パンデフが体を張ったポストプレーで、ハムシクのゴールをお膳立て【ベスト・アシスト】

2020.10.27 22:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はジェノアのマケドニア代表FWゴラン・パンデフがナポリ時代に記録したアシストだ。

◆パンデフが体を張ってハムシクをお膳立て

若くしてインテルに引き抜かれたパンデフは、2004年夏に移籍したラツィオで頭角を現すと、2010年1月にインテルに復帰。その後、ナポリやガラタサライでプレーし、現在はジェノアでプレーしている。

ゴール前での強さだけでなくチャンスメイクもできるストライカーとして活躍するパンデフだが、ナポリ時代の2012年5月1日に行われた、セリエA第36節パレルモ戦では、見事なポストプレーで同僚のゴールをお膳立てしている。

1-0とナポリリードで迎えた35分、MFワルテル・ガルガノが前線のパンデフにパスを送る。これをゴールに背を向けてトラップしたパンデフは、相手DFからのプレスを体を張ってブロックしボールを収める。すると、パンデフがボールをキープしている間にMFマレク・ハムシクが2列目から裏へ走る。

パンデフは相手をいなしながらハムシクへ浮き球のパスを出すと、ボックス内でパスを受けたハムシクがこれをしっかりと決め、ナポリが追加点を奪った。試合はそのままナポリが2-0で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

“ロベリー”が見せた阿吽の呼吸!リベリーがロッベンに送ったピンポイントの浮き球スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリーがバイエルン時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆“ロベリー”コンビが見せた阿吽の呼吸<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyMGhIU3pQbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年夏にマルセイユからバイエルンに加入したリベリーは、世界屈指のウインガーとしてバイエルンで長きに渡り活躍。数多くのタイトルを勝ち取った。 共にバイエルンのウインガーとして長く活躍したFWアリエン・ロッベンとは“ロベリー”と呼ばれた強力タッグを形成したが、2013年8月9日に行われたブンデスリーガ開幕戦のボルシアMG戦では、そんな両選手のコンビからゴールを決めている。 0-0で迎えた12分、相手陣内中央でボールを受けたリベリーは、前線で走り出すロッベンを確認すると、柔らかい浮き球スルーパスを送る。相手ディフェンスラインの裏に見事に落ちたパスは、ロッベンの走路にピンポイントで入ると、ロッベンがハーフバウンドのところを左足で合わせ、見事な先制ゴールを挙げた。 この先制点で試合の主導権を握ったバイエルンは、試合に3-1で勝利している。 2020.11.28 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アウトサイドでもクロス精度落ちず!パストーレの技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はローマの元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パストーレの技ありアウトサイドクロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNWXQybTh4SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年夏にパレルモからPSGに加入したパストーレは、才能あるMFとして活躍。スター軍団の1人として多くのタイトルをもたらした。 抜群のテクニックで、華麗なプレーを多く見せるファンタジスタタイプのパストーレだが、2018年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でも、華麗なアシストを記録している。 序盤からPSGがモナコを攻め、3-0とリードして迎えた27分、ボックス手前でMFユリアン・ドラクスラーがボールを持つと、ドリブルでボールをキープしながら左へ流れる。すると、大外からオーバーラップしてきたパストーレが、ドラクスラーとの見事なワンツーで左サイド深部に抜け出し、右足のアウトサイドでダイレクトのクロスを上げる。このボールに、ゴール前に走り込んだMFジオバニ・ロ・チェルソが頭で合わせ、見事なゴールが生まれた。 これで4点目を挙げたPSG。試合はさらに追加点を奪ったPSGが7-1の大勝を収めている。 2020.11.28 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ボアテングが“デア・クラシカー”で見せた正確無比な逆足ロングフィード【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ボアテングが正確なロングフィードでレヴァンドフスキをアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCQ3NXM1hzOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに移籍したボアテングは、ドイツの絶対王者の守備の要として活躍。世界屈指のCBとしてのステータスを確固たるものにした。 安定した守備力に加え、前線への正確なロングフィードも得意とするボアテングだが、2015年10月4日に行われたブンデスリーガ第8節のドルトムント戦では、強みを活かしたアシストを記録している。 2-1とバイエルンリードで前半を折り返し、後半開始早々の46分、最終ラインでボールを持つボアテングは、ドリブルでボールを運ぶと、左足で前線にロングフィードを送る。相手ディフェンスラインの裏に落ちたボールにFWロベルト・レヴァンドフスキが追いつくと、そのままGKを抜き、ゴールイン。後半早々に相手を突き放す追加点を決めた。 このゴールで試合の流れを引き寄せたバイエルンが、5-1でライバル相手に大勝を収めている。 2020.11.28 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

なんでゴール前に両SBが!?ムニエがアウベスへ送った直角アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエがゴール前でアウベスに送った直角アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR0lTbmpNQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ベルギーで頭角を現したムニエは、2016年夏にPSGに入団。右SBとしてスタメンに定着し、多くのタイトルを勝ち取ったチームを最終ラインから支えた。 190cmと大柄な体格ながら、ハードワークができるSBとして攻守に存在感を発揮したムニエだが、2017年12月13日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのラウンド16、ストラスブール戦では、攻撃参加から見事なアシストを決めている。 2-1とPSGリードの62分、右サイドでボールを持ったムニエは中央のFWエディンソン・カバーニにボールを預け、ボックス内へ。カバーニからパスを受けたMFマルコ・ヴェッラッティのスルーパスにムニエが抜け出すと、相手DFを引きつけたタイミングで中央へパス。同じく前線に攻撃参加してきたDFダニエウ・アウベスがこのパスに合わせ、両SBのコンビでゴールを決めてみせた。 相手を突き放す追加点を挙げたPSGは、4-2でストラスブールを撃破している。 2020.11.27 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

これぞ古き良きストーク!デラップ砲&長身DFショークロスのフリックでストークがアーセナルを蹂躙【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はストーク・シティの元イングランド代表DFライアン・ショークロスが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆デラップ砲&ショークロスのフリックがゴール前で混沌を生み出す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI5ZzdVQXFlZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドユース出身のショークロスは、2007年夏にストークにレンタルで加入。後に完全移籍し、ストークの守備の要として長年に渡り活躍している。 191cmの長身を活かした強固な守備力に加え、空中戦の強さを活かした攻撃参加も持ち味の1つだが、2008年11月1日に行われたプレミアリーグ第11節のアーセナル戦では、持ち味を活かしたアシストを記録している。 1-0とストークリードの73分、左サイドでストークがスローインを得ると、MFロリー・デラップが得意のロングスローをボックス内に投げ入れる。ゴール前にいたショークロスが高さを活かしたフリックで、ファーポストにボールを送ると、走り込んだMFセイ・オロフィンジャナが体ごとボールをゴールに押し込み、追加点を奪った。 長身選手を多く擁し、強固な守備とセットプレーの強さを強みとするチームの“らしさ”が全開にでたゴールを決めたストーク。終了間際に1点を返されるも2-1で勝利している。 2020.11.27 17:00 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly