オランダ代表、リールDFボトマンを追加招集! アケの負傷受けて初招集

2020.11.12 20:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダサッカー協会(KNVB)は12日、リールDFスヴェン・ボトマンをオランダ代表に追加招集したことを発表した。

オランダ代表では11日に開催されたスペイン代表との国際親善試合(1-1のドロー)で先発出場したマンチェスター・シティDFナタン・アケが試合開始5分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。

これを受けて、KNVBは試合翌日にアケの代替選手としてU-21オランダ代表で主力を担う20歳のDFを初招集した。
アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。今シーズンからリールに完全移籍し、ここまで公式戦全13試合に出場していた。

なお、オランダ代表は15日にボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦(ホーム)、18日にポーランド代表戦(アウェイ)とUEFAネーションズリーグの2試合を控えている。


関連ニュース
thumb

エクアドル代表、負傷交代の2戦3発バレンシアが次戦も出場へ 「痛みとともに」

エクアドル代表FWエネル・バレンシアが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループA最終戦のセネガル代表戦も出場すると口にした。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 エクアドル代表は25日の第2戦でオランダ代表と対戦し、序盤に先制を許して苦しいスタートとなったが、その後は一方的に攻め込む展開に。後半の立ち上がりにバレンシアが同点弾を記録し、1-1のドローで強豪オランダと勝ち点1を分け合う形となった。 第1戦のカタール代表戦でも2得点のバレンシアはこれで大会3得点目を記録したが、後半途中に足を痛めて負傷交代しており、ベンチでは意気消沈した様子も。それでも、試合後のインタビューでは決勝トーナメント進出がかかる第3戦のセネガル代表戦にも出場意欲を示した。 「(カタール代表戦後に)ヒザをねん挫していることがわかったよ。少し気になってはいて、今日は痛みとともにプレーしたが、大事なのは強くあり続けることだ」 「次のセネガル戦でプレーできるか? コーチたちは僕に今日の試合でプレーすることを許可してくれた。次はもっと良くなることを願っているよ」 事実上の強行出場を明言したバレンシア。一方、オランダ代表との一戦に手応えを感じたのか、決勝トーナメント進出に自信を持っていると口にした。 「僕たちはとてもうまくプレーした。(ゴールのシーンは)そこにボールが入ってくることはわかっていたよ。グループの突破に自信がある。次の試合は決勝戦とも言えるね。しっかり準備するよ」 2022.11.26 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ハール監督がチームのパフォーマンスに苦言「我々はファイターになりきれなかった」

オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督が、エクアドル代表戦を振り返った。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 オランダ代表は25日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループA第2節でエクアドルと対戦。共にグループステージ初戦を勝利した両者の一戦は、オランダが開始早々の6分に訪れたファーストチャンスでガクポがネットを揺らし、先制に成功する。 以降はゲームコントロールを試みるオランダに対して、カイセドを中心に中盤での守備強度を高めるエクアドルが幾度となく良いボール奪取からカウンターを繰り出す。 するとエクアドルは、後半開始早々に追いつく。49分、前線からの連続プレスで相手陣内中央でボールを奪い切ってショートカウンターを発動。ボックス左でエストゥピニャンが放った強烈なシュートはGKノペルトの好守に遭うが、こぼれにいち早く詰めたバレンシアが冷静に押し込んだ。 その後は同点弾で勢いづいたエクアドルが猛攻を見せたが、オランダ守備陣が粘りの対応で抑え込み、試合は1-1のドロー決着となった。 勝ち点1を分け合うもシュート数ではエクアドル15本に対し、わずか2本に終わったオランダ。ファン・ハール監督は試合を振り返り、"デュエル "の重要性を強調した。 「彼らはファイターであり、我々はファイターになりきれなかった。"デュエル "に勝たなければ、今日のような試合は難しくなる。試合を通して、エクアドルの方がずっと激しい動きを見せていた。それは、彼らのフィジカルとスピードにかかわることだ。世界チャンピオンになりたいなら、それができなければならない」 「ポゼッションにおいても、我々は決して良いプレーをしているわけではない。セネガル戦の後にそのことについて話したが、今回の試合でも同じことが見られた」 2022.11.26 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エクアドルがオランダ圧倒もドロー決着! ガクポ&バレンシアが共に2戦連発《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループA第2節、オランダ代表vsエクアドル代表が25日に行われ、1-1のドローに終わった。 セネガル代表との初戦を試合終盤のガクポ、クラーセンの2ゴールによって2-0の白星スタートを飾ったオランダ。この試合の勝利でグループリーグ突破1番乗りとなるファン・ハールのチームは初戦から先発3人を変更。デ・リフト、ベルフハイス、ヤンセンに代えてティンバー、クラーセン、コープマイネルスを起用した。 一方、、今大会の開幕戦となったホスト国カタール代表戦をエネル・バレンシアの2ゴールで2-0の勝利を飾ったエクアドル。連勝を目指す一戦ではイバーラに代えてポロソを起用した以外、同じメンバーを継続。ただ、[4-4-2]から守備的な[5-4-1]に並ぶを変えてきた。 エクアドルの初戦からの変化によって立ち上がりは互いに様子見の入りとなったが、オランダがファーストチャンスをいきなりゴールに結びつける。 開始6分、相手陣内中央でのカウンタープレスからクラーセンからボールを引き取ったガクポがペナルティアーク付近から左足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左隅を射抜いた。 初戦に続くガクポのゴールで最高のスタートを切ったオランダだが、早い時間帯の同点を目指して反発力を示すエクアドルに押し返されるが、ファン・ダイクを中心に冷静に撥ね返していく。 以降はゲームコントロールを試みるオランダに対して、カイセドを中心に中盤での守備強度を高めるエクアドルが幾度となく良いボール奪取からカウンターを繰り出す。また、高い位置を取るダンフリースの背後を意識した左サイドの仕掛けからチャンスを窺う。32分にはその左サイドを起点にボックス手前でカットインしたバレンシアがニアを狙った強烈なミドルシュートを放つが、GKノペルトのビッグセーブに阻まれる。 その後もエクアドルペースで試合が進むと、前半終了間際のアディショナルタイムにはセットプレーの二次攻撃からプレシア―ドが放ったシュートをエストゥピニャンがコースを変えてゴールネットを揺らす。だが、この場面ではオフサイドポジションのポロソがGKの視界を遮ったとの判定でゴールは認められず。 前半唯一放ったシュートをゴールに結びつけたオランダのリードで折り返した試合。先制後は難しい状況が続いたファン・ハールのチームは、ベルフワインを下げてエースのデパイをハーフタイム明けに投入した。 だが、後半先にゴールをこじ開けたのはエクアドル。49分、前線からの連続プレスで相手陣内中央でボールを奪い切ってショートカウンターを発動。ボックス左でエストゥピニャンが放った強烈なシュートはGKノペルトの好守に遭うが、こぼれにいち早く詰めたバレンシアが冷静に押し込む、ガクポに続いて今大会2試合連続ゴールとした。 この同点ゴールで完全に勢いに乗るエクアドルは一息つくことなく逆転ゴールを目指す。59分には右サイド深くに侵攻したプレシアードからのマイナスクロスを、中央のバレンシアが右足ダイレクトで合わせる。DFファン・ダイクにブロックされたボールがボックス右のプラタの足元にこぼれると、得意の左足を振るが、今度はクロスバーを叩いた。 バーに救われて辛くもイーブンの状況を維持も、停滞した攻撃を一向に改善できないオランダ。デパイやガクポの個人技で局面の打開を試みるが、切り替えと守備の集結が速いエクアドルの堅守に苦戦。66分にはコープマイネルスがエリア外からようやく後半最初のシュートを放つが、これは枠を大きく外れる。 後半半ばから終盤にかけてはエクアドルにもさすがに消耗が出始めて試合は膠着状態に。何とか流れを変えたいオランダはガクポを下げてターゲットマンのヴェグホルストを投入するなど、攻撃のアプローチに変化を加えるが、この交代策も全く機能せず。 それでも、試合終盤は勢いが落ちたエクアドルの攻撃を守備陣が粘りの対応で抑え込み、試合は1-1のドロー決着となった。 試合全体を考えれば、紛れもなくエクアドルが勝ち点3に近づいていたが、オランダも泥臭く勝ち点1をもぎ取って突破に一歩前進。なお、29日に行われる最終節ではオランダがカタールと、エクアドルがセネガルと対戦し、引き分け以上で突破を決められる。 オランダ代表 1-1 エクアドル代表 【オランダ】 ガクポ(前6) 【エクアドル】 エネル・バレンシア(後4) 2022.11.26 03:13 Sat
twitterfacebook
thumb

白星発進も内容に不満のファン・ハール監督「これから改善していくしかない」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦を振り返った。オランダ『AD』が伝えている。 オランダは21日に行われたグループA第1節でセネガル代表と対戦。試合終盤の84分にガクポのゴールでオランダが先制すると、後半終了間際の99分にクラーセンが追加点を挙げ、2-0で勝利した。 ファン・ハール監督は試合後のインタビューで、チームの出来に納得していない様子をうかがわせた。 「我々はあまり良いプレーができず、何度も相手にボールと得点のチャンスを与えてしまった。選手間をもっとコンパクトにしなければならなかったね。負けるとは思っていなかった。ただ、前半はほとんどチャンスがなく、後半も2回ほどしかチャンスがなかった。初戦ということで選手達には緊張もあっただろうし、これから改善していくしかない」 また、左大腿二頭筋の負傷から約2カ月ぶりの戦列復帰となったFWメンフィス・デパイについて問われると以下のようにコメントした。 「デパイは変化をもたらし、打開することができる選手だ。もともと30分だけプレーすることを決めていた。次のエクアドル代表戦でも彼はプレーしたいだろうが、これから彼の状態を見極めなければならない」 2022.11.22 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

代表デビューのGKノペルトが好セーブ連発!終盤の2得点でオランダがセネガルを下して白星発進《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループA第1節のセネガル代表vsオランダ代表が21日に行われ、オランダが0-2で勝利した。 開催国カタール代表とエクアドル代表が同居したグループA。2大会連続3度目の出場となるセネガルと、2大会ぶり11度目の出場となったオランダによる一戦。 エースFWサディオ・マネが右腓骨頭の負傷で欠場となったセネガルは、この一戦で[4-3-3]の布陣を採用。守護神メンディや守備の要クリバリ、ディアロ、グイエら主力を先発で起用。3トップには右からディアタ、ディア、サールを並べた。 一方、直前のテストマッチを行わず、ぶっつけ本番の形で臨んだファン・ハール監督は、この試合で[3-4-1-2]の布陣を採用。GKに代表デビュー戦となるノペルト、3バックに右からデ・リフト、ファン・ダイク、アケ。ウイングバックにダンフリース、ブリント。セントラルMFにベルフハイス、F・デ・ヨングを並べ、トップ下にガクポ、2トップにはベルフワインとヤンセンを起用した。 試合は開始早々にオランダが決定機を迎える。5分、ボックス右手前のヤンセンが供給したワンタッチパスに反応したガクポがボックス右から侵入。飛び出したGKを引きつけて折り返すが、飛び込んだベルフワインは届かず。 対するセネガルは素早い攻守の切り替えを武器にカウンターを仕掛けるが、ファン・ダイクを中心としたオランダ守備陣を崩しきれず、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 膠着状態が続く中、オランダは40分にボックス内でパスを受けたヤンセンの落としから、ペナルティアーク手前のベルフハイスがワントラップから左足で狙ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 迎えた後半も激しい球際の攻防を繰り広げる中、オランダは62分にヤンセンを下げてデパイを投入。対するセネガルは、左もも裏を痛めたディアロを下げてヤコブスをピッチに送り出した。 この交代で先にチャンスを迎えたのはセネガル。65分、中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとディアタのスルーパスでボックス右に侵入したディアが右足を振り抜いたが、このシュートはGKノペルトのセーブに阻まれた。 さらにセネガルは、73分にもドリブルでボックス左まで持ち上がったイスマイラ・サールの横パスを中央で受けたグイエがワントラップから右足でシュートを放ったが、これもGKノペルトの好セーブに防がれた。 ピンチを凌いだオランダは、79分にベルフワインとベルフハイスを下げてクラーセンとコープマイネルスを投入。すると84分、バイタルエリア左でボールを受けたF・デ・ヨングが供給したクロスをゴール前に走りこんだガクポが頭で流し込んだ。 1点を追う展開となったセネガルは86分、バイタルエリア右でパスを受けたパプ・グイエがカットインから左足一閃。強烈なグラウンダーのシュートがゴール右隅を捉えたが、これはGKノペルトが左手一本で弾き出した。 オランダは試合終盤、前がかる相手に対してカウンターからチャンスを作り出す。後半アディショナルタイム9分、GKノペルトのロングフィードを味方が頭で繋ぐと、これを最前線で拾ったデパイがボックス手前まで切り込みシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をクラーセンが押し込んだ。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。セネガルの守備に苦戦するも終盤に2点を奪ったオランダが白星発進を飾った。 2022.11.22 03:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly