伊東純也所属のヘンクが今季2度目の監督交代! 先日までユトレヒトを率いたファン・デン・ブロム氏を招へい

2020.11.08 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
伊東純也の所属するヘンクは7日、オランダ人指揮官ジョン・ファン・デン・ブロム氏(54)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。9月に成績不振で解任されたハネス・ヴォルフ監督(39)前監督の後任としてヘンクの指揮官に就任したジェス・トルップ監督。就任後は5試合で3勝2分けと立て直しに成功していたが、2日にデンマークの強豪コペンハーゲンに引き抜かれる形で退任していた。

後任に指名されたファン・デン・ブロム氏は、アヤックスのU-21チームや、フィテッセ、アンデルレヒト、AZなどで監督を歴任。2019年7月からはユトレヒトの指揮官を務めており、つい先日まで指揮を執っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

【DAZN欧州組応援部】11月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、11月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は10月28日(水)~11月24日(火)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同<br/>DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」11月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW吉田麻也(サンプドリア)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_yoshida.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝2敗 </p></div> 9・10月度の「月間ベストプレーヤーズ」で1位に輝いた吉田。引き続きチームの守備の要として試合に出続けているが、対象期間ではチームが2敗。3試合で4失点と締めることができなかった。前節は前半のみで交代となり、今後の起用が気になるところ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:2勝1敗 </p></div> 先月はトップ3に入らなかった冨安だが、今月は2位にランクイン。安定したパフォーマンスで苦しんでいたチームの守備を整え、結果が出るように。イタリア国内での評価も相変わらず高い。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:189分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝 </p></div> 11月度の1位に輝いた伊東は1ゴール2アシストと結果を残しチームの勝利に貢献。11月22日のムスクロン戦では1ゴール1アシストの活躍でチームの4-1の勝利を呼び込んだ。日本代表戦でも見せたように好調を維持している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:FW鈴木武蔵(ベールスホット)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_musashi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:252分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:2勝1分け </p></div> 期間中のゴールは1だが、コンスタントに出場。チームも昇格組ながらリーグ3位につけており、直近4試合で3勝1分けと調子を上げている。好調なチームで重要な存在となるためにもさらに数字を残すことに期待だ。 2020.12.04 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が2試合連続1G1A! チームも6連勝で暫定首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が2試合連続の1得点1アシストをマークした。 2位ヘンクは28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第14節で9位セルクル・ブルージュとアウェイで対戦。セルクル・ブルージュの植田直通が欠場したなか、伊東はフル出場を果たした。 目下5連勝中と勢いに乗るヘンク。前節に1得点1アシストの活躍を披露した伊東がこの試合でも輝く。9分、左サイドの伊東が縦にボールを持ち上がり、左足の低いクロス。これをオヌアチュが合わせて先制する。 続く16分には伊東自らがゴールをゲット。敵陣左サイドの相手最終ライン背後にパスが送られると、伊東がボックス左深くから中に切り込み、相手GKがわずかに空けたニアサイドに右足シュートを突き刺した。 伊東の全得点に絡む活躍で優勢のヘンクはその後もセルクル・ブルージュを圧倒して、30分と38分にもゴールが生まれ、4点をリード。後半の序盤に1点を返されるが、74分にボンゴンダの得点で突き放した。 セルクル・ブルージュを一蹴したヘンクはこれで6連勝。今節を引き分けたクラブ・ブルージュを交わして、暫定首位に浮上した。 セルクル・ブルージュ 1-5 ヘンク 【セルクル・ブルージュ】 ホティッチ(後6) 【ヘンク】 オヌアチュ(前9、前38分) 伊東純也(前16) ヘイネン(前30) ボンゴンダ(後29) 2020.11.29 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元南アフリカ代表DFエンゴンカ氏が自動車事故で死去…享年33歳

元南アフリカ代表DFアネレ・エンゴンカ氏(33)が死去した。 母国のFCフォーチュン(現ウェスタン・プロヴィンス・ユナイテッド)でプロデビューしたエンゴンカ氏は、2007年にヘンクへ移籍。その後、トロワでのプレーを経て、FIFAクラブワールドカップにも出場した母国の強豪マメロディ・サンダウンズに加入。直近にはアマズルFCへのレンタル移籍が決まっていたが、クラブから正式発表はされていなかった。 2009年に初招集を受けた南アフリカ代表キャリアにおいては2010年に母国開催となった南アフリカ・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出。通算52キャップを記録していた。 9年間在籍した古巣のヘンクは23日にクラブ公式ツイッター(@KRCGenkofficial)で「アネレ・エンゴンカから悲しいニュースが届いた。彼は自動車事故で亡くなった。エンゴンカはヘンクで通算279試合に出場していた。彼の家族や友人の皆様、心よりお悔やみ申し上げます」とエンゴンカ氏の他界を報告するとともに、悼んだ。 なお、『ESPN』によればエンゴンカ氏は23日早朝、友人と南アフリカのムツンジニ近くの高速道路を走行中にコントロールを失い横転。この事故により、同氏は命を落とし、運転していた友人は重傷で病院へ緊急搬送されたという。 2020.11.24 00:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が代表明け初戦から1G1A! チームも5連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が代表ウィーク明けの初戦から輝きを放った。 ジュピラー・プロ・リーグ3位のヘンクは第13節で最下位18位のムスクロンと対戦。 今月も日本代表活動に参加した伊東は今季11試合目の先発入りを果たした。 目下4連勝中の勢いをそのまま持ち込みたいヘンクだったが、34分に失点。しかし、前半アディショナルタイム3分にボックス左に仕掛けた伊東が切り返しから右足シュートをゴール右に決め、前半のうちに追いつく。 スコアをイーブンに戻して試合を折り返したヘンクは55分、ボンゴンダのゴールで勝ち越すと、続く63分にもオヌアチュの一発で追加点。伊東の今季3得点目で追いついた勢いそのままにムスクロンを突き放してみせる。 その勢いをチームにもたらした伊東は81分にも存在感を際立たせ、相手最終ラインの背後に出したスルーパスを出すと、これに反応したボンゴンダがボックス左から左足シュートを決めて勝負あり。ヘンクが逆転勝ちした。 ヘンクはこれでリーグ5連勝の8試合負けなし。首位クラブ・ブルージュを勝ち点1差で追走している。 ヘンク 4-1 ムスクロン 【ヘンク】 伊東純也(前45+3) ボンゴンダ(後10、後36) オヌアチュ(後18) 【ムスクロン】 ダ・コスタ(前34) 2020.11.23 09:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「結果の部分では満足していない」10月で好パフォーマンスも満足しないMF伊東純也「得点には1試合で1回は絡みたい」

日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。合宿2日目となった10日のトレーニング前にオンラインでのメディア取材に応じた。 10月に引き続いて招集を受けたMF伊東純也(ヘンク)。前回の代表活動では右サイドとして持ち味を発揮した伊東。しかし、満足はしていなかったようだ。 「結果の部分では満足していないというか、アシストも得点もできていないので、そういう部分ではまだまだかなと思います。ただ、チームが勝ったのは良かったかなと思います」 ヘンクでは出場機会だけでなく、試合で結果を残している伊東。「対人の部分では相手がどんな選手であれ自信を持ってやれていますし、そこで負けてはいけないと思っています。自信を持って仕掛けようと思っています」とし、積極的なプレーは日頃の自信が影響していると語った。 伊東は10月の代表活動後に新型コロナウイルスに感染していたが、「症状は何もなくて、1週間後に検査して陰性だったので、そのまま試合に出た感じです。何もなかったので実感がなかったです」とコメント。「何もなくて良かったです」と安堵した。 今シーズンはここまでジュピラー・プロ・リーグで11試合に出場し2ゴール3アシストを記録している伊東。しかし「得点には1試合で1回は絡みたいと思っているので、そこでは良かったですが、内容は満足していないです。チームが4連勝しているのでそこは良いと思いますとし、まだまだ自身のパフォーマンスには満足していないと語った。 今シーズンのテーマについても「試合に出て得点に絡むということはもちろんですが、結果の部分で10得点10アシストを今シーズンはできれば良いなと思っています」と結果を求めているとコメントした。 代表チームに関しても「得点に絡む部分であったり、チャンスメイクで走る部分だったり、自分にしかできないことをしたいと思います」と得点に絡むプレーをしたいとコメント。10月の2試合では植田直通(セルクル・ブルージュ)のヘディングのみとなったが「もっとチャンスを多く作るというのもありますが、相手が強くなればチャンスも少なくなるので、少ないチャンスいかに生かすか、精度をあげる必要があると思います」とし、アタッキングサードでの精度を上げたいとした。 2020.11.10 20:55 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly