日本人対決は伊東純也に軍配! 鈴木優磨が豪快弾も、伊東が絶妙アシストの活躍でヘンクが勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

2020.11.08 09:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第12節が行われ、シント=トロイデンvsヘンクの一戦は、1-2でヘンクが勝利した。この試合では日本人対決が実現。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。また、FW鈴木優磨も先発フル出場し1ゴールを記録。MF伊藤達哉も68分から途中出場を果たした。


◆日本人対決は伊東純也のヘンクに軍配

一方、ヘンクの日本代表MF伊東純也も先発フル出場。先制ゴールをアシストした。

立ち上がりからヘンクのペースで進んだ試合は、4分にスローインから伊東がボックス内右でヒールパス。これをボンゴンダがしっかり蹴り込み、ヘンクが先制する。

23分にもヘンクがチャンス。相手のビルドアップをカットするとメーレがボックス内に侵入しシュート。しかし、前に出たGKシュミット・ダニエルが体に当ててセーブする。

1点ビハインドのシント=トロイデンは28分、右CKから低いクロスが上がると、ボックス中央で待ち構えた鈴木がダイレクトシュート。これが右隅に決まり同点に。鈴木はシーズン4点目を記録した。

同点に追いついて勢いに乗りたいシント=トロイデンだったが、31分に失点。味方のクリアボールに伊東が競りに行くも触れずにルーズボールとなるご、これをボンゴンダがロングシュート。前にポジションを取っていたシュミット・ダニエルの頭上を越えたシュートがネットを揺らし。

後半はシント=トロイデンも盛り返したものの、最後までゴールは奪えず。そのまま1-2でヘンクが勝利を収めた。

シント=トロイデン 1-2 ヘンク

04分 0-1:テオ・ボンゴンダ(ヘンク)
28分 1-1:鈴木優磨(シント=トロイデン)
31分 1-2:テオ・ボンゴンダ(ヘンク)
関連ニュース
thumb

クナウフのプロ初弾でドルトムントが遠藤フル出場のシュツットガルトに競り勝つ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節、シュツットガルトvsドルトムントが9日に行われ、2-3でドルトムントが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ブレーメン戦を制してヨーロッパリーグ出場権争いに踏み止まった8位シュツットガルト(勝ち点39)は、開幕からスタメン出場を続ける遠藤が[3-4-2-1]のボランチで引き続き先発となった。 一方、前節フランクフルト戦を落とした5位ドルトムント(勝ち点43)はチャンピオンズリーグ出場権獲得が厳しくなってきた中、4日前に行われたCLマンチェスター・シティ戦では好パフォーマンスを見せたものの、1-2と惜敗した。そのシティ戦のスタメンから2選手のみを変更。ジャンとクナウフに代えてレイナとデラネイを起用した。 立ち上がりら押し込んだのはドルトムントだったが、先制はシュツットガルト。17分、遠藤が中央で起点となった流れから、左サイドのソサが上げたクロスをファーサイドのカライジッチがヘッド。ループで狙ったシュートがゴール左に決まった。 その後もカウンターを狙って主導権を渡さないシュツットガルトは、30分にソサの左クロスからクリバリのヘディングシュートで牽制する。 なかなかシュートに持ち込めないドルトムントは34分にロイスが枠内シュートを放つも、GKの守備範囲だった。 それでも迎えた後半、開始2分にドルトムントが追いつく。ダフードのクサビのパスをレイナが落とし、ボックス中央のベリンガムがゴール右へ蹴り込んだ。 さらに52分、ドルトムントが一気に突き放す。レイナが右サイドを突破した流れから、モレイのラストパスをボックス左のロイスがダイレクトでゴール右へ流し込んだ。 逆転されたシュツットガルトは66分、クリバリに同点のチャンスが訪れるも、左クロスに合わせたシュートはミートしきれない。 それでも78分に同点に追いつく。モレイのバックパスミスをカライジッチがカットし、最後はディダヴィがGKとの一対一を制した。 しかし80分、途中出場のクナウフが大仕事。ボックス左でパスを受けると、DFに対応されながらもカットインシュートをゴール右に決めきった。 クナウフのキャリア初ゴールが生まれたドルトムントがシュツットガルトとの打ち合いを制してシティ戦に弾みを付けている。 2021.04.11 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田1G1Aのフランクフルト、打ち合いとなったヴォルフスブルクとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

フランクフルトは9日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。フランクフルトのMF鎌田大地は92分までプレー、MF長谷部誠は89分から出場している。 前節ドルトムントとのチャンピオンズリーグ出場権争いを制した4位フランクフルト(勝ち点50)は、鎌田が先発に復帰。出場停止で欠場した長谷部がベンチスタートとなった。 ここ11戦で9勝と好調を持続する3位ヴォルフスブルク(勝ち点54)に対し、鎌田がトップ下に入る[3-5-2]で臨んだフランクフルトは3分にピンチ。スルーパスに抜け出したヴェグホルストにGKと一対一の局面を作られるが、GKトラップが好守で凌いだ。 しかし6分、ヴェグホルストの落としを受けたボックス手前右のバクに左足でミドルシュートを決められ、先制されてしまう。 それでも8分、フランクフルトがすかさず追い付く。決めたのは鎌田。左サイドからのクロスをボックス右のドゥルムがダイレクトでマイナスに折り返すと、鎌田が右足ダイレクトで蹴り込んだ。 鎌田の今季5ゴール目で追い付いたフランクフルトはヴォルフスブルクに押し込まれる展開が続いたが、27分に逆転する。アンドレ・シウバがボックス右ゴールライン際から粘り強く折り返し、ヨビッチがダイレクトで蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけてはフランクフルトが試合をコントロール。1点をリードしたまま前半を終えた。 しかし後半開始1分、フランクフルトは追い付かれてしまう。ソウの横パスをカットされ、バクのスルーパスからヴェグホルストに決められた。 それでも54分、フランクフルトが勝ち越す。鎌田がブレカロからボールを奪って前方右へスルーパス。ボックス右のアンドレ・シウバがゴール左へシュートを蹴り込んだ。 さらに61分、フランクフルトが突き放す。コスティッチが左サイドを抜け出してクロスを入れ、アンドレ・シウバがプッシュ。シュートは右ポストに直撃するも、ルーズボールを拾ったドゥルムが左足でねじ込んだ。 終盤の85分にオウンゴールで1点差に詰め寄られたフランクフルトだったが、4-3で逃げ切り。前節ドルトムント戦に続き、上位対決を制して初のCL出場に大きく近づいている。 2021.04.11 00:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出バイエルン、遠藤先発のウニオンに終盤被弾で痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節、バイエルンvsウニオン・ベルリンが9日に行われ、1-1で引き分けた。ウニオンのMF遠藤渓太は80分までプレーしている。 前節ライプツィヒとの頂上決戦を制して7ポイント差に広げた首位バイエルン(勝ち点64)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのパリ・サンジェルマン戦では相手の鋭いカウンターに沈み、2-3と先勝を許した。そのPSG戦のスタメンから6選手を変更。負傷したゴレツカ、ジューレ、リュカらが新たに戦列を離れた中、今季初先発となる20歳のダンタスと21歳のスタニシッチが名を連ねた。 一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを引き分けで終えた7位ウニオン(勝ち点39)は、ヨーロッパリーグ出場圏内を維持。ダービーで出場機会のなかった遠藤が[4-2-3-1]の左MFで3試合ぶりにスタメンとなった。 [4-1-4-1]で臨んだバイエルンは最前線にチュポ=モティング、2列目に右からミュージアラ、ダンタス、ミュラー、コマン、中盤アンカーにキミッヒを据えた。 そのバイエルンがボールを持つ展開となった中、22分にボックス右からミュージアラがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 カウンターを狙うウニオンは23分、左サイドの遠藤が縦に仕掛けてクロスを入れると、バルターがオンターゲットのヘディングシュートを放った。 ハーフタイムにかけても攻めあぐねたバイエルンは結局、枠内シュートを打てずに前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、前半に左足を痛めていたコマンに代えてサネを投入したバイエルンだったが、引き続き攻めあぐねたことを受け、59分にチュポ=モティングを諦めてアラバを投入。最前線にはサネが入った。 すると68分に均衡を破った。FKの流れからミュラーのパスを受けたボックス中央のミュージアラが混戦を抜け出してシュートを決めきった。 ようやくリードしたバイエルンが終盤にかけては危なげなく試合を進め、このまま逃げ切るかと思われたが、86分に落とし穴。 スローインの流れからアンドリッヒがボックス左ゴールライン際まで侵入してクロスを入れ、最後はイングヴァルトセンが押し込んだ。このまま1-1でタイムアップ。2位ライプツィヒがブレーメンに勝利したため、バイエルンは5ポイント差に縮められている。 2021.04.11 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

敵地でブレーメンに4発快勝のライプツィヒが首位を追走!大迫は途中出場も見せ場を作れず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節のブレーメンvsライプツィヒが10日に行われ、1-4でライプツィヒが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は83分からプレーした。 リーグ戦3連敗中の13位ブレーメン(勝ち点30)が、2位ライプツィヒ(勝ち点57)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに延期されていたDFBポカール準々決勝のヤーン・レーゲンスブルク戦を1-0で勝利し4強入りを決めたブレーメンは、その試合からスタメンを5人変更。その試合で決勝点を記録した大迫はベンチスタートとなった。 一方、前節バイエルンとの天王山を惜敗したライプツィヒは、その試合からスタメンを5人変更。フォルスベリやハイダラ、ウパメカノらに代えてセルロートやクライファート、カンプルらがスタメンに名を連ねた。 試合は地力で勝るライプツィヒがボールを保持すると13分、エンクンクのサイドチェンジをボックス左で収めたクライファートがチャンスを迎えたが、シュートは左サイドネットに外れた。 主導権を握るライプツィヒは23分、ドリブルで仕掛けたカンプルのパスをザビッツァーがワンタッチで前線に送ると、ダニ・オルモの落としを再び受けたカンプルがラストパス。ゴール前に上がっていたダニ・オルモのダイレクトシュートがゴールに吸い込まれた。 対するブレーメンは、直後にセットプレーからチャンスを迎える。27分、フリードルの右CKニアに走り込んだゼルケがヘディングで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 先制したライプツィヒは、32分にもアダムスのパスで右サイドを抜け出したエンクンクがクロスを供給すると、ボックス中央のセルロートがヘディングシュートをゴール左に流し込んだ。 さらに38分にはザビッツァーのスルーパスからボックス左に抜け出したハルステンベルクがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後も攻撃の手を緩めないライプツィヒは、41分に右サイドを突破したオルバンのクロスをゴール前に走り込んだセルロートが流し込み、3点のリードで前半を折り返した。 迎えた後半、ブレーメンはディンクシ、エンボム、トプラクを下げてラシツァ、モフワルド、ヴェリコビッチを投入。対するライプツィヒは、アダムスを下げてヘンリクスをピッチに送り出した。 そして、後半先にゴールをこじ開けたのはブレーメンだった。59分、左サイド深くまで侵入したラシツァのクロスはザビッツァーにクリアされるも、このボールがボックス内のカンプルの腕に当たり、ブレーメンがPKを獲得。このPKはラシツァがゴール右下に沈めた。 ミスから1点を返されたライプツィヒはすぐさま反撃を開始。すると63分、右クロスのこぼれ球をボックス内で拾ったエンクンクのパスでボックス右深くまで侵入したヘンリクスの折り返しをザビッツァーが流し込み、再びリードを広げた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。ブレーメンは83分にサージェントを下げて大迫を投入したが、終盤にかけても反撃できず。試合はそのまま1-4でタイムアップ。完敗を喫したブレーメンはリーグ4連敗。大勝したライプツィヒは逆転優勝へ首位を追走している。 2021.04.11 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「このゴールは本当に嬉しい」オウンゴール誘発の奥川雅也が勝利を喜ぶ

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF奥川雅也がフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦。残留争いをする中で17位と降格圏に沈むビーレフェルトだったが、68分に奥川が見せる。 右CKからショートコーナーでリスタートすると、ボックス内でパスを受けた奥川がドリブルを仕掛けシュート性のクロス。これをGKが弾ききれずにゴールに入り、ビーレフェルトが先制。そのまま逃げ切り、1-0で勝利を収めた。 この勝ち点3で残留圏に浮上したビーレフェルト。オウンゴールを誘発し、チームを勝利に導いた奥川が試合を振り返ってコメントした。 「3ポイントをうまく使うことができました。トレーニングでは常に試合に100%集中しており、勝つことがとても重要でした」 「監督は試合前に『常に全力を尽くし、ピッチではお互いに立ち向かおう』と言っていました」 「どうしてもゴールを決めたかったです。オウンゴールになりましたが、このゴールは本当に嬉しいです」 <span class="paragraph-title">【動画】奥川雅也が貴重なオウンゴールを誘発!(0:21~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PHwiZ2jwbng";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.10 22:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly