スカッとゴール! ミートする瞬間までボールから目を離さない元フランス代表FWジュリ氏のジャンピングボレーシュート

2020.11.19 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年11月19日にご紹介するのは、元フランス代表FWのリュドヴィク・ジュリ氏が今から約17年前に決めたゴールです。

◆モナコのレジェンド、ジュリが小さな体から大胆ジャンピングボレー

◆ここがスカッと!
身長164cmのジュリ氏が小さな体から全身のバネを駆使したようなジャンピングボレーシュート。躍動感あふれる爽快なゴールです。

◆最後までボールから目を離さない
小柄ながら卓越したアジリティとテクニックを生かしたドリブル突破、正確なクロス、フィニッシュを武器にしていたジュリ氏。モナコでは優れたリーダーシップを発揮し、キャプテンを務めた2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝などに貢献しました。

そのシーズンの2003年11月22日に行われたリーグ・アン第14節のRCランス戦でも、見事なゴールを決めています。

0-0で迎えた58分、モナコは敵陣ボックス内へ侵攻するも、相手DF二人につかれたFWエマヌエル・アデバヨールがボックス外にいたMFジェローム・ロタンへと渡します。

ロタンがこれをダイレクトでクロスを上げると、ファーサイドで構えていたジュリが思い切りジャンプしながら渾身のジャンピングボレーシュートを放ちます。完全に捉えたシュートには、相手GKシャルル・イタンジュも成す術なく、ゴールネットを揺らしました。

クロスボールは、恐らく自身のベルトの位置よりも高いボールでしたが、ジュリ氏は最後までボールから目を離しておらず、完璧に捉えていました。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール!ヤンカー氏の ”ゲルマン魂”が乗り移った神業スライディングボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月4日にご紹介するのは、今から22年前に元ドイツ代表FWのカルステン・ヤンカー氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ヤンカーのスライディングボレーが神業<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaHo1RmZXWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 相手のクリアボールに対し、滑り込みながらのスライディングボレー。完璧に捉えたシュートがクロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らしました。決めたら絶対に気持ちいいゴールです。 ◆ゲルマン魂が乗り移る 193cmの長身と強靭なフィジカルを活かし、泥臭いゴールを演出してきたヤンカー氏は、バイエルン時代にはブンデスリーガを4回、チャンピオンズリーグを1回、DFBポカールを2回など数多くのタイトルを獲得しました。 中でも、1998年12月4日に行われたブンデスリーガ第16節のボーフム戦では、ストライカーらしい素晴らしいゴールを決めている。 1点ビハインドの45分、ヤンカーのポストプレーからDFビセンテ・リザラズがクロス。これは相手のクリアに遭うも、クリアボールはボックス外のヤンカーの元へ飛んでいきます。 ヤンカーはこれを滑り込みながらうまく体を倒してボレーで合わせると、ジャストミートしたシュートはそのままバーに直撃してゴールネットを揺らしました。 ヤンカー氏のゲルマン魂が乗り移ったスーパーなゴールでした。 2020.12.04 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!“怪物”ロナウドの高速キックオフゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月3日にご紹介するのは、今から17年前に元ブラジル代表FWロナウド氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆“怪物”ロナウドが絶妙なシュートフェイントでシメオネをブチ抜く!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYUWhXUWJ5aCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! キックオフからわずか14秒でのゴール。“怪物”ロナウド氏のスピードとキレが分かる爽快なゴールです。 ◆マドリッド・ダービー史上最速弾 2002年の日韓ワールドカップでの大活躍の後、レアル・マドリーへと加入したロナウド氏。マドリーでもクラブ通算177試合104ゴールという数字を残しましたが、その中でも衝撃を与えたのが、2003年12月3日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたアトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーでのキックオフゴールです。 センターサークル内にいたFWラウール・ゴンサレスとロナウドがキックオフを行い、後方のMFデイビッド・ベッカムへ。ベッカムはすぐ横のMFジネディーヌ・ジダンへパスを出すと、左サイドを上がるDFロベルト・カルロスへと展開します。 ドリブルでボールを前に運んだロベルト・カルロスがアトレティコ陣地中央付近でロナウドにパス。ボールを持ったロナウドは少し持ち出すと、飛び出してきたDFディエゴ・シメオネをあざ笑うかのようにシュートフェイントで股間を抜き、抜群のスピードで一気にボックス内へ。長髪に赤いキャップが特徴の相手GKヘルマン・ブルゴスが前に出るも、シュートフェイントで体を倒させると、最後は落ち着いて無人のゴールへと流し込みました。 このゴールはキックオフからわずか14秒での得点となり、マドリッド・ダービー史上最速のゴールとなっています。 ロナウドだけでなく、ロベルト・カルロス、ジネディーヌ・ジダン、デイビッド・ベッカム、ラウール・ゴンサレスと、まさに銀河系軍団の象徴のようなゴールでした。 2020.12.03 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! シュートと分かっていても止められない完璧なシュートスピードとコース

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月2日にご紹介するのは、今から6年前にフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(現スタッド・レンヌ)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆エンゾンジキャノンがデ・ヘアを襲う<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHSnlPRTV6NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ペナルティーアーク付近に転がってきたこぼれ球に対し、ゆったりとした助走からの強烈ミドル。シュートが来ると分かっていても、止められないスピードとコースに決まった一撃です。 ◆エンゾンジキャノン炸裂 197cmの長身であるエンゾンジは、フランスでのデビューの後、ブラックバーンでプレミアデビュー。その後、2012年にストーク・シティに加入しました。 フィジカルの強さだけでなく、足元の技術にも定評があるエンゾンジは、度々ミドルレンジからの豪快なシュートを決めており、2014年12月2日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも、エンゾンジキャノンが炸裂しました。 ホームのユナイテッドに0-1とリードを許して迎えた39分、相手陣内中央でストークがボールを奪うと、FWボージャン・クルキッチがドリブルで突破を図ります。ボックスまで侵入したところで相手にボールを弾かれたものの、ボールはボックスの手前でフリーになっていたエンゾンジのもとへ。するとエンゾンジが強烈なダイレクトシュート。右足から放たれたシュートは物凄いスピードでゴールネット右に突き刺さり、見事な同点弾となりました。 相手GKとしても、絶対にシュートが来ると分かっていながらも、完璧なシュートスピードとコースにセーブはできず。エンゾンジの技が光るゴールでした。 2020.12.02 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元ブラジル代表MFがユナイテッド戦で見せたセーブ不能な弾丸シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月1日にご紹介するのは、今から7年前に元ブラジル代表MFサンドロが(現ゴイアス)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆サンドロが決めたとんでもないロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHSnlPRTV6NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 元々守備的なMFとして活躍していたサンドロが放った強烈なシュート。あまりのシュートスピードにカメラも追えず、相手GKのダビド・デ・ヘアも全く反応できませんでした。まさに、気づいたらゴールネットが揺れていたを体現したゴールです。 ◆威力・コースともに完璧 2010年夏にトッテナムに加入したサンドロは、2013年12月1日に行われたプレミアリーグ第13節のマンチェスター・ユナイテッド戦にもボランチとして先発出場を果たします。 そして、トッテナムが先制しながらも追いつかれ、1-1と同点で迎えた54分、ピッチ中央付近でボールを持ったサンドロは、前方にスペースがあることを確認すると、自らドリブルで仕掛けます。 鋭いターンと細かいタッチでプレスに来たMFトム・クレバリーをはがし、スペースを得ると、ボックスの外からロングシュート。右足から放たれたボールはとんでもない速度でゴール右に突き刺さりました。 これほどの威力にも関わらず、コースもゴール右上隅の完璧な位置に飛んでおり、セーブ不可能なシュートでした。 2020.12.01 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!イブラヒモビッチが“エル・クラシコ”で唯一決めたピンポイントボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月30日にご紹介するのは、今から11年前に元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ズラタンがクラシコで魅せる!強烈なボレーにカシージャスも成す術なし!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2Yk9TZnNhOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! DFダニエウ・アウベスのピンポイントクロスに走り込んだイブラヒモビッチが合わせる、点と点が線で繋がった美しいゴールです。 ◆“エル・クラシコ”の舞台でも 39歳を迎えた今もなお、ミランで一線級の活躍を見せているイブラヒモビッチですが、2009-10シーズンにはバルセロナでもプレーしていました。 スペインの地でもしっかりと結果を残したイブラヒモビッチは、2009年11月29日に行われた、ラ・リーガ第12節のレアル・マドリー戦、“エル・クラシコ”でも素晴らしいゴールを決めています。 試合は拮抗した展開となり、0-0で前半を折り返します。そして56分、右サイドでボールを持ったDFダニエウ・アウベスがアーリークロス気味のボールを上げると、これをボックス内で完全フリーの状態でイブラヒモビッチが合わせます。後ろからの難しいボールを完璧なボレーシュートで合わせると、豪快なゴールが決まりました。 これにはマドリーゴールを守っていた名手イケル・カシージャスもお手上げ。これがこの試合唯一のゴールとなり、イブラヒモビッチがバルセロナに勝利をもたらしました。 2020.11.30 07:00 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly