ディーニュ、早期退団となったPSG時代に若干の後悔 「もう少し辛抱強くあるべきだった」

2020.11.15 20:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュ(27)は、自身初のビッグクラブでのプレーとなったパリ・サンジェルマン(PSG)時代に若干の後悔の念を抱いているようだ。下部組織から在籍したリールで台頭したディーニュは2013年にPSGへ加入。しかし、ブラジル代表DFマクスウェルとのポジション争いで苦戦を強いられ、思うような出場機会を得られず。その後、リール時代の恩師ルディガルシア監督率いるローマへのレンタル移籍を経て、2016年にバルセロナへ完全移籍した。

今回、フランス『RTL』でPSG時代を振り返ったディーニュは、「少し焦りがあったのかもしれない」と、早期退団という自身の選択に若干の後悔を感じているようだ。

「おそらく、僕は時々焦ってしまう性分なのかもしれない。そして、もっと時間をかけて判断するべきなのかもしれないね。たぶん、パリを離れる前にもう少し辛抱強くあるべきだったと思うよ」

「ただ、それは脇に置いといて、キャリアにおいてしなければならない選択だったと思う。より多くのプレー、より多くの試合を経験する必要があったんだ」

「だから、これまでのキャリアを振り返ってみると、自分の選択を誇りに思うことしかないよ」

その後、2018年夏にバルセロナを離れてエバートンを新天地に選んだディーニュは、左サイドバックの主力として活躍。フランス代表にも定期的に招集されており、充実の日々を過ごしている。

ディーニュはエバートンでの今シーズンの戦いに満足感を示しつつ、自身にとって慣れ親しんだチャンピオンズリーグ(CL)の舞台への帰還を願っている。27歳DFが『goal』のインタビューで語っている。

「僕にとって、今季ここまでの良いスタートは驚きではないよ。真のレベルを示したという感覚だね」

「今、エバートンにとってエキサイティングな時期なんだ。僕らは再びベストな状態に戻り、今シーズンはより強いチームになるはずさ」

「エバートンはチャンピオンズリーグでプレーする野心を持っているし、それは僕も同じさ。個人的にも恋しいからね」

「僕はいつもチャンピオンズリーグに出場しているクラブでプレーすることに慣れていたからね。だけど、プレミアリーグのチャンピオンズリーグ4枠を争うのはとても難しいことだ。それでも、僕らがヨーロッパを目指すことは間違いないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

なんでゴール前に両SBが!?ムニエがアウベスへ送った直角アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエがゴール前でアウベスに送った直角アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR0lTbmpNQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ベルギーで頭角を現したムニエは、2016年夏にPSGに入団。右SBとしてスタメンに定着し、多くのタイトルを勝ち取ったチームを最終ラインから支えた。 190cmと大柄な体格ながら、ハードワークができるSBとして攻守に存在感を発揮したムニエだが、2017年12月13日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのラウンド16、ストラスブール戦では、攻撃参加から見事なアシストを決めている。 2-1とPSGリードの62分、右サイドでボールを持ったムニエは中央のFWエディンソン・カバーニにボールを預け、ボックス内へ。カバーニからパスを受けたMFマルコ・ヴェッラッティのスルーパスにムニエが抜け出すと、相手DFを引きつけたタイミングで中央へパス。同じく前線に攻撃参加してきたDFダニエウ・アウベスがこのパスに合わせ、両SBのコンビでゴールを決めてみせた。 相手を突き放す追加点を挙げたPSGは、4-2でストラスブールを撃破している。 2020.11.27 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ会長選出馬のルソー氏、ネイマール連れ戻しが公約の1つに! 「メッシ」の名をつけるスタジアム新名称案も

来るバルセロナ会長選挙に出馬表明したエミリ・ルソー氏がパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール(28)の連れ戻しを公約の1つに掲げた。スペイン『アス』が伝えている。 今夏に大エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを巡る退団騒動に揺れたバルセロナは先月、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任。会長選挙は来年1月24日に予定されているといわれる。 その候補の1人であるビクトル・フォント氏やトニ・フレイシャ氏が相次いでネイマールとの再契約に否定的な考えを示しているが、ルソー氏は自身が会長選を制した場合、連れ戻しを計画しているようだ。 元バルセロナ副会長のルソー氏は2017年夏に史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約272億7000万円)の移籍金でパリに旅立ち、今夏も復帰の可能性が取り沙汰されたネイマールの連れ戻し意欲を示した。 「我々は2人のトッププレーヤーとの契約を狙っているが、その1人がネイマールだ。彼をバルセロナに連れ戻すために働いている。彼がクラブを相手に起こした(契約内容を巡る)訴訟を取り下げればだがね」 また、「当選すれば、チャビ(・エルナンデス)や(アンドレス・)イニエスタ、(カルレス・)プジョルを頼り、強固な繋がりを作りたい」と黄金期に主力として活躍したOBたちを復帰させるプランも口した。 さらに、もう1つの公約として、「スタジアムの名称をカンプノウ-レオ・メッシに変更したい。そのための投票を行う」と、スタジアムの名称にメッシの名をつける案も提示している。 なお、会長選にはルソー氏のほか、上述したフォント氏、フレイシャ氏、元会長のジョアン・ラポルタ氏、ルイス・フェルナンデス氏、ジョルディ・ファーレ氏が出馬するとみられる。 2020.11.27 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマールがPSGのブラジル人歴代最多得点者に!レジェンド、ライーを超える

ブラジル代表FWネイマールが、ブラジル人選手としてパリ・サンジェルマン(PSG)歴代最多得点者となった。クラブ公式が伝えている。 PSGは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節で、RBライプツィヒと対戦。前半11分にネイマールが決めたPKの1点を守り切り、1-0で勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆ネイマール、ライー、ネネ…PSGで活躍したブラジル人選手たち<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpeGkzekwyayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> このゴールによってPSGでの通算得点数を「73」に伸ばしたネイマールは、1993年から1998年まで在籍していた元ブラジル代表MFライー氏を抜き、ブラジル人選手としてのPSG歴代最多得点者となった。 ◆PSGの歴代ブラジル人ゴール数トップ5 ネイマール:73ゴール ライー:72ゴール ネネ:48ゴール ルーカス・モウラ:46ゴール クリスティアン:28ゴール 2020.11.26 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアが緩急自在のドリブルで相手を抜き去って決めた好アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアがドリブル突破から決めた丁寧なアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUemJlUEVlYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、主力として定着。欧州屈指のタレントが揃う攻撃陣の中でもエース級の活躍を見せている。 縦に速いドリブルと質の高いクロスやシュートを武器とするディ・マリアだが、2018年8月12日に行われたリーグ・アン開幕節のカーン戦では、ドリブル突破から見事なアシストを決めている。 1-0とPSGリードの35分、カウンターからチャンスを作ると、相手陣内でディ・マリアにボールが渡る。距離を詰めてくる相手DFに対し、絶妙に緩急をつけたドリブルで一瞬で抜き去ると、一気にボックス内右に侵入。フリーの状態から丁寧な横パスを出すと、ゴール前に走り込んだMFアドリアン・ラビオが合わせ、見事な追加点を決めた。 その後PSGがダメ押しの3点目を決め、3-0で完勝している。 2020.11.25 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGに敗れグループ3位転落のライプツィヒ、指揮官は「勝ち点1には値した」と嘆く

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で内容に見合う結果が得られなかったことを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは24日、CLグループH第4節において、パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。前回の対戦でPSGに勝利しているライプツィヒは、決勝トーナメント進出を少しでも早く決定させるため、連勝を狙い敵地に乗り込んだ。 しかし、試合は11分にMFマルセル・ザビッツァーがボックス内で相手を倒してしまい、PKを献上。FWネイマールに決められ先制を許した後は、試合を支配し猛攻を見せたものの、PSGの粘り強い守備を最後まで崩すことができないまま、0-1のスコアで敗戦となった。 この結果、ライプツィヒはグループ3位に転落しており、決勝トーナメント進出に向けて厳しい状況となっている。試合後の会見に臨んだナーゲルスマン監督は、素晴らしい試合をしたにもかかわらず結果を残せなかったと悔やんだ。 「今日の試合、選手たちは本当によくやったと思うし、責めることはできない。PSGを相手にこれほど支配的なプレーをしたチームを私は見たことがないよ。前半早々に失点を喫したことで、PSGの戦術にも影響を与えたと思う」 「彼らのカウンターが脅威だということは分かっていたよ。我々は失点直後に同点とするチャンスもあったし、それ以降にも何度かの好機を作れていた」 「結局、PSGに流れの中でのチャンスはなかったと思う。我々は彼らよりはるかに良い状況にあった。90分以上こちらの方が良いチームだった以上、最低でも勝ち点1は欲しかったね。こうした試合はちょっとした出来事に左右されるが、今日はそれがPKだった」 2020.11.25 15:14 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly