J1昇格目指す長崎が横浜FMのFWエジガル・ジュニオを期限付き移籍で獲得「誇りに思ってもらえる結果を手にしたい」

2020.10.29 12:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は29日、横浜F・マリノスのブラジル人FWエジガル・ジュニオ(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年10月28日~2021年1月1日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「25」となる。

エジガル・ジュニオは、バイーアから期限付き移籍で2019年に横浜FMへ加入。シーズン途中に重傷を負い長期離脱するも。明治安田生命J1リーグで16試合に出場し11得点を記録していた。

今シーズンもここまで明治安田J1で16試合に出場し3得点を記録。激しいポジション争いを繰り広げていた。

エジガル・ジュニオは両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、これからこのクラブのユニフォームを着るチャンスをいただいたことを名誉に思い大変嬉しい気持ちでいっぱいです。チームメイトと共にクラブの目標を達成できるよう全力を尽くすことを約束します」

「一緒に多くの勝利を手にして喜びを分かち合い、みなさんに誇りに思ってもらえる結果を手にしたいです。どうぞよろしくお願いします!」

◆横浜F・マリノス
「トリコロールファミリーの皆様、これまでのサポートに大変感謝しています」

「日本に初めて来たときに皆さんからとても温かく迎え入れてもらい、とても嬉しかったことを覚えています。それと同時に、常に熱い応援でチームを後押ししてくれていたたくさんのサポーターの姿に驚かされました」

「特に海外から日本へ来た私たちにとってそういう姿はとても大切で、自分もすぐにこのチームの一員として受け入れてもらえたことによって来日早々活躍することができたと思っています」

「期限付き移籍をしますが、私もF・マリノスのことを応援しています。皆さんからの温かいメッセージや応援、ありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

昇格優勢の徳島と福岡が白星逃す…長崎が貴重な勝ち点3で食らいつく《J2》

明治安田生命J2リーグ第35節の10試合が21日に各地で行われた。 サンガスタジアム by KYOCERAでは、10位・京都サンガF.C.と首位・徳島ヴォルティスが対戦した。徳島のペースで試合が進んでいた中で、30分に3連敗中の京都が先制に成功する。前線からの連動した守備でフィールド中央でボールを奪うと、庄司が鋭い縦パスをボックス内へ供給。これをワンタッチで反転した仙頭が左足でゴール右隅に決め切った。 同点を目指す徳島は後半開始早々にチャンス。右サイドの杉森のクロスにファーサイドで清武が左足で合わせたが、枠を捉えられなかった。一方京都は57分に追加点。ヨルディ・バイスのインターセプトからカウンターを発動。ピッチ中央の仙頭から鋭い縦パスが前線に送られると、これを受けたピーター・ウタカがボックス右に侵入し強烈なシュートでネットを揺らした。 終盤まで1点も返せず、敗戦の様相を呈してきた徳島は、80分の左CKの場面で決定機を迎える。左から上がったクロスを福岡が逸らし、石井がヘディングシュート。ここは枠を捉えられず、終了間際にクロスのこぼれ球に反応した押谷のミドルシュートは枠に富んだが、GK清水に処理されて試合終了。2-0でホームの京都が5連勝中の徳島を下した。 2位のアビスパ福岡は、ベスト電器スタジアムで7位のモンテディオ山形と激突。福岡は10分に右サイドからのエミル・サロモンソンのクロスにフアンマ・デルガドが頭で合わせたが、GK藤嶋の好守に遭う。すると、その2分後に失点。自陣内でフィフティフィフティのボールを松本に回収されクロスを上げられると、GK村上がファンブル。これをヴィニシウス・アラウージョに押し込まれた。敗戦は許されない福岡は67分に同点に。山岸のシュートのこぼれ球を途中出場したばかりの木戸が押し込む。81分には石津のシュートで山形ゴールに迫ったが反撃もここまで。1-1の引き分けに終わった。 3位に位置し昇格圏内フィニッシュを目指して上位を追走する長崎は、フクダ電子アリーナで15位のジェフユナイテッド千葉と対戦。前半、両チームにチャンスがあった中で0-0で試合を折り返して迎えた51分に長崎が先制点を挙げる。フィールド中央を持ち上がった氣田のスルーパスに抜け出した名倉がボックス中央へ侵入して左足でネットを揺らした。結局、これが決勝点となり1-0でホームの長崎が勝利。この結果、首位の徳島を筆頭に、勝ち点差「5」の中で2位の福岡と3位の長崎がひしめき合うことになった。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽11/21(土) 大宮アルディージャ 0-0 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジュビロ磐田 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 ファジアーノ岡山 FC琉球 1-1 ギラヴァンツ北九州 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ▽11/22(日) 《14:00》 東京ヴェルディ vs レノファ山口FC 2020.11.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎5連勝ならずで昇格圏内が遠ざかる… 徳島は5連勝達成で2位と3pt差をキープ《J2》

明治安田生命J2リーグ第34節の10試合が15日に各地で行われた。なお、ニンジニアスタジアムで予定されていた愛媛FCvsヴァンフォーレ甲府は、愛媛の選手に新型コロナウイルス感染者が出たことで、12月9日に延期されている。 2位に位置するV・ファーレン長崎は、トランスコスモススタジアム長崎で18位のFC琉球と対戦した。なかなか攻撃の形ができない中、20分に阿部のミドルシュートを許したがGK高木和が右手一本で処理。攻撃では28分にエジガル・ジュニオのミドルシュートで迫ったが、なかなか琉球攻略の糸口を掴めない。44分にはボックス手前左で与えたFKを直接枠に飛ばされるも、ここでもGK高木和が好セーブをみせ、ゴールレスで試合を折り返した。 選手交代でテコ入れを図る長崎は61分にカウンターを発動。自陣右サイドでボール奪取し素早く前線へ。大竹、エジガル・ジュニオと繋がったボールが敵陣中央の氣田へ渡ると、対峙するDFをワンフェイクでかわしてボックス左から低弾道のシュートを放つが、GK田口に処理された。 攻めあぐねる長崎は69分に被弾。小泉にボックス左へスルーパスを許すと、パスを受けた池田のマイナス方向への折り返しを河合に合わせられて先制を許した。 85分には分厚い攻撃を展開した長崎だが、最後にゴール前の混戦からフィニッシュに持ち込んだビクトル・イバルボもGK田口の好守に遭い敗戦。連勝は「4」で止まり、昇格圏との差を縮めることができなかった。 首位・徳島ヴォルティスは、NDソフトスタジアム山形で7位・モンテディオ山形と激突。28分に藤田のクロスのこぼれ球を回収した小西が、ボックス内の垣田とのワンツーでゴール前に侵入。最後は左足でゴール左隅に蹴り込んだ。以降、固い守備を構築する徳島はGK上福元の好セーブも飛び出すなど無失点に抑え、1-0で勝利。5連勝を収め、2位とのポイント差を「3」でキープした。 維新みらいふスタジアムでレノファ山口FCと対戦した2位のアビスパ福岡は、前半の石津の負傷によって投入された増山が74分に決勝点を挙げる。左CKをエミル・サロモンソンが入れると、GK山田がファンブルし、そのこぼれ球に反応した増山がシュート。一度はGK山田に阻まれるも跳ね返りを落ち着いて左足で蹴り込み、アウェイの福岡が1-0で白星を手に。敗れた長崎との勝ち点差を「5」とした。 ◆明治安田生命J2リーグ第34節 ▽11/15(日) ファジアーノ岡山 1-1 ジュビロ磐田 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 ツエーゲン金沢 FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 栃木SC ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 東京ヴェルディ</span> 2020.11.15 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

首位・徳島が今季初の4連勝! 4試合連続無失点中の栃木下す 上位チームは軒並み白星《J2》

明治安田生命J2リーグ第33節の11試合が11日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位・徳島ヴォルティスと8位・栃木SCが対戦。低い位置からビルドアップしていく徳島に対して、栃木が前線からひっかけに掛かる。5分にジエゴのロングスローからチャンスを作った徳島だが、序盤から栃木のハイプレスに苦しみ自陣で奪われる場面が散見される。ボール支配率を譲るもリズムを掴む栃木は、18分にFKから徳島ゴールを脅かす。敵陣右サイドから明本がクロスを入れると、ゴール前で混戦に。その中で溝渕がシュートを放ったが、GK上福元に処理された。 時間が流れるにつれて徐々に栃木のプレスに慣れてきた徳島は後半立ち上がりにネットを揺らす。53分、西谷の横パスをボックス左手前で受けた渡井がドリブルで縦に仕掛けてクロスを入れる。これが相手DFのオウンゴールを誘って先制に成功した。 ビハインドを負った栃木は63分に決定機を迎える。左CKがニアに上がり、田代が頭で逸らして狙うもGK上福元の好守に阻まれる。67分にも西谷のクロスに走り込んだ明本が合わせにいったが、ゴールは生み出せず。 首位らしい試合運びを披露する徳島は75分に投入されたばかりの垣田が追加点。敵陣右サイド深くから岸本の高精度クロスに走り込みヘディングシュートで押し込んだ。ダメ押し弾を狙う徳島は83分に西谷がボックス左から中へ切り込み強烈なシュートもクロスバー直撃。それでも、4試合連続無失点の栃木から2ゴールを奪い、今季初の4連勝を達成した。 3位のV・ファーレン長崎はホームで11位のファジアーノ岡山と激突。長崎は16分に華麗なパスワークから最後にボックス内で氣田がネットへ突き刺して幸先よく先制する。さらに38分にも氣田。相手のパスをカットすると、ボックス左からディフェンスの股下を通して2点目を挙げる。波に乗る長崎は後半立ち上がりにも、カイオ・セザールのパスを受けた富樫が押し込む。その後も79分にエジガル・ジュニオ、85分にビクトル・イバルボが得点を重ね、結局、5-0で長崎が大勝し、4連勝とした。 2位のアビスパ福岡は18位のFC琉球に3-1で勝利。上位チームは軒並み白星を挙げて勝ち点3を積み上げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第33節 ▽11/11(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-1 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 1</span>-0 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 水戸ホーリーホック 松本山雅FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 3</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 5</span>-0 ファジアーノ岡山 ジュビロ磐田 1-1 アルビレックス新潟 2020.11.11 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が北九州に競り勝ち4位へ浮上! 群馬に逆転勝利の長崎は福岡と2pt差に《J2》

明治安田生命J2リーグ第32節の10試合が8日に各地で行われた。 デンカビッグスワンスタジアムでは、5位・アルビレックス新潟と4位・ギラヴァンツ北九州の上位対決が開催。立ち上がりから球際で激しいバトルの応酬となる中、39分に新潟にアクシデント。26分にミドルシュートで北九州ゴールを脅かした福田が負傷し、ロメロ・フランクがスクランブル投入された。 ゴールレスで迎えた後半、徐々に流れを引き寄せる新潟は55分にチャンス。敵陣中央でパスカットした島田が堀米にボールを預けて敵陣左サイド深くでリターンを受ける。そこからファーサイドへクロスを入れると、田上がさらにマイナスへ。最後は高木が右足でシュートを放ったが、GK永井に阻まれた。さらに、61分には再び高木がミドルシュートで強襲もGK永井が好守を見せた。 攻め立てる新潟は69分に先制に成功。敵陣左サイド深くでスローインを受けたロメロ・フランクが粘り強いプレーからゴールラインを沿ってボックス内へ。山なりのクロスを鄭大世がヘディングで合わせると、GK永井が弾いたところをロメロ・フランクが横パスでつなげて大本がゴール。大本の加入後初弾でようやく試合を動かした新潟は、85分に本間がネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定に。北九州は終盤にかけて押し込む時間を作ったが、ゴールに結びつけることができずホームの新潟が1-0で勝利。北九州と順位を入れ替え4位へ浮上した。 6位のヴァンフォーレ甲府は、NACK5スタジアム大宮で15位の大宮アルディージャと対戦。甲府は34分にCKの流れから野澤がクロスを入れると、これに飛び込んだドゥドゥが頭でネットへ突き刺し先制する。追い掛ける大宮は58分、黒川のスルーパスをボックス左で受けた菊地が押し込んだ。 この勢いで勝ち越したい大宮だったが、64分に交錯したドゥドゥに対して山越が頭突きを見舞い一発退場に。さらに、70分には自陣でのミスからボックス内でファールを犯してPKを献上。それでも、泉澤のPKをGK笠原が止めて見せた。 両チームともに決定機を活かせないまま迎えた後半アディショナルタイム、甲府が劇的な勝ち越し弾を決める。左サイドの泉澤のクロスを金園が胸で落としたところを内田が蹴り込み、2-1でアウェイの甲府が勝利して5位へ順位を上げた。 そのほか、2位のアビスパ福岡は、19位の松本山雅FCに0-1で敗戦し足踏み。3位に位置するV・ファーレン長崎は、20位のザスパクサツ群馬に2-1の逆転勝利を収めて、福岡との差を2ポイントに縮めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽11/8(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 京都サンガF.C. 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 ツエーゲン金沢 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 水戸ホーリーホック</span> ジュビロ磐田 1-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 FC町田ゼルビア アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 レノファ山口FC ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ▽11/7(土) 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 2020.11.08 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

本当は完全移籍? 横浜FMから長崎移籍のFWエジガル・ジュニオについて保有元のバイーアが発表

横浜F・マリノスからV・ファーレン長崎に期限付き移籍が発表されたブラジル人FWエジガル・ジュニオ(29)だが、どうやら完全移籍のようだ。 長崎は29日、横浜FMからエジガル・ジュニオを期限付き移籍で獲得したことを発表。移籍期間は2021年1月1日までと発表していた。 横浜FMも同日にエジガル・ジュニオの長崎移籍を発表していたが、保有元のバイーアは別の発表を行っている。 エジガル・ジュニオは、2019年にバイーアから横浜FMへ期限付き移籍で加入。今シーズン前に期限付き移籍期間を延長することが発表されていた。 今回の長崎への移籍については、正式には横浜FMからの期限付き移籍ではなく、一度バイーアへ復帰し、そこから完全移籍で長崎に加入したとバイーアは公式発表している。なお、契約期間は2021年末までとのことだ。 バイーアのギリェルメ・ベリンタニ会長は「彼の移籍は、ブラジルに戻らないという彼の願望と、ブラジルではエジガルを登録できないことが重くのしかかった」とコメント。「透明性を追求するのがバイーアの習慣だが、場合によってはパートナーが詳細を非公開とする条件がある。公正な価値で、クラブへもインセンティブがあるとだけ報告したい」と移籍金などの詳細を明かせない理由を語った。 エジガル・ジュニオは、バイーアから期限付き移籍で2019年に横浜FMへ加入。シーズン途中に重傷を負い長期離脱するも、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し11得点を記録。今シーズンもここまで明治安田J1で16試合に出場し3得点を記録。激しいポジション争いを繰り広げていた。 2020.10.30 18:37 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly