【EL第3節結果まとめ】レスター&アーセナルが3連勝! リールに完敗のミランがGS初黒星を喫す…

2020.11.06 08:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節が5日に欧州各地で行われた。

優勝候補に挙がるレスター・シティ、アーセナル、トッテナムのプレミア勢、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ミランを除く全チームが勝利を飾った。


グループステージ2連勝のレスターは、ホームでブラガと対戦し4-0で快勝した。20分にイヘアナチョのゴールで先制に成功したレスターは、リードして迎えた後半開始早々の48分にもイヘアナチョがゴールネットを揺らし追加点。

攻撃の手を緩めないレスターは、67分にボックス左に抜け出したイヘアナチョの折り返しから途中出場のプラートがゴールを奪うと、78分にはマディソンがゴールネットを揺らし、4-0で快勝。レスターはグループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。

また、同じくグループステージ連勝中のアーセナルは、ホームでモルデと対戦し、4-1で勝利した。22分に先制を許したアーセナルだが、前半終了間際にカウンターを仕掛けるとエンケティアの折り返しがハウゲンのオウンゴールを誘い、試合を振り出しに戻した。

同点で迎えた後半、アーセナルは62分に再び相手のオウンゴールで勝ち越しに成功すると、69分にはサカの折り返しをペペが流し込んで3点目。さらに試合終了間際の88分には、ジョー・ウィロックが試合決定づける4点目を奪い、逆転勝利でアーセナルがグループステージ3連勝を飾った。

セリエA勢では、ホームにクルージュを迎えたローマが、5-0で圧勝した。開始早々の2分にムヒタリアンのゴールで先制したローマは、24分にイバニェス、34分にマジョラルがゴールネットを揺らし、3点のリードで前半を終える。

後半に入っても主導権を握るローマは、84分にマジョラルがこの試合2点目のゴールを挙げると、試合終了間際の89分にはペドロがゴールネットを揺らし、クルージュとの上位対決で圧勝したローマがグループA首位に浮上している。

一方、ホームでリールを迎え撃ったミランは、立ち上がりから相手のタイトな守備に苦戦。すると21分、ロマニョーリがボックス内でヤズジュを倒しPKを献上すると、これをヤズジュに決められ、1点ビハインドで前半を終えた。

後半からチャルハノールとレオンを投入し反撃に出たいミランだったが、55分にヤズジュのミドルシュートで引き離されると、その3分後には、デビッドのラストパスを受けたヤズジュにハットトリックを決められ、0-3で完敗した。

日本人所属クラブでは、久保建英のビジャレアルがホームでマッカビ・テルアビブと対戦。悪天候のため1時間遅れで開始された試合は、立ち上がりの5分にバッカのゴールでビジャレアルが先制。後半には久保のクロスから再びバッカがゴールネットを揺らし、リードを広げると71分にバエナ、81分にフェル・ニーニョが追加点を挙げ、4-0で完勝した。

また、MF三好康児が先発したアントワープはホームでLASKと対戦し0-1で敗戦。三好は前半に相手ゴールを脅かしたが、63分に途中交代した。その他、FW北川航也の所属するラピド・ウィーンはホームでダンドークと対戦し4-3で勝利。DF菅原由勢の所属するAZはアウェイでソシエダと対戦し0-1で敗戦した。北川と菅原は共にベンチ入りしたが出場機会はなかった。

■ELグループステージ第3節結果

◆グループA
ローマ 5-0 クルージュ
ヤング・ボーイズ 3-0 CSKAソフィア

◆グループB
ラピド・ウィーン 4-3 ダンドーク
アーセナル 4-1 モルデ

◆グループC
ハポエル・ベエルシェバ 2-4 レバークーゼン
スラビア・プラハ 3-2 ニース

◆グループD
レフ・ポズナン 3-1 スタンダール・リエージュ
ベンフィカ 3-3 レンジャーズ

◆グループE
オモニア 0-2 グラナダ
PAOK 4-1 PSV

◆グループF
レアル・ソシエダ 1-0 AZ
リエカ 1-2 ナポリ

◆グループG
ゾリャ 1-4 AEKアテネ
レスター・シティ 4-0 ブラガ

◆グループH
ミラン 0-3 リール
セルティック 1-4 スパルタ・プラハ

◆グループI
スィヴァススポル 2-0 カラバフ
ビジャレアル 4-0 マッカビ・テルアビブ

◆グループJ
ルドゴレツ 1-3 トッテナム
アントワープ 0-1 LASK

◆グループK
フェイエノールト 3-1 CSKAモスクワ
ディナモ・ザグレブ 1-0 ヴォルフスベルガー

◆グループL
ホッフェンハイム 5-0 リベレツ
ツルヴェナ・ズヴェズダ 2-1 ヘント

関連ニュース
thumb

レスターが苦しみながらも3試合ぶりの白星! 伏兵アマルテイが1540日ぶりとなる殊勲の決勝弾《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsレスター・シティが6日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが1-2で逆転勝利した。   直近2戦未勝利に負傷者に悩まされる3位のレスター(勝ち点50)が16位のブライトン(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。前節、バーンリー相手に1-1のドローに終わったレスターは、その一戦からチョードリー、メンディに代えてフォファナとプレミア初先発となる19歳MFタバレスを起用した以外、同じメンバーを起用した。   試合は立ち上がりから攻勢を仕掛けるブライトンが良い入りを見せると、早い時間帯に先制点を奪う。10分、レスターの自陣でのスローインを撥ね返してボックス手前でモペイが粘ってゴール前のスペースへボールを送ると、これに反応したララナの右足のシュートがゴール左隅に決まった。   ララナに移籍後初ゴールを献上して2試合連続で先制を許す展開となったレスターは、すぐさま反撃を開始。両ウイングバックの攻撃参加に加え、ヴァーディが積極的にスペースを狙った動き出しを見せ、相手守備に揺さぶりをかける。36分にはイヘアナチョからのフィードをボックス内のヴァーディが頭でマイナスに落としたボールを、タバレスが抑えの利いた見事な右足ボレーで合わすが、これはGKサンチェスのビッグセーブに遭う。   その後、前半終盤にかけては再びブライトンが押し返し、40分にはグロスのFKに反応したララナのバックヘッドが左ポストを叩く。さらに、43分にはララナの絶妙なワンタッチスルーパスに反応したモペイがGKとの一対一を見事なチップキックで制すが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、追加点とはならなかった。   後半もボールを握って押し込むレスターは53分にショートカウンターからボックス左に抜け出したイヘアナチョに決定機も、ここはシュートを枠の左に外してしまう。それでも、前節のバーンリー戦でファインゴールを決めて勢いに乗るナイジェリア代表FWが2度目のチャンスを生かし切る。   62分、ティーレマンスからの絶妙なスルーパスに反応したイヘアナチョがゴール前に抜け出すと、飛び出したGKのポジショニングを冷静に見極めて絶妙な左足のループシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   イヘアナチョの2試合連続ゴールで追いついたレスターは72分にタバレスを下げてオルブライトンを最初の交代カードとして切る。対するブライトンはマク・アリステル、モペイに代えてアルザテ、ウェルベックを投入し、こちらも勝ち点3を奪いに行く采配を見せる。   すると、80分にはブライトンにビッグチャンス。カウンターからボックス右でボールを持ったグロスがDFを引き付けて丁寧な横パスを送ると、これをフリーのララナが左足で蹴り込むが、枠の左を捉えたシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。   守護神のビッグプレーで何とか窮地を凌いだレスターは試合最終盤に思わぬ形から伏兵に劇的ゴールが生まれる。88分、左CKの場面でキッカーのオルブライトンが高い弾道のボールを入れると、飛び出したGKサンチェスがボールを触れずにファーへ流れたところをアマルテイがお辞儀のような形のヘディングで合わせてゴールネットへ流し込んだ。   そして、アマルテイの2016年12月以来、1540日ぶりとなるプレミア2点目で試合を引っくり返したレスターが、このまま逃げ切って2-1の勝利。苦しみながらも3試合ぶりの白星を挙げて暫定2位に浮上した。 2021.03.07 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、指揮官の教え子をセルティックから獲得か…ヴァーディの後継者に

レスター・シティが、セルティックに所属するフランス人FWオドソン・エドゥアルド(23)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 オドソン・エドゥアルドはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、身長187センチのセンターFW。スピード、嗅覚、足元の技術を併せ持ち、FKという飛び道具も備えた万能型のストライカーだ。 セルティックには2017年夏にレンタルで加入し、翌年に900万ポンド(約13億5000万円)の移籍金で完全移籍。ここまで在籍4年半で公式戦160試合81ゴール35アシストを記録しており、今季も32試合に出場し20ゴール4アシストという成績を残している。 元セルティック指揮官であるブレンダン・ロジャーズ監督は、この元教え子をFWジェイミー・ヴァーディの後継者として見込んでいるようで、すでに両クラブは移籍金1500万ポンド(約22億5000万円)で合意に近づいているという。ただ、セルティックは売却で得た分の40%をPSGに支払わなければならず、レスターとの取引でも同様の売却条項を加えることを交渉しているようだ。 なお、レスターのリクルート部門の責任者であるリー・コンガートン氏は、以前セルティックでも同役職に務めており、オドソン・エドゥアルドをPSGから獲得するために交渉にあたっていた人物のようだ。 2021.03.05 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ドローで公式戦3試合未勝利のレスター、指揮官は勝ち点1にも納得「妥当な結果だ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、プレミアリーグでのドローに納得感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは3日に行われたプレミアリーグ第29節で、バーンリーと対戦。前節のアーセナル戦ではFWハーヴェイ・バーンズが負傷交代するなど、多数のケガ人を抱えるチームは開始4分で失点。34分にFWケレチ・イヘアナチョが豪快なボレーシュートを決めて同点に追いついたが、その後は得点が奪えず1-1のドローに終わった。 この結果、レスターは公式戦3試合未勝利。依然として3位の座はキープしているものの、他チームの結果次第では肉薄されることとなり、3位陥落の危機に立たされている。 ロジャーズ監督は試合後のインタビューに応じ、ドローは公平な結果だったとコメント。難敵相手との厳しい戦いだったと、試合を振り返っている。 「おそらくこの勝ち点1は妥当な結果だったと思う。我々は上手く試合に入れなかった。しかし、(失点後は)試合に戻ることができたと思う。良いメンタリティやチームとしての精神力を見せ、素晴らしいゴールを決めた」 「我々はいくつかのプレッシャーに耐える必要があった。バーンリーはボックス内に多くのクロスを入れてきた。彼らは深い位置でプレーしていたが、我々は非常によく守っていたと思う。後半になるにつれ、突破口を開けるようになってきた」 「3バックでスタートしたが、後半最初の15分間でバーンリーがサイドを利用し始めたと感じた。ボールを支配しない限り、中盤の選手の負担が増すことを考えて[4-3-3]に変更した。おかげで、ある程度ゲームをコントロールできるようになったと思う」 「我々は良い瞬間を見せたが、もっとその時間を増やして、パスもより正確にする必要があった。ただし、全体的には勝ち点1点を獲得したおかげで、次の試合に進むことができる」 また、ロジャーズ監督はこの試合で何度もチームを救ったGKカスパー・シュマイケルに言及。世界最高クラスのGKだと守護神を絶賛している。 「彼はトップクラスのGKだ。私がここに来てから、ゴールになりそうな瞬間は何度もあったが、その度に彼がセーブをしてくれた。それが本当のトップGKとそうでないGKの違いであり、彼は世界最高のGKと肩を並べる存在だと思っている」 2021.03.04 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のレスター、イヘアナチョ芸術弾で追いつくも格下バーンリーとドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、バーンリーvsレスター・シティが3日にターフ・ムーアで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、アーセナルに逆転負けを喫して公式戦2連敗となった3位のレスター(勝ち点49)は、3試合ぶりの白星を目指して15位のバーンリー(勝ち点28)とのアウェイゲームに臨んだ。 アーセナル戦からは先発3人を変更。負傷のエバンスとバーンズ、トーマスに代えてアマルテイ、メンディ、チョードリーを起用。さらに、システムを[4-4-2]から[3-5-2]に変更した。 多数の主力をケガで欠く中、急造のメンバー、布陣で臨んだレスターはいきなりミスから出ばなを挫かれる。4分、3バックの中央に入ったエンディディとのパス交換でチョードリーが中途半端に出したバックパスをペナルティアーク付近でヴィドラにかっさらわれると、強烈な左足のシュートを右隅に決められた。 いきなりビハインドを背負ったレスターはすぐさま反撃を開始。徐々に相手を押し込んでいくと、12分にはカスターニュの左サイドからのアーリークロスをゴール前に飛び込んだチョードリーが左足で合わすが、これはGKポープの好守に遭う。さらに、17分にはイヘアナチョがボックス手前から強烈な左足のミドルシュートを放っていく。 その一方で、前がかるアウェイチームはロングボールでシンプルに背後を狙うホームチームの割り切った攻撃に苦戦。ソユンクが2度のスリップでウッドに出し抜かれるが、ここは守護神シュマイケルの好守などで何とか2失点目を凌いだ。 すると34分、ハーフウェイライン付近までポジションを上げていたエンディディから絶妙な浮き球のフィードがボックス左のスペースに送られると、これに反応したイヘアナチョが自身の頭上を越えてきたボールをファン・ペルシを彷彿とさせる見事な左足のダイレクトボレーで合わせ、圧巻のスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。 その後、1-1のイーブンとなった試合はよりオープンな展開となるが、タルコウスキのヘディングシュートはGKシュマイケル、ティーレマンスの右足のシュートはGKポープと両守護神が見事なセーブで阻止し、均衡が保たれたまま後半へと折り返した。 前半同様にホームチームが後半も良い入りを見せ、49分にはロートンからの滞空時間の長いクロスをウッドが頭で合わせるが、ここはGKシュマイケルが見事な反応で阻止。さらに、後半に入ってピッチの幅をうまく使い始めたバーンリーは63分にウェストウッドが左ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、より2点目に迫る。 一方、守勢が続くレスターは67分、メンディとイヘアナチョを下げて負傷明けのフォファナと共にオルブライトンを同時投入。この交代をキッカケに押し返し始めると、徐々に相手ボックス付近でのフィニッシュが増えていく。そして、84分にはボックス手前のティーレマンスが決定的なミドルシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 試合終盤にかけてはどちらが2点目を奪ってもおかしくない白熱の攻防が続いたが、互いに相手守護神の牙城を破ることはできず。多数の主力不在を感じさせる消化不良の一戦となったレスターは公式戦3戦未勝利と厳しい戦いが続く。 2021.03.04 04:57 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook