ユベントスがC・ロナウドのコロナ陰性を発表! 週末のリーグ戦で復帰の可能性も

2020.10.31 03:31 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは30日、ポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドが新型コロナウイルス(COVID-19)の最新検査で陰性となったことを発表した。

ポルトガル代表の活動中であった13日に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たC・ロナウドは、そのまま自己隔離措置に入ったため、直近の公式戦4試合を欠場していた。


しかし30日、ユベントスは最新の検査結果で陰性が確認されたことを報告。これに従いC・ロナウドの自己隔離措置が終了したことを発表した。

なお、イタリアメディアによれば、C・ロナウドはチームに合流する前にメディカルチェックを受ける必要があり、11月1日に行われるセリエA第6節のスペツィア戦に間に合わせたいユベントスは、10月31日にメディカルチェックを実施するとのことだ。

C・ロナウドの不在中、ユベントスはセリエAで格下相手に2試合連続ドローと不甲斐ない結果となっており、エースの復帰をきっかけに上昇気流に乗りたいところだ。

関連ニュース
thumb

クロトーネに3発快勝のユーベ指揮官ピルロ、スクデットを諦めず「最後まで戦う」

ベントスのアンドレア・ピルロ監督がクロトーネ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは23日、セリエA第23節でクロトーネと対戦。試合は、FWクリスティアーノ・ロナウドが38分、46分と立て続けに2得点を決めると、71分にはMFウェストン・マッケニーがダメ押しの3点目を挙げ、ユベントスが3-0と快勝している。 ピルロ監督は試合後、先制点を決めるまでは焦りがあったものの、勝ち点3を獲得できたことが重要だったと振り返った。 「最近の試合のせいか、緊張したスタートを切ったが、2点を決めたことで落ち着き、ゲームをうまくコントロールすることができた」 「しかし、我々にとって最高のスタートと言えるものではなかった。早い段階でゴールを決めたいと急ぎすぎてしまったことで、パスが乱れてしまった」 「いずれにしても、今夜は勝ち点3を取ることが重要だった。動きについては改善に努めなければならないがね」 また、前線の選手たちについても言及。試合を通して3得点と好パフォーマンスを見せたが、指揮官は改善を促した。 「(アルバロ・)モラタは、ベストの状態ではなく、時間が必要だ。C・ロナウドを前線に置くときは、彼をボックスの中に入れるため、サイドでのプレーを改善しなければならない」 「(デヤン・)クルゼフスキについて言えるのは、ユーベでプレーするのと、パルマでプレーするのでは違いがあるということだ。ここでは引いてくる相手もいる。彼は今新しいポジションでプレーしているが、適応しているし、改善の余地もある」 最後にピルロ監督は「我々はインテルのライバルの一つだし、最後まで戦う」とコメント。首位インテルとは、勝ち点「8」の差があるものの、スクデットを諦めない姿勢を見せた。 2021.02.23 10:47 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのドッピエッタなどで3発快勝のユベントスが上位陣を追走!《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第23節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのポルト戦を1-2で敗れ、公式戦連敗のユベントスは、その試合から先発を3人変更。GKシュチェスニーやキエッリーニ、ラビオに代えてGKブッフォン、デミラル、ラムジーが先発に名を連ねた。 立ち上がりから後方に重心を置く最下位のクロトーネ(勝ち点12)に対してユベントスがボールを握って押し込む展開が続く。しかし、クロトーネの堅い中央の守備に苦戦してなかなかフィニッシュまで至らない。 それでもユベントスは28分、ベンタンクールのロングフィードを右サイドで受けたキエーザが縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給すると、ファーサイドのC・ロナウドがダイレクトで合わせたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。 攻勢を続けるユベントスは、38分にもキエーザの右クロスをファーサイドのラムジーが頭で合わせたが、これは相手GKがわずかに触りクロスバーに弾かれた。 さらに、これで獲得した右CKから三次攻撃までつなげると、左サイドでこぼれ球を回収したマッケニーのパスをボックス左手前で受けたアレックス・サンドロがクロスを供給。これをゴールエリア右に抜け出したC・ロナウドがヘディングでゴール左に流し込んだ。 待望の先制点を奪ったユベントスは、前半終了間際にもチャンス。前半アディショナルタイム1分、C・ロナウドが強烈なミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをボックス左横で拾ったラムジーがダイレクトクロスを供給。これをゴール前に走り込んだC・ロナウドが頭で叩き込み、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、再びスコアを動かしたのはユベントス。66分、キエーザの左CKをファーサイドのデ・リフトが頭で折り返すと、相手DFに当たったこぼれ球をマッケニーがゴールに流し込んだ。 試合を決定づける3点目を挙げたユベントスは、76分にもラムジーがゴールに迫ったが、シュートはGKコルダスの好セーブに阻まれた。 4点目こそ奪えないものの、最後まで危なげない試合運びを見せたユベントスが3-0で完勝。公式戦4試合ぶりの勝利で上位陣を追走している。 2021.02.23 06:46 Tue
twitterfacebook
thumb

衝撃の縦変化ドライブミドル!ポグバのユベントス時代ベストゴールの1つ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ポグバのユーベベストゴールの1つ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4eFpSc0gzMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったポグバは、出場機会を求めて2012年夏にユベントスに加入。才能を開花させ、瞬く間に世界屈指のMFへと成長を遂げた。 恵まれたフィジカルと繊細なテクニックを活かしたダイナミックなプレーが持ち味のポグバだが、2014年10月18日に行われたセリエA第7節のサッスオーロ戦では、ユベントス時代のベストゴールの1つとされるゴールを決めている。 サッスオーロに先制を許した直後の19分、左サイドでボールを持ったFWカルロス・テベスからのパスをポグバがボックスの際で受ける。ファーストタッチで中央にボールを運んだポグバは、右足を一振り。縦回転のかかった強烈なミドルシュートは、GKの手前で急速に落ちながらゴール右に決まった。 すぐさま同点に追いついたユベントスだったが、その後は両チーム決め手に欠き、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.02.22 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ユベントスラストシーズンのピルロが決めたブレ球ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月20日にご紹介するのは、今から6年前に元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆止められない一撃!世界最高のレジスタ、ピルロが決めた豪快な30ヤード弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5WlFyaEtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央でボールを持つと、軽く相手ディフェンダーを剥がしてからミドルシュート。相手守備陣はしっかりとブロックを作って守っていたものの、それを完全に無力化してしまいます。 ◆世界最高のレジスタ ミランで世界最高のレジスタとしての地位を確立したピルロ氏、2011年にユベントスに移籍した後もチームを数々のタイトルに導きました。 そのキック精度は随一でしたが、2015年2月20日に行われたセリエA第24節のアタランタ戦では、強烈なロングシュートでチームを勝利に導いています。 1-1と同点で迎えた45分、アタランタ陣内中央辺りの位置でボールを持ったピルロは、そこから豪快なロングシュートを放ちます。無回転気味のボールはブレながらゴール右上に突き刺さりました。 ピルロ氏は、このシーズン終了後にユベントスを退団し、MLSのニューヨーク・シティに移籍。2年後に現役を引退すると、今シーズンからはユベントスの指揮官として凱旋しています。 2021.02.20 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

華麗なファーストタッチで相手を翻弄!ディバラが魅せた回転ヒールトラップ!【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 パウロ・ディバラ(当時25歳) 国籍:アルゼンチン 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:177cm 母国クラブを経て、パレルモでブレイクを果たしたディバラは2015年にユベントスに移籍。若きエースとして2017-18シーズンからは多くの名手が着けた背番号「10」を着けてプレーしている。 【試合詳細】 日程:2019年8月17日 大会:プレシーズンマッチ 対戦相手:トリエスティーナ 時間:前半39分(0-0) <div id="cws_ad">◆ディバラの華麗な回転トラップ<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsU1Bxa3duZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた38分、キレイなパス交換で中央突破に成功したユベントスのFWフェデリコ・ベルナルデスキがボックス内のディバラにパスを出す。ディバラは後ろからプレッシャーに来る相手DFを背後の感じると、反転しながらのファーストタッチで完全に相手の裏をかき、フリーに。さらにシュート体勢に入ると、GKの虚をつくチップシュートを放つ。美しい放物線を描いてGKの頭上を超えたシュートは、見事にゴールインし、素晴らしい先制ゴールとなった。 このディバラのゴールがこの試合唯一のゴールとなり、ユベントスがそのまま1-0で勝利している。 2021.02.19 20:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly