谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「初めまして!サガン鳥栖から期限付き移籍で加入することになりました、梶谷政仁です!雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように、チームのために全力を尽くします!!ファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願いします!」 ◆サガン鳥栖 「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍することになりました。1年間という短い期間でしたが、サガン鳥栖のチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さん、鳥栖の街が大好きになりました!」 「何倍にも成長して必ず戻ってきます。1年間ありがとうございました!いってきます!!」 2022.12.05 13:17 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪退団のパトリックが京都入り! 「私自身の歴史をこのクラブにも残したい」

京都サンガF.C.は5日、ガンバ大阪からFWパトリック(35)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島に舞台を移す時期もあったが、2014年夏からと2019年夏からとでG大阪のキャリアを紡いだパトリック。G大阪が最終的に明治安田生命で残留を決めた今季もリーグ戦でチーム最多5得点を記録して、公式戦でも34試合出場で10ゴールと奮闘した。 だが、ここ数年にわたって試行錯誤が続くG大阪はシーズン終了後の契約満了を決断。そして、注目された移籍先だが、同じく関西を拠点とし、来季でJ1昇格2年目の京都に決まった。クラブの公式サイトを通じて、挨拶とともに、意気込みを語っている。 「神に感謝します。京都サンガF.C.からいただいたこの機会をとても光栄に思いますし、強化部、監督からの信頼にも感謝します。このクラブのため、私の最良を毎日尽くすことを約束します」 「私にとっても新たなるチャレンジとなります、タイトル争いをしたいとも思いますし、私自身の歴史をこのクラブにも残したいと思います」 「このユニフォームを纏い、サポーターの前に立つことを楽しみにしていますし、いつもスタジアムで我々を支えてくれる彼らのため、ゴールや戦う姿勢を見せ、ピッチで多くの喜びを届けたいと思います」 2022.12.05 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly