ミラン指揮官、リールに3失点完敗で今季初黒星 「内容は互角だった」

2020.11.06 10:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランを率いるステファノ・ピオリ監督が、今季公式戦初黒星を喫したヨーロッパリーグ(EL)のリール戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。5日に行われたグループH第3節でリールをホームに迎え撃ったミラン。だが、トルコ代表MFユスフ・ヤズジュにハットトリックを許して、0-3の完敗を喫した。

今年3月以来の黒星となり、今季公式戦初の敗北を喫したピオリ監督は試合後、2失点目で試合が決まってしまったと述べ、今季のここまで無敗を続けたチームへの信頼を強調した。

「内容は結果が示す以上に互角だったと思う。リールが2点目を奪った後、我々にとって、すべてが難しくなった。リールにはスピードのあるFWがいて、スペースを空けてしまい、問題を引き起こさせてしまったんだ」

「このグループは拮抗していると最初からわかっていた。リールは良いチームだし、今季もここまで無敗だ。彼らはスペースを閉じて、スピードをもって反撃してきた。今季は無敗だったのだから、次の試合に集中する必要がある」

「我々は誰も相手を過小評価していなかったと断言できる。正しい姿勢を見失わなかった。今日のようなオフの日から学ぶこともあるだろう。若いチームでもあるが、困難への対処法を知る成熟したチームでもある」
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、守備の要となっていたケアーがハムストリング負傷

ミランは4日、デンマーク代表DFシモン・ケアーが右足ハムストリングにグレード1の損傷を負ったことを発表した。来週、再検査を行って復帰時期がわかるとのことだ。 ケアーは3日に行われたヨーロッパリーグ・グループH第5節のセルティック戦で先発。しかし11分に交代を強いられていた。 コロナ明け以降、レギュラーポジションを掴んだ31歳のケアーは頭角を現したパレルモ時代のプレーを彷彿とさせ、今季ここまでの公式戦全17試合に先発し、セリエAで首位を走るミランの守備の要となっていた。 2020.12.05 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランの絶対的CBケアーが負傷…公式戦全試合に出場中

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが負傷してしまったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のセルティック戦に先発出場したケアーだが、キックオフからわずか11分後に負傷交代。特に他の選手と接触したわけではなく、過密スケジュールが祟った格好となってしまった。 右太ももの損傷と伝えられているが、今のところ詳細はわかっていない。試合後、明らかに疲労が溜まっていたケアーの起用の是非について尋ねられたステファノ・ピオリ監督は「他の選手も問題を抱えており選択肢がなかった」と説明。「3日ごとに試合をしていればケガのリスクは高まってしまう」と嘆いた。 今夏にレンタルから完全移籍に切り替えたケアーは、今季はここまで公式戦全17試合に先発出場。そのうち、セルティック戦とセリエA開幕節のボローニャ戦を除く15試合でフル出場しており、リーグ戦で首位を走るミランにおいて替えの利かない選手だった。 なおミランは今後、6日にセリエA第10節のサンプドリア戦、10日にEL最終節のスパルタ・プラハ戦、13日にはパルマ戦と、中2日ないし3日にでの連戦が続く。 2020.12.04 17:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランFWハウゲがセルティック戦で1G1A! 「僕にとっても、チームにとっても良い夜」

ミランのノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲがチーム、そして自身の出来に満足感を示した。『UEFA.com』が報じている。 グループH4試合を消化した時点で2勝1分1敗の2位ミランは3日に本拠地で行われた第5節で最下位セルティックと対戦。開始14分までに0-2のリードを許したが、24分にトルコ代表MFハカン・チャルハノールが反撃のゴールを挙げると、その得点にほかの攻撃陣も呼応して、最終的に4-2の逆転勝利を収めた。 ノルウェーの新たな逸材とうたわれ、今季からミランの門を叩いたハウゲはこの試合に左ウィングの位置でフル出場して、1得点1アシストの活躍を披露。チームがグループステージ突破を決めた試合後、充実ぶりを明かした。 「僕にとっても、チームにとっても良い夜だった。それこそが大事だ。僕らは幸せで、誰もが互いのためにプレーしている。素晴らしいグループであり、家族。セリエAでもトップに立ち、ELの決勝トーナメント進出も果たした。みんなが幸せだ。これからも勝ち続けたい」 また、「今夜のゴールとアシストという結果にすごく満足している。日々、何かを学びたいんだ。ヨーロッパの舞台でもプレーしたいし、僕らはこの大会を勝ち進めて本当に嬉しいよ」と続け、充実ぶりをさらに強調した。 2020.12.04 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランのEL決勝T進出決定! ピオリ「早い段階で突破を決められるのは喜ばしい」

ミランのステファノ・ピオリ監督がヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ突破に満足感を示した。『UEFA.com』が報じている。 グループH4試合を消化した時点で2勝1分1敗の2位ミランは3日に本拠地で行われた第5節で最下位セルティックと対戦。開始14分までに0-2のリードを許したが、24分にトルコ代表MFハカン・チャルハノールが反撃のゴールを挙げると、その得点にほかの攻撃陣も呼応して、最終的に4-2の逆転勝利を収めた。 若手も積極起用してしっかりと勝ち切り、最終節を残してリールとともに突破を決めたミラン。このセルティック戦で新型コロナウイルス感染の静養から現場復帰を果たしたピオリ監督は試合後、若手にとって「良いレッスン」になったと話した。 「実際のところ、良いスタートが切れたが、いくつかのミスで複雑にしてしまった。我々の若手にとって良いレッスンになり、すべてのボールサイドが大事で、試合のあらゆる瞬間も常に集中する必要性を理解したと思う」 また、最終節を残してのグループステージ突破決定についても「早い段階で突破を決められるのは喜ばしいこと。連戦が続いているなかで、息抜きができるからだ」と喜びの心境も明かしている。 2020.12.04 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティックに逆転勝利のミランがリールと共にグループステージ突破《EL》

ミランは3日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第5節でセルティックをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 リールとの連戦では劣勢を強いられ1分け1敗で終えた2位ミラン(勝ち点7)が、最下位セルティック(勝ち点1)をホームに迎えた一戦。 勝利すれば突破の可能性があるミランは、主力を半数ほど先発から外した中、3トップには右からカスティジェホ、レビッチ、ハウゲと並べ、トップ下にチャルハノールを据えた。 そのミランはまずい入りとなると7分に失点する。クルニッチがGKからのパスを受けてボールロストを犯すと、ロギッチに奪われてそのままゴールに蹴り込まれてしまった。 11分にケアーが負傷交代となってロマニョーリが投入された中14分、スルーパスをボックス内に侵入したエドゥアールに通されて、ミランは追加点を奪われてしまう。 それでもここからミランが反撃する。まずは24分、ボックス手前中央からチャルハノールが直接FKを蹴り込むと、2分後に追いつく。左サイドからのテオ・エルナンデスのクロスのルーズボールをカスティジェホが蹴り込んだ。 その後もミランが押し込む展開で推移した中、2-2で前半を終えた。 迎えた後半からクルニッチに代えてトナーリを投入したミランは開始5分に逆転する。左サイドからドリブルを仕掛けたハウゲがボックス左に侵入してコントロールシュートをゴール右に流し込んだ。 逆転に成功したミランは61分にチャルハノールとケシエをお役御免とし、ベナセルとディアスを投入。 73分にはクリスティーに直接FKでゴールを脅かされるも、守護神のドンナルンマが好守で防いだ。 そして82分に勝負を決定付ける。ハウゲのスルーパスでゴールエリア左に侵入したディアスがチップキックシュートで流し込んだ。このまま4-2としたミランが逆転勝利を収めている。 グループH第5節もう一試合のリールvsスパルタ・プラハは2-1でリールが勝利したため、最終節を残してリールとミランの突破が決まっている。 2020.12.04 04:53 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly