苦戦続くレアル、ジダン監督はGS突破に強がる「突破できると確信している」

2020.10.28 10:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。27日に敵地で行われたCLグループステージ第2節でボルシアMGと対戦したマドリーだが、33分と58分にFWマルクス・テュラムにゴールを許して2点ビハインドに。しかし、87分にFWカリム・ベンゼマが1点を返すと、試合終了間際にMFカゼミロが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。

CLグループステージで連敗こそ回避したものの、1分1敗と未勝利が続くマドリー。試合を振り返ったジダン監督は、序盤から決定機を外し続けたことに肩を落とした

「我々は規律を整えて、試合をタイに戻すためにプレーしなければいけなかった。チームのキャラクターを示してこのようにプレーをすることが重要で、達成できたと思う。それは確かだ」

「我々はゴールを奪えなかった。1失点目はマークに付ききれずに失点をした。我々がボールを失い、相手が得意としているカウンターから先制点を許してしまった」

「これがフットボール。それが起こってしまう。私が関心を持っているのはリアクションだ。チャンピオンズリーグで2-0の展開になると、試合を引き戻すのはとても大変だが、我々はやれた。チームがこうしたプレーをしているのを見ると、私も落ち着ける」

2試合終わって、グループステージで最下位に沈んでいる状況だが、ジダン監督はグループステージ突破に自信を見せている。

「我々はいつものようにグループステージを突破するためにあらゆることをするつもりだ。我々が望んでいるのは常に試合に勝利することだ。私のチームは全力を尽くしてくれたとわかっているから私は満足だ」

「今、簡単な試合はない。我々はこういったことを継続しなければいけない。こういったプレーをするのはとても良いことだ。もちろん、グループステージを突破できると確信している」
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドが偉業キャリア通算750ゴール達成に歓喜「全てのチームメイトと監督に感謝」、対戦相手にも感謝

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、偉業を達成した。 ユベントスは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でディナモ・キエフと対戦。試合は3-0で勝利した。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウド2020-21シーズンゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> この試合に先発出場したC・ロナウドは1-0で迎えた57分にボックス右から侵入したキエーザの折り返しを流し込んで追加点を奪っていた。 今シーズンは公式戦8試合で10ゴールとゴールを量産しているC・ロナウドだが、このゴールがキャリア通算750ゴール目のメモリアルゴールとなった。 C・ロナウドは自身のSNSを更新し、750ゴール達成を喜ぶとともに、800ゴールへ意気込みを語った。 「750ゴール、750の幸せな瞬間、750のサポーターの笑顔。この驚くべき数字に到達するのを助けてくれた全てのチームメイトと監督に感謝します」 「僕を毎日より懸命に働かさせてくれた全ての対戦相手にも感謝します」 「しかし、何よりも僕の素晴らしい家族のおかげです。常に、僕の最高の瞬間と最悪の瞬間に一緒にいてくれた」 「次の目的地は800ゴール。行こう!最後まで」 C・ロナウドは、スポルティング・リスボンで5ゴール、マンチェスター・ユナイテッドは118ゴール、レアル・マドリーで450ゴール、ユベントスで75ゴールを記録。ポルトガル代表では102ゴールを決めている。 ◆所属別のゴール数 スポルティング・リスボン(2002-2003) 31試合5ゴール マンチェスター・ユナイテッド(2003-2009) 292試合118ゴール レアル・マドリー(2009-2018) 438試合450ゴール ユベントス(2018-) 97試合75ゴール ポルトガル代表(2003-) 168試合102ゴール <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.03 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!“怪物”ロナウドの高速キックオフゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月3日にご紹介するのは、今から17年前に元ブラジル代表FWロナウド氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆“怪物”ロナウドが絶妙なシュートフェイントでシメオネをブチ抜く!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYUWhXUWJ5aCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! キックオフからわずか14秒でのゴール。“怪物”ロナウド氏のスピードとキレが分かる爽快なゴールです。 ◆マドリッド・ダービー史上最速弾 2002年の日韓ワールドカップでの大活躍の後、レアル・マドリーへと加入したロナウド氏。マドリーでもクラブ通算177試合104ゴールという数字を残しましたが、その中でも衝撃を与えたのが、2003年12月3日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたアトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーでのキックオフゴールです。 センターサークル内にいたFWラウール・ゴンサレスとロナウドがキックオフを行い、後方のMFデイビッド・ベッカムへ。ベッカムはすぐ横のMFジネディーヌ・ジダンへパスを出すと、左サイドを上がるDFロベルト・カルロスへと展開します。 ドリブルでボールを前に運んだロベルト・カルロスがアトレティコ陣地中央付近でロナウドにパス。ボールを持ったロナウドは少し持ち出すと、飛び出してきたDFディエゴ・シメオネをあざ笑うかのようにシュートフェイントで股間を抜き、抜群のスピードで一気にボックス内へ。長髪に赤いキャップが特徴の相手GKヘルマン・ブルゴスが前に出るも、シュートフェイントで体を倒させると、最後は落ち着いて無人のゴールへと流し込みました。 このゴールはキックオフからわずか14秒での得点となり、マドリッド・ダービー史上最速のゴールとなっています。 ロナウドだけでなく、ロベルト・カルロス、ジネディーヌ・ジダン、デイビッド・ベッカム、ラウール・ゴンサレスと、まさに銀河系軍団の象徴のようなゴールでした。 2020.12.03 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、取締役会実施もジダン更迭のテーマはなし?

2日に予定されているレアル・マドリーの取締役会では、ジネディーヌ・ジダン監督の進退に関する議論は行われないようだ。スペイン『アス』が伝えている。 二期目のジダン政権も3シーズン目を迎え、来年1月に初就任から通算5年が経とうとしている中、フランス人指揮官には解任の噂が立っている。 今季はリーグ戦では5勝2分け3敗で4位に沈んでおり直近3試合未勝利。そして、1日に行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦で0-2の完敗を喫すると、その風当たりはさらに増すことになった。 試合後の会見では記者から去就に関する容赦ない質問が飛び出すと指揮官は「辞任するつもりはない」と一刀両断。しかし、やはり今季ここまでの成績は世界一のビッグクラブと謳われるマドリーにおいて看過できる問題ではない。 そんな中、マドリーは2日に取締役会が予定されている。しかし、伝えられるところよると、今回の会議ではジダン監督の進退に関する議題は上がっていないという。 「ジダンの名前は議題に示されておらず、クラブは疑問を呈することも呈したこともない」と、ある情報筋は語る。むしろ「マドリーでは多くをもたらしてくれた歴史の一部」と評価されており、現時点で解任の流れにはなっていないようだ。 しかしながら、チームがこのままグループステージで敗退し、国内戦でも不甲斐ない戦いを続けるようであれば、ジダン監督の2度目の退任も遠くないと予想されている。 2020.12.02 20:19 Wed
twitterfacebook
thumb

痛恨敗戦で3位転落も、最終節に向け決意固めるクロース「勝てるようにやっていくしかない」

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースがシャフタール・ドネツク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている マドリーは1日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でシャフタールと対戦。試合は12分にシャフタールに先制を許すと、後半にも追加点を奪われてしまう。 結局マドリーは1点も奪うことが出来ず、0-2で試合終了。最終節を前にグループ3位へと転落することになってしまった。 試合後、クロースは無得点に終わった一戦を振り返り、チームの問題点は先制点を奪われてしまうことだと述べた。 「試合のスタートは悪くなかったけど、先制点が必要だった。先制点を奪った試合では、僕たちはより自信を持って、今までとは異なったプレースタイルを見せることができるんだ」 「相手に先制点を取られると苦戦してしまう。僕たちは懸命に戦い、良いプレーをしているのに、相手に先に得点を決められてしまう。前線の選手には少し運が必要かもしれないね」 「(今日も)僕たちがまだ得点していないうちに、相手の最初のシュートがゴールとなった。だけど彼らの動きはあまり良くなかったし、僕らがそれを手助けする形になってしまった。運が悪かったというのもあるね」 「前半は高い位置でプレスをかけ、ボールを何度も奪い返し、ポゼッションを高めた。体力の問題ではない。選手一人一人が自分の気持ちを話すべきだよ。僕は大丈夫だけど、試合に負けるとネガティブなことがいくらでも言えてしまうからね」 また、クロースはグループ突破が懸かった最終節についても言及。次の試合で勝つしか選択肢はないと決意を固めた。 「試合に勝った時は、負けた時よりも常に自信がつくんだ。僕たちはハードワークを続けて、また勝てるようにしなければならない」 「グループ内の状況から考えるに、僕たちは最後の試合で勝てるようにやっていくしかないね」 2020.12.02 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

グループ3位転落も前を向くジダン監督「我々は前進し続ける」自身の進退についても言及

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がシャフタール・ドネツク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは1日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でシャフタールと対戦。試合は12分、シャフタールに先制を許すと、後半にも追加点を決められてしまう。結局マドリーは試合終了まで1点も返すことが出来ず、0-2で敗戦。最終節を残して3位転落となった。 試合後、ジダン監督は無得点で終わった一戦を振り返った。 「我々には難しい時期があったが、それはいつものことだ。結果が出ていないのは事実だが、これからも継続していかなければならない。今夜の試合が決勝のように重要であることは分かっていたし、そのための準備はとても良かった」 「前半は素晴らしいパフォーマンスを見せたが、ゴールを奪うことはできなかった。残り1試合なので、そこで勝って次のラウンドに進むことを考えなければならない」 また、自身の進退について言及。辞めるつもりはないという。 「私が辞任する可能性はゼロだ。我々は前進し続ける」 「前に出るべきだったし、そうすれば状況が変わっていただろう。相手のゴールは我々に大きなダメージを与えた。2、3回チャンスがあったし、ポストに当たったこともあったが、ゴールを割ることは出来なかったので、状況は厳しくなってしまった」 また、ジダン監督は気持ちを見せ、全力でプレーする必要があると主張。次の試合に向けて、前を向くことの重要性を強調した。 「厳しい時期だからこそ、自分たちの個性とプライドを見せなければならない。今夜の試合は残念な結果になってしまったが、次の試合は勝たなければならない。今夜はそうはいかなかったが、信念を持ち続け、ハードに戦うことは間違いない」 「気持ちは強いし、いつものように全力を尽くす。選手たちも同じで、今日のようにやってくれるだろう。先日のラ・リーガの試合ではパフォーマンスが悪かったので、勝つに値しなかったと思うが、今夜はそれに値する試合だった」 「我々は気を引き締めて、次の試合に注意を向けなければならない。不振に陥っている時には、お互いに助け合い、前を向くこと以外方法はない」 最後にジダン監督は苦境に立たされているチームの問題点について言及。多くの場合で先制点を奪うことが出来ていないと語った。 「今日は高い位置からプレスをかけてボールを奪い返し、得点のチャンスをたくさん作ることができた。我々の問題は、試合を楽にするような先制点を奪うのに苦労していることだ」 「この荒波を乗り切らなければならないのは明らかだ。これからもハードワークを続け、自分たちのやることを信じてやっていこうと思っている」 2020.12.02 12:15 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly