オルンガ不在の柏、ゴールが遠く清水にゴールレスドロー《J1》

2020.10.31 19:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソルvs清水エスパルスが31日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。8位の柏は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程の関係で28日に行われたFC東京戦を3-1で勝利して連敗をストップ。それから中2日で開催される今節には、北爪、オルンガに代えて川口、呉屋を起用し連勝を目指す。オルンガはベンチ外となった。

対する17位の清水は、1-1のドローで終えた直近のサガン鳥栖戦から2週間が空いた。ここまで54失点とJ1ワーストの数字となっている守備面の修正が要求されるなか、出場停止の立田や西村、鈴木、ジュニオール・ドゥトラに代えてエウシーニョ、金井、中村、金子を起用し7試合ぶりの白星獲得を狙う。


立ち上がりは前節の鳥栖戦でシュート2本に終わった清水が積極的な攻撃を見せる。4分に得た右CKからヘナト・アウグストがヘディングシュート。さらに、6分に中村がミドルシュートで柏ゴールを脅かす。

劣勢の時間が続いた柏も徐々に押し返す。16分に敵陣右サイドで受けた江坂がグラウンダーのクロスを供給。これがDFに当たりルーズボールになると、反応した呉屋が右足でシュートへ。29分には、左サイドの大谷がボックスに向かって強いパスを送ると、仲間のスルーから呉屋がチャンスに。ファーストタッチから強引に左足を振り抜いたが、得点には至らなかった。

清水はカルリーニョス・ジュニオが起点となり41分にチャンスを迎える。フィールド中央でディフェンスと入れ替わり、前を向いたカルリーニョス・ジュニオが前線へスルーパス。これを受けた後藤からのラストパスにボックス右からエウシーニョが飛び込んだが、わずかに合わせられなかった。前半終了間際には右CKからトリックプレーで決定機。西澤のグラウンダーのクロスをニアでエウシーニョがスルー。その背後のカルリーニョス・ジュニオがシュートというデザインされた攻撃を披露するも、GKキム・スンギュに阻まれて試合を折り返した。

思うように進められなかった柏はハーフタイムに3枚替え。山下、大谷、江坂に代えて染谷、小林、神谷を送り出し、布陣を[4-2-3-1]から[4-1-4-1]に変更した。すると59分に決定機。右CKの跳ね返りを小林がもう一度ゴール前に入れ直すと、これに呉屋が左足を合わせにいったが、上手くミートできなかった。

柏のシステム変更に慣れ始めた清水は64分、右サイドからのFKを収めたカルリーニョス・ジュニオがゴール前でフリーとなるも、シュートも枠を捉えらず。77分にはセットプレーでチャンスを演出してきた西澤が今度は直接FKを狙うが、惜しくもクロスバーに弾かれてしまった。

以降はより積極的に出る両者の間でオープンな展開に。その中でより多くの最終局面を迎えた柏は、82分にクリスティアーノとのワンツーでボックス手前に侵入した神谷が左足でゴール右隅を狙うが、GK梅田にわずか触られたシュートは右ポストに当たりゴールは生まれなかった。その3分後に呉屋のヒールパスに神谷、88分に呉屋、後半アディショナルタイムにクリスティアーノと怒涛の攻撃を繰り出したが、ネットを揺らすことができず。

GK梅田の好守も光った清水は、試合終了間際に左サイドからのクロスからカルリーニョス・ジュニオがフィニッシュに持ち込むも、ゴールレスで試合終了。勝ち点1ずつの痛み分けとなった。

柏レイソル 0-0 清水エスパルス
関連ニュース
thumb

Jリーグの審判1名が新型コロナ陽性判定、週末の試合は担当せず

日本サッカー協会(JFA)は16日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は13日(木)に発熱の症状があり、14日(金)に医療機関でPCR検査を実施。15日(土)に陽性判定となった。 審判員は発熱の症状があり、関係機関の指示に従って対応しているとのことだ。 また、Jリーグ試合会場を訪れたのは9日(日)が最後となっており、試合会場に関連する濃厚接触者がいないことは管轄する保健所により確認されているとのことだ。 JFAは「当該者の一日も早い回復を祈るとともに、JFAは今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2021.05.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和がリスタートのG大阪一蹴で今季2度目の連勝 ユンカー2発&田中1G2Aの前半で勝負あり【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が16日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの浦和レッズが3-0でガンバ大阪を下した。 開幕から10試合でわずか1勝の18位に沈み、宮本監督の解任に動いたG大阪は松波暫定体制発足後初のゲーム。準備期間が短いこともあり、前節のメンバーから大きな変更を施さず、一美が引き続き先発した。 一方、前節のホーム戦を白星で飾り、敵地に乗り込む10位の浦和はデビュー戦から2戦連発のキャスパー・ユンカーやリーグデビューの鈴木が引き続き先発。古巣戦の田中も第2節以来のスタメン入りを果たした。 かつて東西の雄としてタイトル争いを演じた両チームの試合は倉田を1.5列目で起用した[4-2-3-1]の布陣を敷くG大阪がショックを振り払おうと、序盤から攻守の切り替えで上回り、攻め立てる展開に持ち込む。 そのなかで、全体を押し上げ、ボールを保持して崩しにかかる時間を続けたG大阪はエースの宇佐美に立て続けのフィニッシュチャンスが巡ってくるなど、攻勢に転じていったが、受けに回る浦和も辛抱強く守る。 すると、16分にバイタルエリア左の武藤が上げたクロスの流れ球をボックス右深くで回収した田中が右足で浮き球パス。ユンカーがバックステップを踏みながらヘディングシュートをゴール右に決め、浦和が先取する。 相手の攻撃を凌ぎ、ユンカーの公式戦3戦連発となる一発で先制した浦和はその後も全体的に比重を後ろに置いた戦いが続くなか、カウンターから前がかるG大阪のスペースを突いていき、効率よく追加点を奪い切る。 20分、自陣右サイドまで下がってボールを受けたユンカーが見事なサイドチェンジ。左サイドでボールを受けた左サイドバックの明本が広大なスペースから持ち上がり、左足クロスにゴール前の田中が合わせた。 1点でも返そうと攻め続けるG大阪だが、古巣戦の田中が再び突破口に。40分、カウンターから田中が昌子を突破してボックス右から折り返すと、ゴール前で待つユンカーが押し込み、G大阪をさらに突き放した。 前半だけで今季最多失点を喫して試合を折り返したG大阪はハーフタイム明けからレアンドロ・ペレイラ、塚元を投入。前半と同じく攻撃の主導権を握るが、浦和守備陣のバランスを崩させるような決定打を欠く。 隙なしの浦和が56分にユンカーと小泉を下げて、杉本と山中を送り出すなか、62分に何とか打開しようとG大阪エースの宇佐美がバイタルエリア左から右足ミドル。鋭いシュートだったが、ゴール右上に外れた。 浮足立つシーンがほぼない浦和は67分に興梠と伊藤の交代を施すと、追いかけるG大阪も71分にパトリックをピッチへ。78分にもウェリントン・シウバとチュ・セジョンを起用して、攻撃的なカードをすべて使い切る。 そのG大阪の反撃を受けた浦和だが、後半アディショナルタイム6分も危なげなく凌ぎ切り、2試合連続の完封勝利で今季2度目の連勝。監督交代の劇薬も実らなかったG大阪は今季最多失点を喫して、3連敗となった。 ガンバ大阪 0-3 浦和レッズ 【浦和】 キャスパー・ユンカー(前16、前40) 田中達也(前20) 2021.05.16 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J1通算300試合出場の小林悠が自ら祝砲!札幌を下した川崎F、J1新記録の連続22試合無敗を達成【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 月を跨いだ名古屋グランパスとの連戦で連勝し、早くも独走態勢を築く川崎F。だが、12日に行われた直近のベガルタ仙台戦は、後半アディショナルタイムの失点で同点に追いつかれる結果となった。それでも昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦となる。 一方の札幌は、1週間前に行われた前節の徳島ヴォルティス戦をアンデルソン・ロペスの2ゴールで逆転勝利。ここ3試合は2勝1分けと調子を上げており、昨季の等々力での試合の再現を狙っている。 そんな両チームの一戦は、川崎Fがパスを繋いで組み立てを狙うものの、札幌がアグレッシブな守備で不自由を与えながらペースに持ち込もうという構図に。ホームチームはなかなか色を出せずに我慢の時間が続く。 それでも16分、機を見て攻撃に出た山根がボックス手前からシュートへ。相手に当たってゴールへ向かったが、GK菅野に上手くキャッチされた。対する札幌もその直後、菅のシュートがGKチョン・ソンリョンを強襲。このCKではグラウンダーのクロスでサインプレーを試みるが、ボックス中央で反応したアンデルソン・ロペスのシュートは枠を越えた。 この辺りからエンジンがかかってきたA・ロペスは、19分に味方のパスからゴール前に飛び出すも、谷口のプレッシャーを受けて倒れてしまう。PKを主張したが、ここはファウル無しという判定に。37分には、左に流れた菅のクロスを左足で合わせて決定機を迎えたが、これも枠に収められず。 一方、川崎FもPK獲得に迫るシーンが訪れる。ボックス左でボールを持っていた宮澤に三笘がプレスをかけてボールを奪うと、入れ替わった際に宮澤の手が腰に引っかかるような形で転倒。主審に詰め寄り必死にアピールするも、そのままゴールキックで再開された。 ゴールレスで迎えた後半、川崎Fは小塚を下げて田中を投入しテコ入れ。すると49分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪い、田中を起点に速攻を開始。ボックス手前のダミアンから右へ展開し、家長が右足でクロスを上げると、ゴール前で旗手がトラップし損ねたところを三笘が押し込んで先制に成功した。 前半のスタッツでは上回りながらも先手を許してしまった札幌。こちらも54分に深井に代えて荒野を投入した中で、60分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーはもちろん福森。シュートは壁の左上を越えてゴールへ向かったが、GKチョン・ソンリョンがビッグセーブ。間一髪のところで右手で弾き出した。 なかなかネットを揺らせない札幌は、さらに青木とジェイを投入し、前線を強化。そのジェイのポストプレーから何度か良い形の攻撃を見せるものの、シュートまでは運べない。 徐々に勝利に近づく川崎Fは、殊勲の三笘を下げて長谷川を投入。その4分後の82分、長谷川は左サイドのクロスからダミアンのヘディングシュートをお膳立て。続く83分には、再び長谷川のパスからボックス左に侵入した旗手のシュートがクロスバーに直撃するなど、この交代でホームチームが攻勢を強める。 さらに、87分には小林を投入。小林はこれがJ1通算300試合目に。すると94分、センターサークル内の田中のパスから胸トラップで抜け出した小林がGKとの一対一を制しネットを揺らす。ここで副審の旗が上がっていたため即時ゴールとはならなかったが、VARでの確認後にゴールが認められた。 自ら祝砲を上げた小林のJ1通算126ゴール目で勝利した川崎F。これでJ1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。 川崎フロンターレ 2-0 北海道コンサドーレ札幌 【川崎F】 三笘薫(後4) 小林悠(後49) 2021.05.16 17:04 Sun
twitterfacebook
thumb

監督交代は「僕らにも責任がある」…G大阪主将の三浦弦太、複雑な心境明かすも前を向く

ガンバ大阪の日本代表DF三浦弦太がオンライン上で取材に臨み、監督交代に対する複雑な心境とともに巻き返しを誓った。 昨季の明治安田生命J1リーグで2位フィニッシュを果たして、天皇杯でも準優勝という結果を残したG大阪。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦う今季でのさらなる復権を期すべく、オフシーズンにFWレアンドロ・ペレイラ、MFチュ・セジョン、FWチアゴ・アウベスのほか、開幕後にもMFウェリントン・シウバを獲得して、戦力アップを図った。 しかし、明治安田生命J1リーグ開幕から1勝4分け5敗のJ2自動降格圏18位に低迷。新型コロナウイルスの集団感染による活動休止に狂わされ、未消化試合も多く残すが、リアクション型の戦いから脱却を図ろうとするなかで最適解の組み合わせ、布陣もなかなか定まらず、10試合を消化しての得点数もわずか「3」とゴール欠乏症に陥った。 その結果、14日に宮本恒靖監督の解任を決断。6月下旬から始まるACLの戦いをメドに新指揮官の招へいに乗り出すなかで、それまでの間、強化アカデミー部長の松波正信氏が暫定的に監督を務める。 宮本監督の現役時代と背番号、ポジション、そして主将の役割を担うという部分でも重なり、信頼を置かれる存在だった三浦は「シーズン途中に解任という形になるというのは僕らにも責任がある。難しい状況だが、また頑張らないといけないという思い」と複雑な胸の内を明かす。 今回の監督交代に関して社長や強化部を介して話を聞かされ、宮本監督と直接のやりとりができなかったという三浦だが、次戦はもう目の前に迫る。16日に本拠地で行われる第14節の浦和レッズ戦を翌日に控え、チームの主将を務める身として頭を切り替え、決意を新たにした。 「誰しもが望んだことじゃないが、こうなってしまったのは戻せないし、しょうがない。これを機に気持ちを新たにして、良いきっかけにして、チームも上向きにしていく必要がある」 「僕自身もだし、選手全員もそうだし、チームに関わる全員が熱量を出してやっていく必要があるので、それを僕が先導していけるようにしたい」 また、理想とするG大阪の新たなスタイル像を問われると、現役時代にミスターガンバの愛称で親しまれ、FWとして活躍した松波体制が暫定的なものであることを踏まえつつ、前体制下で構築された守備面の良いところをそのままに攻撃的なスタイルの確立を目指した。 「恒さんのときにやれたことを継続するのはもちろん、松波さんと何試合やるのか、新しい監督がいつ来るのかもわからないが、チームとして攻撃的なガンバというか、複数得点が狙える攻撃がしたい」 「守備の方もここ最近、複数失点の試合が増えてきているが、粘り強くやるところは続けて、失点を少なく、複数得点を狙っていけるチームを目指していきたい」 2012年ぶり9年ぶりの再登板となる松波暫定体制でも、DF昌子源やGK東口順昭とともに引き続き守備陣の主軸として奮闘が求められる三浦。ここ4試合のうち3試合で複数失点と綻びが目立ち始める守りを締め直し、チームの攻撃に良いリズムをもたらしていきたいところだ。 2021.05.15 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

前嶋のJ1初ゴールなどで湘南を破った横浜FC、14試合目にして今季初勝利!【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が15日にニッパツ三ツ沢球技場で催され、ホームの横浜FCが2-0で湘南ベルマーレを下した。 横浜FCは第13節にアウェイで清水エスパルスと対戦して1-1に終わり、ここまでリーグ戦13戦未勝利と苦しい状況が続いている。前節からはスタメンを4人入れ替え、岩武、小川、ジャーメイン、渡邉に代わって前嶋、瀬古、マギーニョ、クレーベが入った。 対照的に湘南は8試合負けなしで、前節はホームでの大分トリニータ戦を2-0で制している。前節からの先発の変更はなく、同じ布陣で臨んだ。 開始早々に横浜FCが試合を動かす。安永が右サイドに展開して松浦が浮き球を送ると、クレーベの右足シュートは相手に至近距離でブロックされるも、こぼれたボールを前嶋が回収。ペナルティエリア手前から左足を振り抜くと、右にステップを踏んだGK谷の逆を取るような形でゴールに吸い込まれ、幸先よく先制に成功した。 追い付きたい湘南は31分、セットプレーの流れから町野、タリクが立て続けにシュートを放ち、最後はGK市川がはじいたところに岡本が詰めてネットを揺らした。 だが、VARからの通信があり、松尾主審はオンフィールドレビューの結果、GK市川への岡本のファウルがあったとしてゴールを取り消し。湘南にとっては悩ましい判定となった。 追い打ちをかけるように湘南は前半アディショナルタイムに町野が負傷交代。CKの守備の際に瀬古の足が顔に入ってしまい、大橋との交代を余儀なくされた。 リードして試合を折り返した横浜FCが、後半の頭にもチャンスを作る。中盤で松浦が田中からボールを奪って素早く前線へ送ると、マギーニョが右足で狙うも枠の左へと逸れた。 その勢いのままに横浜FCが追加点を奪う。65分、クレーベがファウルを受けて自陣の浅い位置でFKを得ると、安永は相手の意表を突いて素早くリスタート。裏へ抜け出した松浦は飛び出してきたGK谷の位置を冷静に見極め、脇を抜けるコントロールショットで点差を広げた。 湘南は67分にタリク、山田に代えてウェリントン、茨田を投入して前線にパワーを持った選手を置いて1点を狙いにいくと、そのウェリントンが直後に見せる。ペナルティエリア手前から強烈な右足で狙うも、GK市川が立ちはだかった。 後半アディショナルタイムには左サイドから入ったボールをウェリントンが落とし、走り込んだ池田がペナルティエリア手前から右足を振り抜くも、大きく枠を外れてしまう。 結局、湘南の猛攻をしのぎきった横浜FCが逃げ切り、14試合目にして今季初勝利を収めた。 横浜FC 2-0 湘南ベルマーレ 【横浜FC】 前嶋洋太(前5) 松浦拓弥(後20) 2021.05.15 19:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly